• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基礎コンクリート打設直後の大雨

昨日、基礎コンクリートを朝9:00前から打設開始し、午後14:00頃に打設終了。天気は朝から曇りでしたが、打設終了直後(5~10分後)に、バケツをひっくり返したような大雨(雷雨)が降り始めました。業者は養生シートは用意していましたが、突然の大雨に養生が間に合わず、打設直後のコンクリートが水浸しになり、基礎の中に雨水がたまってしまいました。 工務店に確認したところ、(1)最後に打設したコンクリートはコンクリートが「あばた」になっているため、後日、はつった上で補強コンクリートを打つが、表面以外は固まっており問題ない。(2)その他午前中から打設した部分は、打設後2~3時間程度経過しているので問題ない。(3)後日(お盆休み明け)シュミット検査やサンプル調査を実施して強度を確認する。 (4)24Nの強度のコンクリートであり、JIOの基準の18Nより強いので雨水が少しぐらい入っても問題ない。 以下質問です。 (1)基礎直後の大雨というのが、コンクリートの強度にどの程度影響を与えるのでしょうか?(2)シュミット検査やテストピースでコンクリート強度は分かるのでしょうか? (3)当日の天気予報は曇りのち午後から雨で、工務店は午前中にコンクリート打設を終えるようにするので大丈夫と言っていました。午後14:00まで掛かったのは落ち度があると思いますし、打設後すぐに養生していれば雨水にさらされることもなかったと思いますが、責任はどの程度問えるのでしょうか?ちなみに、基礎はジョイントレス基礎であり、立ち上がり部分も同時に打設するため、通常の基礎よりは時間が掛かるのかもしれません。 (4)工務店に大きな落ち度がなく、やり直しを要求できない場合に、補強等でどの程度強度を確保できるのでしょうか(5)その他、どのようなアドバイスでも結構ですので、お願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数5721
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • brhudz
  • ベストアンサー率35% (14/39)

No.5です。 >(1)木造の在来で、レッドウッドの集成材使用の予定ですが、集成材でも反り返るのでしょうか? 集成材は、木材の反りや曲りを無くすために加工された木材なので大丈夫です。同じ大きさの木材よりも強度があります。 >(2)木の反り返りを考えると増し打ちよりは、ご指摘のアンカー留めの方がよさそうですが、コンクリートの増し打ちをしなくとも強度上は問題ないのでしょうか? シュミット検査の結果次第ですが、 アンカー留めをする場合、現在の土間コンクリートに効かせるのがいいと思います。 束をコンクリートに固定する目的です。コンクリートの増し打ちをしても薄いと打ち継ぎ部分から剥離する可能性があります。 コンクリートの増し打ちをするなら、メッシュ筋6φ-150×150を敷いてコンクリートをt=100打設するぐらい必要だと思います。 束は通常の施工方法でよいと思いますが、床下のスペースが少なくなりメンテナンスに支障が出たり、束が対応できなかったりするので確認してください。 >(3)アンカー打ちの方が費用は高いのでしょうか? 1本300円~500円ぐらいです。 >(4)最後に強度に関してですが、あばたが2CM程度あっても問題ないのでしょうか? >私の場合(5分後の大雨)の強度が気になっています。一部は均しの前の状態でした。 >よろしくお願い致します。 NO.2276995の場合打設中であり雨水がたまった状態で打設したためコンクリートと雨水が混じって強度が低下したと思われます。 打設後なら表面付近、降雨中均したのなら、均した部分の強度低下が予想されます。 程度についてはわかりませんが検査の結果を見て判断してください。 玄関、玄関ポーチ等のタイルの下なら、下地モルタルとの接着を確保できれば補強等の措置は必要ないのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 基礎コンクリート打設後直後の気温変化について

    皆さんに質問です。 私は愛知県豊橋市で新築工事を行っているものです。 当初2月9日に基礎のコンクリート打設を行う予定でしたが、私が前日の天気予報から当日の天気を気にして、延期をしました。その結果2月9日はこの豊橋市では久々の雪が降り間一髪で凍結を免れました。その後2月11日は朝から温暖で朝8時30分から2時間かけて基礎の打設を行い夕方には養生シートをかぶせました。 私は数日は養生をしてその後2回目の立ち上がりの型枠作業に入るのかと思っていましたが、次の日養生シートをはずし立ち上がりの型枠作業にもう工務店が入っていました。また、その日も0度近く冷え込むにもかかわらず養生シートかけていなかったため、工務店(設計士)に電話連絡を行ったところ夜10時過ぎており、今から作業員を集めてシートをかぶせるのは不可能なので明日一度確認し今後はシートをかぶせるとのことでした。そのときの対応の悪さも気になりましたが、私がその夜現場にいってシートかぶせれるところはかぶせました。 その後本日も次の型枠作業を行っていましたが、工務店と協議の結果来週の暖かくなる水曜日ぐらいまで、作業を待つことにしました。今はブルーシートで養生中ですが今日も寒くて、外の水蜂は凍っています。 実際コンクリートは大丈夫なのでしょうか。 ちなみに、設計強度21のところ品質補正、温度補正を含めて30の強度で施工を行っています。 正直心配で心配で夜も寝れません。誰かなにかアドバイスをいただけますか。

  • 夏場のコンクリート打設の時間帯について

    いつもお世話になります。 現在基礎工事が始まり、今週木曜の午前11~12時に 工務店と第三者機関の配筋検査が行われる事となりました。 両検査ともOKであれば、その日の午後1時くらいから 土間コンを流したいと言われてますが、ここ数日の猛暑続きで その時間帯に行う事で、強度等に問題ないのかが気になります。 現場監督の意見としては「午前中に打設すると、午後いっきに 乾燥してしまうので、午後打設する方が良いのでは」と・・・。 正直、この時期のコンクリート打設は早朝行うものと思って ましたので、一番暑くなる時間帯に行うという事に混乱しており ます。 そこでもし土間コン打設の日程を変更して貰う場合、時間帯は 午前と午後、どちらが良いのでしょうか。 当方千葉県在住です。天気予報は暫く晴れマークが並んでます。 ちなみに養生については土間部分は特になにもせず、2日後位に 立ち上がり部分のコンクリート打設(こちらはシートを被せる) を予定しているそうです。

  • 大雨のなかのコンクリート打設

    きのう、どしゃぶりの大雨のなかでベタ基礎のコンクリート打設が行われてしまいました。 手配された生コン工場は現場まで1時間かかり、ミキサー車到着は規定の90分を超えていました。午前の予定がずれ込み、午後3時になって黒雲と雷鳴が。。。シートを買いに、作業員さんが走り出しましたが間に合いません。あっという間にバケツの水をひっくり返したような大雨となりました。空がまっ暗、激しい夕立です。(雨はこの後8時ごろまで強く降り続きました。) 打ち立ての基礎があっという間に水浸しになってぶくぶくとあぶくが立ち、まだ表面を均していない、でこぼこしたコンクリに大小の水溜りが出来ています。 防水シートに雨水がたまっていき、ポーチ柱の型枠の中は水のたまったドラム缶のようでした。 大雨のなかの打設は避ける、とどこにでも書いてあるので、こんな状況ではとても続行できないだろうと思いました。最初は職人さんたちもあきらめ顔でした。 でも、そこへ施工会社の社長さんが到着し、スコップを手に水をかき出し始め、それを合図に下請けのおじさんたちもずぶぬれになってコンクリをかきまぜ水を出し、タオルですいとり、でもその間にも大雨は降り注ぎます。「表面を取れば大丈夫」と言われます。新たに最後のミキサー車が到着し、ポーチ柱や防水シート部分にコンクリが流し込まれます。(中の水はそのまま!)そこは、道路から立ち上がる深基礎の大事な部分です。最後まで養生シートは使わぬままでした。 私たちはすぐにやり直しをお願いしたい。 サンプル(念のため1缶もらって玄関に置いてあります。)やシュミットハンマー試験で問題ない数値が出たとしても、あの状態で施工されたらコンクリの強度に問題がないわけはありません。 シートも準備せず生コンの手配も甘かった施工会社の責任では?基礎工事は家の要。夕べは泣けて眠れませんでした。どうかご助言をください。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
noname#65504

2201857のほうで回答したものです。私はコンクリートの方がメインで木造は専門外なので、あくまでコンクリート構造の観点からの回答です。 1)2201857では問題ないというような趣旨で回答したものですが、この質問のケースはコンクリート打設からの経過時間がかなり少ないので、心配なところだと思います。 コンクリートが固まらない状態ですと、水分が混入する可能性があります。流れるぐらいと言うことはまだ固まっていない部分があったと推定できますので、影響はあったのではないかと思います。 それを認めているからはつるという提案をしているものと思います。 ただしどれくらい水分が混入したかなどはわかりませんので、強度低下の可能性があるけど具体的な数値で示すことはできません。 2)シュミットにより、強度推定はできますが、結果は実際の値より高めに出ることがありますので、ぎりぎりの場合はちょっと心配です。 なお、28日(4週)強度は実際に打設した部分で試験するのではなく、試験用に採取したテストピースを試験した結果ですので、雨の影響を受けていない場合のコンクリート強度を示すもので、雨による影響の判定の参考にはなりません。 シュミットの結果が目標強度ぎりぎりの場合は、コア抜き(破壊検査)による圧縮試験をした方がよいかもしれません。なお、サンプル調査とも書いてありますが、それがこの方法のことを指しているのかもしれません。 3)コンクリート打設は自分らの施工手順の他交通渋滞などの影響を受けますので、遅れたのは一概に業者のミスとはいえません。また、遅れたというのは何かの不都合があり、養生に手が回らなかったと言うことも考えられます。降り出しから急激に降ったようですし。 責任を問うのは難しいという印象を持ちます。 4)契約次第です。通常天災などによる被害を受けた場合、請負金額の何%以下の場合は請負者、超過する部分は発注者負担とか、そのたびに協議して費用負担を決めるとかいう条件が設定されています(危険負担という項目)。 5)ちょっと心配なところですが、その後の対応の提案などしっかりした業者のように思えますので、シュミットの結果を見てよければ、コンクリート上の問題については、業者を信じて任せてもよいように思います。 >(4)24Nの強度のコンクリートであり、JIOの基準の18Nより強いので雨水が少しぐらい入っても問題ない。 構造的には問題なくても、24Nがでなければ、契約上は問題です。コンクリート強度というものは設計図書に記載するものですので、その強度を出せることが契約条件です。細かいことをいうと契約不履行ということになります。ただし、強度上問題がなければ、やり直しや補強を補強を要求できるほどの不履行ではないですが。 なお、基礎ですので、品確法により10年の瑕疵担保を業者は負います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門的なご意見ありがとうございます。 サンプル調査は、取ったところに、エキポシ樹脂を注入すると言っていますので、破壊検査のことと思います。 地場の工務店であり、設計図書等の図面がなく、契約書も一枚になっています。N24というのも口頭で説明を受けています。ただ、対応はしっかりしているので、検査結果を待ってみます。

  • 回答No.5
  • brhudz
  • ベストアンサー率35% (14/39)

はじめまして 皆さんが言われるように基礎の強度に問題は無いと思います。 この場合問題になるとすればコンクリートの表面が荒れて砂が浮いていること。 在来の木造住宅として説明させていただきます。 床組の時に鋼製束やプラ束を使いますが表面の接着強度が弱い為です。 木材は性質上反ります。 束の上に大引きを敷きますが、大引きは下向きに反る様に施工します。 この場合はそのままでも問題ないですが、 それを見極めて施工できる大工さんが少なくなったためそのように施工できないでしょう。 上向きに反った場合束が引っ張られて基礎からはがれる可能性があります。 表面に浮いた砂を除去して束をアンカー留め(通常、接着剤+コンクリート釘)の方が良いのではないでしょうか。 斫って(はつって)補修しても木材の反りに耐えれるとは思えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

はじめまして、専門的なご意見ありがとうございます。非常に参考になります。補足と質問をさせていただきます。お答えいただける範囲でご回答いただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。 (1)木造の在来で、レッドウッドの集成材使用の予定ですが、集成材でも反り返るのでしょうか? (2)木の反り返りを考えると増し打ちよりは、ご指摘のアンカー留めの方がよさそうですが、コンクリートの増し打ちをしなくとも強度上は問題ないのでしょうか? (3)アンカー打ちの方が費用は高いのでしょうか? (4)最後に強度に関してですが、あばたが2CM程度あっても問題ないのでしょうか? NO.2276995の『大雨のなかのコンクリート打設』の#1の回答者の方が、「打設の3時間後で基礎が水浸しの状態に、工務店がお詫びをして、基礎をやり直した」ということなので、私の場合(5分後の大雨)の強度が気になっています。一部は均しの前の状態でした。 よろしくお願い致します。

  • 回答No.4

同じく。。 書いてある内容を見る限り強度的には問題無いと思います。 ジョイントレスならなおさら。 しかし、‘シュミット’‘強度試験’‘補強コンクリ’までするとは・・・ なかなか客思いのイイ業者さんだとおもいますよ。 コンクリート施工方法の中には わざと水を張っておく方法もあります (急激な乾燥を防ぎ、初期硬化を遅らせることによってコンクリートの強度・耐久性を増します) 打設直後 = 均し終了直後ですよね? 打設が終わって、仕上げの均しをする頃にはだいぶ硬化しているはずです。  均し直後なら雨が降っても表面を叩くだけで、ある程度締まった材料に強度を下げるほど水が浸透することも無いと思います。 実際程度を見ていないので断言はできないですが、少しでも不安を軽減できれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。説明不足ですいません。補足させていただきます。 (1)下記、補足で記載しましたが、補強コンクリではなく、表面をはつって平らにするためのようです。(これを補強コンクリというのかも知れませんが…) (2)最後に打設した玄関回りの周辺は、打設直後で、均しは終わっていないと思います。コンクリートが流されて、かなり深いあばたになっています。(1~2センチのものもあります。)その他の部分は、コンクリートの表面が流されて、ザラザラしています。 あばたでも、ザラザラであっても、強度上の問題がないのであれば、いいのですが…。

  • 回答No.3

(1) 打設中ではなく打設後であれば、まぁ問題は無いと思います。   コンクリートに水が多く含まれると強度が弱くなるのは確かですが、   打設を終えたコンクリートなら大雨の影響は少ないです。   ごく表面だけがブリージング等をおこしやすくなる程度です。  もしブリージングがおきていれば、表面をはつりとって打ち直します。 (2) シュミット検査で強度は確認できます。テストピースも基礎と同じ条件で   大雨にうたれているのであれば、確認の参考にはなります。   ただしコンクリート強度がはっきりと判るのは一般に打設後28日後ですが、   工事工程に支障ありませんか? (3) 本当に強度が落ちているのであれば、責任は問えると思います。 (4) 強度を確保できるよう、基礎(厚さ)を増し打ちするんでしょうか。   なぜ基礎打ちに時間がかかったのかはわかりませんが、予定が遅れた際に 締め固めをしないままに急いで打設して、予定に間に合わせるという手抜きは、 少なくとも今回は行われていない印象を受けます。  No.2さんも言われていますが、安心してお任せできるしっかりした業者さんの ように思うので、神経質にならなくてもいいんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。補足させていただきます。 (1)表面は、全体的に流されてざらざらしており、また、最後のほうに打設した玄関回りは、1~2センチほどのあばたもできています。 (2)工事行程は急ぐのですが、基礎強度に不安がある中では進めたくありません。 (4)強度確保のためではなく、表面があばたになっている部分を、はつった上で、表面を平らにするために打ち直しすることとのことです。 ご指摘のとおり、少し神経質になっているのかもしれませんが、非常に強い雨だったのと、NO.2201857の方で議論されている事案(打設後8時間後の降雨)より、雨の降った時間がかなり早く(打設後5分で降雨)、かつ、表面も流されているので、不安になっています。強度上問題がないのであればいいのですが、工務店の方も少し自信がなさそうだったので。

  • 回答No.2

大雨は残念でしたが 文面からはなかなか対応のしっかりした 業者さんじゃないですか? このパターンはここでも非常に質問の多い内容で 検索すればほとんど同じ質問内容でヒットするんじゃないかと思いますが 大抵の業者があーだこーだと言い訳して逃げようとするパターンが多い見たいですが、このように自主的に対応をする業者さんはなかなかいないようですよ。 業者さん自体は任せて安心みたいな感じが文面からは 読み取れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

他の投稿者の方の分も投稿前に読みましたが、打設直後の大雨というのがなかったもので、また、昨日の横浜地区はかなりの大雨だったので不安になり投稿させていただきました。 参考になりました。ありがとうございます。

  • 回答No.1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

HPは色々と検索したのですが、見たことのないHPもありました。参考になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 土間コンクリートの養生について

    先週の土曜日に外構工事で駐車場や庭に土間コンクリートを工務店さんに打設してもらいました。工事は朝から始まり、夕方の5時には終わりました。工事後はブルーシートなどかけることはなくそのままで、他にお願いしてある箇所の工事まで3日お休みをいただくと言われました。そこでいろいろ調べていると、土間コンクリートは養生というのがあると知りました。 そこでお聞きしたいのは (1) 土間コンクリートを打設してもらった日の翌日の夜から自主的にホースで水をまいていますが続けて大丈夫でしょうか?また続けていいならどのぐらいの期間続ければいいでしょうか?また打設してもらった日の夜にしなかったのでクラックなどは出てしまうでしょうか? (2) コンクリートは強度が出るまで28日かかると聞いたので1ヶ月は車の乗り入れは避けるつもりですが、人間はどのぐらいで上をあるいても大丈夫でしょうか?また工務店さんに乗り入れないように言っても大丈夫でしょうか? (3) 工務店さんは休みの日に水を撒きに来たりはしてみえないみたいですがそれは普通なのでしょうか? (4) 他にも土間コンクリートを打設してもらうとこがあるので次はなるべく早く水を撒いて養生したいと思っているのですが、打設してもらってから何時間くらい経ってから撒けばいいでしょうか?あまり早くに撒くと、土間コンクリートが乾いてなくて表面の何かを流してしまうという記事を見てイマイチ心配です。 素人でいろいろお聞きして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いします。m(_ _)m

  • 土留めの基礎コンクリートが大雨で・・・大丈夫?

    今日、新築を建てる土地のCBブロック土留めの基礎コンクリート工事を行いました。 しかし工事が終わってコンクリートむき出し状態で(まだ基礎なのでCBは配置されていません。基礎ベースの天圧作業・鉄筋組み・コンクリート打設作業のみで今日は工事が終わった様です。)、夕方から大雨が降っています。 コンクリートには何も雨用のカバーがかかっていません。 コンクリートを爪でほじると柔らかいのでほじれます。 施主ですが素人なのでよく分かりませんが、このようなコンクリートの完全に固まっていない状態で大雨が当たっても大丈夫なのでしょうか?

  • 打設後のコンクリートについて

    コンクリートの強度などについての質問となります。 先日1Fスラブと地下の壁部分のコンクリートとを打設し、完了したのが16時程度でした。 翌日夜に雨が降りマイナス1℃程度になりましたが、当日は養生もなにもしてない状態でした。 コンクリートの一部が写真のようになってるのですが、問題ありでしょうか。 お詳しい方がいらっしゃったらお願いします。 実寸は10cm程度となります。 宜しくお願いいたします。

  • コンクリートの打設回数が2回の時、2回目の打設時期について

    コンクリートの打設回数が2回の時、2回目の打設時期について  逆T字型の構造物のコンクリート打設は水平部を打設し、その後垂直部を打設します。 水平部を打設した翌日に垂直部を打設して良いのでしょうか? 水平部の強度、養生等は考えなくて、良いのでしょうか?  また、文献、文書等に、明記された物があるのでしょうか? 教えてください。

  • 基礎立ち上がりコンクリート打設後の散水

    ベースコンクリート打設から基礎立ち上がり部の打設経過は以下の通りです。 5/7 基礎ベース打設(晴れ:気温19~10℃:風速8m/s:乾燥注意報) 5/8 基礎立上り型枠設置(晴れ:気温23~10℃:風速9m/s:乾燥注意報)ベースの型枠撤去 5/9 基礎立上り打設(晴れ:気温27~11℃:風速4m/s) 5/10~5/16(養生:5/10 晴れ:気温28~13℃:風速4m/s, 5/11AM9~5/12AM6頃迄    降水量2mmの予報です) 基礎立上りコンクリート打設状況 8時30分打設開始→9時20分打設完了 →15時10分頃レベラー完了→型枠上端部をシートで覆う レベラー完了後、直ちにベースコンクリートに散水をして型枠の8mm程浸水しました。 散水はコンクリート打設完了から5時間50分位経過していました。 基礎屋さんはこのままの状態で支障ありませんとのことでしたが、心配になり15時45分から 約2時間30分かけて浸水した水を拭き取りました。 1.   この様な状況でベースコンクリートと基礎立ち上がり部の境界近傍等は水の浸透により   強度の低下や接合部に不具合を生じ、どの様な悪影響があるか心配です。 2.   5/17 型枠を外しますが、外観の表面状態の観察で有る程度の欠陥は判断出来る   でしょうか? 3.   また、簡単に出来る試験はどの様なものが有り信頼性はどの程度でしょうか?   上棟は5/23の予定です。 4.通常は基礎立上りのコンクリート打設後の雨除けのシートは(基礎部全体を覆う)   何日位必要でしょか?現状は型枠上端部のみシートで覆ってあり不安です? なお ベースコンクリート打設の翌朝に表面を確認したところ内部配筋の鉄筋近傍に幅1mm・長さ50cm程のクラックが10数箇所有り、10mm位の白い斑点が表面に無数見られました。 コンクリートの納品書は以下の通りです。 基礎ベース:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:3.4, CT温度:20, 気温:16 基礎立上り:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:4.5, CT温度:23, 気温:20 FC値は何れも24-18-20Nです。 ご教示よろしくお願い致します。

  • コンクリートについて

    新しく建てる家で先日基礎コンクリートの施工をしました。  コンクリートの打設が昼頃完了し、工事の人が帰った後に雨が降ってきました。  このような場合、コンクリートの強度は低下するのでしょうか?  以前、私が聞いた話では、コンクリート打設中の雨は、生コン内にコンクリートが入り、強度が低下する。と言う事を聞いたのですが、打設完了5時間経ち、表面が硬化した後の雨は、良い意味で言えば、散水養生と言う意味でよいのかとも思ったりします。 どうぞ、良いアドバイスをお願いします。

  • 基礎コンクリートの強度について

    自宅(木造3階建て)を建設中です。 基礎のコンクリートの養生についてですが、型枠に流した後5日くらい置いてあったのですが、その間、なんの養生もされず、野ざらしにされていました。日中でも気温が6度程度の日もあり、また夜中などはかなり冷え込んだ(最低気温が1度程度)こともありましたが、強度は大丈夫でしょうか? 施工業者は4週間後に検査があるから大丈夫だ、と言っています。 また、強度が不足した場合は、どのような補強法があるのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • 基礎コンクリートの養生

    木造住宅の基礎において、コンクリートの打設後の養生方法は、何が一般的なのでしょうか。また、その養生方法を詳細に記述している基準類などはあるのでしょうか。

  • 基礎コンクリートの強度について教えて下さい

    基礎コンクリート打設時に生コン伝票を見たのですが…施工強度24nn/mm2 でした。住宅基礎コンクリート強度はいくであるとか基準があるのでしょうか? 18でなかったのでしっかりした硬いの作るんだなーと思いました。

  • 基礎立上がり打設当日の雨について

    皆様、お教え下さい。 現在新築中の我が家ですが、基礎の立上がりにコンクリートを打設した当日、雨が降りました。問題がないかどうか、教えてください。 当日の動きは以下の通りです。 【当日の気温等】 当日の天気:曇り一時雨 当日の気温:(最高気温)20.5℃、(最低気温)15.3℃ 雨の降出し: 16時30分~17時45分 雨量:1mm弱 【当日の流れ】 朝~11時頃:コンクリートの打設 13時~14時:レベリング剤注入 このような状況で、ビニールシートによる養生等はされていませんでしたので、せっかく打設したコンクリートやレベリング剤が雨に打たれました。 翌日の画像は添付の通りですが、コンクリートやレベラーは大丈夫なのでしょうか?ぜひお教え下さい。