• 締切済み
  • 困ってます

36協定

私は今年から労働組合の中央執行部に就いております。専従の組合ではないので、業務と兼業せねばならず、専門的な勉強ができないのが現状です。「36協定」に詳しい方に下記の点を教えて頂きたいのですが。 1.36協定は労働者個人に対して適用されるのでしょうか?それとも締結した事業所の平均時間に対しての適用でしょうか?(事業所の平均時間外労働時間は限度時間を下回っていたとしても、その中の1人でも上回っている従業員がいた場合、違反になるのでしょうか?) 2.1で労働者個人に適用される場合、会社からの命令ではなく、自主的な時間外労働の場合は、限度時間を超えて労働しても違反にはならないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数564
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3

いわゆる36協定とは労働基準法第36条に規定されているところから来ているわけですが,この条項は事業主が労働者に法定労働時間を超えた時間数労働させたり,法定休日に労働させたりしても違法にならないための要件として,労働組合等との協定を締結しそれを労働基準監督署に届け出させることなどを規定しています。逆に言うと,この協定を締結し届け出ていない事業主は,その雇用している労働者に時間外労働や休日労働をさせると違法行為となるのです。 それから,「自主的な時間外労働の場合はどうか」とのことですが,はたして「自主的な時間外労働」というようなことがありえることなのかどうか,労働組合の役員としてよぉくお考えになってみてください。 あなたが加盟している労働組合の上部団体がどこなのか存じませんが,多分ナショナルセンターがハンドブックのようなものを出していると思います。ぜひ入手されて,お忙しいこととは思いますが,ご一読なさることをお勧めします。役員となられた以上,最低限の義務と思います。(賃金労働者である以上最低限知っておくべきと,ほんとうは思いますが。自らの権利は自ら守ることが基本ですから)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご回答・ご意見、誠にありがとうございます。 まだまだ勉強不足でお恥ずかしい限りですが、最低限の義務を果たすべく頑張っていこうと思っています。

関連するQ&A

  • 36協定が未届出の場合

    私の会社は労働者の過半数で組織される労働組合を有しますが、一部の事業所で、「36協定」を締結・届出していません。時間外労働も当然のように行われています。事業所ごとに締結し、労働基準監督署に届出する義務があるとのことですが、こういった「未届出」の場合の罰則規定や、ペナルティーはあるのでしょうか?

  • 36協定について。

    少し複雑な質問ですが36協定の判断について教えて頂きたいと思います。労働法の専門家の意見をお聞きしたいと思います。 経緯 (1)会社側のリストラ案に反対し現行組合(組合員数数百名)を脱退し新組合を設立(組合員数28名)した。 (2)会社側は新組合員を一つの事業所に集約し事業を行なうこととした。 このことに新組合は同意し、36協定を締結し事業を行っていた。 (3)しかし最近、会社側は36協定締結の継続を望んだが新組合は期限到来を理由に締結を拒否した。現在、会社側は新組合員に対し36協定否締結に基づき残業、休日出勤はさせられない状況になった。 (4)会社側はこの状況では事業に支障があるとし、この事業所に新たに新組合員28名より2名多い30名の現行組合員を異動させることとした。これにより、この事業所は現行組合員が過半数を超える。会社側は労働基準法36条1項の規定「使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、第32条から第32条の5まで若しくは第40条の労働時間(以下この条において「労働時間」という。)又は前条の休日(以下この項において「休日」という。)に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによつて労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。」 を満たすことになる。当然、現行組合は36協定を締結している。 (5)これを理由に会社側は新組合員にも残業、休日出勤させることとした。 この行為は条文上は有効な方法でしょうが、信義則に反すると思われますし、労働基準法本来の趣旨に反すると思うのですがどうでしょうか? ご回答頂けたらと思います。

  • 36(サブロク)協定の締結と届出について

    「使用者は、事業場の過半数労働者で組織する労働組合(ない場合は過半数労働者の代表、以下「過半数代表」)と、書面で時間外労働時間の上限を取り決め、これを労働基準監督署に届けなければならない(いわゆる36協定)。この協定なしに時間外労働をさせた場合は、使用者には6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられる(119条)。」 ここまではわかるのですが、以下がわかりません。 「その意味で、36協定は、使用者の刑事責任を免責させるものと解されている。よって、同協定が届けられていても、使用者は個々の労働者の同意なしに当然に時間外労働ができる、と解すべきではない」 時間外労働の取り決めを違反した場合はなぜ責任を問われるのを免れるのか? またもうひとつ、延長時間についてなのですが、 「36協定には延長時間数を記載しなければならないが、その場合の限度時間について、以下のような「限度基準」が厚生労働大臣の告示で定められている」 1週間…15時間 2週間…27時間 4週間…43時間 1ヶ月…45時間 ・・・ これについては、1週間15時間が限度の基準というようにとらえればよいのでしょうか?

  • 回答No.2

>(事業所の平均時間外労働時間は限度時間を下回っていたとしても、その中の1人でも上>回っている従業員がいた場合、違反になるのでしょうか?) 貴兄(姉)考えの通りです。   2, 1労働者が命令なしに行っても今問題となっている不払い残業ですので問題が発覚すれば  当然の事ながら違反となります。(発覚しなくても違反に代わりはないですがね)   確かミスドかマックだったかがきちんと払ってなかったので後で不払い分を払いました。  そのほかにも大手企業や公務員職場でも支払った事例が発生しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいお答え、本当にありがとうございます。 私の会社の労組では今秋闘で時短を要求の一つとして掲げています。その中でこの「36協定」を取りあげているので、今回質問いたしました。 また質問することがあるかもしれませんが、お手すきであればまた教えて頂ければ幸いです。

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

協定の内容がわかりませんが、平均ではなく一人でも下回れば違反です。時間外労働は、管理者の命令によって行なわれるものです。自主的な時間外勤務は、いわゆるサービス残業となります。違反には変わりありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお答え、本当にありがとうございます。 私の会社の今秋闘ではこの議題を扱っています。今後また質問することがあるかもしれませんが、お手すきであればまた教えて頂ければ幸いです。

関連するQ&A

  • 36協定の限度時間について

    36協定の限度時間について 私の働いている会社は36協定の限度時間を1年間320時間で締結しておりますが、この限度時間とは休日に労働した時間も含めた時間なのでしょうか。それとも平日の時間外労働時間のみでよいのでしょうか。

  • 36協定の労働者の過半数を代表する者について

    私の会社では課長が労働組合に加入する場合があります。 私が配属されれいる事業所の課長も組合に加入しています。 しかし、課長には残業代の支給はありません。 このような場合、この事業所での36協定の労働者の過半数を代表する者に、この課長がなることができるのでしょうか? 回答、よろしくお願いします

  • 医師の36協定について(時間外労働手当)

    昨今、医師についても時間外労働手当の支給を行う必要があると、 マスコミの報道でも目にしますが、 実際に時間外手当(残業手当)を支給するにあたり、 36協定の締結は必要なものでしょうか。 必要であればどのような根拠によるものでしょうか? 医師は、労働者とはいえ、裁量的な仕事をしていることからも、微妙な立場で仕事をされているわけですが、 いざ36協定を結ぶとなると、月間に「限度基準」を超える時間外労働を行うことができるのは年6回までであり、 急な手術や患者対応が入る医師については、「限度基準を超えるから今日は帰る」なんてことはできないように思います。 もちろん、病院全体としては、看護師や事務職員等について既に36協定を結んでいるのですが、医師については非組合員であり、 あえて医師についても、その36協定に、対象・業務内容・人員を明記する必要があるのかどうかご教示ください。 もちろん、「時間外手当を支払うのであれば明記すべき」とは思いますが、 そうでない理由があればご教示ください。 よろしくお願いします。

  • 36協定について

    素人なのでよく分かりません。詳しい方よろしくお願いします。 36協定を結べば法定時間外に働かせても労基法違反には ならないんですよね。 では、その時間外労働に対する、割り増し賃金を支払わないのは 違反にならないんですか?

  • 36協定の確認方法について

    みなさんお世話になります。 私自身のことではないのですが、知り合いの職場で36協定があるのかどうか不明のまま時間外労働させられています(少なくとも周知義務違反かと・・)。少なくとも就職してから現在まで数年間、労働者代表の選出にかかわったことが無く、就業規則以外に見たことが無く、36協定・労使協定と思しき資料(労働者が閲覧できる書面・PCデータ等)は探しても見当たらない、とのことです。 なお就業規則には時間外労働がある場合労使で協定を結ぶとありますが、その協定の存在が労働者が自力では確認できません。もちろん、人事担当、若しくは社長に聴けば分かるのは自明なのですが、それでは“よけいなことを詮索した”として足がつくといった具合になるでしょう。 そこで、所轄の労基署に聞くと、「たとえ労働者本人であってもその場で開示は出来ないため、行政文書開示請求をしてもらえば、開示不開示の決定に基づき処理をする」とのことでした。 そこで、若干リスクがあるのではないか?、と思い、質問いたします。 (1)行政庁が保有する行政文書であっても、私文書の場合、行政庁は、開示非開示の決定の前に、利害関係人(この場合だと、該当する事業所の使用者と労働者代表とされる者)に対し、開示してよいかどうかの確認や意見聴取をすることになるのではないかと思いますが如何でしょうか? (2)また、職場で何らかの問題がある場合に、このような開示請求をすることにより(行政庁から開示請求があった旨や開示非開示に係る意思や、利害関係の確認もされるため)、事業主は開示請求者の特定がしやすくなると思われます。特に労働者が数人だけであとは社長の家族従業員だけと言うような事業場の場合です。所謂“犯人探し”です。 このようなことを防ぐため、労働者を保護しつつ、事業場の36協定の存否を確認をする手立ては無いものでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

  • 新卒への36協定適用

    みなさん、教えてください。 うちの会社では、3月末に翌年度一年間の36協定を締結します。 労働者代表を選ぶ選挙には、当然4月から来る新卒は入っていないのですが、新卒にも36協定上の時間外労働をさせることは出来るのでしょうか?

  • 36協定の協定届の書き方について

    時間外労働・休日労働(36協定)に関する協定届 すなわち様式第9号(第17条関係)について質問です。 これに記載する「労働者数」ですが、労働者全員の人数を記載すればよいのでしょうか? それとも、管理監督職など時間外労働を行わない人たちを除いた人数を書くのでしょうか? ご存知の方がいれば教えてください。 ※「労働者数」の欄に[満18歳以上の者]という但し書きがあるのが気になりました・ 18歳未満の人は時間外労働ができないため、人数に加えないとなると逆に管理監督職の人たちも人数に加えないのではないかと思いました。

  • 36協定の周知徹底

    こんにちは 36協定を周知徹底する法律上の義務があるのは誰ですか? 1.労働者側の代表者  過半数の労働者を代表する労働組合あるいは組合がなければ過半数を代表する労働者の代表と取り交わすので、労働者に周知徹底する義務は労働者側にある。 2.会社側  会社(使用者)に周知徹底する義務がある 3.その他  例えば労基署など労働者側でも会社側でもない第三者にある

  • 労働基準法第36条の協定届ついて

    いわゆる「36協定」の基本的なことについて質問します。 1 協定は一度届け出れば内容に変更等がない限り有効なのでしょうか。 2 労働者の過半数を代表する者を選出する際の労働者とは、出向者や臨時に任用した者(いずれも非組合員)は含むのでしょうか。 3 事業所が複数ある場合、その事業所毎に管轄労働基準監督署に届け出る必要があるのでしょうか。 4 未届出に伴う行政処分は、実務上はどのように取り扱われているのでしょうか。 以上、よろしくお願いします。

  • 36協定締結当事者である労働者に他社からの出向者は含まれますか?

    36協定締結当事者である労働者に他社からの出向者は含まれますか? 会社に労働組合がない場合、労働者の過半数を代表する者が36協定の締結当事者になりますが、この場合の労働者の中に他社からの出向者(出向元に在籍したまま出向先で勤務)も含まれるでしょうか?