-PR-
締切済み

専門家と書く効能について

  • 困ってます
  • 質問No.248130
  • 閲覧数69
  • ありがとう数26
  • 気になる数0
  • 回答数17
  • コメント数0

このサイトに参加をはじめて半年以上になります。その間、立場の表記の問題は常に問われてきましたが、個人の主観でここ2ヶ月くらいは全ての分野で「一般人」を(なるべく)使っています。
それで気がついたことからの意見開示と疑問です。

『全く同じような質問に専門家と名乗って書いていた場合と一般人と書いていた場合では全くもって回答の重みが違う…』

一番の問題は、専門家とかいて明らかに学問的な常識と異なることを平気で書くこと。
例)レントゲン写真の被爆、CTの被爆をさも害があるように書き込んだり…
(専門家であれば「確率的な影響と非確率的な影響」の違いを熟知しているはずなんです。)

私はこのサイトで書き込みを行う場合、特に専門家を選んだら『資格職業』が明示されるようにするべきだと思うのです。学問的な背景を知らずに書き込んでいるとしか思えないんです。
例えばAさんが専門家登録を弁護士と入れていたら、専門家のアイコンをONにしたら「弁護士」と明示されるシステムにするべきだと思うのです。もちろん「司法書士」でも専門家ですよね…それぞれの知識を質問者に推測可能にするべきです。医学の世界であれば医師・看護婦・放射線技師・薬剤師…全てによって立つ立場の違いがあり、それぞれの職業感覚が回答に反映されます。

もちろん登録の際は「免許証番号も入力すること」を義務づけます。免許が無いような専門家であれば、職歴~年でもいいと思います。片手間の専門家を排除するためにもそうしないと危ないように思いますが皆さんいかが考えますか?もちろん、今までどおり一般人・経験者であればそのまんまでいいと思います。

※質問の性格上補足はしませんし、お礼で回答に対しての肯定も否定もしません。みなさんがどう考えているか知りたいです。例)に関しては枚挙に暇が無いので皆さんで探してください。
通報する
  • 回答数17
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全17件)

  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 56% (1020/1799)

 私もそのようにおっしゃるお気持ちは理解できますし、質問者にとってもきちんとした肩書きのあるかたの助言であれば心強いと思います。また、相談者の固有の事情に沿って詳しく相談に乗ること自体が法律に抵触する場合もあるかもしれません。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=224496

 しかし、弁護士や医師、税理士、弁理士、セラピストなどの専門家の資格は高度に公的なものであるとはいえ、資格を持っているばかりに、無料で不特定多数の相談に応じる義務を負うということになると、やはり無理があると思います。また、回答者の住所氏名を明かさないと専門家を裏付ける証拠の提示も無意味です。よしんば住所、氏名、資格の根拠などが公開されたとしても回答者がその情報の真偽を確認することもむずかしく、その不安を排除し本物の「専門家」に積極的に参加してもらうしくみを考えるとすれば、無料で相談できるという今のシステムそのものが維持できなくなると思います。また利潤の介在がすべての社会活動の根元となっている一般の市民社会の原理を考えれば、ボランティアで常駐の回答者になることを特定の個人にお願いするのも、むずかしい事のような気がします。

 結果として回答者がどの回答を採用するか、またその結果についての責任の所在は、質問者自体にあるとする今のしくみは妥当なものであり、逆にいうとそういうことにしかならないというのが本当のところなのではないでしょうか。質問者の悩みが真剣なものであればあるほど、このような匿名で答えが投稿された内容に盲従して行動するのは、危険なものだということはよく分かっているはずです。

 それに質問の内容にもよりますが、税金の質問は税務署に、雇用労働関係に関しては職安、労働基準監督署、社会保険事務所に聞けば電話一本でたいていのことは分かりますし、恋愛の質問はだいたいは慰めてもらえれば、あるいは背中を押してもらえばそれで解決です。パソコン関係は命や財産にに関わることでもないですし、たいていは他のサイトでも答は見つけられます。このサイトに参加している多くの回答者や質問者は、このサイトそのものを楽しんでいる、私にはそう見えることもあります。もしそうだとすると、回答の質を厳密に要求するのはかえって野暮だということになるのかもしれません。

 それから、このようなサイトの大きな魅力は、おそらく点数制にあると思います。たくさんの人がその競争に参加することによって、競争が生まれ、競争はよりよい結果をもたらすという競争原理のもたらす原則に従えば、なるべく多くの人がこのようなサイトの回答者として参加するためのこのようなしくみが、回答の質を維持するための保証になっているのかもしれません。もちろんその代償としてサイト自体が冗長なデータで埋め尽くされ、動作が極端に重いものになっているのは、すべての参加者が払わなければならない税金のようなものと言うことになります。
お礼コメント
noname#2787

『資格を持っているばかりに、無料で不特定多数の相談に応じる義務を負うということになると、やはり無理があると思います。』
…これはこのサイトの規約を読めばありえないことがわかります。回答者は自由に回答する質問を選べるんです。回答者を指名することはできませんからね。

『また、回答者の住所氏名を明かさないと専門家を裏付ける証拠の提示も無意味です。』
…住所氏名を(サイト管理者に)明かしていないとこのサイトには登録できないのではないですか?(私の勘違い?)
サイトの規約で、プライバシーは保護されていますから、ココで言う登録の方法とは皆サイト管理者に対してのお話です。HP上に現れるのは、専門家という言葉ではなく『職業』や『キャッチフレーズ』のみです。
ただ、公的に資格を有していないと名乗れないような職業を登録する時だけは個人情報として資格の登録番号を入れる(これは管理者のみ閲覧できる)ということですよ。

『よしんば住所、氏名、資格の根拠などが公開されたとしても回答者がその情報の真偽を確認することもむずかしく、その不安を排除し本物の「専門家」に積極的に参加してもらうしくみを考えるとすれば、無料で相談できるという今のシステムそのものが維持できなくなると思います。』
…このサイトの規約上、これらが公開されることはありえません。本当の専門家でも、面倒な登録を回避して一般人や経験者として回答することは可能です。
繰り返しますが『簡単には専門家と名乗れない。専門家であるならばその背景(専門家と言っても1種類ではないからよって立つ立場)を明かして回答する』ということを言っているんです。日本語として「得意」と「専門家」は違うでしょ?つまり同じ看護に関する意見でも「看護婦」なのか「長い間看護されている家族をを見てきた者」とは違うし、同じ科学に関する事柄でも「物理の研究者」なのか「生物の研究者」なのか「ただの素人オタク」なのかで立場が違うということをハッキリさせて欲しいんです。

『このサイトに参加している多くの回答者や質問者は、このサイトそのものを楽しんでいる、私にはそう見えることもあります。もしそうだとすると、回答の質を厳密に要求するのはかえって野暮だということになるのかもしれません。 』
…もともと私は回答に質を求めてはいないんです(苦笑)責任も求めてはいない。ウソ回答も好きなほうなんです。シャレもね。自分もする人間ですし。
「専門家」という漠然として、でも権威だけはあるような選択肢がこの『楽しみ』をもとめるサイトに不釣合いではないかと思うんです。楽しみの中に専門家という権威がふりかかる。本物の専門家であればそれでもいいんです。それを極めるためにはそれ相応の代償を払ってきたんでしょうからね。だけれどもどう考えたって「その道」を歩んでない人間が専門家を選べる(私はそれぞれが歩んだぞ!と胸を張れる者は資格など関係無しに専門家と認める立場にいます。※他の書き込み参照)このシステムの穴、「専門家」が書き込んだことに安心して締め切った後はその事実修正ができない…これは知識遺産としては笑止だと思うのです。ウソもシャレもなんでもあり…これは大いに望む所ですが・・知識としてはそうもいかないでしょう、どこかで誰かが訂正しないと(笑)。

よくお名前を拝見する方には愚痴っぽくなってしまいますね。ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-07 11:31:40


  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 26% (519/1946)

「専門家」というと、たいていは辞書的な意味を連想されるので、そのような考えも生じるのだろうと思われます。
しかし、このwebを紹介している山崎秀夫「成功する会社は「知恵市場」から生まれる ビジネス・経営を変える「ネットコミュニティ」」、2001年2月、141頁によると、「その代わり、同サイトの全参加者が何らかの専門家として自らの得意分野を登録し、すべての者が質問者であると同時に専門家でもあるという形をとっている。」とし、知恵を共有しあうことを目的としているとあります。
たとえば、その人が、怪獣のことについて詳しければ、怪獣の専門家として、その知識を提供し、田舎暮らしが長く、その生活に詳しい人は、田舎の専門家として取り扱われるのが本来の趣旨だろうと思われます。そして、質の高い専門的な回答を求める人のために、proが開設されいると書かれています。
ただ、いわゆる専門家が存在する分野では、本物の専門家との混同が起きやすいという問題は存在すると思います。
サポートに間違った答えによって、損害をこうむった場合どうするのかと尋ねても、規約に免責がかかれている旨の説明がかえってきます。確かに、会員になるときに規約を了承しているとはいうものの、それほど厳密に読んでいない人や何でも信じやすい人には、少し気の毒な気がします。回答者の属性を、「専門家」という表現から「そのことに詳しい人」にかえればずいぶん受け取りかたも今と異なるかもしれません。
お礼コメント
noname#2787

たぶん難解な質問の意図を汲み取っていただけたのだと思います(ちょっと安堵)。

山崎秀夫の言は、登録時の関心カテゴリー(プロフィールから随時変更可能)で十分に反映されていると思います。調べようと思えば回答者の名前をクリックして回答者の関心カテゴリーはすぐに理解できます。関心カテゴリ≒その人の専門領域+趣味領域=このサイトでいう専門家分野ということですね(個人の好みで関心カテゴリーを登録していないタイプは除いてね(笑))その上でさらに「専門家」という言葉を用いる是非に関してなんです。

回答をする以上、そして回答の中にもっともらしい言葉がある以上「そのことに詳しい人」であるには間違いないでしょう。その上でさらに「専門家」という言葉の冠を付け加える意義に疑問を感じるんです。専門家であると名乗りたいならそれなりに権威付けしないと…今は与えられた権威に比べて名乗るのが簡単すぎると思う次第です。
くだらない回答でも「専門家」とあるとひれ伏してしまうような…そんな弊害を感じませんか?

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-07 11:40:25
  • 回答No.7
レベル12

ベストアンサー率 37% (163/434)

今ちょっとじっくり考えている時間がないので、私の個人的な見解は遠慮させていただきたいと思いますが、

>くだらない回答でも「専門家」とあるとひれ伏してしまうような…そんな弊害を感じませんか?

という点について、過去にこんなご質問がありましたね。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
◆頂戴したご回答の「どんな人」「自信」の欄、参考になさいますか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=208398

ご参考までに。

また、shu_sさんは当然ご存知でしょうが、これから回答される方のために、こんなご質問も紹介しておきます。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
◆このサイトにおける専門家の立場って?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=202501

>少なくとも専門家の誤りを正し、騙されちゃった人たちを救済するシステムは回答のソートなどよりよっぽど大事だぞ・・という認識での質問です。

という点については、ソートにこだわっていた者にとっては耳が痛いんですけど(笑)、こんなご質問がありましたね。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
◆もしも、こんな風に締め切り制度が変更されれば・・・
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=200000
◆このサイトの信頼性について(多くの意見、聞きたいです)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=211468

私は他の方の明らかな誤回答を、質問が締切られた後に訂正する回答をしたこともあります。お礼もないし締め切られてもいないという数か月前のご質問に誤回答の訂正のみの書き込みをしたこともあります。

専門家としての意地とプライドにかけて、Dr. shu_sの今後のご活躍をお祈り申し上げます。

もう一つ。jun95さんが書かれている免責については、次のようになっています。

**********************************************************
利用規約:
第12条(内容についての免責およびサービス提供に関する責任)
当社は、OKWebによって提供する情報について、その正確性、完全性を保証するものではありません。当該情報に起因して会員その他第三者に損害が発生したとしても、本条第2項または第3項に基づき損害賠償責任を負う場合を除き、当社は一切責任を負いません。

2.当社は、会員に対し、サービスを提供するにあたり、当社の故意または重大な過失に基づく債務不履行または不法行為に起因して会員に損害が生じた場合、当該損害を賠償するものとします。

3.当社は、会員に対し、サービスを提供するにあたり、当社の軽過失に基づく債務不履行または不法行為に起因して会員に損害が生じた場合、現実、直接かつ通常の損害に限り賠償するものとします。なお、この場合において、当社は、会員に発生した使用機会の逸失、データの滅失、業務の中断、またはあらゆる種類の損害(間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益を含む)に対して、たとえ当社がかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても、いかなる責任も負いません。
**********************************************************

(QNo.207936のANo.10からの抜粋)

多くの方が回答しやすくするために、ちょっと情報を提供させていただきました。失礼しました。m(_ _)m

◆おまけ。OKWeb Proはなくなりましたが、技術の森はまだありますね。OKWebそっくりですけど、名前が出なくなっているようです。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://mori.nc-net.or.jp/index.php3?KN_Sess=2&KN_View=fMain
お礼コメント
noname#2787

いつもながら整然と準備されたアドレス群には頭が下がる思いです。もしOKウェブの応援サイトを開かれたら是非秘蔵のデータたちを公開(あ・・これも規約違反か・・)してください。
たぶんOKウェブ本体よりはよほど役に立つ知識遺産のはずです(笑)

回答はお時間のあるときにでも是非お願いします。
この質問は20点を全ての人に出せるようなシステム変更があるまで締め切りません(ウソ) 
・・しばらくは締め切りませんのでお待ちしています。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-08 02:33:54
  • 回答No.4

一般人・経験者・専門家は
単なる目安にすぎません。
経験者は質問に書かれていることを
実際に経験したことがある方・専門家は質問の
分野について特に詳しい知識がある方・どちらにも
あてはまらない方は一般人とお考えになると
良いと思います。
目安ですので資格職業を明記する必要はないと思います。
専門家ていっても
このサイトでは職業だけが専門家とは思いません。
例えばテレビ局関係の質問では
テレビ局について詳しい知識があるのであれば
専門家と名乗っても良いと思います。
免許番号についてですがこのサイトでは
難しいと思います。なぜなら入力された
免許番号が正しいかどうかを調べることが
できないためです。免許といってもいろいろな免許が
あるため入力された免許番号が正しいかどうかを
調べることは非常に難しいでしょう。
お礼コメント
noname#2787

現状の分類方法については十分把握をしているつもりです。
問題としているのは『目安としてあるはずの「専門家」という項目が想定以上に権威化していないか?』という部分です。また質問者に対する「目安」であれば細目を設けた方がより適切な目安になるかと・・

>このサイトでは職業だけが専門家とは思いません。
例えばテレビ局関係の質問では
テレビ局について詳しい知識があるのであれば
専門家と名乗っても良いと思います。

そうです。だからこそ~歴・・年(「職業」というと誤解を招くと思うので、「キャッチフレーズ」に訂正したほうがいいかな?)という書き方もアリだと思います。立場が明記されていないとよけいな誤解を生んでしまいます。
ADとプロデューサー、CMのクライアントとタレントでは立場が違うから意見や回答が異なって当たり前と認識しています。

免許証番号に関しては固有の表記法がされているか否か(これはサイト管理者が見るだけで十分…入力フォームではねればいいと思う)のチェックで十分だと思いますよ。
ある意味そこまでしてウソの専門家を名乗りたい人には名乗らせてあげるのも情け(?)のようにも思いますからね。
今回の提案は『専門家と名乗るのに「勇気」がいる設定を望む』というだけです。色々な専門家、先の回答者が『有象無象の』と表現されましたがその存在についての醍醐味は十分に理解しています。

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-06 20:14:01
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 46% (643/1383)

うーん、専門家にだって回答ミスはあります。
「職歴何年、資格云々所持」とか、でかでかと書いてあるにもかかわらず、初歩的な回答ミスを犯してしまったら…
少なくとも、オレにとしては上記のようなことをしでかしてしまったら、もうお天道様の下を歩けません(^^;


専門家として答えるからには自分の回答に責任を持て、という意見もあるでしょうが、レクリエーションとしてこの場に参加している身としては、そこまでの責任を持ちたくないのも事実です。(責任なら職場で腐るほど引っかぶっていますからね。(汗))

ってことで、私としては誰でも簡単に専門家が名乗れる現行のシステムの方がいいですね~。
育児の専門家とか、グルメの専門家とか、その分野に関してそれなりの経験と自負さえあれば、誰だって「専門家」を名乗っていいかと思いますよ。


専門家だってミスはするわけですから、「専門家」という表示の価値を重くしようが軽くしようが、結局はそれを読む側がその妥当性を判断しなければならないことは変わらないですよね。

優秀なアマチュアの回答は、職歴数年程度の専門家を凌駕するでしょうし、その人が真のプロフェッショナルであるかどうかなんて、資格や勤続年数からだけでは分からないものですし…

…やっぱり、有象無象の「専門家」がひしめき合う現状の方が、私としては面白いように思うのです。
お礼コメント
noname#2787

>「職歴何年、資格云々所持」とか、でかでかと書いてあるにもかかわらず、(中略)オレにとしては上記のようなことをしでかしてしまったら、もうお天道様の下を歩けません(^^;

そうです…それもあって私も専門家とは書かなくなった(笑)

>専門家として答えるからには自分の回答に責任を持て、という意見・・・

これについては誤解されているので訂正します。
私は『簡単に専門家を選べないようにさせたらどうか』と提案したのであって『責任を取れ』と提案したんではないんです。(極論を言えばウソを書いたっていいんです。ただしどういった立場からのウソなんだとわかれば)
つまり『育児歴20年、育て上げた子供は5人』という肝っ玉母ちゃんと『育児カウンセラー歴~年』の専門家もすべて同じ専門家になってしまうことへの危惧です(私はそれぞれが専門家であることを大いに認めています)。
前者は学問的な部分でウソを重ねるでしょうが実体験に基づいた重みを理解できます。後者は学問的な背景を見ますがもしかしたらペーパー知識だけかもしれない(笑)。
それぞれには立場があり、立場が違う以上は意見が違うのも了解済みのことです。質問者も、おなじウソでも細かく背景がわかれば見抜けもするしそれ相応の受け取り方をすると思う…ということなんです。

>、結局はそれを読む側がその妥当性を判断しなければならないことは変わらないですよね

核心です。妥当性を判断する上で、専門家の言葉という受け取り方がかえって質問者の目を曇らせてはいないかな?と疑問に思う(権威の力)のです。言葉の正しさを判断するに、発言者の背景が大雑把過ぎては判断を誤る危険が大きいんです。

>…やっぱり、有象無象の「専門家」がひしめき合う現状の方が、私としては面白いように思うのです。

全くの同意見です。
私も「無象」の専門家の意見が実は大好きです。
真のプロフェッショナルかどうかはもちろんわかろうはずもありません。またそれを判断するのは質問者でしょうね。だからこそ、質問者が判断しやすい手がかりを与えることの重要性を鑑みます。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-06 20:03:55
  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 49% (759/1521)

 おっしゃるような確実で責任ある回答は、有料で提供されるべきものだと思います。例にあげられた弁護士とかお医者さんといった職業は、例えどんなに安くても本来は報酬を取った上で、きちんとカウンセリングなり相談なりに応じています。
 確かに間違いは慎まなければなりませんが、こういう”ボランティア”的システムの上で厳格に責任を追及すると、回答者が減る恐れがあります。たぶんそれは、運営者の意図する所ではないでしょう。
 そう考えていくと「専門家」「一般人」とか「自信あり/なし」を分ける事の意味に行きつくんですが、それは分けた方が、答える方も答えやすい=運営者にしたら多くの回答が集まる という事なんでしょう。
 これ以上の事はokwebの人が考える事ですので、ここまでです。繰り返しますが、所詮タダのサイトだから責任もそれなりに、と思います。
補足コメント
noname#2787

誤訂正
アソート→ソート(恥)
投稿日時 - 2002-04-06 20:29:47
お礼コメント
noname#2787

『所詮タダのサイトだから責任もそれなり』
これは以前からの私の持論と共通するものです。
ですから反論などあるわけがありません(笑)。

私の聞きたかったことは『そう考えていくと「専門家」「一般人」とか「自信あり/なし」を分ける事の意味に行きつく』まさにそれなんです。

私はみんなが一般人・経験者までなら無責任で書き込める…これを否定するわけではないんです。そういう参加者を見込んだスタンスも必要だとも思います。しかし責任はそれなりのはずなのに「専門家」として書き込める/書き込んでしまうこと、たいした知識背景なしに専門家と書き込んだ結果、『所詮タダのサイトだから責任もそれなり』とは十分に認識していない人が(たとえサイトのいたるところに注釈を書いてあっても結果は今の状況ですから)その添え書きに騙される現状に関して疑問なんです。

このサイトの構造には誤りを直す修正機能がありません。少なくとも専門家の誤りを正し、騙されちゃった人たちを救済するシステムは回答のアソートなどよりよっぽど大事だぞ・・という認識での質問です。

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-06 19:35:44
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 25% (624/2491)

あなたの抱える疑問は、他の方なら既に解決されているかもしれませんし、また他の方の質問の答えは、あなたなら知っているかもしれません。この場を使って教えあうことで、知識・経験をみんなで活用することを目指しています……

ということですから、知っていることを教え合うSITEであって、専門家の意見を聞くSITEでは有りませんね。

その昔、gooと提携する前は、OK WEB PROと言う兄弟SITEが存在したのですが、近年いつの間にか無くなってしまったようです。
文字通り、専門家の意見を聞きたいときはPROの方へ…
と言うことだったのですが、無くなっているところを見ると、それほど需要が無いのかもしれません。

どのような立場の人間であろうと、質問、回答が無料で出来るわけですから、あえて専門家であると言う表示を、厳格に決める必要性は無いように思えます。
お礼コメント
noname#2787

そうですね。『知っていることを教え合うSITE』なんです。私の気持もウソでも正解でもどちらでもいいんですが、専門家という選択をすることで「ウソがもっともらしくなってしまう」ことに危惧を覚えるんです。
ただ単に教えあうのであれば専門家であろうと隣のお兄ちゃんでも誰でもいいことなんです。なのにココには一般人や専門家という選択箇所がある。何ゆえに?という疑問が出発点なんです。それでも質問をする人(解答を受け取る人)がそれなりに受け取っていればいいんですよ。あまたの注意書きがあるにもかかわらず…鵜呑みにしてしまう。その原因が『専門家』項目の存在ではないかと考えたのです。権威に弱いんですね。
サイト管理者が専門家という項目に期待するものとはいったいなんでしょうね。それも疑問です。
ご回答ありがとうございました。

P.S.
OK WEB PROが消滅した理由は『使い勝手の悪さ』『項目の少なさ』『OK WEBの隆盛』が原因と個人的に思います。
そのためテクノロジー関連は存続していると聞き及んでいます。
投稿日時 - 2002-04-06 19:43:57
  • 回答No.8

このサイトに参加してから約3か月になります。回答者が一般人、経験者、専門家という選択をする必要性にずっと疑問を抱いていました。

専門家を選択された方が一体何を基準に専門家と区分けを判断されたのか、このサイトの表示の方法からだとわからないからです。shu_sさんが積極的に回答されている医療のカテゴリーですが、実社会での医療の分野の細分化(specialization)を考えると、歯科医も脳外科医も看護婦もレントゲン技師もカイロプラクターも漢方医(この言い方でいいのでしょうか?)も引っ括めて一言で「専門家」と医療のカテゴリーでは表記可能ですが、これではあまりにも大雑把な言い方だと思います。このような表記の仕方では、本来の意味で専門家とされる方々がこのサイトで無償のアドバイスをされているという行為に対しての尊敬の念が感じられないし、「ナンチャって専門家」と「一体何の経験者なの?」という回答者を生むことにもなります。

ここで申し上げておきますが、「ナンチャって専門家」と「一体何の経験者なの?」という選択をされた方を批難しているのではありません。自己申告で誰でも気軽に専門家を選択できることから生まれた弊害を問いたいのです。この言い方では悪意を含んだ形になるので、本来の意味で専門家でない方やどのような経験をどの位の頻度でされたか「経験者」の一言で判断することができない経験者を的確に表現する言い方があったら、修正したいと思います。(これも皮肉ではありません!)

何を持って専門家とするのかということは、このサイトでも論議されているようですが、ちなみに私の場合は、その分野でそのライセンスがなかったら営業不可とされるようなライセンス保持者やその分野で最低でも学士を持っていて実務経験があるというのが大間かな基準です。

といって、資格保持者がライセンス番号を登録しなければ専門家を名のることができないとすることにも疑問があります。このサイトは匿名であるという前提に引っ掛かるからです。また、本来の意味で専門家とされるべき方がされた回答を読むと、どこかから引用した内容を合わせただけという回答ではなく、その方がご自分の言葉で書かれた回答であると、読んでいるとわかるからです。

英語で"substance over status"という言い回しがあるのですが、口でいっていることではなく、実際の内容の方が大切だという意味合いですが、本来このサイトでの質疑応答は一期一会と言えるので、回答の内容を重要視し、どの回答が、質問者と閲覧者両方にとって参考になるかという判断できる状況が理想的だと思います。

だから、回答の内容を判断する際、専門家が答えたから正しいという先入観を生む状況を作ることになり兼ねないこの情報は、あって良かったというよりも無い方が純粋に回答内容を吟味する事ができるので、できたら廃止して欲しいと常日頃考えています。その代わりに、他にもっと有意義な情報を提供して欲しいと思います。

それから、とても余計なお世話だと充分承知していますが、shu_sさんがブラックモードを解除される日は来るのでしょうか? 本当に余計なお世話だと思いますが、少しだけ心配しています。

日頃思っている「専門家と名のることへの必要性」に対する私見を申し上げる機会を頂きました事を感謝しています。ありがとうございました。
お礼コメント
noname#2787

ライセンス番号の部分に関しましては、具体的に書きすぎたためかえって焦点をぼやけさせてしまった感があって申し訳ないと思います(実は書いてシマッタという部分です(笑))。本音は専門家を選ぶだけではなくその下に小さなウィンドウがあって「コメント」を書き込む…クッキーでいつでも簡単に入れられますよね?そのコメントが職歴だったり経験値だったりというくらいの気持ちだったんです(だけど資格職を詐称しやすい環境は防がねばと勇み足でした)

"substance over status"という言葉は勉強になりました。回答する側になった時には常に頭に入れておくべき事柄ですよね。

『ブラックモードを解除される日』・・これは思わずニヤリとしました。真面目な回答が多い中、誰も言わない皮肉って山椒のような存在感が出るのでは?と自認していました(けして主役にはならないですけれど)が、振り返ってみれば初めて話す人間にこんな言われ方するとやっぱり嫌ですよね~ 私自身このスタンスがあまりに沁みこんで脱却できるかどうか自分でもわからないところです。

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-09 11:25:56
  • 回答No.9

補足です。

#8で専門家と名のる判断する基準について触れましたが、これはこのサイトで私が閲覧もしくは回答することがある「英語のカテゴリー」と「財務・会計・経理のカテゴリー」での限り無く『私的な基準』で、他のカテゴリーは含んでいません。

更に厳密に言うと、英語の翻訳を生業とする方と経理を何年も仕事でされてきた方も、実務経験の方が経験を伴わない資格よりも実があると思うので、専門家と考えています。

ということで、専門家という言葉がいかに曖昧な表現であるかと改めて実感しています。
お礼コメント
noname#2787

この補足に関してはごく自然に受け入れることが可能です。やっぱり実体験は重要ですしそれに対する尊敬は誰もが認めるところだと思います。

あらためてご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-09 11:29:07
  • 回答No.14
レベル12

ベストアンサー率 40% (230/562)

私が専門家を名乗るのは、現在もっとも重点を置いて勉強している内容のときです。
私は、まわりの人から見れば、"なんだこの若造が~" とか言われそうな歳ですが。

最初は、まだまだ若いから専門家なんて名乗れるわけないと思っていましたが、まわりの回答を見ていると、明らかに自分がほかの回答を凌駕するような回答をできるようなことがしばしばあったのです。
だから、自分の知識もなかなか通用するもんだと思い、特定の分野のごく一部だけで専門家を名乗るようにしています。

しかし、最終的には質問者の解釈になるので、質問者が本当に専門家だと判断しても恥ずかしくないような回答ができる、という意味も含んでいます。

免許や資格については、反対です。
確かに、こういうとき回答の信憑性を明らかにすることができると思いますが、資格を持っている人をプロフェッショナル、持っていない人をアマチュアと考える場合、アマがプロの知識を超えていることは、どの分野でもいくらでもあるわけですから。
資格や免許が、知識をたくさん持っていることの、必要条件ではなく十分条件である限り、その意見には賛成できません。


以上。
お礼コメント
noname#2787

専門家の定義は『相対的に』決まるものなんでしょうか?
私が医学以外でというか医学であっても専門家を選べないのはそこの部分に凝縮しています。例え世間一般に専門と思われていても、プロ野球の落合選手(古いか?)に三冠王はとれても盗塁王は取れなかったように、『個人個人の専門家には得意不得意があります』そして知識の信頼性は他者との相対的な比較には無く、回答者や回答そのものの絶対的な能力や価値にあると思います。ましてや質問者が回答者に求めている専門家とはどんなものなのか想像もできません。

同じプロ野球選手でもプロ野球のことに専門的な知識をもっている場合と一般よりは多少ましという程度の事だってあるんです。確かに少年野球の監督の方が知識が上のことがありますがあくまでも一面であり、実地の見識に裏付けられた総合力では劣るでしょう(一面指導者としての実地の見識は監督の方が上でしょう)。
個人的に『これは自信がある』という理由で『専門家』を称するのは止めませんし批判するつもりもないですが、問題なのはプロ野球選手でも少年野球の監督でも場合によっては少年野球に通っている子供の父兄でも(笑)専門家という同じ言葉を使えるところにあります。

私は無資格者のプロフェッショナルを否定する感覚は持っていません。しかし有資格者と無資格者が同じ専門家という範疇に属する矛盾は捨てきれないし、一般に素人考えの浅い知識に大きな危惧を抱いています。所詮耳学問は耳学問です。経験と実践の伴わないものは細かな機微を忘れています/常識とか。アマといえども相応の経験と実績を重ねるものに関しては同様の『リスペクト』を持っていますが、それは免許や資格に関係のない『実践の重み』というべきものです。

知識を有することと有用な回答をする/専門家たる…ということは少なくとも医学の世界では等価ではないですし、社会一般に関してもそうではないと思いますよ。学校ではないですからね。知識を生かして(実地に結びつける/必要な形に変形すること)こそ回答に結びつくんです。
長々と書き込みましたが・・・こんなところが私の「私見」です。

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-13 19:55:02
17件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ