• ベストアンサー
  • 困ってます

天井と屋根の二重断熱

当方、建売を購入し現在建築中ですが、断熱材に不安を感じ(壁・天井グラスウール55ミリ)断熱材のランクを上げてくれる様お願いしたところ、断熱材自体をロックウール75ミリに変更してもらえるようになりまいした。加えて屋根の内側にも断熱材を入れると提案されております。屋根と天井の2重断熱(屋根の内側および2階天井)となるそうですが、問題はないのでしょうか?結露とかが心配ですが・・・?わかりにくし質問で申し訳ございませんが、回答にご協力願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数4497
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

こんにちは。 まず使用する断熱材は,壁・天井共ロックウールの75mmということですが,たぶん袋に入った耳つきのものだと思われます。 そうだとしたら,その耳を柱等にタッカーでとめていく施工になるわけなんですが,どうしてもコンセント・スイッチ周り及び筋交い周辺等に隙間ができてしまいます。 断熱材の厚みをいくら増しても隙間が出来てしまえば断熱材の能力は半分以下になります。 また,コンセントやスイッチ等からははっきりと感じとれる隙間風が進入してきます。 そのような理由でローコスト住宅は冬場でも寒くなるわけです。 また夏も外気と通通になっているため,エアコンでいくら除湿しても湿気が進入してくるため,ランニングコストがかかります。 ということで,私からの提案ですが… 壁の断熱材等については,袋無しの断熱材タイプにして,気密or防湿シートを室内側に貼ってもらってください。そうすれば,コンセント・スイッチ周りもきっちり断熱材が詰め込まれますので,断熱材の性能は発揮されます。 袋状断熱材だと20mm厚みを増しても体感状&ランニングコスト状あまり分からないと思います。 断熱材施工の基本は隙間無く隙間無くですから,現場ではそれを実行してもらって下さい。 また,コンセント・スイッチ周りも気密がとれるように気密カバーを施工してもらって下さい。 断熱材及び気密カバーともたいして差額にはなりません。むしろ,住み始めてからのランニングコストで元がとれます。 次に天井の断熱材ですが… 天井と屋根の2重に断熱しても効率面から言うと?です。 天井に2重にするか屋根に2重にするのかいずれかを選択して下さい。 私は屋根で断熱する方法をお奨めします。 なぜかというと,そうすることによって,屋根裏が収納として使用きるからです。 たぶん,建売なので収納もあまり満足にとれていないような気もします。 そこで,屋根裏をあまり使わない物の収納にしてしまえば,1階・2階の部屋を広く使うことができます。 随分余談になりましたが,2重に断熱するということは75mm×2で150mmの厚みになるということでしょうか? 本当なら200mmは欲しいところですが,屋根に断熱するとなるとなかなかそう厚みが確保できるわけではありませんね。 ということで,屋根に断熱するのであれば,プラスチック系断熱材を100mmで施工するのをお奨めします。 母屋と母屋の間に施工するのです。 それもできるだけ隙間なく施工してもらってください。隙間ができるとせっかくのものが台無しです。 コストですが,繊維系をプラスチック系に変えるのは 倍くらい値段が違いますが,それも快適性などランニングコストで元がとれるでしょう。 実は天井や屋根の断熱は壁よりも重要でなのです。 理由は長くなりますので,控えさせていただきますが…。 あと,天井に断熱するのであれば,袋状よりもセルローズみたいにブロー式のものが良いです。 施工はホースから断熱材をブローするのです。 それで厚みを200mmくらいにすればしっかりとした良い断熱性を確保できるでしょう。 予算の関係でダメなら袋状断熱材を2重に敷設してもらって下さい。 その場合も千鳥張りといって,断熱材どおしの隙間ができないように施工してもらってくださいネ。 最後に… 断熱と気密を強化することによって信じられないくらい快適でコストがかからない生活が実現できます。 ちなみに私の家は4.5~6畳用エアコンで60畳の面積を冷房・暖房しています。 ランニングコストもびっくりするくらい安いですよ。 良い家ができることを祈っています。 がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に分かりやすい回答ありがとうございます。 余談話もとっても参考になりました。具体的に説明して下さって助かります。本当なら、屋根裏が収納として使用は、建売の設計上もう変更はきかないと思います・・・。でも、天井2重でお願いするようにします。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 屋根の断熱について

    二階建てですが天井に断熱材はありますが、屋根にはありません。通常は屋根には施工しないのでしょうか?断熱材はグラスウールです。宜しくお願いします。

  • 1F天井の断熱材の施工について

    軽量鉄骨で建築中の者です。 1F天井に断熱材(ロックウール)が充填されていたのですが、耳の部分が内側にまきこまれており、表面の防湿シートが連続になっていない状態でした。業者曰く、断熱ではなく、遮音のために充填しているので、問題ないとのことした。1F天井とはいえ、防湿シートが連続になっていない状態なので、結露など起こらないか心配なのですが、このような施工で問題ないのでしょうか?

  • 屋根の断熱方法

     新築工事で二階を勾配天井で建築します。予算の都合により充填断熱なのですが、ネオマフォームとロックウールを重ねて張る予定です。  屋根と天井との間の空気が軒下の空気穴から少しは動くということですが、夏の暑さや結露を考えると少し不安です。  本来は外張り断熱のときに施工する換気棟をつけることを提案されました。10万弱でできるそうです。     この場合効果はそれなりにあるのでしょうか?そもそも充填断熱で勾配天井ということが無謀なのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

天井及び屋根の両方への断熱施工に関しては問題ないと思います。 但し、小屋裏の通気の為の軒裏換気口や妻換気などにより 小屋裏空間の換気が出来ること。 更に屋根断熱に関しては屋根面と断熱材の間に30mm以上の 空気層が施工されるか、 また、棟換気などを用いて通気層の空気の排出がされるかです。 すでに回答にもありますが 天井断熱は冬の断熱に効果がありますが 夏の小屋裏空間は輻射熱により60度以上になる場合もあります。 このような状況では天井断熱での効果が低い為 屋根断熱のほうが夏の断熱効果が高くなります。 双方の欠点を補える部分では有効かと思いますが それぞれの通気の問題や天井面の防湿処理に問題があれば 結露する危険が高くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 屋根への断熱材施工の場合は通気層を取る事が重要なんですね。ありがとございます。

  • 回答No.6

断熱材には防寒と防暑の役割があります。 防寒に関しては断熱層の厚みと同時に気密性が重要となりますから、他の回答者が仰るとおり天井断熱を厚く隙間無く施工することが肝心です。 元々の仕様が天井断熱ということは、その家は小屋裏換気ですから、屋根に追加する断熱材は防寒の役目を果たしません。 屋根に追加する断熱材は、防暑対策としては非常に有効です。 夏の天井裏は昼間の日差しによって熱せられた屋根からの輻射熱により、外気よりも著しく温度が上昇します。 そして陽が落ちた後も、屋根内部の温度というのはなかなか下がらないので、屋根からの輻射熱によって小屋裏は暖められ続けます。 勿論、小屋裏は常に換気されていますが、屋根全体の面積は換気口よりも遙かに大きいので、自然換気だけではなかなか追いつきません。 (夏の夜に1階よりも2階の寝室の方が寝苦しい家は、屋根からの輻射熱が原因です) 垂木間に発泡ウレタンフォーム等を填め込む工法は、夏場の”補助断熱”としては非常に効果的です。 あくまで屋根から小屋裏への輻射熱を遮断するのが役割なので、気密性は問われません。 施工の際には、断熱フォームと野地板間に通気層を確保し、軒裏から棟へスムーズに通気出来るようにします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすい回答ありがとうございます。 断熱材は防寒のみの考えだと思ってました。 建築は色々な考え方があり、難しいですね。

  • 回答No.4
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

 屋根の断熱材は不要です。天井裏の空気は断熱材より遙かに効率のいい断熱材だからです。私の家は天井裏が物置きになっており、度々屋根裏へ入りますが、結露は全く見られません。これは天井断熱材が断熱効果の他に空気の遮断効果もあるせいだと考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすい回答ありがとうございます。

  • 回答No.3

天井裏の換気はするのでしょうか?換気すると2重の断熱効果は期待できません。換気しないと結露のため小屋裏の木材の耐久性に影響が出ます。したがって天井と屋根の2重に断熱するのではなく、天井か屋根のどちらかにそのぶんの2倍の厚みの断熱材を施工すべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

天井裏の換気は多分ないと思います。 おっしゃる通り、どちらかのみに断熱材を施工してもらうようお願いします。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • t87300
  • ベストアンサー率24% (1392/5660)

確かに天井の断熱は余計です。 結露しますよ。 建築中なら天井の断熱は不要と言った方が良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々の回答ありがとうございます。 参考になりました。

  • 回答No.1

私宅も断熱材を入れていますが、どうしても気密性が高くなり結露します。 昔の日本家屋がよいか、防寒上断熱材を入れるかの選択で、断熱材を入れるいじょうはやむを得ないと思います。 同じ地域ですが私の実家は昔風日本家屋で私宅と比較してかなり寒いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々な回答ありがとうございます。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 断熱材について教えてください。

    現在新築を検討し進めています。 断熱材について、標準ではロックウール壁55mm・天井75mm となっています。 ちなみに在来木造で地域は東海、サッシはアルミで窓は ペアガラス(LOW-E)です。 比較的温暖な地域なので上記の断熱材も悪くはないのかも しれませんが、吹き抜けがあり蓄熱暖房を取り入れるので できるだけ断熱性を高めた方がいいのかなとも思います。 (そもそも高断熱、高気密の家にすればよかったのですが・・・) 業者にはロックウールを壁、天井ともに100mmにする、 パーフェクトバリアやセルロースファイバーにするなど 提案いただいています。 ロックウールの厚みを増やすくらいなら予算内だと思いますが ほかはちょっと高くなるので考えてしまいます。 でも一生住む家なので・・・迷います。 断熱性を高めると結露しやすくなるんですよね?? 第3種換気なので無理に断熱性を高めると結露しやすく なってしまうのではと懸念しています。 ぜひ断熱材についてアドバイスいただけますでしょうか?

  • 屋根裏に断熱材の施行

    2階の天井の裏に断熱材を入れようと思います 条件 1.平成7年築 木造 戸建 30坪 注文建築 2.2階の押入れから確認すると現在50mm厚程度の袋入りグラスウールが載せてある 3.場所 関東 4.2階が夏かなり暑い これを200mm厚程度のグラスウールあるいはロックウールにしようと考えています 方法は2階の押入れから入り 150mm程度のグラスウールあるいはロックウールを重ねて置こうと思います 質問 1.天井を踏みぬかない為には梁の上に手足を乗せるようにすれば良いですか 2.50mm+150mm=200mmになった事で断熱の効果は体感出来そうでしょうか 宜しくお願いします

  • 断熱材ロックウールについて教えてください

    2×4の断熱材でロックウールってあるのですが、これはよく聞かれるグラスウールとはどう違うのでしょうか? グラスウールは壁体内結露によって、場合によっては水分の重みで下に下がってしまったり黒カビが発生すると聞いたことがあるのですが、ロックウールも同様のものなのでしょうか?

  • 屋根断熱・天井断熱について

    いつもお世話になっております。 新築を計画していますが素人なので詳しい方にご教授お願いします。 新潟県で木造従来工法です。ほぼ総2階で合計40坪で計画中です。 標準仕様では、天井断熱(10kグラスウールが2重)なのですが、屋根断熱には出来ないのか?と聞いたところ、 「屋根断熱にして勾配天井にすると小屋裏の空間が無くなります。小屋裏空間は空気層として断熱効果が期待できるので今のままの方が良いです」との事。しかし私は勾配天井にせずに、普通の天井で屋根断熱にすれば空気層も確保できるし夏場の小屋裏の高温も防げるのではないか、と思うのです。そもそも換気している小屋裏の空間が、空気層となり断熱作用があるのかも疑問に思います。 そこで教えて頂きたいところは ・上記の仕様は一般的なものかどうか、本当に小屋裏の空間は空気層として断熱効果があるものなのかどうか。 ・勾配天井ではない場合、屋根断熱と天井断熱はどちらが理にかなっているか?屋根断熱にした場合、どの位の費用の差があるか。 ・勾配天井で屋根断熱にした場合は吹き抜けのように冷暖房の効きが悪くなるのか。 たくさん書いてしまって恐縮ですが、自分で調べても納得できる答えが見つからなかったのでどうぞ宜しくお願い致します。

  • 天井裏の断熱材について

    以前新築にて建てたのですが、2階天井裏の断熱材を減額の為止めた者です。 2階建てRC住宅で切り妻屋根瓦仕上げで外壁面を内外断熱材張り工法の建物です。 住み始めて3年たちますが、今のところ不具合はありません。 2階天井内に断熱材を入れるか・入れないかで悩んでいます。 天井点検口及び天井埋め込みエアコンがあるのですが 断熱材をいれるのは大工事になりますか? 天井内高さは約3m程(棟部分まで)あります。 壁の内外断熱材は、屋根スラブ下まであります。 説明不足点等あるかもしれませんが、教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 勾配天井の断熱材

    QNo.1241433の質問をみて、ちょっと気になりましたので、ご質問いたします。 昨年11月頃に新築したのですが、北西から南東に向いた2階の部屋を勾配天井にしたので、夏場部屋が暑くなるのではないかと思い、工務店に相談したところ、標準の断熱材はロックウールだったのですが、サニーライトという断熱材を薦められ、それにしました。まだ、夏を経験していないのですが、効果は期待できるのでしょうか? ちなみに屋根は洋瓦です。

  • 屋根の断熱材

    屋根裏の断熱材について。グラスウールですが、床には断熱材が敷き詰められてありましたが、屋根に施工はしてありませんでした。通常はどうなのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。

  • 天井の断熱材について

    新築です。断熱材について質問があります。二階建てでグラスウールなのですが、天井に断熱材が無いまま板がはられた状態です。(一階、二階共に)これから施行するのでしょうか?それとも天井にはやりませんか?詳しい方、お願いいたします。

  • 天井断熱材の上重ねを考えていますが、適切な方法でしょうか?

    カラーベスト屋根の2階建て木造住宅で、屋根部の断熱はロックウール75mm+50mm2層の天井断熱です。 現状では特に夏場の2階部分はかなり暑さが厳しいので断熱強化を予定しています。 コスト面や施工のし易さからグラスウール(100mm厚)の重ね敷きを考えていますが、素人考えですのでこの方法が適切なのか教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 屋根瓦の種類と天井断熱材について

    いつも参考にして大変役に立っています。 今年に新居を建てようと考え、ハウスメーカーと仕様の話をしています。木造従来工法の家ですが、外壁はALC、壁断熱材はグラスウール100mm、サッシはペアガラスにLow-e仕様と断熱にはかなり気を使ってオプションなど組んでいます(シックハウスや暖房器具の関係で高気密にはしませんが)。しかし、屋根がカラーベストで天井断熱(勾配天井)にネオマフォーム20mmが標準仕様なので断熱性能に疑問があります。そこで質問ですが・・ 1、屋根材質をカラーベストと瓦にした場合の断熱効果はどれほど違うのか? 2、天井断熱材がネオマフォーム20mmで断熱性能が十分といえるのか、また厚みを増すならどのくらい必要か?(次世代エネルギー基準IIIかIVにはいる地域ですが断熱材の必要厚さを見ると100mmくらいは無いといけないように思うのですが・・勾配天井なので夏の暑さが気になります。) 屋根材質の選択によっても天井断熱の方法が変わってくると思うのですが、どなたかお知恵をお貸しください。