• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

囲碁はどのようにゲームが終局するのか?

将棋は、玉(王様)を詰ますゲームなので、玉を取られたらゲーム終了です。プロの場合は何手も先を読めるので、実際に玉が取られるまで進めるケースはなくて、最終局面の数手から十数手前にどちらかが「負けました」と宣言し投了します。つまり劣勢側が、ばん回の見込みがないと判断した時点でゲームが終了します。 そこで質問です。 そのあたりは囲碁の世界はどうなのでしょうか? テレビで何度か対局を観たのですが、いまいちゲームが終了するあたりの仕組みといいますか手続きがよくわかりませんでした。それと最後に石を並べ替えて勘定していましたが、それをやるまで勝敗がわからないのでしょうか?? ご存じの方がいましたらどうぞ教えてください。m(_ _)m

noname#183251

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数437
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

経験はないんですが知識だけで・・・。 ・囲碁は陣取りゲームです。 自分の色で囲った領域が自分の陣地となり、「目(モク)」として数えることが出来ます。 ・最終的によりたくさんの陣地を取ったほうが勝ちです。 ただし、プロ同士の対局のように実力が同じ程度の場合、「互先(たがいせん)」というルールでやります。これは、後手(白石)の人に5目半プラスされるというルールです。これは、オセロと同じで先手(黒石)の方が有利なためです。 したがって、先手の人が勝つためには最低半分+6目の領地を抑える必要があります。この場合「半目勝ち」です。 ・将棋の投了の様に途中で勝負を投げることもあります。「ありません」「負けました」などといいます。この勝ちかたを「中押し(ちゅうおし)」といいます。 ・プロ同士の対局では中押しはまずないでしょうから、大抵最後まで勝負がもつれると思います。対局している同士は大体わかっているはずですが、石を並べ替えて領地の数をカウントします。 素人同士の対局だったら、たぶん最後まで行かない限り勝敗はわからないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ヤフー囲碁の勝敗判定に疑問があるそうです。

    私は将棋専門なのでよく分かりませんが、私の友人は逆に囲碁専門で、ヤフーゲームの囲碁をネットカフェで楽しんでいるそうです。 さて、その友人(パソコンど素人です)から質問がありました。 明らかに勝っている(30目以上)対局が終了した時、判定が「負け」と出たそうです。似たようなことが今までに数回あったそうです。 将棋の場合は勝敗がハッキリしていますが、囲碁の場合は、お互いの死に石にチェックを入れたり、なんとなく面倒な手続きを経てから勝敗判定をしなければならないそうですね。 囲碁には「セキ」とか「コウ」なんてのもあり、コンピュータが正確に「地の計算」が出来るのか疑問だそうです。 さて、そこで質問ですが、ヤフー囲碁の愛好者の方、そのような経験はありますか? あるいは、何か「操作の不具合」でもあるのでしょうか? パソコンど素人の友人に代わって質問させて頂きました。m(_"_)m

  • 囲碁の上達方法っ!!

    こんばんは。 最近、"ヒカルの碁"にハマって、囲碁を勉強しているところです。 まだまだ、対局できるほど分からないんですけど、 アタリとか、にぎりとか、分かるようになってきました。 囲碁を勉強し始めて、3日目なんですけど、 なんだか物足りなくなって、"石取りゲーム"をやってみたんです。 でも、1回しか石を取れなくて。 それからは、悲しいくらいに取れなくなってしまったんです。 そこで、どうやったら囲碁は上達できますか? やはりまだ勉強をやった方が良いのでしょうか… ちなみに、わたしは中3です。 パソコンには"石取りゲーム"、"9路盤の囲碁" それと、普通に対局が出来るゲームがあります。 あと、お父さんも囲碁できるみたいです。 パソコンの対局で、一番強い相手とやっていたので、 多分強いんだと思います。 それでは、よろしくお願いします!!!

  • 囲碁・将棋の対局を男女分けるのは?

    たいへん素朴な疑問なのですが、スポーツならば男女別に分けて対戦するのはわかるのですが、囲碁や将棋の対局において男女わける意味がわかりません。囲碁や将棋も長時間に及びますし、男女の体力の差がもしかしたら勝敗に影響するということもあるかもしれませんが、別に分けなくてもいいかな・・と。もちろん、男女で対局することも少なからずあると思いますが、男同士、女同士の対局が多いと感じたもので。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

囲碁は陣地争いのゲームであることは、他の回答者の皆さんの言う通りです。 ただ、終局(ゲーム終了)と言っても、碁盤上には何も石が置いて無い目がたくさんあります。 もしかしたら、そこに打っていけば、更に自分の陣地が増える(あるいは相手の石を取れる)かもしれません。 その見極めは、やはり経験が必要です。 自分が「この陣地は自分のもの」と思っていても、相手の攻め方によっては相手の陣地に変わってしまうかもしれないのです。それを練習するのが「詰め碁」です。 「自分の陣地が生きているのか死んでいるのか」、「対局を終えるのか続けるのか」を見極めるのは経験を積むしかありません。 素人の対局であれば、必ず終局の際には相手に「終わりですか?」と確認します。そうでないと、相手は未だ攻める意思があるかもしれないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なーるほど、そういうことだったのですか。( ̄ロ ̄;) 碁の終局における空気感のようなものが、なんとなくわかってきました! そういう言えば、TVの碁を観てて、最後の方になったら、急に打ち手のテンポが速くなって、ポンポン進んでいったのが不思議でした。 もうそのあたりでは勝負付けは済んで、形作りに入っていたのですね、たぶん。 と言っても、ビギナーには難しそう。(^^)

  • 回答No.7

以前にも同じような質問がありましたが…… 終局は、どちらも打って利益になる場所がなくなったとき つまり、パスが2回続いた時となるようです。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=695738

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

#5です。 すみません、ウソこいてました。 >先手の人が勝つためには最低半分+6目の領地を抑える必要があります。 どちらの陣地にもなっていない領域も残りますので、「後手の人より最低6目多く領地を抑える必要があります」でした・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

わざわざ訂正ありがとうございます。m(_ _)m じつは「最低半分+6目」を見たとき、しばらくの間「碁は奥が深い…(-"- )」と考え込んでしまいました。(^^=)> しかし先手と後手にはそんなに差があったとは。ご存じかもしれませんが、将棋も先手がほんの少し有利と言われていますが、ほとんどハンデはなしです。 この一局で人生が左右される…というときに後手番ひいた棋士はちょっぴりかわいそうです。 その点、碁はできるかぎり公平にしようという姿勢でいいですね。

  • 回答No.4

囲碁でも将棋と同じように投了もあります。 #1さんも仰る様に陣地取りのゲームですから、微妙な場合はわかりませんね。 半目差や引き分けもあります。 囲碁では、囲んで取った相手側の石を相手側の陣地に埋めて行きます。よって何個取ったか、広く陣地を確保した方が勝ちとなります。 また、どちらの陣地にもなってない部分は、盤面の石で埋めていきます。コウの部分は半目づつとカウントします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • TK0318
  • ベストアンサー率34% (1261/3651)

囲碁の場合は終わり方が主に2つあります。(反則負けとかは除く) ・いい勝負で数目の争いになった状態 この場合、最後まで指して石を並べ替えて勘定して(まあプロは分かっているのですが確認のため)勝敗をつけます。 ・大差がついてしまった場合 もう何十目という大差になった場合、負けているほうは勝ち目ないと見て投げます。この場合は石を並べ替えて勘定したりはしません。 黒が勝った場合上のケースでは結果は黒半目勝ち(半目の部分は差により変わる)となり、下のケースはどれだけの差でも黒中押し勝ちとなります。(白なら黒が白になります) *ちなみに将棋でも王が詰むまでまだ何十手もかかるけど勝ち目ないと見て投げるケースがまれにあります。(完全に作戦負けしたときにたまにある)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

さっそくのご返事、感謝です。m(_ _)m 他の回答者の皆さまもありがとうございます。m(_ _)m 碁にも「投了」があったのですか。たしかに「中押し勝ち」という文字は何度か見たことがあります。そういう意味だったのですか。 勉強になりました。m(_ _)m

  • 回答No.2

将棋のように、「これはもう勝てないな」と判断すれば「負けました」と宣言して投了しますよ。 勝ち負けが微妙であればきちんと並び替えて目を数えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

囲碁は、陣取りゲームなので、自軍の陣地がどの程度(目)あるのかで勝敗を決めます。 だから、目の数を暗算で読めれば直ぐ分かるでしょうが。 間違えなく確認する為には、埋めていくのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • プロ囲碁における投了率はナンボ?

    囲碁の終局はややこしいですが、2パターンあるじゃん。 ・石の死活を明確にしてダメ詰めして終局の合意形成をする。 ・一方が自己の手番のときにギブアップを宣言する。 全体に置ける後者の比率を投了率とでも呼べば、プロの対局における投了率はすごく高い気がしますが、ドーかしら? プロの囲碁の投了率はナンボでしょう? 9割を上回りますでしょうか? 何というか、プロと初心者だと見えている世界が全く違うそうです。目の前の碁盤の様子は誰の目にも同じですが、プロは100手先を読む力があるみたいで、事の重大さを序盤の段階で気付き、早めに降参するのがマナーだとか。初心者だと、「お前はもう死んでいる」のにまだ生きていると思い込んで、石を打ってくるのだとか。 そんな感じでしょうか?コミを含めて陣地が拮抗すると、前者の終局が稀にあるのかしら?

  • 囲碁のコミについて

    自分はもっぱら将棋しか指さないので詳しくわからないですが 囲碁のコミにすごく違和感があります。 先手と後手、勝率が先手が高いからコミを増やそう。 五目半でもまだ先手がいい。六目半にしよう。 そういう考え方をすれば、将棋でいうと多少先手のほうが勝率が高いですから 将来は先手香落ちにしよう、といってるような感じがします。 でも、実際に将棋は後手用の戦法を考えて後手なりの工夫をする努力をしていました。 そういう平手だからこそゲームは面白いと思うのです。 将棋でいう後手用の戦法は囲碁には存在しないのでしょうか? あと、コミも一定で決まっていればわかりますが年々増えるんなら 「じゃ、あの対局はコミ五目半の時代では負けたけど、六目半だったら勝ってたぞ!」という不満はないんでしょうか? 今ですら日本が六目半で中国が七目半であることが理解できません。 生涯対局が先手後手半々ではないでしょうに、後手番が多い棋士が不利になる、というのもゲームとして成立しているのか?って思っちゃいます。

  • 囲碁に「パス」はあるか?

    コンピューターゲームの囲碁だと、いわゆる「パス」があります。両者が連続でパスすると終局ですね。第1手からパスしても良いですが、大損だとか。 さて、リアル囲碁にパスがありますか? パスなんて無いですよね。終局は「終わりですね→そうですね」みたいな対話で合意形成するだけで、「パス」みたいな英語を使うのは違和感あります。 プロの対局ですと、黒→白→黒→白・・・と交互に石を打って行くのが常かと。プロの対局でパスなんてありますか?千局に1回くらいはあるのかな? ・・・黒→白→白→黒・・・こんなのプロの対局でありえるかい?仮に黒が「パス」って明確に発言したとしても、白が1手で2つ石を打つのは反則だと思うのだが。白→白、この時点で白の負けだと思うけど。 仮に黒がパスって言えば、、、 ◆白:囲碁にパスなんてありません。今は黒番ですから、黒石を何処かに打ちなさい。 ◆黒:何処にも打ちたくありません。 ◆白:ならば、投了して下さい。 ◆黒:投了なんて嫌です。私はパスしますが、あなたも打つところが無いならば終局です。 ◆白:私は打つところがあるので、対局続行です。しかし、今は黒番ですので、あなたが黒石を打った後に私が白石を打ちます。早く黒石を打ちなさい。 ◆黒:じゃー、何処に打てば良いんだ? ◆白:そんなの何処でも良いよ。全部自殺手だとでも言うのか?って言うか、勝負してるんだから私に聞くのは変でしょ。私が指差せば、そこに黒石を打ってくれるのかい? ◆黒:確かに、打つスペースは残っているけど。 ◆白:じゃー、残った選択肢の中から 自分の好きな所に黒石を打ちなさい。打つか、それとも投了か、2つに1つだ。 こうなるよね。

  • 囲碁サイト「幽玄の間」の7,8段の中に

    日本棋院が運営する公式インターネット囲碁サイト「幽玄の間」の中で、 7,8段の棋力表示ながらメチャクチャ下手な碁を打っている人をたまに見かけます。 私の見た目には、初段弱程度の人が多いように思われました。 そういう人たちは、どいやら知り合い同士でお互いに高い段位を付け合って 身内だけで対局しているようなのですが、日本棋院はどうしてそういう不正行為を 放置しているのでしょうか? 対局を見学しようとしたときに、上位に表示される高段者の対局を選択することが多いと思うので 多くの人が経験していることだと思います。 また、プロであれば中盤戦の碁の一局面を一瞥しただけでひどい内容だと判断できるでしょう。 巷のゲームサイトでも同じようなことは起こっていますが、そちらは囲碁に詳しい管理者が いないだろうことも十分考えられますので致し方ないとも言えるでしょう。 しかしながら、日本棋院が何の対策も取っていないとは、全く不思議です。 このあたりの状況をご存知の方はおられますか?

  • 囲碁の終局の判断

    図は囲碁11路盤の対局例なのですが、この後のシナリオはどうなるでしょうか? 本来なら、この1手前に両者の壁が隣接して出来上がった時点で終局し、白の圧勝なのでしょう。しかし、一方の続行の意思があれば、他方は嫌でも相手して交互に石を打つのが囲碁なんだそうです。黒は劣勢を感じながらも逆転の可能性を信じて続行の意思を示し、白の地に侵入するような形で黒石を打って来ました。 私は初心者で、ルールの理解が曖昧な感じで、色々と疑問だらけで、「これは終局だ」と他人から教えられても騙された気分になってしまいます。少なくともアゲハマの数だけに着目するならどちらもゼロのイーブンであり、「黒は一発逆転が可能だ」とアドバイスを貰えば私は信じてしまうでしょう。 どこが分からないのか分からない状態で、質問文にも困っていて申し訳ないのですが、、、疑問を箇条書き4つにすると、 ・これの1手前は本当に終局ですか? ・黒の侵入手は完全な「焼け石に水」で、白は少々の棋力でも黒の侵入を皆殺し・アゲハマ取りまくりに出来るんだそうです。本当ですか? ・白の優勢は何となく分かるのですが、黒に闘志があるなら、それを白は吹き消して決着を突き付けなければいけません。ってことは、これからの白のプレーで黒をコテンパンに叩き潰して骨の髄まで吸い付くし、初心者にも直感的に「黒はボロボロだ」と気付いて貰うのが良いと思います。それはどういう盤面でしょうか?121目が、白石と白のアタリと黒の禁止点で埋め尽くされているのでしょうか?或いは、アゲハマの数を比べるのでしょうか? ・交代してここからプロレベルの強い棋士が黒を打てば、白地の中を黒石が取り囲むとか、白壁に穴を開けるとか出来るんじゃないかな? 私の頭の中のモヤモヤを想像して貰い、何かヒントになりそうな情報を頂けると幸いです。 ちなみに、私は初心者ですが、「アタリで相手の石を囲って取り、それをアゲハマにして、終局して敵地にアゲハマを埋めて敵地を目数を減らす」というルールなら理解していると思います。

  • 囲碁15級。まったく勝てません。

    タイトルの通りです。 ちなみに将棋の場合、駒の動かし方から基本的なルールから何も知らない女の子にそれを教えて、じゃあやってみようかと試しに対局してみたら負けたというくらい弱いです。こういう盤上のゲームに元々向いてないのかもしれません。 ですが、何かひとつくらい向いてないところからとことん喰らいついてみたいと思いますので、囲碁を諦めたくないです。 そこで、上達する方法を教えてください。 棋譜並べと詰め碁はやっていますが、前者は番号を探すのに手一杯になって手筋を読むどころではないし、詰め碁はそこそこできますが実戦に活かせない(詰め碁問題のような面白い形になる前に負ける)という感じです。 本は「ヒカルの囲碁入門」2巻を読んでいます。

  • 初心者の囲碁の上達方法について

    父親が囲碁が好きなんですが、囲碁を始めて父親に勝ちたく思っています。 携帯ゲーム機の囲碁ゲームを買って、コウとかコスミなどの基本的なルールはある程度把握できました。 ゲームの初心者用キャラを相手に対極をするのですが、序盤からどのように戦術を組み立てていけばいいのか、さっぱり分からず適当に打っているうちに負けてしまいます。 子供の頃は将棋が好きだったのですが、なんとなく父親と対局しているうちに勝負勘がついてきて上達した記憶があります。 今は父とも離れて住んでいるので、日常で囲碁ができるのは携帯ゲーム機だけです。 やはり上達するには、ゲーム機相手でもコツコツと対極を繰り返して勘を養うしかないのでしょうか? 将棋のように棒銀とか振り飛車とか、序盤に使える戦法というか流れのようなものが囲碁にもあればいいのですが、そういうものは囲碁にはないのでしょうか?

  • 初心者と初心者が囲碁で対局すると・・・

    囲碁のルールを覚えたばっかの小学生が、囲碁で対局しました。すると、図のようになりました。(図が見えますかね)アゲハマは両者とも0です。 ここで、両者とも目的やゴールを見失って、この後どうすれば良いのか混乱してきました。なので両者ともプロ棋士と交代し、続きを任せ、その様子を見学する事にしました。 ここで質問なのですが、 質問A:どっちが勝ちますか?たぶん、黒が勝ちますかね? 質問B:プロ棋士交代後、10分以内に終局しますでしょうか? 質問C:現状で優勢判断が出来ると思うのですが、最大のポイントはどこでしょう? 質問D:この小学生は、アタリとかコウとかハネとかノビの定義は分かっていると思います。しかし、ダメの定義を分かっていないと思います。初心者にとって、ダメとは何かを理解することは難しいでしょうか? 質問E:この対局について、感想を聞かせてください。(何でも良いです) + + + 補足 + + + 私は囲碁の初心者で、基本的なルールくらいは知ってるつもりです。ただ、終局の判断をどうすべきかで迷うことが多いです。要は、2つありますよね。 ・X:一方の者の「参りました」宣言(投了)。 ・Y:「終わっても良いでしょうか」と打番の者が終局を提案した後、それを他方が「うんそうだね」と承認する。他方が「嫌だ」と終局提案を拒否すれば、打番の者は以下の行為の何れかを行う義務を負う。  ー投了を宣言する。  ー全て余地が自殺手、もしくは、コウの取り返しの何れかであることを相手に説明する。  ー通常通り、(嫌でも)余地の何処かに石を打つ。(たとえ相手の合意があっても、一手で2つの石を打つのはルール違反であり、必ず1つの石を交互に打ち合う。) ここでYのとき、自己に有利な打つ手が残っているのに、判断を誤って終局提案してしまいそうな気がする。 ルールの更なる理解と棋力向上に1歩前進したいのですが、何処が分からないのか分からないので、このように質問しました。

  • 再びヤフー囲碁についての質問です。

    私は将棋専門なのでよく分かりませんが、私の友人は逆に囲碁専門で、ヤフーゲームの囲碁をネットカフェで楽しんでいるそうです。 さて、その友人(パソコンド素人です)から質問がありました。 先日、いつものようにネットカフェでヤフー囲碁を楽しんでいたところ、相手は負けを覚悟したらしく、全く意味のないところへ次々とノータイムで打ち込んできたそうです。 そういう相手は珍しくもないので、友人は普段通り対処していたのですが…。 終局時、相手の死に石にチェックを入れるというところまできたとき、相手は友人の「完全に活きている石」に「死に石」のチェックを入れてきたそうです。 通常ですと、そんなことは不可能で、友人は慌てて再度チェックを入れると「死に石」のチェックは外れたそうですが、相手は再三「死に石」のチェックを入れてきたそうです。 あまりにひどいので「仕返し」とばかり、相手の「活き石」にチェックを入れようとしたのですが、できなかった、とのことでした。 結局、その対局は完全に勝っているはずなのに、「活き石」が完全に取られるという理不尽な結果になり、「負け」になってしまったそうです。 友人はとても憤慨しておりましたが、何か特殊な「インチキ裏技」でもあるのでしょうか?通常ですと、そのようなことは「あり得ない」と友人は言っておりました。 ちなみにその相手は「無敗」だったそうです…。

  • 囲碁の異色性の理由は?

    戦いを表現したゲームは盤上の駒一つ一つの働きがきめられている事が一般的です。将棋の飛車とか角とかチェスのクイーンとか… 所が囲碁は駒(石)一つ一つの働きは全て平等です。王であったり歩兵であったりの区別は全くありません。盤上に置かれて初めて役割が与えられます。要石になったり、捨て石になったり… 囲碁は戦いを表現したゲームとして大変異色に感じます。囲碁は元々戦いをテーマとして発生したのでしょうか? 囲碁の発生に関わるエピソードを教えて下さい。 私はアマチュア2段程度の中級者です。今まであまり気にしていませんでしたが、上記のことがとても不思議に思うようになりました。