• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

囲碁の終局の仕方について

私は囲碁を趣味とする者ではありません。 これから始めようというのでもありません。 ルールはうろ覚えです。 ただ以前から気になっていることがあるので教えて下さい。 昔、高校生の頃、囲碁を少しだけ習いました。 その時、入門書に終局の仕方について次のようなことが書いてありました。 「有効な手がなくなったらパスをする。  パスが3回続いたら、そこで終局になる」 私はその本でルールを覚えた後、 囲碁のできる同級生何人かに相手をしてもらったのですが、 皆一様に、「囲碁にパスなんてない」と言って、 終局が近づくと「あと、ここに打って」「あと、ここにも」 と、こちらの手を指図して曖昧な終わり方をしていました。 このことがずっとモヤモヤとしていたのですが、 囲碁の正しい終局の仕方は、どのようなものなのでしょうか。 プロの対局で、あまり「パス」なんて言わないような気もしますし…。 また、近年プロの対局で、 終局絡みでトラブルがあったという話を小耳にはさんだこともあります。 ちなみに、私は将棋ファンです。 将棋用語と囲碁用語を混同しておりましたら、ご指摘ください。 (囲碁も「終局」でいいんですか) よろしくお願いします。

noname#9152

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数908
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

日本棋院の旧規約ではパス規定はなかったのですが、 平成元年の改正によって導入されました。 それによると、パス(着手放棄)が こちら側と相手側、2回続いたら、対局の停止とします。 「対局の停止」の後には、 「ダメ詰め」「手入れ」の、盤面を整理する作業があります。 これは(本来)試合結果に影響を与えることのない着手です。 それが済んでから終局になります。 「対局の停止」と「終局」の間に上記の作業があるので、 若干わかりにくくなっています。 なお、#1さんの答にありますように、この手続きは日本ルールによるものであり、 中国ルールでは「対局の停止」がなく、終局までが正式の着手になります。 囲碁では最後以外での「パス」は、100%不利になるので、 プロが終局意外でパスをすることは考えられません。 以前では対局者が「(これ以上打つところは)ありませんね」と言い、 相手がそれに了承することで「着手の完了」とし、終局としていました。 現在でも多くの実践例でそうなっています。 単に頷きあうことで、ルールにある「パスの2回連続」とすることもあるようです。 問題の、終局がらみのトラブルというのは、 2002年棋聖戦挑戦手合の、王立誠棋聖-柳時薫挑戦者七番勝負の第五局の話でしょう。 ここでは、柳挑戦者が「対局の停止」が成立したつもりで 「駄目詰め」「手入れ」と思っているところに、 王棋聖はそう見なさず、石を取ってしまったわけです。 囲碁界では「王は汚い」とか「恥ずかしい」という声がある一方で、 「それで正しい」「日本ルールの問題点を提示した」と 論争になりました。 長くなりましたが、 「正式な現行ルールでは、パス2回連続によって『対局の停止』とし、駄目詰め・手入れをして終局とする」 「実際上は、『ありませんね』との言葉か、頷き合うことにより『対局の停止』とし、駄目詰め・手入れをして終局とする」 「しかしこの方式は合理性にかけるところがあり、問題となっている。 その点に関しては中国ルールの方が優れている」 ということです。

参考URL:
http://www.bb.wakwak.com/~tsuchiya/igorule/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 規約が変わったこと、正式なルールと実際上の違いなど大変参考になりました。 また、次の一行は、私の疑問を裏付けてくれたようで心強いです。 >しかしこの方式は合理性にかけるところがあり、問題となっている。 大分解ってきたのですが、もう少し訊いてもよろしいでしょうか。 (他の方が答えてくださってもかまいません) ◎時間制の対局で、時間内に着手しなかったら負けになりますか。  それともパスしたことになりますか。 ◎初・中級者の対局、特に大会などで  「対局の停止」のことでもめることってありませんか。 ◎「ありませんね」が投了の「ありません」と間違えられることってありませんか。 いずれもド素人の質問で恐縮ですが、差し支えなければお教えください。 過不足のない説明と理路整然とした文章構成のお答えをいただき、 大変ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 囲碁に「パス」はあるか?

    コンピューターゲームの囲碁だと、いわゆる「パス」があります。両者が連続でパスすると終局ですね。第1手からパスしても良いですが、大損だとか。 さて、リアル囲碁にパスがありますか? パスなんて無いですよね。終局は「終わりですね→そうですね」みたいな対話で合意形成するだけで、「パス」みたいな英語を使うのは違和感あります。 プロの対局ですと、黒→白→黒→白・・・と交互に石を打って行くのが常かと。プロの対局でパスなんてありますか?千局に1回くらいはあるのかな? ・・・黒→白→白→黒・・・こんなのプロの対局でありえるかい?仮に黒が「パス」って明確に発言したとしても、白が1手で2つ石を打つのは反則だと思うのだが。白→白、この時点で白の負けだと思うけど。 仮に黒がパスって言えば、、、 ◆白:囲碁にパスなんてありません。今は黒番ですから、黒石を何処かに打ちなさい。 ◆黒:何処にも打ちたくありません。 ◆白:ならば、投了して下さい。 ◆黒:投了なんて嫌です。私はパスしますが、あなたも打つところが無いならば終局です。 ◆白:私は打つところがあるので、対局続行です。しかし、今は黒番ですので、あなたが黒石を打った後に私が白石を打ちます。早く黒石を打ちなさい。 ◆黒:じゃー、何処に打てば良いんだ? ◆白:そんなの何処でも良いよ。全部自殺手だとでも言うのか?って言うか、勝負してるんだから私に聞くのは変でしょ。私が指差せば、そこに黒石を打ってくれるのかい? ◆黒:確かに、打つスペースは残っているけど。 ◆白:じゃー、残った選択肢の中から 自分の好きな所に黒石を打ちなさい。打つか、それとも投了か、2つに1つだ。 こうなるよね。

  • 囲碁の超初心者に最適なパソコンソフト探しています

    囲碁の超初心者です。一応ルールは知っていますが、実際の対局はほとんど出来ません。 レベル的には10級以下ということになると思います。 そんな私ですが、入門用の対局ソフトを探しています。 ちなみにヤフーゲームで囲碁対局してみたことがありますが、当然の事ながら全敗でした(^^; 囲碁は将棋に比べてパソコンソフトの実力は低い、と聞いていますが、私みたいな「超」の付く初心者には丁度良いレベルのソフトはあると思いますが…。 オススメのソフトを教えて下さい。m(_"_)m

  • 囲碁の入門書について

    以前から囲碁に興味があり、やってみたいと思っていました。 が、受験などで忙しくなかなか出来ずにいました。 やっと暇ができたので、囲碁を始めようと思っています。 そこで、入門書を買おうと思うのですがどれがいいのイマイチわかりません。 あまり簡単すぎるもの(基本ルールの説明ばかりだったりするもの)ではないものがいいなぁとは思っています。 オススメの入門書を教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

#3です。訂正。 >プロが終局意外でパスをする  ↓ >プロが終局以外でパスをする としてください。 以下、わかる範囲で答えます。 >時間制の対局で、時間内に着手しなかったら負けになりますか。  それともパスしたことになりますか。 この件についてはよくわかりません。 おそらく「パス」と表明しなければ負けだと思います。 とはいうものの、「パス」と言うくらいだったら どこかに打った方が得なので、実際には起こらないのでしょう。 (初級者の大会だとどうなのかなあ…) >初・中級者の対局、特に大会などで  「対局の停止」のことでもめることってありませんか。 あるようです。私は大会には出たことがないのですが、 たまにそういうトラブルはあると聞いています。 >「ありませんね」が投了の「ありません」と間違えられることってありませんか。 潜在的にはあると思いますが、 ・投了の「ありません」は、地が固まりきっていないときに行うのが普通。 ・投了のときのマナーとして、取った石を盤上に置く。(取った石がなければ、自分の石を二個ほど置く) ・(アマの場合)投了ならば、盤面をそのままにするか、崩す。 対局停止ならば、ダメをつめる。 などの違いがあるので、まちがえることは多くはありません。 たまにわかりにくいこともあるのですが、 その場合、盤面をそのままにしておけばいいわけです。 「対局停止」だった場合、相手がダメを詰めはじめるはずなので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

シツコイ質問に再度答えていただき、ありがとうございました。 ここで得た知識を頭に入れて、今度テレビの囲碁対局でも見てみようと思います。終局に注目して。 この場をお借りして、囲碁ファンでない者の質問に答えてくださったお二方に改めて御礼を言わせていただきます。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#5584

No.1の補足です。 中国式ルールなら、ヘボはヘボなりの打ち方で囲碁が楽しめますが、日本ルールだと、「死活」、「有効着手」について、両対局者のコンセンサスがなければゲームが成立しません。 これには、ある程度の棋力が必要なので、極論すれば、[死活]と[有効/無効]着手が理解できる棋力がなければ、囲碁のルールを理解することはできない、と言えるかもしれません。 このあたりが、将棋に比べて囲碁のほうが初心者に敷居が高い、と言われる所以かもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

#1で御紹介いただいたサイトの最初の方ですが、「別にルールはありません、両方がやめたくなったらやめればいいのです」とか、「……自然に終了」とか、これではまるで禅問答のようです。 私は、囲碁の終局が解らないのとともに、なぜ、囲碁を打つ人がこのこと(終局の曖昧さ)に疑問を持たないのかが不思議でなりませんでした。(たとえば、質問に書いた高校の同級生のように) でも、このようなサイトがあること自体、私の疑問が私一人だけのものではないことの現れではないかと思い、少し安心しました。 >「死活」、「有効着手」について、両対局者のコンセンサスがなければゲームが成立しません。 この言葉でいくらかスッキリしたようにも思います。 回答いただき、ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#5584

> 囲碁の正しい終局の仕方は、どのようなものなのでしょうか。 日本のルールでは、「双方にダメ以外の有効着手点がなくなったとき」が終局です。 http://www2.tokai.or.jp/gan/OWARIK.HTML しかし、中国ルールでは、「地と活石は等価」であり、ダメを詰める行為も有効着手です。 http://igo.ergose.com/cnrule.htm 従って、日本ルールとは終局の時期が違うことになります。 > プロの対局で、終局絡みでトラブルがあった その件は知りませんが、おそらく、ダメ詰まりで手入れが必要な箇所をうっかり手抜いて取られるはずのない石を取られた、といったところでしょう。 中国ルールでは、これはたんに手抜いた対局者の失着でしかなく、トラブルにはなり得ません。

参考URL:
http://www2.tokai.or.jp/gan/OWARIK.HTML,http://igo.ergose.com/cnrule.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 プロのトラブルというのは新聞で読んだのですが、この件だったかもしれません。ご参考までに。 http://mfeed.asahi.com/igo/topics/020227a.html 御回答と紹介されたサイトを読みましたが、頭が混乱しています。 読み直した上で、#2のほうでまた、お礼を言わせていただきます。

関連するQ&A

  • 囲碁15級。まったく勝てません。

    タイトルの通りです。 ちなみに将棋の場合、駒の動かし方から基本的なルールから何も知らない女の子にそれを教えて、じゃあやってみようかと試しに対局してみたら負けたというくらい弱いです。こういう盤上のゲームに元々向いてないのかもしれません。 ですが、何かひとつくらい向いてないところからとことん喰らいついてみたいと思いますので、囲碁を諦めたくないです。 そこで、上達する方法を教えてください。 棋譜並べと詰め碁はやっていますが、前者は番号を探すのに手一杯になって手筋を読むどころではないし、詰め碁はそこそこできますが実戦に活かせない(詰め碁問題のような面白い形になる前に負ける)という感じです。 本は「ヒカルの囲碁入門」2巻を読んでいます。

  • 囲碁の究極の終局

    No.247089、kenji24715さんの質問を見ていて、長年の疑問を思い出しました。 1.囲碁はどうなったらゲームオーバーなんでしょうか。実戦を見ていると、途中で双方がなんとなくお辞儀して終わるんですが、ホントのルールを知りません。ひょっとして、双方が「パス」をしたら終わり?じゃあ一方だけが「パス」するのもアリでしょうか。   2.もし「パス禁止。どちらかが参ったをしない限り、そして打てる所がある限りは打たねばならない。打てなくなったら負け。」なのだとすると、ダメを詰め、相手の目(2目以上連なっている所)に石を放り込み、ついには自分の眼を潰してでも打ち続ける。そうするとごっそり石を取られて、それで空いた場所にまた石を置いていく。こんなことを続けると、最後はどうなるんでしょうね。多分、一方の色の石だけが、1目だけの眼を幾つか残して盤面を埋め尽くして終わるんじゃないかなあ。でももし1眼しかなかったら、次の一発で全部の石を取られてしまって、序盤から打ち直すのも同然です。それでも続ける。  さて、普通の終局で地を計算して負けた方が、このルールでもやっぱり確実に負けるんでしょうか?(コミ出しは無視しましょう。)

  • 囲碁の終局の判断

    図は囲碁11路盤の対局例なのですが、この後のシナリオはどうなるでしょうか? 本来なら、この1手前に両者の壁が隣接して出来上がった時点で終局し、白の圧勝なのでしょう。しかし、一方の続行の意思があれば、他方は嫌でも相手して交互に石を打つのが囲碁なんだそうです。黒は劣勢を感じながらも逆転の可能性を信じて続行の意思を示し、白の地に侵入するような形で黒石を打って来ました。 私は初心者で、ルールの理解が曖昧な感じで、色々と疑問だらけで、「これは終局だ」と他人から教えられても騙された気分になってしまいます。少なくともアゲハマの数だけに着目するならどちらもゼロのイーブンであり、「黒は一発逆転が可能だ」とアドバイスを貰えば私は信じてしまうでしょう。 どこが分からないのか分からない状態で、質問文にも困っていて申し訳ないのですが、、、疑問を箇条書き4つにすると、 ・これの1手前は本当に終局ですか? ・黒の侵入手は完全な「焼け石に水」で、白は少々の棋力でも黒の侵入を皆殺し・アゲハマ取りまくりに出来るんだそうです。本当ですか? ・白の優勢は何となく分かるのですが、黒に闘志があるなら、それを白は吹き消して決着を突き付けなければいけません。ってことは、これからの白のプレーで黒をコテンパンに叩き潰して骨の髄まで吸い付くし、初心者にも直感的に「黒はボロボロだ」と気付いて貰うのが良いと思います。それはどういう盤面でしょうか?121目が、白石と白のアタリと黒の禁止点で埋め尽くされているのでしょうか?或いは、アゲハマの数を比べるのでしょうか? ・交代してここからプロレベルの強い棋士が黒を打てば、白地の中を黒石が取り囲むとか、白壁に穴を開けるとか出来るんじゃないかな? 私の頭の中のモヤモヤを想像して貰い、何かヒントになりそうな情報を頂けると幸いです。 ちなみに、私は初心者ですが、「アタリで相手の石を囲って取り、それをアゲハマにして、終局して敵地にアゲハマを埋めて敵地を目数を減らす」というルールなら理解していると思います。

  • 囲碁のシチョウは現実的か?

    囲碁の入門書を読めば、「シチョウ」について掲載されていると思います。 はじめて、「シチョウ」を知ったときは斬新性もあって、すごいな! と記憶に残ったと思います。 しかし、実際の対局で、盤上を斜めに横切るような、10子以上を取れるようなシチョウに出くわしたことがあるでしょうか? アタリアタリと連続でやってくれば、「何かおかしいぞ?」と気付くのではないかと思うのです。 入門書に載っているような「シチョウ」は、非現実的に思えてならないのですが……。 ご意見を聞かせてください。

  • 囲碁はどのようにゲームが終局するのか?

    将棋は、玉(王様)を詰ますゲームなので、玉を取られたらゲーム終了です。プロの場合は何手も先を読めるので、実際に玉が取られるまで進めるケースはなくて、最終局面の数手から十数手前にどちらかが「負けました」と宣言し投了します。つまり劣勢側が、ばん回の見込みがないと判断した時点でゲームが終了します。 そこで質問です。 そのあたりは囲碁の世界はどうなのでしょうか? テレビで何度か対局を観たのですが、いまいちゲームが終了するあたりの仕組みといいますか手続きがよくわかりませんでした。それと最後に石を並べ替えて勘定していましたが、それをやるまで勝敗がわからないのでしょうか?? ご存じの方がいましたらどうぞ教えてください。m(_ _)m

  • 囲碁界の事が分かるサイトを教えてください。

    囲碁に興味を持ち、ルールや打ち方などを楽しく サイトや入門書で勉強しています。 囲碁界についても知りたく、現在どのようなタイ トルがあり、誰が持っているのか?や、どのよう に定期のシーズンを戦っていくのかなど、囲碁界 の事が分かるサイトがあれば教えてください。 自分でわかりやすいサイトを探していますが、見つかりません。よろしくお願いいたします。

  • プロ囲碁における投了率はナンボ?

    囲碁の終局はややこしいですが、2パターンあるじゃん。 ・石の死活を明確にしてダメ詰めして終局の合意形成をする。 ・一方が自己の手番のときにギブアップを宣言する。 全体に置ける後者の比率を投了率とでも呼べば、プロの対局における投了率はすごく高い気がしますが、ドーかしら? プロの囲碁の投了率はナンボでしょう? 9割を上回りますでしょうか? 何というか、プロと初心者だと見えている世界が全く違うそうです。目の前の碁盤の様子は誰の目にも同じですが、プロは100手先を読む力があるみたいで、事の重大さを序盤の段階で気付き、早めに降参するのがマナーだとか。初心者だと、「お前はもう死んでいる」のにまだ生きていると思い込んで、石を打ってくるのだとか。 そんな感じでしょうか?コミを含めて陣地が拮抗すると、前者の終局が稀にあるのかしら?

  • 喫煙

    プロの将棋または囲碁の対局中での喫煙はルール上認められているのでしょうか。TVで将棋のNHK杯を見たとき対局中に喫煙をした棋士を見たことがあります。私もある将棋の大会に出場したとき、2回戦での相手が喫煙をして嫌な思いをしたことがあります。短い時間の対局であれば、タバコに火をつける必要は無いと思いますし、長い時間の対局であれば席を外して吸いに行けばよいと思います。ようするにマナーとしてアマチュアの大会でもプロの大会でも対局中は禁煙にして欲しいと私個人は思います。将棋または囲碁ファンの皆さんはどう思いますか。

  • コンピュータ vs 囲碁棋士 のゆくえ

    将棋界ではコンピュータがプロを負かしたとニュースで知りましたが、囲碁界ではプロを負かすような話は聞きません。囲碁においてはゲームのルールや仕組みなどの理由でコンピュータは永遠にプロには及ばないのでしょうか?それともいずれは将棋と同様にコンピュータがプロを負かす日が来るのでしょうか?

  • 囲碁と将棋の公式戦で考慮盤を使えないか?

    囲碁でも将棋でも、公式戦だと盤が1枚じゃん。1枚の盤を挟んで、両対局者が向かい合うじゃん。 まー、そんなの当たり前と言えば、当たり前なのですが。 んが、盤を2枚増やして、計3枚で公式戦を運営した方が、ハイレベルでオモロイと思いました。ドーかしら? 対局用と、両対局者の考慮用を対局場の両サイドに置いとくんです。 プロの公式戦って、正念場で何時間も考えるじゃん。そのとき、盤を眺めて脳内で先を読んでるんだとか。だけど、それは限界があるのかと。 プロならば、目隠しして、着手点の読み上げを耳で聞くだけでも対局できるそうです。だけど、プロとは言えど人の子であり、目隠し対局だとハンデがキツくてレベルダウンかと。 やはり、対局盤を眺めて先の絵を脳内再現するだけでは、読み間違えるんだよ。そんなレベルの低い対局なんか、見たくないじゃん。ってことは、先を読むのは脳内だけでとするルールは、何の意味も無いんだよ。 手を捻り出すのに何時間もかかるだろうし。だから、仮手を目に見える形でリアルにシミュレーションしなきゃ。そのためには、やはり、考慮用の盤を後ろに置くんだよ。 数学の試験でも、計算用紙があるじゃん。癌細胞の切除法を捻り出すときにも、検査は聴診器だけみたいなルール愚かなだけであり、CT使ったり、血液分析したりするじゃん。 考慮用の盤があった方が、時間短縮にもなるのかと。あと、致命傷の深さに早めに気付いて、投了のタイミングも早くなるのでは?