• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

自己破産後の情報は、どうすれば分かりますか?

友人からの質問です。 「祖母が10年以上前に叔父に200万円ほど貸していた。借用書は作っていたが、いついつまでに返すという日付は書いていなかった。2年に1度ほど、利息分(15万円程)を何度か返済してきた事はあったけど、ここ数年は一円も返してもらっていない。つい先日、その叔父が金融機関からも借金をしていて自己破産した事が判った(負債は1500万円ほど)。」友人は驚いて、質問者(ボクの事です)にどうしたらいいかと電話してきたのです。 ボクは「自己破産しても返済は残る時もあるらしい。ただ、免責になったら諦めるしか無いのではないか。相手の借金がギャンブル等の借金であれば免責はまずされないだろう。自己破産から免責の決定が出るまで間が空くので、その間に債権者は何とかして回収しようとするかもしれない。もし免責になってもならなくても、おばあさんの借金だけを返すとなったら他の債権者は黙ってはいないだろうから、おばあさんへの返済が優先されるという事は、まず無いのではないか」と答えました。 借金の理由は分からないそうです。とにかく「今は大変(貸したおばあさんは、今アルツハイマーを抱えていて、介護等で金銭的な余裕が無い)なので元金だけでも返して欲しい。免責かどうかは裁判所に聞いたら分かるのか?」と言う事ですが、どうなるでしょうか。これ以上はボクも答えられませんでした。諦めるしかないのでしょうか? よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数122
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • chakuro
  • ベストアンサー率65% (157/239)

まず、法律がどうなっているか以前に、破産申立をしてしまうような人から、現実に200万円回収するということは、半端な難しさではないということと、本人に十分な意思表示能力・意思能力がないということが、とても厳しいことなわけです。  本来なら本人の意思能力に応じて、後見人とか補佐人とか、法定の代理人を家庭裁判所に選任してもらわないことには、おばあさんの孫とはいえ、正式な裁判手続とかは、どうしようもないという問題があり、この手続に、裁判所選任の医師の鑑定報酬だけでも、10万円ほど飛んで行ってしまうという不合理な現実があります。  裁判所の債権確定作業は、叔父さんにそれなりの財産が残る時は、その分は換価・配当手続があるので、そのために入ってくる手続ですし、その場合は、いくばくかの配当は当然あるでしょうけども、債務総額1500万円ということですから、きれいに按分配当で、叔父さんに500万円の資産があったとして、60万円ほどの配当ですが、実際は、金融機関などは、抵当権を不動産につけていたり、預金債権と相殺する権利を持っていたりしますので、そうすると、おばあさんの配当はゼロということもありえます。  というか、個人の方でも今は、普通にそれくらいの額は負債を抱えてしまうのですが、いっぽうで、財産らしい財産といえば不動産くらいしかなく、昨今の経済状況では、抵当権付債務の返済分すらすべて返すだけの換価価値がないのが普通です。だからおそらくこの手続も、債権確定・換価・配当の手続は廃止(省略して、ただ破産宣告のみ、そのあと別個免責の手続が始まる)されてしまうのではないかと思われます。  そうなると、免責決定が出てから、その決定が確定する1ヶ月ほどの間に、免責決定に異議のある方は申し出てくださいという形で通知が行くようになっています(すでにきているのは叔父さんの弁護士が出した受任通知か、請求して裁判所に出させた申立受理票ですよね?)。  この期間は、本来債権者であれば、裁判所に行けば、破産申立の書類一式を閲覧して、そこに虚偽の記載などないか調べることができますが、そこで悩ましい問題があるのは上記のとおりです。  <相手の借金がギャンブル等の借金であれば免責はまずされないだろう。> 一般の方が考えると、ほとんど詐欺じゃないかそれは、と思うような事実があっても、免責決定というのは出ているのが実際です。多重債務者の置かれている状況を考えると、それもそんなに不合理なことではないのです。  パチンコなど憂さ晴らし程度でやっていても、免責不許可にはならないです。相当な確立で免責になると思ってください。    ・・・でもですね。私としてはむしろ今回の叔父さんの破産申立は、甥であるご友人と、母親であるおばあさんにとっては、積極的に捉えていいことだと思いますよ。なぜかというと・・・   そもそも、ここ数年返済できなかったのはなぜですか?金融機関の返済に追われて、親(義理?)に対する、しかも返済期限を決めてすらいない借金にはとても手が回らなかったということですよね?だったら、その金融機関相手の債務が、免責決定で支払義務なくなることはとりあえず、一歩前進と捉えていいじゃないですか?  もちろん理論的には、おばあさんに対する債務にも免責決定の効力は及んでしまいますが、おじさんが任意に返済するのは「自然債務(法的に支払を強制することのできない債務)の返済」ということで、特に違法になるというわけではないのです(あくまで破産手続がすべて完了してから後の話です)。  だから、何とか免責の出ないように画策するよりも、むしろ手続に協力するべきです。  それで、叔父さんが誠意を持ってくれて、身が軽くなって、これからは少しづつでも返済できるようになれば、それがいいし、もしそうでなくても、叔父さんとおばあさんは親族なわけです。  親族間には扶養義務があります(民法877条)。扶養義務には免責決定の効力は及ぶはずもありません。  一回破産まで追い込まれたおじさんが現実的に持っている程度の支払を法的に強制する手段としてなら、150万円の金銭消費貸借を根拠にしなくても、扶養義務を根拠に家裁に対する手続で追求するという方策もあり、これとて、現実には困難なことにはかわりないですけども、もしそういったことをするのであれば、叔父さんが他の借金を抱えている状態より、破産してきっちり整理してくれていたほうがいいわけですから。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり、無理みたいですね…。このカテゴリは毎日ロムしていたので薄々は分かっていましたが、いざ相談をされて「相手に資力や、誠意も払う意思も無ければどうしようもないから諦めろ」とは、とても言えなかったんです(友達の大変な状況も知っていたので)。 「弁護士に相談は出来たとしても額も額だし、まず引き受けてはもらえないんじゃないか?回収出来ないままで、弁護士費用の方が高くつくんじゃないか」とは言ったのですが…。 あと、ギャンブル等でも免責されるのは知りませんでした。ありがとうございます。ここ数年返済が滞っていた理由は分かりませんので、もう少し本人に話を聞いた方がいいかもしれませんね。 人間関係も絡んできますし、難しいですね。 明日、改めて友達(ボクは大阪、友達は高知在住なので)に、この内容をそのまま電話で伝えておきます。 お忙しい中詳しく教えて下さり、本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 自己破産の手続きについて

    今、自己破産の手続きをしている最中です。少し前に出た退職金の使い方について裁判所から色々聞かれている事についてお聞きしたいのですが、友人に借金の返済をしていたのですがそれが他の債権者に対して不公平な返済だとすると管財人がついてやり直しをする事があります。と言われてしまいました。このような場合、免責が認められなかったりするんでしょうか?いまさら友人に返してくれとも言えないし、この先どうなるのか心配です。

  • 自己破産と債務免責

    私は債権者です。債務者から自己破産すると通告受けましたが裁判所への債権者リストには記載せれていませんでした。従って裁判所からは何も連絡はありません。その場合でも免責は成立しているのでしょうか。自己破産の連絡はしたのだからあなたの債権に返済する義務はないと自己破産者から言われています。私の債権は取り戻せないのでしょうか。返済させる方法はないのでしょうか。教えてください。

  • 自己破産について

    自己破産する際にあげる債権者とは、月々支払いしている生命保険料や以前乗っていた車の借金(車は事故したため廃車になりました)も、自己破産の債権者としてあげるのですか? それとも、自分が自己破産したい債権者だけあげれば、その債権者とは自己破産できるというものですか? 自己破産の際にあげる「債権者」というのがいまいちよくわからないので詳しく教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • h21953
  • ベストアンサー率28% (54/190)

>債権者へ裁判所からの呼び出しが来るのでしょうか? たぶん、こないと思います。来れば事情説明にいった方がよいと思います。 通知が届き、事件番号も記載されているのなら、裁判所の判決を待つしかないのかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々ありがとうございます。明日にも伝えておきます。

  • 回答No.1
  • h21953
  • ベストアンサー率28% (54/190)

まず、私は専門家ではないので不確かなところがあるかも知れません。 借用書は残っているのでしょうか、そして裁判所の決定はおりたのでしょうか? 少なくとも、裁判所は債務額を決定するため全債権者に債権額を決定させる手続をすると思います。 ですから、その借用書を以て債権の存在を裁判所に知らせるのが先だと思います。 その上で決定を待つしかないのでは無いでしょうか。 また、各地で無料法律相談がありますので、早急に相談された方がいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお答えをありがとうございます。 友人にこの内容を伝え、確認してみましたところ、借用書はちゃんと残っているとの事です。 29日に自己破産したという通知が届き、事件番号も記載されています。そうなると、債権者へ裁判所からの呼び出しが来るのでしょうか? ただ、貸した本人であるおばあさんがアルツハイマーで正常な判断が出来なくなっているので、事情を良く知っている友人のお父さんに任せると言っていました。 実際、他の親戚の方にも借りていたようなので、お互いに相談しあう事になりそうです。 アドバイスに従い、弁護士を探して相談してみるとも言っていました。 お忙しい中、本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 債権者の自己破産について

    自己破産について質問です。 私の叔父は以前会社を経営しておりました。 現在は退職し、年金受給のみで暮らしております。 叔父が自己破産をしたい理由は、借金の保証人になっていて、主債務者が支払い不能になったため、叔父の方に裁判所から支払督促が来たからです。 叔父は年金受給者であるため、支払いはできません。 ところが、叔父には債権があります。 その債権は叔父の身内に対してのものです。 お聞きしたいことは以下の3点です。 1.債権者が自己破産できるのでしょうか? 2.自己破産できたとして、その債権はどうなるのでしょうか? 3.叔父はなるべく身内に迷惑を掛けたくないらしいのですが、どうすればよいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 自己破産について

    こちらは債権者です 知人が債務者として、自己破産をさせない方法は何かありますか? 例えば知人が、私.A.B.Cと何件かから借金があるとします 知人は貴方にはお世話になったからと私からは借金があると申告せず、ABCだけ申告しABCだけに自己破産と言う形をとり私には返済と言うような、自己破産の方法は成り立つんでしょうか?

  • 自己破産後の取り立て

    1年前に自己破産をして免責もおりていますが友人名義のサラ金の返済を支払って欲しいと代理を立てて請求されています。(使ったのは私ですが) 手続きの時に債権者名簿には載せていませんでした。 少しずつと思いますが、他にも債権者は多数居りますから 支払いは困難です。 代理の人も普通の人ではなさそうで弱っています。

  • 自己破産後の保証人からの請求について

    知人の話ですが、知人は自己破産をして免責も得られたそうです。 ところが突然知人の借金の保証をしていた保証人から知人の借金を債権者に返済したので返済を求められたそうです。 知人は破産して免責されたので、払う必要はないはずだと言ったそうです。しかし、保証人は知人が破産したことは知らなかったし、何の連絡通知もなかったから自分は免責されないと言っているそうです。本当でしょうか。ただ、実際破産の際に保証人には、連絡や通知をしておりませんでした。もちろん債権者にはもれなく連絡通知をしたらしいのですが・・・。 ご存知の方ご教授ください。

  • 自己破産について

    自己破産について質問します。自己破産を弁護士などにお願いして裁判所に申請したあと、宝くじなどで大金を手にした場合、借金を債権者に返済し自己破産の申請を取り消す事がせきるんでしょうか? 専門的な事だと思いますが法律に詳しいか方、よろしくお願いします。

  • 自己破産について

    自己破産した場合、破産者は全ての債務について免責になるのでしょうか? 破産手続きの際に裁判所に届け出た?債務についてのみ、という事なのでしょうか? こちらは債権者なのですが、債権者に裁判所からの通知などがあるのでしょうか?裁判所からの通知などがなければ、こちらの持っている債権については自己破産しようが関係ない、という事になるのでしょうか?

  • 自己破産

    こちらは債権者です 知人の債務者を自己破産させない方法は何かありますか? 例えば知人が、借金を私.A.B.Cと複数件している場合、私にはお世話になっていたからと私だけを借金の申告をせずABCだけ申告をして 自己破産したにも関わらず私だけに返済して行くと言う事は可能なんでしょうか?

  • 自己破産者への請求について。

    自己破産者への請求について。 友人に300万貸していました。借用書はありますが、返済期日、利息などは決めませんでした。 その友人が自己破産しました。する事は聞いており、私の借金は債権リストに入れなかったようです。 毎月1万円返済がありますが、正直少ない気がします。 ですが、友人が再生途中なので、無理も言いたくありません。 質問ですが、 1.返済期日をこれから決める事は可能でしょうか。 2.返済期日はどう設定すればよいでしょうか。 3.利息を設定できるでしょうか。 4.自己破産者に返済を求めても意味があるのでしょうか。 5.法的な手続きは可能でしょうか。 4に関しては下記の内容を見たのですが、どうなのでしょうか。この通りだとなれば、返済の義務は無く、債権リストに載せて免責になったのと同じだと思えます。 下の条文のカッコ書きにあるように、貴方が該当氏の破産手続きを行っていたことを知っていた場合にはそのまた例外、つまり免責になって返済の義務がなくなることになります。(知っていたのなら文句があれば破産手続きの中で言え、ということでしょう。) (中略)返済する気がないのなら、貴方は破産するのを知っていたはずだ、だから免責になっている、返済の義務はないと主張してくるでしょう。 (免責許可の決定の効力等) (破産法)第二百五十三条  免責許可の決定が確定したときは、破産者は、破産手続による配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。ただし、次に掲げる請求権については、この限りでない。 (中略) 六  破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。)

  • 自己破産について

    私の知り合いが自己破産しますが、申請から免責が降りるまでの期間はどれぐらいでしょうか。また、管轄裁判所は本籍か居所か住所地のどの指定をうけますか。また、債権者にどのような通知が届きますか。 また、債権者に知られることなく通知しなくても出来る方法ありまか。ようは、自己破産申請者が親戚関係者には債権者リスト載せないようにすると口裏をあわせたが、実際は、親戚関係者に知られることなく債権者リストに載せることができますか。 また、自己破産者が実際いつ免責が降りたことを確認する方法はありますか。それを確認するには関係当時者しか見ることが出来ないでしょうか。第三者は確認できないでしょうか。宜しくお願いします。

  • 自己破産した場合

    自己破産した場合、借金が免責になり、財産があれば、債権者に分配されることは知っています。 自己破産申告するときに、債権者の連絡が行くことになると思いますが、直接、自身の借金でない連帯保証をしている債権者にも連絡しなければならないのでしょうか? 自身の借金であれば、債権者に連絡しない場合は、免責にならないということは知っていますが 他の連帯保証分はどうなるか知りません。 どなたか詳しい方教えていただけないでしょうか?