• ベストアンサー
  • 困ってます

平衡定数と圧力

温度一定であれば平衡定数は一定に保たれるということですが、圧力が変化すると反応によってはルシャトリエの法則により平衡がどちらかに移動するとそれにともなって平衡定数はかわるのではないですか。基本的なことですみませんがよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3644
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • koz7291
  • ベストアンサー率53% (96/179)

>ところで、アンモニアの合成のような場合温度一定であれば、圧力を高くするといったんはルシャトリエの法則によって右に平衡が移動しますが、その温度における平衡定数になるためには平衡がまた左(×右)向きにならなければもとに戻らないと思いますがそうなるのでしょうか。 具体的には、(濃度ではなく)各物質量(mol)が圧力を高くする前の物質量に戻るまで左(×右)向きになると思うのですがどうでしょうか。 いろいろ考えていらっしゃいますね。 なかなか文字だけで、しかもこの限られたスペースで書き表すのは難しいですが、アンモニア合成反応の例でお答えしようと思います。 >圧力を高くするといったんはルシャトリエの法則によって右に平衡が移動しますが、 ここは、 N2 + 3H2 → 2NH3 のように、右向きの変化が起きるということですね。 >その温度における平衡定数になるためには平衡がまた左(×右)向きにならなければもとに戻らないと思いますが このように N2 + 3H2 ← 2NH3 なるということでしょうか。この変化は、細かく見れば(分子同士のレベルでは)起こっています。しかし、その速度以上に、右向き、すなわち N2 + 3H2 → 2NH3 の変化が起こって、圧力比、この場合は p(NH3)^2/{p(N2)・p(H2)^3} の値が(圧)平衡定数の値に等しくなるまで変化し、全体として右向きに平衡が移動する、ということです。 >具体的には、(濃度ではなく)各物質量(mol)が圧力を高くする前の物質量に戻るまで左(×右)向きになると思うのですがどうでしょうか。 ここは違います。圧力を高くする前の物質量にまでは戻りません。 ここでは、外部から「圧力を高くする」という変化を加えています。この反応の反応式の左辺、右辺それぞれの分子数の合計はどうなっているでしょうか? 左辺は4分子、右辺は2分子です。圧力を高くすると、分子数が減る向きに平衡が移動するのでしたね。どこまで移動するかというと、圧力比 p(NH3)^2/{p(N2)・p(H2)^3} が、平衡定数、すなわち圧力を高くする前の値になるまでですが、各々の圧力の項に、分子数分だけの乗数がかかっています(H2は3乗、NH3は2乗)。反応式の中に書かれた分子数(係数)が多い分子ほど、平衡定数の変化に大きく寄与するのです。 仮に、 N2 + 3H2 ⇔ 2NH3 の平衡が成り立っている系で、全圧を2倍にした場合、各分圧(p(N2)、p(H2)、p(NH3))も2倍になりますから、圧力比 p(NH3)^2/{p(N2)・p(H2)^3} は、変化する前に比べて、 2^2/(2×2^3)=4/(2×8)=4/16=1/4 になります。この値が元の値、すなわち平衡定数と等しくなるように、p(N2)とp(H2)が減少する、すなわちN2とH2が消費され、NH3が生じて、新たなp(N2)、p(H2)、p(NH3)の値に変化し、これらの比が平衡定数の値に等しくなります。全体として、 N2 + 3H2 → 2NH3 (右向き) のように、平衡が移動する、ということです。 (これだけ書いて疲れました…(汗))

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 返信遅くなりました。忙しさもあっていただいたメールをあーでもない、こーでもないとながめていてようやく自分が理解していなかったところがわかってきたように思います。ドルトンの分圧の法則がごっちゃになっていたことに気づきました。ありがとうございました。感謝です。  すぐにお礼をと思ったのですが、わかっていないのにわかったようなメールは失礼かとしばらく考えていて遅くなりました。この「教えて進路Q&A」は一度しかお礼ができないことも返信が遅れた理由です。あまりに返信が遅くこのメールが届かないのではないかとそのことだけが不安です。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

屋上に屋を重ねるようなことを書くようですが... 平衡条件は化学ポテンシャルμiと化学式の係数νi(原系の係数をマイナス、生成系の係数をプラス)として Σνiμi=0 で決まります。iは各成分に対応します。たとえばアンモニアを窒素と水素から合成する場合(3H2+N2→2NH3)は 2μ(NH3)-μ(N2)-3μ(H2)=0 (1) が平衡条件です。 理想系と呼ばれる系では μi=μi^0(T,P)+RTlnxi (2) で化学ポテンシャルが表せます。iは系のi番目の成分をしめします。lnは自然対数、xiは成分iのモル分率です。μi^0(T,P)はi番目の成分だけの純品になるまで理想系ならば、化学成分iの温度T、圧力Pでの化学ポテンシャルです。 (1)と(2)を組み合わて、 -Σνiμi^0(T,P)=Σνi(RT)lnxi=RTΣlnxi^νi=RTlnK(T,P) で平衡定数K(T,P)を定義します。(式が見にくくて済みません。) アンモニア合成は低温で高圧ほど平衡に有利であるとお聞きになったことがあると思います。すなわち、低温高圧になるほど平衡定数K=[NH3]^2/[H2]^3[N2]が大きくなるからです。 ルシャトリエの法則はまた系の安定性を保証します。アンモニアのように気体のモル数が下がる反応は、少し圧力が上がれば、アンモニアができる生成系の側に、つまり圧力が下がるように平衡点が移動します。小さな揺らぎで圧が上がっても平衡が生成系(アンモニア生成)に向かって移動するので圧力が下がり、もともとあった平衡点に戻ります。これがもし逆に動くのだと、揺らぎで圧が微小に上がると、アンモニアが水素と窒素に分解する方へ平衡が動きます。そうなるとまた圧があがるので、どんどん分解反応が進行します。つまりもとの点が安定でなかったことになります。 この反応は発熱です。ですから少し温度がさがるとアンモニアが出来る方(発熱の方向)に平衡がシフトします。その結果温度があがりもとに戻ります。 なお平衡定数の温度依存性は、 (∂lnK(T,P)/∂T)p=ΔH/RT^2 圧力依存性は、 (∂lnK(T,P)/∂P)T=-ΔV/RT となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。ちょっと私には難しくて、また顔を洗って出直そうと思います。返信遅れて済みませんでした。

  • 回答No.4
  • koz7291
  • ベストアンサー率53% (96/179)

No.2です。 >温度が一定のときに、ルシャトリエの原理で平衡が移動して別の平衡に移っても最終的には平衡定数は大きく変わらないと言う解釈でいいでしょうか。 「平衡定数は大きく変わらない」ではなく、「全く変わらない」だと思います。 (の、はずです) >もしそうした問題知っていたら教えてください 残念ながら、今現在持ち合わせておりません。 ただ、気体同士の反応で、平衡状態を考えるのには、 N2 + 3H2 ⇔ 2 NH3 などがよい例ではないでしょうか。 この反応は、ハーバー・ボッシュ法という名のついた有名な反応です。 過去のQ&A http://oshiete1.goo.ne.jp/qa485328.html および、その中で引用されている http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=481467 が参考になるのではないかと思います。 また、「ハーバー・ボッシュ法」で検索してみても、いろいろ引っかかると思います。 頑張って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたび回答いただき本当にありがとうございます。 問題の紹介ありがとうございました。問題の解答があっているとして、計算してみるとたしかに圧平衡定数が圧力によってかわっていないことがわかりました。 ところで、アンモニアの合成のような場合温度一定であれば、圧力を高くするといったんはルシャトリエの法則によって右に平衡が移動しますが、その温度における平衡定数になるためには平衡がまた右向きにならなければもとに戻らないと思いますがそうなるのでしょうか。 具体的には、(濃度ではなく)各物質量(mol)が圧力を高くする前の物質量に戻るまで右向きになると思うのですがどうでしょうか。 ちょっと頭が混乱してきましたのおかしなこと書いているかもしれませんがよろしくお願い致します。

質問者からの補足

すみません。お礼のところの質問で平衡定数がもとに戻るには「右向き」ではなく、「左向き」と訂正下さい。

  • 回答No.3
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1614/3271)

> 温度が一定のときに、ルシャトリエの原理で平衡が移動して別の平衡に移っても最終的には平衡定数は大きく変わらないと言う解釈でいいでしょうか。 まずいですね. 新しい平衡条件でも,やはり平衡定数の値は維持されているのです.そういう制約の中でしか平衡状態は成立できないということです. ただし. 厳密なことを言えば,圧力はあくまでも圧力であってフガシティではないので,圧平衡定数は圧力条件によっても変化します.しかし,これは大学以降の物理化学で,活量やフガシティについて勉強するまでは考えなくてかまいません. 平衡定数は,圧平衡定数にせよ濃度平衡定数にせよ,温度が一定なら一定値になるようにしか,平衡の位置は動けません.当面はそのように考える必要があります.このことの理解が,平衡ということの本質の理解につながるので,納得行くまで考えてください.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

フガシティや活量についてはさっぱりわかりませんが、 > 平衡定数は,圧平衡定数にせよ濃度平衡定数にせよ,温度が一定なら一定値になるようにしか,平衡の位置は動けません. ということで当面考えていこうと思います。ありがとうございました。助かります。

  • 回答No.2
  • koz7291
  • ベストアンサー率53% (96/179)

平衡 A+B⇔C が成り立っているとすると、圧力(分圧)で表した平衡定数Kは、 K=p(C)/{p(A)・p(B)} となります。このKは、温度が一定ならば一定であり、ご質問の通りです。 ここでの分圧p(A)、p(B)、p(C)は、平衡状態での分圧です。 そして、平衡がどちらかに移動した場合ですが、ここで大事なことは、ご質問のように「圧力が変化した場合」でも、「温度が一定である」という条件を忘れてはいけない、ということです。 温度一定で圧力(全圧にしろ分圧にしろ)が変化して平衡が移動する場合、変化した直後は、 p(C)/{p(A)・p(B)} の値は当然平衡状態とは違った値になりますが、十分に時間が経つと、この比が変化前の平衡状態のときと同じ値になるように各分圧がうまい具合に変化し合い、 p(C)/{p(A)・p(B)} の値が定数Kに近づいてゆき、やがてKと同じ値に達します。この間、ずっと「温度が一定」という条件が成り立っているものとします。ですから、平衡定数は、温度が一定であれば一定である、ということです。系の圧力が変化した場合、温度が一定であるには、外部から熱を加えたり奪ったりすることが必要になる場合があります。理想気体の状態方程式 PV=nRT を思い出してください。 それから、平衡状態でのp(A)、p(B)、p(C)と、平衡に達する前のp(A)、p(B)、p(C)を区別して考える必要があると思います。 「温度が一定の場合」「全圧が一定の場合」「全体積が一定の場合」など、いろいろな場合を考え、いろいろな問題に当たってみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。温度が一定のときに、ルシャトリエの原理で平衡が移動して別の平衡に移っても最終的には平衡定数は大きく変わらないと言う解釈でいいでしょうか。 いろいろ考える手がかりになりそうで助かります。また、ご指摘のように頭の中で考えているより実際に問題を解いてみないとイメージがわかないと思いました(もしそうした問題知っていたら教えてください)。

  • 回答No.1
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

平衡定数は濃度を使って表されています。 平衡移動は平衡定数に従って起こります。 気体の場合、濃度は圧力で変わります。圧力を変えると体積が変わるので濃度が変化するからです。 濃度は分圧で表すことも出来ます。 反応によって気体の分子数の合計が変化しない場合は圧力を変えても平衡移動は起こりません。 A+B ⇔ C+D  の平衡が成り立っているとします。 [C]・[D]/[A]・[B]=K です。この式で全ての分圧を2倍にしてもそのまま式は成り立ちます。分圧が全て2倍になったということは全圧が2倍になったということです。濃度は変わりますが濃度の比が変わっていませんので平衡移動は起こっていないということになります。 気体の分子数の合計が変化する場合は平衡移動が起こります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。助かります。

関連するQ&A

  • ルシャトリエの法則と濃度平衡定数

    友人から質問されたのですが、私自身もわからなかったので質問させていただきます。 ルシャトリエの法則の問題です。 H2(g)+I2(g)=2HI(g)+12KJ において、平衡に達しているときに、変形できない容器内に水素0.02molをいれた場合、濃度平衡定数は変化するか? という問題なんですが、答えは 濃度平衡定数は温度が一定だから、変化しない。 となっています。 この問題で疑問なのは ”水素を入れたら、平衡は右に移動して発熱して温度は上がるから濃度平衡定数は変化するのではないか。” というものです。問題作成者の間違いなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 平衡定数の問題について

    理想気体の変化 A⇔3B において、 圧力を1.0*10^5Pa,温度を35℃に保ちながら、Aのみの状態から平衡に達するまで反応させたところ、Aの反応率は40%であった。この反応の35℃における平衡定数はおよそいくらか。 ただし、標準状態の圧力を1.0*10^5Paとする。 答えは 8.9*10^-1らしいのですが求め方が分かりません、標準状態が関与しているのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 平衡定数

    化学の平衡定数について質問です。 平衡定数が正反応速度と逆反応速度から成り立っているのはわかります。 反応速度は温度と触媒によって影響があるのもわかります。 でも平衡定数はなぜ温度のみに影響するのでしょうか。 先生に聞いてみても 触媒を加えると全体の速度が速くなるから 平衡定数は変わらない と言われました。 でも温度も同じなのではないでしょうか。 例えば30から40℃に温度をあげたとき 正反応速度は速くなりますが 逆反応速度も同じくらい速くなるので 触媒と全然変わらない気がします。 わかる方いましたら 教えてください。

  • 酢酸の平衡定数について

    酢酸の平衡定数について調べているんですが、この平衡定数が温度によって変化する原理がよく分かりません。 なぜ変化するのか教えてください。お願いします。

  • 平衡定数の求め方

    平衡定数を求める問題です。 授業でNaOHとCH3COOHの反応における平衡定数の求め方を習いました。平衡定数を求める式より K=[CH3COO-][Na+]/[CH3COOH][Na+][OH-] となり分母分子に[H+]をかけてKa/Kw=10^-5/10^-14=10^9と求めました。 これについては納得できたのですが、HClとNH3の反応における平衡定数はどのように求めたら良いのか分かりません。分母分子に[H+]をかけても水のイオン積は出てきませんよね? 基本的な問題かと思いますが、解き方を教えて下さい。回答よろしくお願いします。

  • 平衡定数

    明日までの宿題なのでどなたかヒントをください。 A(平衡)Bの平衡について、その平衡定数をKとするとT=7℃でK=59×9.2,T=27℃でK=59×3.7であった。また、気体定数はR=8.31Jmol~-1K~-1とする。 (1)A→BのΔHを求めよ。 (2)25℃における平衡定数Kを求めよ。 問題を解く前にわからないことがあるのですが、平衡定数は定数だから変わらないんじゃないんですか??初歩的な質問ですみません。

  • 平衡定数

    化学の問題でよく、平衡定数Kを求める問題をみかけます。 たとえば、キレート錯体の平衡定数は普通の単座配位子の錯体の比べて、大きいですよね。 平衡定数が大きいのはなにか利点があるのですか? 平衡定数が大きいと何がわかるのですか? 分かりずらい質問ですみません。

  • 化学反応(平衡定数)について

    塩酸HCL(g)1.00molと酸素O2(g)0.40molを20.0Lの容器にいれ、ある一定の温度の保った。反応式4HCl+O2⇔2H2O+2Cl2の反応が平衡状態に達した。平行時において,0.40molのCl2が生成していた。この温度における平衡定数を答えよ。という問題です。 自分の解答、k(平衡定数)=(0.40)^2/(1.00×0.40)からk=0.4となってしまうのですが、これは20.0L(容器の大きさ?)を使っていないからというのはわかるのですがどこで容器の大きさを使えばいいのかご教授願いたいです。

  • 圧平衡定数について

    圧平衡定数が使用される理由に 気体反応の場合は濃度より圧力のほうが測定しやすいとありました。 なぜ、圧力のほうが測定しやすいのでしょうか?

  • 平衡定数と温度の関係について

    参考書を見ると 『正反応が発熱反応である場合には温度が高くなるほど平衡定数Kは小さい値となる』 『正反応が吸熱反応である場合には温度が高くなるほど平衡定数Kは大きい値となる』 と書いてありますがどうしてでしょうか?自分の持っている化学の参考書すべてに目を通したのですが理由が書いてありませんでした。お手数ですが、よろしくお願いします。