• 締切済み
  • 暇なときにでも

囲碁の究極の終局

No.247089、kenji24715さんの質問を見ていて、長年の疑問を思い出しました。 1.囲碁はどうなったらゲームオーバーなんでしょうか。実戦を見ていると、途中で双方がなんとなくお辞儀して終わるんですが、ホントのルールを知りません。ひょっとして、双方が「パス」をしたら終わり?じゃあ一方だけが「パス」するのもアリでしょうか。   2.もし「パス禁止。どちらかが参ったをしない限り、そして打てる所がある限りは打たねばならない。打てなくなったら負け。」なのだとすると、ダメを詰め、相手の目(2目以上連なっている所)に石を放り込み、ついには自分の眼を潰してでも打ち続ける。そうするとごっそり石を取られて、それで空いた場所にまた石を置いていく。こんなことを続けると、最後はどうなるんでしょうね。多分、一方の色の石だけが、1目だけの眼を幾つか残して盤面を埋め尽くして終わるんじゃないかなあ。でももし1眼しかなかったら、次の一発で全部の石を取られてしまって、序盤から打ち直すのも同然です。それでも続ける。  さて、普通の終局で地を計算して負けた方が、このルールでもやっぱり確実に負けるんでしょうか?(コミ出しは無視しましょう。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数624
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#5336

申し訳ないのですが、私は「数学的言語」で囲碁を語る術を持っていません。 「定理」とおっしゃいますが、今までのルールはすべて「盤上でそういった事例ができたから対処しましょう」というものです。 三コウしかり、循環コウしかり、打ち上げミスの両負けしかり。 (三コウは、「本能寺の変」の前夜に起きたことから、不吉の前兆と言われます) そこまで突き詰めるなら、私も突き詰めましょう。 ここに出たすべての問題に対する答え: 「コンピュータ囲碁問題が解決するまで、何ら問題の答えは与えられない」 コンピュータ囲碁問題は、最強のコンピュータの囲碁ソフトを作るA.I.の問題です。コンピュータの考える初手は361+1(パス)通りで、パスを考慮せずとも盤上をすべて埋め尽くすには、361!通り以上の手を考えなければなりません。 これよりも合理的な考えを持つソフトであっても、最強のソフトは我々が生きている間に出てくるかどうか……。 数学的思考を突き詰めると、現在のところ、ご質問の答えは、 「数学的に証明できる事項はない」 の1通りに落ちつきます。 本物の「究極」が存在しない以上、机上の「究極」の存在証明も出し得ません。 詳しいことは、情報工学者の方にお問い合わせ下さい。 2.の正確な答えですが、 (1)どちらか一方の石が盤上を埋め尽くし、アゲハマを数える「数え碁」になる。 (2)双方が二眼を持って盤上を二分し、「数え碁」になる。 (3)三コウ・循環コウなどが発生して、無勝負になる。 が、考えられる答えですね。 常識的な碁打ちなら、その前に碁盤を放り投げてますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>「コンピュータ囲碁問題が解決するまで、何ら問題の答えは与えられない」 > 「数学的に証明できる事項はない」 これら二つの超数学の命題が証明できたと仰るのでしょうか?ならば立派な論文になる仕事ですが… > 2.の正確な答えですが、 > (1)どちらか一方の石が盤上を埋め尽くし、アゲハマを数える「数え碁」になる。 > (2)双方が二眼を持って盤上を二分し、「数え碁」になる。  これらが生じ得ないことは自明です。「打てなくなったら負け」というルールにおいて、数えるものなどありませんから。

関連するQ&A

  • 囲碁の終局の仕方について

    私は囲碁を趣味とする者ではありません。 これから始めようというのでもありません。 ルールはうろ覚えです。 ただ以前から気になっていることがあるので教えて下さい。 昔、高校生の頃、囲碁を少しだけ習いました。 その時、入門書に終局の仕方について次のようなことが書いてありました。 「有効な手がなくなったらパスをする。  パスが3回続いたら、そこで終局になる」 私はその本でルールを覚えた後、 囲碁のできる同級生何人かに相手をしてもらったのですが、 皆一様に、「囲碁にパスなんてない」と言って、 終局が近づくと「あと、ここに打って」「あと、ここにも」 と、こちらの手を指図して曖昧な終わり方をしていました。 このことがずっとモヤモヤとしていたのですが、 囲碁の正しい終局の仕方は、どのようなものなのでしょうか。 プロの対局で、あまり「パス」なんて言わないような気もしますし…。 また、近年プロの対局で、 終局絡みでトラブルがあったという話を小耳にはさんだこともあります。 ちなみに、私は将棋ファンです。 将棋用語と囲碁用語を混同しておりましたら、ご指摘ください。 (囲碁も「終局」でいいんですか) よろしくお願いします。

  • 囲碁の究極の終局(パート2)

    これは、q=247284を見て思いついた質問です。 碁盤は19路盤を使用し、盤上の石の位置は左上を(1,1)とし、右下を(19,19)としてx座標は横、y座標は縦を表すことにし、打ち方のルールを次のように定めます。 1)黒から打ちはじめ、黒、白交互に打ちます。パスはありません。 2)黒は(1,1)から打ちはじめ、(2,1),(3,1)・・(19,1),(1,2),(2,2),(3,2),・・・と石を置いていきます。白は(19,19)から打ちはじめ、(18,19),(17,19)・・(1,19),(19,18),(18,18),(17,18),・・・と石を置いていきます。 3)360手目で(10,10)の天元を残して黒は盤上の上半分、白は下半分を占めますが、次は黒の手番なので(10,10)へ打って、白の180石を打ち上げます。 4)打ち上げた跡へ、白はまた(19,19),(18,19)・・・と打ち、黒は(11,10),(12,10)と打っていくと、さらに179手進んだところで(5,15)を残して盤上が石で埋まりますが、次は黒の手番なので(5,15)へ打って白の90石を打ち上げます。 5)打ち上げた跡へ、白はまた(19,19),(18,19)・・・と打ち、黒は(6,15),(7,15)と打っていきます。 6)このようなことを繰り返していき、盤上を黒が埋め尽くして(19,19)の1目を残すだけになったとき、または盤上を白が埋め尽くして(1,1)の1目を残すだけになったときに終局とします。 終局の時点で、どちらが残っているでしょうか。あるいは途中で無限ループになってしまうのでしょうか?もし終局できるとすれば、初手から何手目でしょうか。

  • 囲碁の終局の判断

    図は囲碁11路盤の対局例なのですが、この後のシナリオはどうなるでしょうか? 本来なら、この1手前に両者の壁が隣接して出来上がった時点で終局し、白の圧勝なのでしょう。しかし、一方の続行の意思があれば、他方は嫌でも相手して交互に石を打つのが囲碁なんだそうです。黒は劣勢を感じながらも逆転の可能性を信じて続行の意思を示し、白の地に侵入するような形で黒石を打って来ました。 私は初心者で、ルールの理解が曖昧な感じで、色々と疑問だらけで、「これは終局だ」と他人から教えられても騙された気分になってしまいます。少なくともアゲハマの数だけに着目するならどちらもゼロのイーブンであり、「黒は一発逆転が可能だ」とアドバイスを貰えば私は信じてしまうでしょう。 どこが分からないのか分からない状態で、質問文にも困っていて申し訳ないのですが、、、疑問を箇条書き4つにすると、 ・これの1手前は本当に終局ですか? ・黒の侵入手は完全な「焼け石に水」で、白は少々の棋力でも黒の侵入を皆殺し・アゲハマ取りまくりに出来るんだそうです。本当ですか? ・白の優勢は何となく分かるのですが、黒に闘志があるなら、それを白は吹き消して決着を突き付けなければいけません。ってことは、これからの白のプレーで黒をコテンパンに叩き潰して骨の髄まで吸い付くし、初心者にも直感的に「黒はボロボロだ」と気付いて貰うのが良いと思います。それはどういう盤面でしょうか?121目が、白石と白のアタリと黒の禁止点で埋め尽くされているのでしょうか?或いは、アゲハマの数を比べるのでしょうか? ・交代してここからプロレベルの強い棋士が黒を打てば、白地の中を黒石が取り囲むとか、白壁に穴を開けるとか出来るんじゃないかな? 私の頭の中のモヤモヤを想像して貰い、何かヒントになりそうな情報を頂けると幸いです。 ちなみに、私は初心者ですが、「アタリで相手の石を囲って取り、それをアゲハマにして、終局して敵地にアゲハマを埋めて敵地を目数を減らす」というルールなら理解していると思います。

  • 回答No.4
noname#5336

これは「囲碁」ではなく、「思考実験」ですね。 囲碁の究極の形ではなく、あり得ないルールを仮定した場合の結末の予想ですよね。 1.まず終局の条件ですが、 普通は、手がなくなった時点で一方が「終わりですね」と意思表示をします。これがパスの意思表示です。 相手は「そうですね」などと(これもパスの意思表示)応じて、終局となります。 中国式ルールの場合はダメ詰め・手入れをすべて終えて終局になります。 日本式ルールの場合、地合いが変わらない、すなわちこれ以上手の交換をしても、地の整理(最近は「整地」と呼ぶことが一般的ですが、10年前にはこんな言葉はありませんでした)の後の目数が変わらないと双方が確認した時点で、終局となります。 9級程度(一説には15級)の実力があれば、終局の概念は確実に理解できます。 半コウと呼ばれるコウが残ることがあります。 半目の価値のコウです。 ダメもなく、コウに勝てる余力(コウ材)もない場合は、「ツナいで下さい」と言って、相手にツがせます。これもパスの意思表示です。ここで対局の停止=終局です。 この場合、棋譜には「半コウ黒/白勝ちツグ」と記載されます。 一方がパス、というのもあり得ます。 「終わりですね」という意思表示に「まだ手がありますよ」と言われて、納得しない場合は打ち続ければよろしい。 パスした側は、手入れの必要が生じた時点で、手を入れる権利が発生しますから(着手復活と言います)、それまでは1手1目の損(死に石を打たせること)を続けさせておけばよいだけの話です。 打ちつづける側は、対局の再開の要請を続けているとみなされます。 #1のお礼で、「(4)対局の再開の要請」とは、普通、「手を入れて下さい。(さもなくば、ダメを詰めた後に手が生じて、損をしますよ)」という意思表示を指します。これに応じない人はいないと思いますし、アマチュアの場合は、「これこれこういうことになりますよ」ということを親切に示して下さる方が多いので(そうでない方と打つべきではありません)、問題はまず起きません。 再開を要求した方の勘違いならば、ダメを詰めるか、「石を置いて下さい」(つまり、パスの意思表示)をすればよろしい。 この件について、今年の棋聖戦第5局で、トラブルが発生しました。 挑戦者側が終局の意思表示をしたが、棋聖側が応じず、「応じた」と誤解した挑戦者が手入れをしていた、その際に棋聖が石を取れる状態になってしまった、というケースです。 参考URLに詳細ありますが、挑戦者のポカでしょう。 これは、棋聖側の判断が正しかった、ということで決着を見たようです。 2.これは単純明快どころか、囲碁の魅力を完全に損ね、人を寄せつけなくさせるルールですね。 打てなくなったら負け、ということですが、 パスができない、という制約条件があれば、地の多い方が有利になりますが、石が分断されている場合は、計算上、地合いは(分断されている数×2目)得になります。 言ってしまえば、「盤中での攻め合い」ですね。 結果は、どちらかが全滅するまで続きます。そして、複数の1眼のみが盤上に残った時点で終局となります。その時点で、相手方は着手禁止点(呼吸点のない目)しか残らなくなりますので、パスしかできません。そこで終局です。 最高で、盤上には一方の石が19^2-2=359個残ります。見たくもない!! しかし、パスが認められている以上、そのようなルールを考えるのは囲碁界では無駄になります。 2のような碁を打ちたいと思う人は、一人もいないはずです。 確実に死ぬ場所に打っても、疲れるだけで、得るものは何もないのですから。 例えば、自分からセキの形を潰しに行く自殺行為は、許されがたき愚行です。 ご質問は、「サッカーで(PK戦ならぬ)オウンゴール合戦をやったら決着はどうなるのか」、と言っているに等しいと思われるので、想像しても時間の無駄、ということになります。 数学で、定義を複雑に変えるとどうなるかは想像に難くありません。それと同じです。 2のルールでの結末だと、アゲハマの数が3ケタになることは確実で、碁笥の蓋(アゲハマを入れるのに使います)を見るのもいやになるでしょうね。 碁石も3セットは用意しないといけません。 ちなみに、現在のルールでは、地を形成する石が終局時点で(相手地の死に石を除いて)全部繋がっていることを「盤中一石」と言って、非常に強く、よい形とされます。稀にしかできないケースです。 囲碁は所作・筋の美しさなど、美学に通じるところがあるのです。 #3への派生質問ですが、これは日本ルールでは手を入れるだけ1手1目の損です。 そのような煩雑さ+無意味さを避けるために、「相手の地の中で眼のない石は自動的に死に」ということになっているのです。 もしそれで相手が納得しないならば、パスをして相手に打たせ、しかるべき段階で着手復活を行なってすべてアゲハマにすればよいのです。 例外的な「隅のマガリ四目」というものがあります。 隅にしか出現しないレアケースなのですが、攻撃側が打てば取り盤のコウ、防御側が打てば死に、というセキに似たケースの場合、規約により、自動的に防御側の死となります。 これも、煩雑さを避けるための特別ルールです。 これに「手を入れろ」というルールができた場合、日本人・韓国人の大半は反発するでしょうね。 (基本的に囲碁は、中国・台湾以外では日本ルールです) もっとも、コンピュータは、有段者の誰がどう見ても死んでいる石を生きている石にカウントしてしまい、「人間の81目勝ち」(要するに、9路盤でコンピュータが全滅した場合)とすべきところを、勝手に「私の勝ちです」としてしまい、困ってしまいます。 このような質問は、ネット碁が普及したから出てきたものでしょうね。 ネット碁では終局の意思表示は、「パス」と伝える以外にできません。 私はネット碁には懐疑的です。 機械的な囲碁は、面白くないのです。 理由は別の質問に対する回答で書きましたが、囲碁は「手談」というのですから、面と向かっての方が面白いのです。もっとも、マナー違反されると嫌気がさしますが。 囲碁は机上の空論で楽しむものではないので、実際に打たないといけません。 現実問題に即して考えないと、面白いものも面白くなくなってしまいます。 かつてのアマ三段格の経験者より。 なお、ルールで分からない点がある場合は、お調べ下さい。 今回は、ルールに一定の理解があることを前提にお話ししました。

参考URL:
http://www.nisiq.net/~joynet/igo/kisei/26th/game5.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

大変丁寧な、幅広いコメントを有り難うございます。 ただ、これはゲームの話ではなく、飽くまでも数学カテゴリーへの質問です。 > これは「囲碁」ではなく、「思考実験」ですね。 > 囲碁の究極の形ではなく、あり得ないルールを仮定した場合の結末の予想ですよね。 まさしくその通りです。囲碁を楽しむための質問ではなく、ネット碁とも何の関係もございません。「現実に」「マナー違反」なく行われる囲碁の対局については、勿論、この質問の対象ではありません。 2.の問題は「(1.でお尋ねした)囲碁のルールでの勝敗と、このトンデモないルールでの勝敗が対応するかどうか」という数学の問題が質問の真意です。また、 > #3への派生質問ですが、これは日本ルールでは手を入れるだけ1手1目の損です。 誰でもそう仰いますが、これも「数学の問題として、例外が無いことを証明できるか。或いは例外を全部分類できるか」というのが質問です。これに対して > 「隅のマガリ四目」というものがあります。 という例外を示して戴きました。つまり「手を入れるだけ1手1目の損」は定理ではない。これは数学として大変面白いことです。 では「「隅のマガリ四目」の他には例外がない」ということが(数学の問題という意味で)証明されているのでしょうか。

  • 回答No.3

えーっと。2.ですね。 私なりに考えてみました。 碁の着手というのは、布石の段階では目数としてとらえにくく、中盤になると一手約20目とか15目とか一手の価値が計算できるようになり、終盤には一手数目のヨセになり、最終的に価値のない手と損になる手ばかりが残ります。 その時点で、対局は停止となり駄目(価値のない手)を詰めて、後は損になる手ばかりというところで終局です。 さて、仮に終局の時点で黒が白に20目差で勝っているとしましょう。 ここから先は、自分の地を一目ずつ減らすか、相手の地に入り相手に一目献上するか、いずれかです。 相手の地に入って、次に手が生じる場合、相手も自分の地の中に手を入れますから、プラスマイナスゼロで損にも得にもなりません。 このような手の交換は多数生じるでしょうが、お互い正確に応じれば損得なしですから意味はありません。 それ以外の手は、基本的に白も黒も一手打つごとに一目ずつ損をしますから、同じ手数打てば黒の20目勝ちは動きません。 黒の20目勝ちのまま、盤上は徐々に石で埋め尽くされていき、最後にドラマティックな変化が待ち受けています。 ここで仮に白石は全てが一つにつながっており、黒石は二つに分断されているとします。 石は目が二つなければ生きませんから、白は最後の二目が残るまで死ぬことはありません。これに対して、黒は二つの石が生きるため最低4目の地が必要になります。そうすると、白石が生きている段階で、黒は二つの分断された石のうちどちらかを一目にする手を打たなければなりません。 次の瞬間、その大石は白によって取られてしまいます。この石の大きさが10目以上あれば、勝負は逆転します。 黒の大石が抜かれた後に黒がいくら打っても、まわりは白石ばかりですから生きることは普通出来ません。 したがって、このような勝負は自分の石をいかにつなげるか、相手の石をいかに分断するかに勝負がかかってくるため、囲碁の打ち方が根本から変ってしまう可能性があると思います。それは、もはや囲碁とは言えないかもしれません。 以上、私のつたない頭で考えてみました。大筋ではあっていると思うのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2.に関してのご考察、有り難うございます。 >もはや囲碁とは言えないかもしれません。  はい。(結構上手なプレーヤーでも案外意識していない)終局のルールを少しいじっただけで、もはや囲碁とは言えないゲームになってしまう、そのゲームの話をしているんです。 > 黒の大石が抜かれた後に黒がいくら打っても、まわりは白石ばかりですから生きることは普通出来ません。  もし活きることができなければ、空いた箇所に黒が打てるなら白も同様にそこに打てる。ゆえに、白は自分の地に自分で打ち込むことなく、黒石をアゲ続けられる。その度に、盤上の空きは単調に減少する。従っていずれ黒は打つ所がなくなり、残りの自分の活き石の目を潰さなくてはならない。再び黒石はアゲ続けられる。その度に、盤上の空きは単調に減少する。かくて黒は必ず先に打てない状況になって負ける。そういうことでしょうか。  ゆえに、囲碁の終局のルールに従った地の計算による勝敗と、「打てなくなったら負け」ルールでの勝敗は一致しない。一つにつながっている石で沢山目を持っている方が勝つ。なるほど。  すると、地の計算は無意味ですね。ヨセのやりかたも変わって来ますね。たとえば三目が一列に繋がっている一眼を持っている方は、ダメなど詰めるより前に、さっさとこれを一目×二眼に分割しなくちゃいけない。ナカテ(三個の空きの内の真ん中に黒石を打ち込む)を打たれたら一眼になっちゃうからです。   黒石が盤面の殆どを埋め尽くしているが実は二眼しかない。一方、隅っこに辛うじて白石が活きていて、これは三眼以上ある。という状況を考えますと、黒が掃除されちゃったあとに広大な盤面が残ります。従って白有利の条件ながら、概ね打ち直しと同様になる。すると勝負の行方はまだ知れない、という事なのかも。    またまた派生的な疑問ですけど、普通のルールにおける地の計算では、自分の地の中に取り残された相手の石は自動的に自分のアゲハマに加えている。これってホントにきっちりアゲるまで手を入れたときと比べて、一目、半目の誤差を生じることはないんでしょうかね。

  • 回答No.2

>相手がパスだって言っても自分はパスせず駄目や相手の地に打ち込む。そのうち自分の地を潰し始める。この場合、相手は自分の地を潰さないでパスしていれば良いのだから、「何が何でもパスしない」って奴は(相手に二眼の活き石がありさえすれば)必ず負けそうな気がします。 上の問題についてですが、一般的には双方がこれ以上の着手をしても自分の地を増やしたり相手の地を減らしたりすることができなくなった時点で、パスをするのでしょうから、相手がパスをしても(パスをしないことを信条にしている人は)必要な手入れとか、駄目詰めを1人で行い、それができなくなった時点で対局の”停止”ではなく対局の”終了”を相手に要求できるのではないかと思います。 つまり有効な着手が無くなれば、勝負に関係のない着手をして(終局のための手続き)、それも無くなったとき(これ以上の着手をすると、自分の地を減らしたり、相手の持ち込みになる場合)終局ということです。 ただ規約では、終局というのは双方の合意があって初めて成立するものなので、一方が対局の終了を要求しても、もう一方がそれを認めず、「自分はパスをするから、お前は自分に不利益になる着手をしろ」という事態が起こりえないとは限りません。当然相手は拒否をするでしょうから、その対局は終了できず未完ということになるでしょう(審判のいるような対局では、審判の決定に従うことになるでしょうが)。 中国式のルールのように、地の多さではなく盤上の生存している石の数で勝敗を決めるなら、パスをすれば自分が不利になりますからそのような問題は生じないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます。これはNo.1に付けたお礼の中で述べた、派生的な問題に関する回答ですね。 > 対局の”停止”ではなく対局の”終了”を相手に要求できるのではないかと思います。 対局の停止を経由しないで、いきなり終了を「要求」できる、なんてルールがあるんだろうか? なお、「パスをしないことを信条にしている人」は、着手可能であれば打つ。ルール上、打って反則にならない限り打ち続けるということを想定しています。  それはそれとして、一番興味があるのは2.の(最も単純明快な)ルールだとどうなるか、って事でして。宜しくお願いします。

  • 回答No.1
  • puni2
  • ベストアンサー率57% (1002/1731)

1. >ひょっとして、双方が「パス」をしたら終わり? そのようです。 「日本囲碁規約 第九条-1(終局) 一方が着手を放棄し、次いで相手方も放棄した時点で、「対局の停止」となる。」 ですので,どの段階で終局になるかは対局者の判断にまかされており,ある棋譜を別の人が見て「私ならこんな悪あがきせず第何手目で投了する」とか,逆に「まだ決着は付いていない,もう少し続ければひっくり返せる」などと思うこともあるわけですね。 また,ルール上は一方だけのパスも認められています(実際にはどこかよそに打つことが多いでしょうが)。 参考URL(1番め)のページに現行の日本囲碁規約を含むさまざまな囲碁ルールが載っています。(なぜか日本棋院のページにはない) 2番めは流れ図です。 2.は,これぞ究極の碁,って感じですが…どうなるんでしょう。なかなか想像がつきません。 ただ,このルールだと,ダメの少ないきれいな地をたくさん作っているほうが,終盤(というか,普通なら終局になっている段階を過ぎた,いわば超終盤?)の段階になったとき,自分の地を減らさざるを得ない可能性が高いので,普通ルールのときと勝敗逆転する(場合もある)ような気がしますが,果たしてどうでしょうね。 九路盤あたりでやってみたら面白いかもしれません。 (もし本当にこれでやるなら,コミも考え直さないといけないでしょうが,白と黒,どちらが有利なのか,よくわかりません。) 全然答えになっていなくてすみません。

参考URL:
http://www.bb.wakwak.com/~tsuchiya/igorule/main.html,http://www.hiroshima-pu.ac.jp/~sasaki/cgf/flowj.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます。 1.について。色んなルールがあるんですね。しかも「対局の停止」と「終局」は別の概念。面白いです。 現行ルールでは、 (1) 一方がパス。 (2) 他方も続けてパス→対局の停止。 (3) 石の死活及び地を確認するためには、終局までに「駄目詰め」及び「手入れ」を行わなければならない。 (4) 対局の停止後、一方が対局の再開を要請した場合は、相手方は先着する権利を有し、これに応じなければならない。(つまり(1)以前に戻る。) (5) 対局の停止後、双方が石の死活及び地を確認し、合意することにより対局は終了する。これを「終局」という。 ということですから、駄目を適当に詰めてしまってから、(4)によって対局の再開を要請するとどうなるんだろう?このとき相手は応じなくてはならない。そして(4)がもし「相手が必ず先着する」という意味だとすれば、対局の再開を要請して、相手に相手自身の目を潰す手を打たせられることになる。フローチャートによればそういう事になってますが…  つまり、A:「パスです」に対して、B:「パスです。で、再開を要求します」と言えば、Aのパスを無効にすることができる訳です。これって何だか変?  やっぱり、(4)の「相手方は先着する権利を有し、これに応じなければならない。」ってのは、「相手方は応じはするが、必ずしも先着しなくても良い」、つまり再開の初着を「パス」できる、という意味なんではないかなあ?  それはさておき、「何が何でも打てる所がある限りパスしない」って奴が打つとどうなるんだろ。相手がパスだって言っても自分はパスせず駄目や相手の地に打ち込む。そのうち自分の地を潰し始める。(これは2.の設問とは別の条件です。)それでもやっぱり、いずれ終局に至るんでしょう。この場合、相手は自分の地を潰さないでパスしていれば良いのだから、「何が何でもパスしない」って奴は(相手に二眼の活き石がありさえすれば)必ず負けそうな気がします。  設問2.の方は、やっぱりまずは実験でしょうか。

関連するQ&A

  • 囲碁に「パス」はあるか?

    コンピューターゲームの囲碁だと、いわゆる「パス」があります。両者が連続でパスすると終局ですね。第1手からパスしても良いですが、大損だとか。 さて、リアル囲碁にパスがありますか? パスなんて無いですよね。終局は「終わりですね→そうですね」みたいな対話で合意形成するだけで、「パス」みたいな英語を使うのは違和感あります。 プロの対局ですと、黒→白→黒→白・・・と交互に石を打って行くのが常かと。プロの対局でパスなんてありますか?千局に1回くらいはあるのかな? ・・・黒→白→白→黒・・・こんなのプロの対局でありえるかい?仮に黒が「パス」って明確に発言したとしても、白が1手で2つ石を打つのは反則だと思うのだが。白→白、この時点で白の負けだと思うけど。 仮に黒がパスって言えば、、、 ◆白:囲碁にパスなんてありません。今は黒番ですから、黒石を何処かに打ちなさい。 ◆黒:何処にも打ちたくありません。 ◆白:ならば、投了して下さい。 ◆黒:投了なんて嫌です。私はパスしますが、あなたも打つところが無いならば終局です。 ◆白:私は打つところがあるので、対局続行です。しかし、今は黒番ですので、あなたが黒石を打った後に私が白石を打ちます。早く黒石を打ちなさい。 ◆黒:じゃー、何処に打てば良いんだ? ◆白:そんなの何処でも良いよ。全部自殺手だとでも言うのか?って言うか、勝負してるんだから私に聞くのは変でしょ。私が指差せば、そこに黒石を打ってくれるのかい? ◆黒:確かに、打つスペースは残っているけど。 ◆白:じゃー、残った選択肢の中から 自分の好きな所に黒石を打ちなさい。打つか、それとも投了か、2つに1つだ。 こうなるよね。

  • プロ囲碁における投了率はナンボ?

    囲碁の終局はややこしいですが、2パターンあるじゃん。 ・石の死活を明確にしてダメ詰めして終局の合意形成をする。 ・一方が自己の手番のときにギブアップを宣言する。 全体に置ける後者の比率を投了率とでも呼べば、プロの対局における投了率はすごく高い気がしますが、ドーかしら? プロの囲碁の投了率はナンボでしょう? 9割を上回りますでしょうか? 何というか、プロと初心者だと見えている世界が全く違うそうです。目の前の碁盤の様子は誰の目にも同じですが、プロは100手先を読む力があるみたいで、事の重大さを序盤の段階で気付き、早めに降参するのがマナーだとか。初心者だと、「お前はもう死んでいる」のにまだ生きていると思い込んで、石を打ってくるのだとか。 そんな感じでしょうか?コミを含めて陣地が拮抗すると、前者の終局が稀にあるのかしら?

  • 囲碁の実力

    囲碁の初心者なんですが質問があります。 私はネット碁などで100局以上、囲碁を打ってきたのですが いつも30目から50目、あるいは100目以上の差で負ける事が殆どです。 序盤の布石は多少、勉強しましたが まだ詰め碁などは全然勉強していないので、そんなに 勝てるわけはないと思うのですが、それにしても大差で 負けすぎな気がします。 これは私が弱すぎて才能がないのでしょうか?? あるいは、始めはみんな布石が分からないとこういう結果になるのでしょうか?? 私としては石の連絡や相手を切断させる事、また勝負をしかける 事等を意識はしているのですが、いつも大石を取られてしまいます。 プロみたいな綺麗な碁を打ってみたいのですが・・・

  • 再びヤフー囲碁についての質問です。

    私は将棋専門なのでよく分かりませんが、私の友人は逆に囲碁専門で、ヤフーゲームの囲碁をネットカフェで楽しんでいるそうです。 さて、その友人(パソコンド素人です)から質問がありました。 先日、いつものようにネットカフェでヤフー囲碁を楽しんでいたところ、相手は負けを覚悟したらしく、全く意味のないところへ次々とノータイムで打ち込んできたそうです。 そういう相手は珍しくもないので、友人は普段通り対処していたのですが…。 終局時、相手の死に石にチェックを入れるというところまできたとき、相手は友人の「完全に活きている石」に「死に石」のチェックを入れてきたそうです。 通常ですと、そんなことは不可能で、友人は慌てて再度チェックを入れると「死に石」のチェックは外れたそうですが、相手は再三「死に石」のチェックを入れてきたそうです。 あまりにひどいので「仕返し」とばかり、相手の「活き石」にチェックを入れようとしたのですが、できなかった、とのことでした。 結局、その対局は完全に勝っているはずなのに、「活き石」が完全に取られるという理不尽な結果になり、「負け」になってしまったそうです。 友人はとても憤慨しておりましたが、何か特殊な「インチキ裏技」でもあるのでしょうか?通常ですと、そのようなことは「あり得ない」と友人は言っておりました。 ちなみにその相手は「無敗」だったそうです…。

  • 初心者と初心者が囲碁で対局すると・・・

    囲碁のルールを覚えたばっかの小学生が、囲碁で対局しました。すると、図のようになりました。(図が見えますかね)アゲハマは両者とも0です。 ここで、両者とも目的やゴールを見失って、この後どうすれば良いのか混乱してきました。なので両者ともプロ棋士と交代し、続きを任せ、その様子を見学する事にしました。 ここで質問なのですが、 質問A:どっちが勝ちますか?たぶん、黒が勝ちますかね? 質問B:プロ棋士交代後、10分以内に終局しますでしょうか? 質問C:現状で優勢判断が出来ると思うのですが、最大のポイントはどこでしょう? 質問D:この小学生は、アタリとかコウとかハネとかノビの定義は分かっていると思います。しかし、ダメの定義を分かっていないと思います。初心者にとって、ダメとは何かを理解することは難しいでしょうか? 質問E:この対局について、感想を聞かせてください。(何でも良いです) + + + 補足 + + + 私は囲碁の初心者で、基本的なルールくらいは知ってるつもりです。ただ、終局の判断をどうすべきかで迷うことが多いです。要は、2つありますよね。 ・X:一方の者の「参りました」宣言(投了)。 ・Y:「終わっても良いでしょうか」と打番の者が終局を提案した後、それを他方が「うんそうだね」と承認する。他方が「嫌だ」と終局提案を拒否すれば、打番の者は以下の行為の何れかを行う義務を負う。  ー投了を宣言する。  ー全て余地が自殺手、もしくは、コウの取り返しの何れかであることを相手に説明する。  ー通常通り、(嫌でも)余地の何処かに石を打つ。(たとえ相手の合意があっても、一手で2つの石を打つのはルール違反であり、必ず1つの石を交互に打ち合う。) ここでYのとき、自己に有利な打つ手が残っているのに、判断を誤って終局提案してしまいそうな気がする。 ルールの更なる理解と棋力向上に1歩前進したいのですが、何処が分からないのか分からないので、このように質問しました。

  • 自殺手の厳格化

    囲碁には自殺手っていう反則があるじゃん。敵石が1目囲っていて、ソコに打つと自ら敵のアゲハマになるような着手です。これやると、反則負けにするのだとか。 んが、例外があるじゃん。自殺手への着手なのですが、逆にそれが敵石を囲み返して敵石を取れるとき、自殺で一瞬だけ心臓が止まるもその前に隙間が空いて自石が碁盤に残るのだとか。こういう場合は自殺手の例外なのだそうです。 http://www.nihonkiin.or.jp/match/kiyaku/kiyaku05.html ただ、このルールは難しすぎでは?敵石を取れたとしても、自殺手は自殺手であり、後から囲み返しても早い者勝ちで自殺手とする方がシンプルでは。 まー、このルールがあるから、コウとかセキとか、1眼死にとか、2眼生きとか、欠け眼とかのルールになるんですかね。これはこれで囲碁の醍醐味ですけど、中級者以降にとっておいた方が。 初心者で9路盤とかやるような人は、自殺手を厳格化した方が良いのでは?囲碁は遊びだから、気軽に楽しむには簡易囲碁として自殺手厳格化した方が、多くの初心者に受け入れやすいのでは? ・1眼あれば、その石は生きです。 ・欠眼は本物の眼です。 ・コウ取りは自殺手だから、諦めなさい。そして、コウを制した者も、中を継ぐと1目損です。 ・セキは難しいので、棋力が十分に身に付いてステップアップするときに覚えれば良いです。簡易囲碁では、自殺手厳格で十分です。 ・「打って返し」みたいな初心者泣かせの必殺技は、弱い者イジメ臭いです。先に打って敵石を取れば、その後に返しちゃダメ。 囲碁のハードルは、高いなー。上級者には面白いのでしょうけど。そのうち、21路盤とか、3次元囲碁とか、出て来るのかしら?

  • 将棋の進行度合いの判断方法

    将棋で、強者と強者が互い戦で対局するとき、決着がつくのに100手くらいなんだとか。序盤→中盤→終盤とあって、30手刻みを目安にすれば、ソコソコ正しいでしょうか。 さて、私は駒の動きが分かる程度の初心者なのですが、盤面を見ても、それが序盤なのか中盤なのか終盤なのか、ピンと来ません。強者が見たら進行度合いが分かるとは思うのですが、その判断方法にコツとか着眼点があるんですかね? 囲碁とかオセロだと、分かりやすいですよね。石の数を見れば良いのだから。チェスだと駒を殺したら終わりだから、駒の数が少なければ終盤かな? 将棋は分かりにくいと思いまして。飛車を大胆に使えば、序盤でも動きが大きい気がする。

  • 囲碁の国際試合の日本代表メンバー

    もし、囲碁の国際大会があって、優勝国に賞金10億円が支払われるとなると、日本代表メンバーはどんな感じですか? ルール ・普通の囲碁は個人vs個人だが、この国際大会は国家vs国家。 ・対局者は1名~9名で、この範囲なら人数は任意。但し、一度人数を決めればその局はそのまま。 ・防音会議室を2つ用意し、2国のメンバーが入室施錠し、インターネット対局を行う。会議室に入っている対局者が協議して、合意形成された最善の1手をコンピュータ操作で打つ。 ・会議室の内装は、その対局用のデスクトップコンピュータ、囲碁セット、紙とペン、トイレ、喫煙室、ソフトドリンク、駄菓子。 ・1手の協議時間は最短2分、最長30分。2分未満の1手は2分後に出力される。1手が30分を越えると負け。 ・終局するまで会議室退室禁止。病気などで1名でも退室すれば棄権負け。 井山裕太さん1人だけが良いのようにも思います。人数が多くても、変に揉めますし、折衷案の1手は弱い感じがします。1人に任せるのがベストでしょうか?でも、誰かベテランの棋士(小林光一とか)が同室して、うっかりミスしそうな時に「おい、それだけは止めとけ」とブレーキをかけて貰うのも良いのかもしれません。 人数は9人まで可ですが、何人がベストですか?

  • 囲碁のルールの欠陥について

    私は現在の囲碁のルールには欠陥があるように思います。 たとえば、終局時の死活について、ネットで悪意のプレイヤーがでたらめな死活を主張するなどということが問題なっています。ここでも過去にそういう問題についての質問があったと思います。通常はマナーの問題と考えられているようですが、私個人的にはこういう考え方には違和感を覚えます。「ゲームのルールというものはプレイヤーの善意に依存してはいけない」と思うからです。 終局問題以外にも三劫の規定が「日本囲碁規約」(日本棋院、関西棋院の協力で1990年頃作られたルール)では、「双方の合意によって無勝負」にするとかかれていたはずです。なぜ、同一局面3回にしなかったのでしょうか? 相手の方が先に体力の問題などで先に対局続行不可能になるとわかれば、合意を拒否して三劫を延々と取りつづければ勝てるではありませんか。 将棋においては今から十数年前に千日手の規約が米長-谷川を契機にしてルールが改正されました。米長九段が千日手のルールの欠陥をついて勝利するという汚れ役を演じることによって初めてルールの改正になりました。そのときも欠陥は前から分かっていたのになぜ? という気がしたことを覚えています。 囲碁は国際化され世界のいろんな人が試合に出てくるようになると思いますが、なぜこのようなルールの欠陥が放置されているのでしょうか? 相手がルールの欠陥をついてきたとき、審判がルールによらないで超法規的な処置によってそういう相手に負けを宣告するのでしょうか? これはこれで国際試合だったりしたら大問題のように思いますが。

  • 死んだ石は囲わなくてもアゲハマになるのは変では?

    囲碁に生き死にってあるじゃん。 生きている石は、碁盤に残る石です。眼を2つ作り強固に囲っていて、敵がどう攻めて来ても耐えられるそうです。 逆に、死んでいる石は、敵のアゲハマになる石です。生きている石で囲っている敵陣地の中にある石で、その石は簡単に敵石に囲まれるそうです。 んで、やや上級生向けのルールに、死んだ石は囲わなくてもアゲハマになるというルールがあるそうです。これって、ドーなのよ?慣れてれば良いけど、初心者泣かせのルールのような気がするのですが。 私は囲碁の初心者なのですが、敵石を取って自分のアゲハマにしたければ、律儀に石を囲えよって言いたくなります。なんと言うか、「蓮舫は有名だから選挙を省いても参議院になれる」「横綱は強いから相撲を省いても横綱の勝ち」みたいな。 囲ってもないのにアゲハマになるって、そんなのアリかよっていうのが初心者の感想です。少し言い方を変えて補足すると、本当は生きる可能性が残る石なのに、「この石はもう死んでいる」みたいなことを上級者から得意気に言われると、騙されるじゃん。 合意形成で終局したとき、3分くらいかけて手続き処理するじゃん。 1.交互に石を打ってダメを詰める。 2.死に石を碁盤から取り上げて蓋に入れてアゲハマに加える。 3.敵陣地に獲得したアゲハマを置く。 4.陣地の中の石を動かし、長方形分割して数えやすくする。 5.陣地の目数を数える。 だけど、これはラフだよ。初心者からすれば、2のところで処理が荒いよ。もう少し丁寧にやろうよ。 1.交互に石を打ってダメを詰める。 2.自分の陣地には自分の石だけがのこるまで交互に石を打って、最後まで敵石を囲い切って、全てアゲハマにする。 3.敵陣地に獲得したアゲハマを置く。 4.陣地の中の石を動かし、長方形分割して数えやすくする。 5.陣地の目数を数える。 やはり、囲碁というのは、黒→白→黒→白・・・と1個ずつ交互に石を打って、囲ったら取り上げるのが基本だと思う。敵石を取りたければ、基本に忠実になって囲うべきなんだよ。詐欺みたいに「この石は死んでいる」みたいな宣誓で言葉巧みに初心者を騙すのは邪道だよ。まー、時間と手間の削減にはなるだろうけど。それよりは、数分の時間を割いてでもピシっと石を囲って敵石を取るのが筋だよ。 本当に死んだ石ならば、簡単に囲えるんでしょ。だったら、囲ってみろ。私は逃げ切って生き抜くから。