解決済み

塗装とサビ落とし

  • すぐに回答を!
  • 質問No.260856
  • 閲覧数568
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

最近バイクを譲って貰いました。YAMAHAのメイトです。
走っていると、見るからに新聞屋さんなので、
”絶対に色を変えたい!”という訳ではないのですが、
スプレー等で簡単に出来るのなら色を塗りたいです。
バイクは結構乗っていますが、乗ること以外は何も分かりません。

・色を塗るのは、元々色がツイている部分だけです。
 スプレーなどで簡単にぬれるでしょうか?
・色を塗る際、研磨?をして今の色を落とさなくてはいけ  ませんか?
・耐熱スプレーでないと無理なのでしょうか?(現在、他の 塗装に使ったラッカーが余っているので・・・)
・マフラーにはサビがかなりあるのですが、ピカール等で 落とせますか?
・洗車したいのですが、コードに水や洗剤がかかっても大 丈夫ですか?

超・初歩的質問ですみません。
専門用語などもほとんど分からないので、出来るだけ簡単にご説明お願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

塗装は作業する人の技量によるところがかなり大きい作業です。市販のスプレーでも誰でもきれいにぬれると言うものではありません。また、バイクのような複雑な形状の物をきれいに仕上げるには、一度分解してからでないと、細かな部分の塗装は難しいでしょうし、塗料も金属部分と樹脂部分い同じ物が使えるとは限りません。

さび等が発生していない部分の塗装面であれば、元の塗料を落とす必要はありませんが、きれいに洗浄して油などが残っていない状態にしてからの作業が必要です。また、足付けといってサンドペーパー(足つけ専用の物もあるが)などで元もとの塗装面を少し荒らしてやったほうが塗料の食いつきが良くなります。塗料を吹き付ける時には一度で仕上げようとせずに、薄く塗っては乾かしと言う風に繰り返し色が決まるまで繰り返すようにするのがコツで、できれば塗装する相手を暖めて(40℃~50℃程度)置いたほうが塗料のタレがおきにくくきれいにぬれます。

エンジンやマフラーなど高温になる部分の塗装には耐熱塗料でなければだめですが、フレームなどは耐熱塗料を使用する必要はありません。

洗車については通常の洗剤やブラシを使い水道水で行う分には問題ないでしょう。外部から見える部分のコードなどに水が掛かっても問題はないでしょう。しかしスチームなどの高圧洗浄機の使用は避けるべきです。高圧の水流が電装関係などの防水の甘い部分に入り込み不具合を起こす可能性があります。
お礼コメント
noname#2510

やはりエンジン部分は耐熱を使わないとダメなのですね。
早速、購入してチャレンジしてみようと思います。
何だかちょっと難しそうですが、かなり安価で譲っていただいたので思い切ってみます。
非常に詳しい回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-29 01:34:39
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ