• 締切済み
  • 困ってます

塩酸の触媒作用

酢酸エチルの加水分解・一次反応 CH3COOH2H5+H2O→CH3COOH+C2H5OH という実験をしました。 この反応ではHCl(正しくはH+)が触媒作用をしていますが、 HClの濃度が反応速度にどのように関係しているかを 知るためにはどのような方法がありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数978
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

> HClの濃度が反応速度にどのように関係しているか > を知るためにはどのような方法がありますか?  どのような意図かがチョット判らないところもありますが,普通に塩酸の濃度を変えて反応速度を測定し,「塩酸濃度 vs. 反応速度」のプロットを書いてみてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 加水分解の一次反応

    酢酸エチルの加水分解・一次反応の反応式が CH3COOH2H5+H2O→CH3COOH+C2H5OH なので、この式から見ると 「水の濃度」も反応速度に関係あるように思うのですが、 実際は「エステル」のみに関係するようです。 何故なのですか?

  • 酢酸エチルの逆反応が無視できないときの速度式

    酢酸エチルの反応で、逆反応を無視できるときと、無視できないときとで、加水分解の速度式がどう違うか、という質問がでました。 逆反応を無視できるときの速度式というのは -d[CH3COOC2H5]/dt=k[CH3COOC2H5][H2O][H+] となるようですが、この式の意味はわかりますが、この式も、自分でたてることはまだできません。 ただ、反応式の左辺の物質の濃度をかけるだけでいいのでしょうか? また、逆反応を無視できないときにはどのようになるのでしょうか? -d[CH3COOC2H5]/dt=k[CH3COOC2H5][H2O][H+][CH3COOH][C2H5OH][H+] こんな感じになるんでしょうか。 ぜんぜんわかっていません^^; よろしくおねがいします。

  • 化学平衡における水の扱い

    化学平衡に関する質問です。よろしくお願いします。 化学平衡で質量作用の式を立てる際に水を式に含める 場合と含めない場合があるのはなぜなのですか? 例えば・・・ 1)酢酸エチルの合成の場合 C2H5OH + CH3COOH ⇔ CH3COOC2H5 + H2O 平衡定数Ka = [CH3COOC2H5][H2O]/[C2H5OH][CH3COOH] 2)酢酸イオンの加水分解の場合 CH3COO- + H2O ⇔ CH3COOH +OH- 加水分解定数Kh =[CH3COOH][OH-]/[CH3COO-] ある参考書には 2)のとき、 水溶液内の平衡に関しては[H2O]は平衡定数内に含まれて いると考えてよい と書いてありました。 書いてある意味はわかるのですが、なぜ1)の場合には 含まれていないのかがわかりません。 1)は水溶液内の平衡ではないということでしょうか? この2つの場合に限らず、[H2O]を質量作用の式に 含める場合と含めない場合の違いがおわかりになる方、 いらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いします。

  • なぜ触媒に塩酸を用いるのか?

    ・酸触媒下におけるエステルの加水分解 困っています 酸触媒下(塩酸)における、エステル(酢酸エチル)の加水分解を、先日、実験で行いました。 数分おきに酢酸エチル5ml+塩酸95mlの入った三角フラスコから5mlずつ取り出し、水酸化ナトリウムで滴下して生成した酢酸の量を滴定する実験なのですが、ココで疑問があります。 なぜ硫酸ではなく、揮発性の高い塩酸を触媒に用いたのかがわかりません。 どなたか回答お願いします。

  • 加水分解の式が分からない

    加水分解の式で弱酸、弱塩基から生成したイオンはHやOHと結びつきにやすいとあります。 式が、  H2O→←H+OH  CH3COOH+H→CH3COOH +__________  CH3COO+H2O→←CH3COOH+OH と書いてあるのですが、 酢酸と水素イオンがくっついたり、くっつかなかったと不安定な状態なのでこの式なのでしょうが、足し算をしているのだから CH3COO+H3O→←CH3COOH+H2Oとならないのでしょうか。 ただテキストが理解しやすくするためにこう書いてるだけなのかな。 ご指導お願いします これは反応がいったりきたりする

  • 二次反応速度の実験

    水酸化ナトリウムと酢酸エチルの滴定で加水分解速度を求める実験をしました。 両物質を混合したときの酢酸エチルの初濃度をa[mol/l]、水酸化ナトリウムの初濃度をb[mol/l]とし、ある時間(t)経ったときの生成物の濃度がxとするとそれぞれの反応物の濃度は以下のようになります。      CH3COOC2H5 + OH- ⇔ CH3COO- + C2H5OH 時間(0)   a      b      0      0 時間(t) (a-x)      (b-x)       x      x 時間(∞) 0      (b-a)      a      a 今回aの濃度が分からないので、(b-x)-(a-x)=b-a=b∞とb-x=0.02・f(HCl)-0.001・f(NaOH)・滴定量を使ってaの濃度を求めたいんですが、b∞の求め方が分からないので教えてください。 分かりにくくてすいません。

  • 加水分解

    加水分解CH3COO(-)+H2O→CH3COOH+OH(-) って式についてなのですが右辺CH3COOHとOH(-)っていうのは中和してしまわないのでしょうか????

  • 酢酸エチルの加水分解の問題です

    お世話になっております。 化学12の新研究にあった、 加水分解の反応速度の問題なのですが、、、 <問題文> 希塩酸を触媒として、温度一定に保ちながら酢酸メチルの加水分解を行った。 CH3COOH + H2O → CH3COOH + CH3OH 反応開始後、30分ごとに反応液の1.0mlをピペットで取り出し、 それを0.02mol/lの水酸化ナトリウム溶液で滴定し、下表のような結果を得た。 反応時間(分) | 0    30    60    90    完了時 滴定量(ml)  | 5.0   9.35   12.95  15.95  30.0 t = 0,30, 60, 90分における酢酸メチルの濃度はそれぞれ何mol/lか。 ただし反応完了時には酢酸メチルは完全に加水分解されているものとする。 という問題です(この続きもありますが最初からもやもやしています) t = 0のときの5mlというのは、塩酸に使っているもので、 t = 完了時に計30mlということは、酢酸エチルが完全に酢酸になったとき その酢酸を中和するのにNaOHは30-5=25ml必要 これからt = 0の酢酸エチルが求まり・・・ という具合にやるみたいですが、 1mlずつとって滴定しているので、 塩酸も酢酸エチルの量も微妙に変わっていかないでしょうか。 どの時間においても、塩酸の滴定に5ml要するというのが腑に落ちません。 たとえば最初酢酸エチル20ml、塩酸10mlの溶液だったとしたら t=0で1ml取り出すと塩酸は10*(1/30)=1/3 = 0.33333・・・ml含まれています。 しかし1ml取り出した溶液においては、 29ml中に塩酸が10 - 1/3 = 9.67ml 含まれているから、 この溶液を次t = 30に1ml取り出してたら、9.67 *(1/29)=0.33345・・・ml その次は・・・ (今計算したら全部0.333まで同じなので、同じとみなしてよい と思えてきました・・) 同じように、酢酸エチル(酢酸)についても、全体量は変わっているから、 完了時に存在している酢酸の量と、t=0における酢酸エチルの量は 等しくないですよね? とてもわかりにくい日本語で恐縮です。 無視できるような僅かな差なので 考慮しなくていいということでしょうか。 ご教授いただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 加水分解の意味について

    例えば酢酸の加水分解を考えた場合 CH3COO^- +H2O ⇔ CH3COOH +OH^- と示され CH3COO^- は H^+ と結びついて CH3COOH となってます。 この結合している反応は私の中での分解という言葉のイメージと 合わないのですが、これはどうとらえるとよいのでしょうか? サルでもわかる感じで説明して頂けますと助かります。

  • 加水分解について

    加水分解といわれる反応で反応式をみてみると ○+△→□ という反応式の矢印の上にH2Oがかいてあったり H+が書いてあったり OH-が書いてあったりします。 全て加水分解の表記はH2Oで統一してしまってはいけないのでしょうか?