• ベストアンサー
  • 困ってます

凝固点降下法を試したいのですが

ある固体物質の融点を下げるために、凝固点降下法を試そうと思っています。そこで質問なのですが、 1. 凝固点と融点は同じと考えて良いのか? 2. 固体物質に不凍剤を入れても(固体同士混ぜても)意味ないですよね? 一度、混合物を高温で融解させたのち、冷まして固まったものの融点が下がるのでしょうか? 3. 不凍剤はどのように選択したら良いのでしょうか?  4. モル凝固点降下定数はどのように調べたらよいのでしょうか?化学便覧には目的とする化合物は載っていませんでした。 どれか一つでもいいので、ご回答よろしくお願いいたします。

noname#203618
noname#203618

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数805
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

1,2 融点は温度を上げていくときです。凝固点は温度を下げていくときです。融解と凝固は同じ温度で起こると考えられます。 融点降下と言っても凝固点降下と言っても同じ事だということになります。 >一度、混合物を高温で融解させたのち、冷まして固まったものの融点が下がるのでしょうか? 冷まして固まるときの温度が低くなります。固まりにくくなるのです。 3,4 モル凝固点降下度(定数)は溶媒とされる物質によって決まる量です。溶質には関係しません。だだこれは稀薄溶液といわれる場合です。濃くなると個々で調べる必要があるでしょう。 便覧に載っているのは溶媒としてよく利用されるものについてだと思います。化学で凝固点降下度の測定がされるのは溶媒ではなくて溶質の性質を知る事が目的なんです。融点を下げること自体が目的であるというのはどちらかというと応用の分野です。合金の融点が成分金属の融点とどの様に関係するかなどです。 アルミニウムの精錬で酸化アルミニウムを溶けた氷晶石に溶かすというのでも凝固点降下が現れます。この場合は氷晶石(融点1000℃)が溶媒、酸化アルミニウム(融点1600℃)が溶質です。水に食塩を溶かすというのに似ています。酸化アルミニウムの溶けた氷晶石の凝固点は900℃ほどになります。 質問者様が目的としている化合物が何かが分かりません。何のためにこういう事とをするのかも分かりません。どうしても漠然とした話になります。でも一方であまり具体的な事を訊かれても私には応えようがないという面もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。 ちなみに、溶媒に相当するものは基本的なアゾール類(固体)です。 試薬が熱に弱いためなんとか低い温度で反応させたいと思っています。 (一般的な有機溶媒は使えません。。。) モル凝固点降下定数が分かると、添加する量に対する融点が分かって助かるのですが。 やってみるしかないのでしょうか。 ご助言ございましたら、よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#160321
noname#160321

固体に執着するのであればナフタリンを入れたりすれば、後で昇華して除くことも出来便利です。 でもなぜ溶液ではいけないのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 アゾールそのものが反応剤であり溶媒となっております。 有機溶媒を使って濃度がうすくなると反応性が落ちるためです。

  • 回答No.1
noname#69788
noname#69788

1 同じです。 2 氷に食塩をまぜれば、凝固点降下はおこると思います、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 自分の実験系に使えそうなことがわかり安心しました。

関連するQ&A

  • 凝固点降下について

    凝固点降下について 凝固点降下というのは、 水に一種類の物質を 溶かすより、 何種類も物質を溶かした ほうが凝固点が 下がるんですか? また、水に溶かしても 凝固点が下がらない物質 ってありますか? 中学生で、まだ学校では 習ってないのですが 自由研究をしていて 調べものをしたら “凝固点降下” が出てきたので 質問しました。 回答お願いします(>_<)

  • 凝固点降下について

    大学の熱力学を復習していて、凝固点降下について考えてました。  ご教授願えれば幸いです。 合金の状態図を見ていると、溶質を添加していくと融点が上昇するものと降下するものがあります。 しかし、水溶液などでは、融点(凝固点)は、下がるものが一般的であると思います。 これはどうしてなのでしょうか? また、凝固点降下を定式化していった際に、どうして「降下」になって「上昇」は出てこないのでしょうか?(溶解のエンタルピーの温度依存性を考えないため??)

  • モル凝固点降下度について・・・

    こんにちは。質問なんですが、 問題A 水1kgに尿素(分子量60)1モルが溶けている溶液の凝固点降下度(モル凝固点降下)はいくらか。 問題B 純粋な水の凝固点は0.00℃であり、水500gにグルコース(分子量180)9.0gを溶かした水溶液の凝固点は-0.19℃である。水のモル凝固点降下(溶質粒子1モル/kgの時の凝固点降下度)はいくらか。 という二つの問題があり、Aの答えは1.9Kと解答に書かれていて,Bは1.9K・kg/モルと書かれています。 同じモル凝固点降下を聞いているのに、なぜ、単位が異なるのですか?教えて下さい。

  • 凝固点降下について・・・

    純水200gに0.010molのスクロースが溶解した水溶液(A)と純水100gに塩化ナトリウム0.010molが溶解した水溶液(B)がある。 問)Aの凝固点は、-0.093℃であった。Bを冷却して純粋な氷が50gできるときの温度【℃】を求めよ。 解)Bの残った水は50gであることから、溶液の質量モル濃度は0.40(mol/kg)。凝固点降下度は質量モル濃度に比例するので、約0.74(K)。よって-0.74℃。 この問題によると「溶液が固体になる=溶媒のみが固体になる」っていうことですよね? では、溶液の温度を下げ続けると、質量モル濃度が上がり続け凝固点降下どが∞になり、溶液を完全に固体にすることはできない。 という事になりそうなんですけど、どうなんでしょうか? それと、実際に溶液の温度を下げていったとき、ある温度で溶解度を越して、途中で濃度が変わることが考えられます。そしたら、最初の状態で求めた凝固点も実際の凝固点と変わってしまいませんか? 最初に凝固点降下を習った時は「なるほど!!」って思ったんですけど、よくよく考えてみるとわからないことだらけでした。

  • 凝固点降下?

    水溶液の凝固点降下度は、同一分子量の物質を比較した時、電解質物質として分類されている化合物を溶解した溶液が大きい。 この理由が分かりません。できれば詳しく教えて下さい。

  • 混合溶液の凝固点降下度について

    ブドウ糖(180)とショ糖(342)の混合物65.25gを、水500gに溶かした水溶液の凝固点降下度は0.93である。水のモル凝固点降下を1.86K・Kg/molとすれば、この混合物のブドウ糖とショ糖のモル比は何か?という問題なのですが、単純に公式に代入するだけではでそうにないみたいなのですが、分かる方教えていただけませんか?

  • 凝固点降下について

    200gの水に塩化バリウム0.01molを溶かした溶液と、200gの水に硫酸ナトリウム0.01molを溶かした溶液とを混合したのち、-0.46℃まで冷却した。その時得られた結果は、次の記述のうちどれにもっとも近いか。ただし、水のモル凝固点降下は1.86K・kg/molである。 (1)氷はできない (2)およそ80gの氷ができる。 (3)およそ120gの氷ができる。 (4)およそ240gの氷ができる。 (5)およそ360gの氷ができる。 (6)水はすべて氷になる。 <解答> BaCl2+Na2SO4→BaSO4(沈殿)+2NaCl 氷が生成したとして、それをx[g]とおく。氷が共存しているときの温度は凝固点であるから、問題の溶液の凝固点は-0.46℃である。 0.46=1.86×0.02×(1+1)×(1000/400 - x) x=238(g) 凝固点で氷と水が共存して、温度が下がらなくなるということは、凝固点降下度も変わらなくなりますよね?でも氷が増えていくと水が少なくなる分、質量モル濃度も上がってくると思うのですが、それなのに凝固点降下度は変わらないというのが、分かりません。例えば、この式でxが変われば0.46という値も変わります。でも氷も共存してるから凝固点はかわらない。矛盾になりませんか?

  • 凝固点降下

    不純物が含まれている物質は,融点が下がりますよね。 これは,凝固点降下なのですか?

  • 凝固点降下定数

    先日凝固点降下の実験を行いました。溶媒にはシクロヘキサン、溶質にはナフタレンを用いました。そして実験の結果、凝固点降下定数はおよそ19となりました。しかし色々調べているとシクロヘキサンの凝固点降下定数は20.2とありました。計算式から濃度か凝固点降下度のどちらかに問題があると思うのですが、特に実験操作を間違えた覚えもなくこのズレの原因がわかりません。ご存知の方よろしくお願いします。

  • 酢酸のモル凝固点降下

    酢酸(融点17℃、沸点118℃)のモル凝固点降下を3.90K・kg/mol とする時の、95%の酢酸の凝固点を求めなさい、という問題に頭を悩ませています。凝固点降下の値が通常の問題は水の値なのですが、今回は酢酸の値なので、溶質は何!?といった感じです。95%酢酸、1000g中には950gの酢酸と、50gの水が含まれているので、酢酸に水が溶けていると考え、1000/950×50/18×3.9=1.14なので、酢酸の融点17℃から差し引いて、17-1.14=15.86℃で良いのでしょうか? どなたかご教授ください。宜しくお願いします。