• 締切
  • 暇なときにでも

核兵器の廃棄方法

  • 質問No.2664179
  • 閲覧数805
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 22% (8/36)

核兵器は、原子爆弾、水素爆弾、中性子爆弾などがあり、世界に数万個あるそうですが、廃棄するのは一ヶ月に数個程度しかできないらしい、と本で読んだことがあります。
核兵器の仕組みはなんとなくしか理解してませんが、仕組みより廃棄方法のほうが気になります。

核兵器は廃棄されているんですか?
どこでどのようにどの程度廃棄されますか?

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 29% (508/1743)

点火装置(爆縮火薬の点火タイミング制御装置)を破棄してしまえば、とりあえず爆弾としては使えなくなります。のこりの核物質ですが。劣化ウランで希釈して、プルサーマルなり原子炉で燃やすのがベストでしょう。…集めると爆発するので、少量ずつしか処理できないのが難ですが。 
個人的には、地球規模の災害防止に、国際的に管理された核弾頭はある程度必要かと思います。小天体対策や、独自に核開発した国への対抗として、0には出来ないでしょう。

劣化ウランは、「原爆には使えないウラン」です。主に、原爆用プルトニウムを作るための原子炉に使うウラン235を取り除いた後のウラン238が劣化ウランと呼ばれる物です。もちろん、ウラン238も劣化ウラン弾頭と同様に使えますが。どちらもべつに「核反応を起こす弾頭」ではありませんので、勘違いされないように。劣化ウラン弾の人体影響は、化学物質としての毒性について言われる物で(それも、毒性がどの程度かは微妙。何しろ、バケツで扱うような物だし)、放射能としてのものは微々たる物です。また、プルトニウムは猛毒として知られます。
…「劣化」という言葉で訳した人が間違い。

半減期ですが。ウラン235が7億年、ウラン238が45億年です。プルトニウム239で2万4千年。保存して消失を待つなんてことは無理ですが…半減期が非現実的に長いものも、埋めて処理することがほとんどですね。ただ、ここでいわれる廃棄物は、核燃料ではなく、核分裂後に発生した放射能物質のことです(セシウムとかヨウ素とか、中性子で放射化されたさまざまなもの)。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (2604/7183)

核兵器というか核廃棄物ですが、基本的には土中に埋めて半減期をまつという方法をとっています。
簡単に言えば放射線が出ない、あるいは問題ないレベルになるまで保管するという方法です。
核兵器として使用する以外には経済面などを考え、これしか方法がないのが現状です。
再処理して更に核燃料として使うという方法もありますが、莫大な費用がかかるとのこと。

一部、劣化ウランを弾丸につかっていますが、あまり良い使い方とは言えないでしょう。
ごく低レベルの放射性物質を使うという以前に兵器に使うこと自体が間違ってますから。
劣化ウラン弾のネタを挙げておきます。ただ、この記事にあるように劣化ウラン弾によって
被爆した人がいるかどうかは未だ不明です。あくまで参考と言うことで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E5%BC%BE
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ