• 締切済み
  • 困ってます

賃貸更新拒否

平成11年9月から所有しているワンルームマンションの一室を賃貸しています。当初は賃借人も約定どおり家賃を支払ってくれましたが、ここ2~3年は延滞(2ヶ月から3ヶ月)しがちです。2年ごとに更新していましたが、今年の9月で2年の契約期間が満了するため満期6ヶ月前に賃借人へ満期による解約により更新しない旨を内容証明で送達しました。一応管理会社が間に入っていますが最後は当時者同士で話し合って欲しいと及び腰です。逆の立場の投稿を見てると退去に6ヶ月負担する等ありますけど、貸主として金銭的にダメージの少ない方法はありますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1567
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.3
  • mu128
  • ベストアンサー率60% (336/552)

定期借家契約という契約でない場合には、契約期間が満了したからと言って当然に立ち退きを請求できません。それは、仮に家賃が遅れ気味という理由があったとしても同じです。 現在、3ヵ月分の家賃を滞納されているのでしょうか? また、一番最近に入金されたのはいつぐらいでしょうか? 3ヵ月分滞納であることを理由に契約解除の通知(内容証明)を出して、それから、訴訟手続きにより判決をもらって・・・という方法もありますが、3ヵ月分滞納の状態で訴えて、裁判の日までに入金が少しでもあったりすると、契約解除自体が認められないかもしれません。要は、貸主と借主の信頼関係が破綻するくらいの状態でなければ、契約解除は認められません。遅れ気味なのだが、少しずつ入金があるということでしたら、厳しいかもしれません。 その借主の入金状況(何日おきくらいに入金があるのか? 毎月、金額は不足しているが入金があるのか?など)によっても判断が違ってきます。それが、あまりに非常識な範囲と思われるものでしたら、訴訟をしても認められると思います。 ただ、結局、訴訟までいくと、契約解除を認められるくらいに酷いと、滞納家賃だけでなく引越し代金やそのたの訴訟費用などが高額になってしまいますので、その入居者と交渉して、引越し代金を負担するのと、4月分の家賃はいらないので、4月末までに退去して欲しいということにしてしまった方がいいかもしれません。 そのまま入居するのでしたら、「毎月○日までに1ヵ月分の家賃+○○円の金額を支払います。この約束が守られなかった場合は、契約解除に応じます。残っている荷物の所有権は放棄します。撤去していただいても何ら異議を申し立てません」といった内容の誓約書を書いてもらうようにすればいかがでしょうか? そうすれば、その約束が守られない場合は、今の契約期間が満了していなくても契約解除ができます。 「6ヵ月分負担」というのは多分、立退き料のことですね。本来、立退き料は家賃を滞納している人には言う権利はありませんが、どちらにしても、退去して欲しい場合には、貸主がなんらかの負担をするということはよくあることです。 契約更新をしないという内容証明は、あまり意味がないです。 やるとしたら、家賃滞納による契約違反による契約解除の意思表示です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。 やはり厳しいですね。 ちょこちょこ延滞するだけで信頼関係は崩壊しております。(法律では認められないのかもしれませんが。) こういった借りたもん勝ちの制度自体何とかならないものでしょうか。 参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 賃貸契約更新について

    ねちねちと意地悪されて困ってます。 今年、2年更新の賃貸契約期間が終わります。 更新を巡り大家さんが家賃を値上げしたいと 言って来ました。 しかし近隣の家賃および土地の価格からみて 不当に高い家賃と判断して値下げ交渉をして 家賃値下請求書を大家さんに受理してもらいました。 しかし今後の更新に関して大家さんが言う家賃に 従わなければ更新は出来ないと言って来ました。 今後も賃借する予定でリフォームも行いました。 まだあと10年は最低賃借していたいのですが今後 私はどうしたらよいか解りません。 更新期限までに新規更新が出来ない場合すぐに 出て行かなければならないのですか? 大家さんの言いなりなるととても生活出来ません。 良い方法を教えてください。

  • 法定更新になっていても更新料は支払わなくてはいけないか?

    No.747964の更質問です。満了前に退去すれば法定更新になっていても更新料は支払わなくてよいとのことですが、1か月まえの段階では更新する旨賃貸人に伝えていたものの、その後更新しないこととしたため、更新しない旨伝えてから1か月の家賃を支払うよう請求されています。賃貸人としては、契約期間と同様に退去する場合は、更新時においても1か月まえに通知をもらわないと、次の賃借人募集上の不利益を受けることになるというのが言い分です。法律ではどうなっているのでしょうか。

  • 賃貸契約書の内容、妥当でしょうか。

    賃貸契約を控え、契約書と重要事項説明書が送られてきました。 不慣れなため、内容が妥当(常識的なところ)かどうか、ご判断をいただけると幸いです。 1)原状回復規定:実に細かく数も多いです。「賃借人の復旧義務」が相当あって「浴室等のカビ」「壁のフック跡」「飲食物のシミ」も含まれています。とくにカーペット・畳・クッションフロア・天井・壁の汚れや傷は、一室まるごと費用を賃借人が負担することになるようです。 2)抵当権が実行された場合:「6カ月以内に明け渡し、敷金の返還を求めることができない」とあります。 3)賃料の支払い:1日でも遅れたら、14.6%の遅延金が発生する形です。 4)敷金:「更新可」とありますが、更新規定はなく「賃料が増額されたら、敷金を速やかに補填する」とあります。ちなみに契約は2年で、2年半入居する予定です。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 回答No.2
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

大家してます >更新拒否 更新拒否は出来ないでしょう >2年の契約期間が満了するため満期6ヶ月前に賃借人へ満期による解約により更新しない旨を内容証明で送達しました。 なんら法的な効力は有りません、ただの宣戦布告文書 百害有って一利無しの文書でした、相手が警戒するだけ...。 ・家賃滞納 ・日限を定めての督促「5日後に支払え」等 ・督促に応じなかった ・「信頼関係の崩壊」を理由にしての契約解除 これなら比較的簡単に契約の解除ができるでしょう  「更新まではそのままで住んでください、更新はしません」 これでは「信頼の崩壊」とまでは言えないでしょうね >逆の立場の投稿を見てると退去に6ヶ月負担する等ありますけど、 入居者になんら落ち度がない時に大家が一方的に立ち退きを要求する時の負担でしょう よけいな文書を出されていますから入居者の今後の滞納に期待することが難しくなっているでしょう 今後正常に家賃を払えば居住の権利は何時までも有ります まっ、家賃が正常になれば退居させる必要も無いでしょうが...(笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。 世の中知らないと損する事が結構ありますね。 ただし、家賃が正常化しても出て行ってもらいたいのが本音です。

  • 回答No.1

業者の者です。 立ち退き費用については過去の多数の投稿にあるとおりですが、ご質問者のようなケースの場合はよほどの事情がない限りは費用を払ってまでとなるケースは多くありませんね。 既に送られた内容証明の中身が分かりませんが、まず「頻繁な滞納」が更新しない理由であることを強く主張して、相手を納得させてしまうことです。万一、相手が法律を持ち出してくるようなら、こちらも滞納は契約違反だと切り返します。普通であれば借主にも負い目があるので、「仕方ないな」と思ってくれる可能性が高いですよ。 さて、これでダメなら「今後は滞納しない。滞納したら即日契約解除」する旨の念書をもらい、その上で定期借家契約にて手続きするようにします。定期借家契約にするのは互いの合意が必要なのですが、これも借主には滞納した負い目があるので、普通は応じるはずです。これができれば少なくとも2年半後には確実に契約が終了します。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。 現に定期借家契約に切り替えているケースは結構あるのでしょうか。

関連するQ&A

  • 被告の控訴提出

    被告の控訴提出  何時も回答いただきありがとうございます。DELL OPTIPLEX GX260 WindowsXPからです。  建物明け渡し請求の裁判を賃借人と連帯保証人に対して、簡易裁判所に提訴して、判決をえました。  金銭債権については、仮執行を得ることができました。  建物明け渡しは、判決後、被告に届いてから、二週間以上の余裕をもって、被告が、控訴しないのであれば、 強制執行付与文をもらえます。強制執行付与文があれば、建物の強制執行の申し立てができます。  被告である連帯保証人は、判決文を受領しています。  しかし、被告、賃借人は、すでに、現住所から、転居していて裁判所から、発送される 特別送達を受理していません。  被告、連帯保証人は、時々、以前の住所にやってきて、被告、賃借人の郵便物などを取りに着ますが、被告、賃借人は、判決文の特別送達を郵便局の本局まで、受領にいかないのです。 ●Q01. こんな状態で、被告、賃借人は、控訴したと裁判所から、聞きましたが、判決文も受領しないで、控訴などできるのでしょうか? ●Q02. 判決文の内容は、被告、連帯保証人から、見せてもらえば、同文なので、分かるのですが、裁判上の手続きとしては、判決文を受領した後に控訴と言う手順では、無いのではないかと考えるのですが、どうでしょうか? ●Q03.判決文を受理しない、被告、賃借人に対して、控訴文を受け取るなど、裁判所も、横着しているのでないかと考えるのですが、どうでしょうか? ●Q04. 裁判所は、控訴文を受理してから、被告、賃借人が、特別送達を受理しなくとも、被告、賃借人の届け済みの住所に内容証明を送るので、送った時点で送達されたとみなす。付郵便、と言っていますが、これだと順序が違うのではないかと考えるのですがどうでしょうか? ●Q05.付郵便が有効である要件は、 その住所地に確実に居住していること となりますが、被告、賃借人は、すでに、転居していているのに、有効になるのでしょうか?  被告、賃借人は、建物の強制執行を予想して、裁判中に引越ししてしまったのです。  被告、賃借人は、すでに、住民票を移転しており、事実転居していることも、確認しています。  転居しているのに、被告、賃借人は、裁判所に、転居していないとうそをついています。 ●Q06. うそをついても、付郵便は、有効になるのでしょうか? ●Q07. 原告から裁判所に、転居先に、特別送達を送ることを要請できないのでしょうか? ●Q08. 転居先でも、特別送達を受け取り拒否することは、考えられます。しかし、郵便の配達員に住んでいるのに、住んでいないなど、うそをつくことになるので、住んでる住所だったら、受け取るのではないかと考えるのですが、どうでしょうか? ●Q09.あるいは、原告から、被告、賃借人の転居先の住所に内容証明を送ってみれば、受理するかどうか判断できると考えるのですが、どうでしょうか? ●Q10. 受理した場合、裁判所は、新しい被告、賃借人の住所に送達することを認めてくれるでしょうか?  裁判所には、転居後の住民票を添えて、事実を文書にて説明していますが、裁判官の判断で、 付郵便にするというのです。  現在、被告、賃借人の住所には、内容証明の不在者通知が届いていて内容証明は、受理されていません。  被告の転居先に言って、話を聞きに行きましたが、居留守を使ってでてきません。  裁判所には、控訴の書類は、提出されたものの控訴文が無く、控訴の予約のようなものです。  当方では、被告、賃借人が、判決文を受理しないのは、単なる嫌がらせや、強制執行を引き伸ばすだけの作戦のように感じます。  被告、賃借人からの控訴も、今のところ、内容が無いので、単なる嫌がらせや、強制執行を引き伸ばすだけの作戦とみなしています。  被告の控訴に対する裁判所の判断の結果を待っています。 敬具  

  • 退去後の更新料の支払い

    更新日の前日に退去します。 退去が決まったのが更新日の一ヶ月前、退去申請が契約書によると2ヶ月前になってました。 従って、家賃支払い終了が更新日の一ヶ月後になり更新日を股がってしまう形になります。でも、退去は更新日の前日です。更新日には私はこの家にはいません。 更新料を払う必要はあるのでしょうか、家賃は2ヶ月分は仕方ないかと思うのですが、そこで更新料を払うのはおかしいともいますがすっごく更新料を請求されます、弁護士らしい方から内容証明郵便も送られてきました。 契約書の特約に 「契約期間満了の60日前までに借り主は更新しない旨の申し出がない場合は、貸し主本契約期間満了の日から2年間更に同一条件にて自動更新となり、更新料は本契約書記載のとおり借り主は貸し主に契約満了日までに支払うものとする」となってます また、最後に覚書を書かされてはんこをついてしまいました「本物件は更新時に更新料支払いの特約がこと、更新料には礼金、敷金の諸費用を低額にする効果があること、借り主は法廷更新制度による法廷保護が有るが、更新料を支払って円滑に合意更新をする事で、賃貸人との良好な契約関係が築かれることになり、それによって賃借人としてもその後の契約期間の居住権が安定的に確保できる事等について、更新料に関して十分な説明を受け、その上で本物件の賃借する事を確認します」 と覚書になっています、そもそもこれは合意更新なのか自動更新なのかもわからず、来週には退去するのに更新料を払うべきか迷ってます。 昨日、連帯保証人の父に電話が有り、「金を払わないと訴える」言われたらしいです、訴えられるのは相当困ります 弁護士番号は入ってませんでしたが、管理会社の弁護士さんから内容証明郵便で金払わないと連帯保証人払わせるぞ、裁判にするぞ的な事をかいてありました。 また契約書の特約に「本契約締結 同時に賃貸保証委託契約(株 全保連)との保証委託契約を締結する。保証料は借り主負担とする。」となってると言う事は連帯保証人の父からお金を払わすのでく全保連から払ってもらえないのでしょうか? 第三十条  この節の規定に反する特約で建物の賃借人に不利なものは、無効とする。ってのには当てはまらないみたいです。。

  • 貸主的な質問です

    テナントビルを所有いておりますが、建物の老朽化が進行しており危険性があるため近年中に契約を打ち切りたいと思いました。1階スナックの契約期間が丁度切れるので今回の更新(3ヶ年契約)を以って契約を打ち切りたいとの申し出をしました。しかし拒否されてしまいました(立ち退き費用請求の影あり)。その後、建物が老朽化している旨を条項に採り入れ通常通りの更新を、不動産業者を仲介人に入れて申し出をしましたが更に拒否されました。現状何年も借主、貸主と相対で契約を締結しておりましたが、仲介人を立てたからといって更新を拒否するのは正当な理由にはならないと思います。ついては、内容証明にて文章を送ろうと思います。賃借人に対し仲介人を立てて更新契約書へ調印してもらうのに適切な文面があれば教えて下さい。

  • マンションの賃貸契約でトラブルが発生しました!

    助けてください。仲介業者に依頼し、ある法人とマンションの定期賃借契約を結びました。2年毎の更新をして6年になりますが、自分も高齢になりましたので今度の更新時には2年以後の更新をしない、という契約にしたいのですが、賃借人は代理人(ある住宅サービス会社)を通じて、契約は普通契約であり、解除をするなら、明け渡し金、引越し代を、と合わせてとんでもない金額を請求してきました。仲介業者は今になって契約は定期賃借契約になっていなかったと言ってます。困りはてて夜も寝られない状態です。どのように解決したらいいのでしょうか。やはり弁護士に依頼することになるのでしょうか。その前に相談すべきところはあるのでしょうか。穏便に話会うことはできないものでしょうか。助けてください!

  • 賃貸住宅の火災保険・・

    今、賃貸マンションに住んでいるのですが入居時に、仲介不動産家のほうから、最初の2年だけは指定の火災保険に入ってもらわないと困るといわれ、2年満期で3万円の火災保険に入ることになりました。 しかし、そのときに2年後には更新してもしなくてもよいといわれたのですが・・・・その2年後に火災保険加入義務があるので引き続き入居の意思があるなら更新してくださいと言われました。 しかし、あと半年ぐらいで引越しをすることにもなっており、また2年満期の保険に入るのは納得がいかないのですが、この場合1年満期の保険など契約期間の短いものにかえてもらうなどできないのでしょうか・・

  • 貸主変更で契約更新ですが、不安です

    10年以上住んでいるアパートですが、 今回の契約更新時に貸主が変更になり、新しい契約内容に、今までに無い細かい記載があるため、それが一般的なのかどうか、教えてください。 現在、担当営業との交渉を数日中に予定しております。 契約書にはまだ印を押していない状況ですが、家賃、更新料ともに支払済みです。 <気になる条項> (1)契約更新の際は、新規の契約書を交わすものとする。  →旧契約書には、「協議の上更新」とだけありました。新規の契約書という記載は、よくあることなのでしょうか。 (2)本契約締結時に、ルームチェック表に基づき本貸室内の現状を確認するものとする。  →更新でも、再度部屋に入って原状確認が必要なのでしょうか?できれば室内への立入りは断りたいのですが。。。 (3)賃借人は、本建物、本契約に関し、弁護士以外の代理人による交渉はできない。  →これは権利の制限になりませんか?退去時に、場合によっては専門家に敷金返還交渉を依頼することもあると思うんですが。。。 (4)本貸室が、耐用年数、経年劣化等により不具合、修繕等を要する箇所が生じた場合、貸主へ報告しなくてはならない。報告が遅れたことによる修繕費用は賃借人が負担する。  →10年以上住んでいるため、経年劣化の箇所はあります。不具合ではないですが、報告しないと、こちらの負担になってしまうのでしょうか。 新しい貸主は、法人(不動産業者)です。 相手がプロのため、うまく交渉できるか不安に感じています。 また、上記の点以外に不安に思っていることがあります。 現在、法定更新といわれる状態だと思うのですが、担当営業と話した上で契約書に同意できなかった場合、このまま住み続けることはできるはずですが、 貸主に何かを依頼するときに不利にならないか、とも心配しております。 どうかよろしくお願いします。

  • 競落不動産の買受人と賃借人の優劣につきまして

    賃借人は、既に抵当権設定登記がされていた建物を期間5年の賃貸借契約で賃借した。 期間5年が過ぎて合意更新によりさらに建物を期間5年の賃貸借契約で賃借した。 最初の契約は平成16年3月31日まで、合意更新は平成16年4月1日以降に行われた。 その後、5年の合意更新期間中に抵当権者が競売申立をして、差押さえ登記がされた。 この時点で賃貸借契約はあと2年の期間が残っている。 競売手続は進み競落されて、建物の買受人が賃借人に対して引渡命令の申立をした。 この場合、引渡命令の申立は認められるでしょうか? 認められない場合、満たしていない要件はどのような内容になるでしょうか? 一方、買受人が引渡命令の申立をせずに 残りの契約期間が終了後、契約の更新をせずに賃借人に明け渡しを求めた場合。 賃借人がこれを拒絶した場合は「建物明け渡し訴訟」を行うのでしょうか? 合意更新の5年の賃貸借契約は平成16年4月1日以降に行われたので、 短期賃貸借契約についての改正後の新制度が適用できるのでしょうか? 以上が質問です。 買受人が賃借人に対抗できる要件を知りたいです。 よろしくお願いします。

  • 私の賃貸物件の管理会社 異常ですか?

    2年契約で満期日が3/15だったのですが 4月に入っても更新のお知らせや連絡や郵便が何も来なかったので 問い合わせてみたら、「忘れていたので早急に送ります」 と言われました。。。 一人暮らしをしたのは初めてなのですが、こんな不手際は普通なのでしょうか? 契約期間が終わってるのに住み続けてる事、こちらから何も連絡しなかった私に罰金などはあるのでしょうか?

  • 20年中に賃貸契約更新手続がとれずに21年に更新手続をした場合の計上時期と申告

    不動産業を営んでおります 昨年8月に更新を迎える契約がありましたが いつもお願いしている不動産業者が病気で 仲介手続をお願いするのは回復を待ってからと考えておりました 賃借人には9月以降も賃料改変無、前受更新料も受け取らず 住まわせておりました 12月になってその不動産屋が亡くなり ようやく2月になって他の不動産業者にお願いして 更新手続きをしようと考えております この場合 更新料は20年中に請求できてないので 20年の確定申告には計上しなくてよいのでしょうか? ちなみに私は青色申告の65万円控除(貸借対照表添付)の 事業者です

  • 賃貸アパートの契約期間と更新料について

    私は関西の大学に通う学生で、賃貸アパートに5年ほど住んでいます。(賃料は6万円台です) 先日、借地借家法では「1年未満の契約は賃借人に不利なため、期間の定めがない契約となる」ことを知りました。 入居した時の契約書を改めて確認したところ、契約期間が1年に満たない、「11ヶ月20日間」しかありませんでした。(公正証書による定期の借家契約等ではありません。) そこで質問なのですが、私の契約期間11ヶ月20日間というのは、1年未満に該当するのでしょうか?それとも四捨五入のように考えて、1年と認められてしまうのでしょうか? もし1年未満に該当するのであれば、これまで更新する必要がなかったことになると思います。 そうすると、更新料として毎年請求されていた10万円、計50万円は賃貸人にとって不当利得となり、これを返還請求することができないでしょうか? 相手は株式会社で市内に10棟前後賃貸アパートを経営している業者です。 乱文で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。