• ベストアンサー
  • 困ってます

医療保険について

38才、会社員、独身女です。 医療保険について、現在入っている第一生命の「堂々人生」から「女の華道」への転換を勧められているのですが、困ってます。 実は保険のおばさんに言われるままに、もともとの「エスコート21」という保険を下げて「堂々人生」を付けてしまったという経緯があります。 今まで特に病気はしたことないのですが、やっぱり終身型の医療保険にしたいと考えているのですが、今すぐ変えた方がいいのか、今の保険の更新時期まではこのままにしてその時検討した方がいいのか・・・。 ちなみに今回持ち込まれたプランは 「私の花道」80才払込満了ということなのですが・・・ 終身保険 10万 3920円 定期保険特約 2000万 3421円 特定疾病保証保険 200万 1120円 障害保証特約 100万 346円 生存給付金対応部分 70万 1230円 入院時保険料相当額給付特約 月額11000円 154円 総合医療特約 日額5000円 終身に含む 女性医療特約 日額5000円 終身に含む 特定損傷特約 5万 155円 現在の「堂々人生」H15の契約で次回更新はH25です。 定期保険特約 2000万 1013円 特定疾病保証保険 200万 940円 障害保証特約 100万 300円 生存給付金対応部分 70万 1230円 入院時保険料相当額給付特約 月額7000円 98円 総合医療特約 日額5000円 1895円 女性医療特約 日額5000円 735円 特定損傷特約 5万 155円 アドバイス宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • yspr
  • ベストアンサー率63% (105/166)

保険は、解約すると解約返戻金が支払われるわけですが(解約返戻金がある場合)、そのお金を受け取らす、保障を続ける方法の1つです。 簡単に言うと、解約返戻金を終身保険の一時払い保険料に充当する(払済)、定期保険の一時払い保険料に充当する(延長保険)わけです。 メリットとしては、新たに同じ保障を得る場合と比べて一時払い保険料が安いということです。 「堂々人生」は特殊な形の保険なので、カスタマーセンターに、「保険料を支払わずに保障を続ける方法はありますか?」と問い合わせてみてください。(約款が手元にある場合、しおりの部分に「保険料の支払いが困難な場合・・・」という項目があります) 「払い済みができます」といわれたら、選択するのも一方法です。 形としては「解約返戻金を終身保険の一時払い保険料に充当する」ことなので、保障金額はわずかですが、解約返戻金を無駄にすることなく、終身保険を手に入れることができ、解約して受け取るはずだった解約返戻金は、年々少しづづ増加していきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

払い済みができればこちらのほうがいいかもしれませんね。大変参考になりました。アドバイスありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • yspr
  • ベストアンサー率63% (105/166)

現在の保険は、ほとんどの部分が掛け捨て(定期保険)のものとなっていますので、解約しても問題ないのではないでしょうか。 ただし、新しい保険を契約して成立してから処理してくださいね。 ただし、保険証券を確認してください。解約返戻金の欄がありますが、1年目から数字が入っていますか?もしそうなら、3年たった今、そこそこの金額になっています。その場合「払い済み」という方法があります。もし、そうなら再度ご質問ください。詳しくご説明します。 ここで、保険の基礎を。参考になれば・・・ 保険には「終身保険」「定期保険」「養老保険」があります。(医療保険には「養老保険」はないようです) 「終身保険(終身タイプ)」:一生涯保障がある。保険料が変わらない。「定期保険(定期タイプ)」に比べて保険料が高い。 「定期保険(定期タイプ)」:一定の期間(多くは10年間)の保障。更新時には保険料が上がる。当面は保険料が安い。掛け捨てである。 「養老保険」:一定の期間保険料を払うと満期金がある。その間保障もある。保険料は一番高い。 です。 目的に合わせて、保険を選んでくださいね。 たとえば、「医療保険」などは、多くの場合、60歳以降使う確率が高いですから、「終身タイプ」がいいのではないでしょうか。 死亡保障を考えるなら、葬式費用としてなら「終身保険」でしょうし、老後のための貯蓄が目的なら「養老保険」か「終身保険」ですね。 特別な事情で、一定の期間保障が必要なら、その期間を担保する「定期保険」となります。 「定期保険」の身近な例では、住宅ローンを組んだ場合、保険に加入させられますね。ローンの期間分。これです。万一の場合も保険でお金が出るので銀行は安心してお金貸せるわけです。また、お子さんのいるお父さん。お子さんが独立するまでの20年くらいは責任が大きいので「定期保険」ですね。 なんのために保険に加入するのか、よく考え、納得して保険料を支払いましょう。月15000円でも、年間18万円。30年支払っても540万円のお買い物です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧な解説ありがとうございます。解約返還金欄確認しましたが、1年目から数字入ってました。 「払い済み」とは?わかっていません。ご説明頂ければ幸いです。

  • 回答No.3
  • yspr
  • ベストアンサー率63% (105/166)

典型的な、いいお客さんのタイプにはまっていますね。 今、現在の保険加入から3年たっていませんか? 3年たつと、解約返戻金が溜まってきます。保険の外交さんはそれを待って「転換」に訪れるわけです。 「そんなに保険料変わらなくていい保障をもてるんですよ」って。 前回、前々回と保障が少しづつ小さくなっていませんか?支払い期間が長くなっていませんか? 転換(下取り)しても、その金額(解約返戻金)はわずかで、年齢の上昇を考えると、保障を少なくするしかありません。 それを3年ごとに繰り返して、50歳くらいになったらどうなると思いますか? 保障を少なくしても、払い込み期間を長くしても、保険料が抑えられず、高額な保険料を支払わないと保険を続けられなくなってしまいます。 ちなみに、今回切り替えて、50歳のときの保険料はどのくらいになるか、または、今の保険をずっと更新して、50歳のとき保険料いくらになるか、担当の人に聞いてみてはいかがでしょう。びっくりしますよ。 今回、このような形で、保険を考えられたのは、いいことです。 この機会に、将来を見据えて、必要な保障を確保してくださいね。 >やっぱり終身型の医療保険にしたいと考えているのですが、今すぐ変えた方がいいのか、今の保険の更新時期まではこのままにしてその時検討した方がいいのか・・・。 もちろん、いますぐ、終身タイプの医療保険を検討されることをお勧めします。保険は健康な今しか加入できません。 もしこのまま、ほっておいて、H25に、更新するしかない!なんて状態になったら大変ですよ。 入院保障だけでなく、その他の保障も必要なものを必要な分確保してはいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

おっしゃるとおり、3年経ちました。支払いは長くなってるし、これじゃあ将来の保証になってなくて・・・ 他社で検討しようと思ってます。その場合「堂々人生」の方は今解約してしまった方がいいのでしょうか。

  • 回答No.2
  • bure
  • ベストアンサー率42% (255/595)

>保険のおばさんに言われるままに 保険のおばさんにとってこんなおいしいお客さんはいないでしょう。 これからは絶対にこの様な軽率な行動はやめたましょう。 今回も保険のおばさんの点数稼ぎの行為以外質問者さんにとって何も利益がないように思えます、頻繁にコース変更を勧める保険のおばさんとは一線を引くか担当を変えてもらうかこの際保険会社を変えた方がいいかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

担当が母の知り合いという都合もあって、断りきれず後から気がついて後悔。今度はきっぱり断ります。ありがとうございました。

  • 回答No.1

生きている限り、転換は会社が儲かり、契約者・被保険者が損するようになっております。終身型の医療保険お考えでしたら、女性疾病付加の医療保険がおすすめです。又、独身の時は定期保険2000万は不要でしょう。「私の花道」の80才払込満了は将来的に不安です。60歳・65歳以降に保険料を負担しなければならないのは考え物です。必要保障額・医療保険等適切にアドバイスできるカタカナ生保のコンサルタントをお探しになられることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私も80才払込満了なんて!と思い断ったんですが、じゃあとまた持ってきたのも大して変わらず。 良いアドバイザーから探すべきですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 主婦向けの終身医療保険

    こんにちは。37歳の夫、3歳の娘がいる29歳の主婦です。 保険の見直しをしたいのですが、正直どの商品がいいのか まったく検討もつきません。 現在加入しているのは第一生命のスキップという 新生存給付金付定期保険です。 <主契約> 基本保険額        3,000,000円 死亡(高度障害)保険金額 3,000,000円 生存給付金額(1回につき)  300,000円 <特約> 定期保険特約        7,000,000円 傷害特約(災害保険金額)  1,000,000円 災害入院特約(入院給付金日額) 3,000円 疾病特約(入院給付金日額)   3,000円 女性特定疾病入院特約(入院給付金日額)3,000円 満期を迎えるのが2013年で、月額の保険料が12000円です。 学生時代に親が加入してくれたものを、結婚後もそのまま 引き継いでいるのですが、住宅ローン等を抱え、子供も産まれ 12000円という保険料が家計をかなり圧迫していること、 終身でない保障などに不安を感じて、見直しをしたいと 思いました。 希望は、 終身の医療保険、60歳くらいまでに払い込みが終わる、 特約でも別口でもいいのでガン保険に入りたい(ガン家系なので) 入院は日帰りから保障がある、です。 月額の保険料が8000円くらいまでで済むような保険は ありますでしょうか?

  • 保険の見直しについて教えてください

    始めまして>< 33歳になる主婦です・・。 保険の見直し38歳で特約の更新? だから新しいものにしてはどうかと言われましたが・・・・変えていいもなのか全くわかりません できるなら・・そのままで短期入院?をつけたほうがいいのかな? 18歳に契約したもの 終身保険 主契約40年払込満了2033年 特約の保険期間終期 2013年 月額6188円 終身100万 定期保険特約保険金額900万 3大疾病300万 疾病障害保障200万 新傷害本人方200万 特定損傷特約給付金5万 新災害入院 日額5日目から5千円 新入院医療 日額5日目 5千円 女性入院  日額5日目 5千円 通院日額 1200円 進められたように・・保険を新しい物にかえていいのでしょうか・・? すみませんが宜しくお願いします;;

  • 医療保険 がん保険について質問です。

    夫婦で入る保険を現在考えていますが、詳しいことがわからず迷っています。 FPに相談したら夫(35歳 会社員)は、医療保険:アリコ新終身医療保険F4 120日型で日額1万円 先進医療特約+終身六大疾病一時金特約+終身小額手術給付特約+新終身手術給付特約をつけて月々5357円です。 がん保険:富士生命の無解約返戻金型療養保険:300万 保険期間終身 払込期間終身で月々5100円です。 私(38歳 フルタイムパ-ト、社保加入)は、医療保険:アリコ新終身医療保険F4 120日型で日額1万円 先進医療特約+終身六大疾病一時金特約+終身小額手術給付特約+新終身手術給付特約+終身女性疾病給付特約(120日型)をつけて月々5507円です。 がん保険:富士生命の無解約返戻金型療養保険:300万 保険期間終身 払込期間終身で月々4230円です。 医療保険120日型で日額1万は、私の希望でそうしました。60日型+5千円だと不安なので、 がん保険の富士生命は、2年経過したら300万給付とのことで良いのかなと思っております。しかし 抗がん剤治療した時など300万で賄えるものか、想像できません・・・ 主人の合計:10457円 私:9737円でト-タルで20194円です。 その他 都民共済を小額をお互い契約しています。 終身もお互い契約しております、主人はもう少し安くしたいと考えているようです。 医療保険は、日額1万必要でしょうか? アフラックで見積もりしてもらいましたが、2人の合計が、20377円で保障も少し落ちるように感じています。日額1万での見積もりです。 みなさんは、どのように思いますか?   また、アリコの特約で削って良いのがあれば教えて頂きたいです。日額;8千円に減額するか、がん保険の300万を250万にするかも検討しています。ちなみに、賃貸で他のロ-ンは、ありません。 わかりづらく申し訳ありませんがお願いします。

  • 医療保険とガン保険について

    医療保険とガン保険どちらもNKSJひまわり生命に加入しました。 30歳女性 医療保険は健康のお守り 終身 入院日額 7000円 女性疾病入院特約 3000円 先進医療特約 特定疾病診断保険料免除特約 以上で月保険料 3408円 ガン保険勇気のお守り 終身 ガン入院給付金日額 10000円 女性特定ガン入院特約日額5000円 ガン診断給付金100倍 ガン外来治療給付金割合100% 以上で3115円です。 なのですが、現在専業主婦のため月々の支払いはできるだけ安くしたいと思っています。 預金も少ないため、実際に入院などとなった場合には保険にお世話になるのは確実なので、今更ながら焦って加入しました。 しかし契約後にこちらのサイトで皆様の意見を拝見して、女性疾病特約や特定疾病の保険料免除の特約などは不要だったかなと思ったりしました。 できれば保険料は5000円以内におさめたいと思うのですが、医療保険とガン保険の2つでそのくらいの保険だとどこかおすすめはありますか? もしくは少し予算オーバーですが、このままひまわり生命に加入していたほうがいいのでしょうか? 教えてください。

  • 解約?継続?悩んでます。

    32才 専業主婦です。 知人の薦めで、第一生命の堂堂人生に平成15年に契約しました。 こちらのサイトで解約派・契約派いろんな考え方が あり、不安になってます。 ーーー契約内容ーーー 5年ごと利差配当付更新型終身移行保険 月額 約8000円 ・保険種目   10年満期  ・保険金額   1000万 ・基本年金5回  150万 ・特定疾病保障定期保険特約  100万 ・障害保障特約        100万 ・総合医療入院給付金  8000円 ・女性医療特約  5000円 ・特定難病    200万 ・特定損傷    5万 ・入院時保険料相当額給付  月額9000円 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 他にも入ってますが、これは葬式代にしようと 思ってますがいかがなものでしょうか? 特定疾病保障終身保険 月額5000円 ・保険種目   65歳払済 ・保険金    300万 ・死亡(高度障害)300万 ・特定疾病保険金額300万 また、アフラックの21世紀がん保険 入院給付金日額10000円にも加入してます。 無知な私ですがご回答待ってます!

  • 納得できる生命保険

    私は現在27歳の独身OLです。義姉が住友生命のセールスレディをしていたので、その保険に加入しましたが、自分の納得いく内容ではないので、解約し違う保険に加入しようと考えています。ただ年齢的な事と1年後の結婚の事を考えると、終身保険がいいのか、養老保険がいいのか悩みます。私ぐらいの年齢だと、主契約の保険金額はいくらぐらいがいいのしょうか?それと特約はどの程度付け加えれば良いのでしょうか?月々の金額が15,000円前後で更新型ではなく、一時金が付いているような保険があれば、ぜひ教えて頂きたいです。現在の契約内容は以下の通りです。 保険名称 住友の5年ごと利差配当付終身保険      (生存給付金付特別保障更新型) 主契約・特約名 主契約 100万 終身  定期保険特約 1,500万 生存給付金付定期保険特約 100万 特定疾病保障定期保険特約 300万 災害割増特約       300万 傷害特約(本人型)     200万 傷害損傷特約(一般職種・I型) 5万 新災害入院特約(87) 本人型 日額 5,000円 新疾病医療特約(87) 本人型 日額 5,000円 通院特約      本人型 日額 3,000円 新成人病医療特約(87)    日額 2,000円 女性疾病医療特約      日額 3,000円 ちなみに今年の7月で契約して3年になります。 長くなりましたが、みなさんのよいアドバイスをお待ちしております。 

  • 真剣に保険の見直しを考えています

    現在自分は(27)会社員、年収約350万、妻(27)専業主婦、と子供(0)の3人家族です。 子供が産まれたのを機に保険の見直しをしようと思っています。現在加入している保険は次の通りです。 自分 明治生命 生存給付付定期保険(36歳満期)  生存給付部分550万、定期部分650万、特約として傷害特約500万、災害割増が300万、入院は疾病、災害共に日額5000円で満期に132万円が給付されます。 妻  国内生保 生存給付付終身保険(定期部分は34歳更新)  終身部分100万、生存給付部分100万、定期部分1800万、特約は傷害特約500万、入院は疾病、災害共に日額5000円、成人病特約、女性疾病特約も日額5000円でこちらの保険は3年ごとに生存給付金10万円が給付されます。 2人とも結婚する前に各々の両親が契約した保険を継続していますが、自分の保険に終身保障がないのと妻の保障が多きずるのではないかと思っています。本を読んで見直し案を考えてみたのが次の通りです。 自分  終身保険 300~500万     定期保険(全期型) 2000~2500万(60歳まで)     医療保険(全期型) 疾病、災害入院共に日額5000円、他に成人病特約日額5000円にするか、今の保険を転換し明治生命のLAに加入する方が良いのか分かりません。 妻   医療保険(全期型) 疾病、災害入院共に日額 5000円、他に女性疾病特約日額5000円 子供は保険には加入せず貯蓄で学資資金を貯めていく。 このように考えてみたのですが大丈夫でしょうか?部分的な意見でも結構ですので指摘してください。(特に自分の保険見直しは転換がいいのか、解約して新規加入した方が良いのか迷っています。) どうぞよろしくお願いします。

  • 堂堂人生からわんつー・らぶUへ転換

    夫37歳・子供(0才7ヶ月)・私36歳は専業主婦。 夫年収220万。昨年まで共働き。平成15年に堂堂人生契約。 堂堂人生のほかに特定疾病保障終身保険 300万も持っています。 ■堂堂人生の内容 保険料は、8482円 5年ごと利差配当付更新型終身移行保険 定期保険特約1000万 ほか年金払定期保険特約などほか省略 総合医療入院給付金7000円 女性医療特約5000円 特定難病 200万 特定損傷 5万 入院時保険料相当額給付月額9000円 ■先日外交員がわんつー・らぶUを勧めてきました。 保険料は、15591円 終身保険 200万 定期保険特約 1000万ほか割愛 入院時保険料相当額給付特約 月額17000円 総合医療特約 日額1万円 女性医療特約 日額5千円 介護特約(親型)200万ほか省略  ---------------------------------------------------------- ★1度目の訪問★堂堂人生の医療特約は少ないから、わんつー医療特約  日額1万円・女性医療特約 日額5千円がいいです!が売りで訪問。 私も納得。ただ、死亡保障が多すぎる、考えておきますと伝えた。 ★2度目の訪問★掛け金8000円台以上は無理。終身は持ってるので 不要。と伝えた→死亡保障が2500万以上でないとコンピュータが エラーになる。半年間だけ15591円支払って頂ければ減額します。いくらまで減額できるか解りません。 ★3度目の訪問★半年間月額7千円予算オーバー。約4万貯金から捻出は厳しい。また、減額後いくらになるか解らないので不安。と伝えた →たぶん減額後1万円ぐらい ★4度目の訪問(今日)★とにかく8000円以上は無理。と伝えた。 →明日、わんつーで8000円のプランを持ってきます。 ------------------- なんだか話が2転3転しています。契約にあたって注意点・アドバイス頂ければありがたいです。

  • 生命保険の見直しを考えています。

    主人31歳(公務員)妻30歳(専業主婦)現在子供なしですが2人くらいは欲しいと考え中。 <第○生命> 「ライセンスU」27歳で加入15年ごと更新(妻型は60%) 月額 17869円  終身100万円 定期保障1700万 特定疾病保障定期500万 生存給付付定期200万 障害保障500万 定期保険(妻型)300万 傷害特約(本人・妻)100万 災害入院(本人・妻)日額1万円   疾病入院(本人・妻)日額1万円 成人病日額5千円   通院(本人・妻)日額3千円  特定損傷5万円 <ア○○ック> 妻のみ本人型 月額1470円 入院日額1.5万円  通院5千円 死亡時150万円(ガン) 以上が現在の保険です。更新時に倍の保険料になるそうですし、満期時の特約部分一括支払の不安のため、若いうちに低料金で終身医療保険だけでも確保したいという思いと少しでも保険料が低くなればと思っています。 見直したい場所は (1)入院・通院(妻型)特約・ガン保険解約で本人型終身医療保険に加入したい。300万円の定期保険特約(妻型)だけを残して入院・通院だけの解約は可能でしょうか? (2)他の質問の回答も拝見しましたが、生存給付金特約が今年の7月に5年目満期を迎えるので、給付金をもらった後解約したい。解約後200万円の保険金減額になるがそこをどうするか? (3)主人の入院特約日額1万円のところ5千円に減額して、別の日額5千円の終身医療保険に入る。このような入院特約の減額は可能なのでしょうか?それとも無駄な努力なのでしょうか? 慎重に解約していこうと思っているので(1)は終身医療保険加入後免責期間終了後早急に(2)(3)はその後にしようと思っています。特約の解約は何回にわたってでもできるのでしょうか?長い質問で申し訳ありません。保険素人なもので質問や見直しのポイントがずれているかもしれませんがどうかアドバイスをお願いします。

  • 更新型の保険の見直し

    保険の見直しを考えてるのですが 今現在入ってる保険会社の外交員に相談しても納得できません しかも私の誕生日が1月なので5月中に保険を見直したら年齢が上がらずに保険料支払が安くいけるとちょっと急かされてます。 私の気持ちでは終身保険の金額はこのままで医療保険を更新型ではなく終身にしたいと思ってます なにか良い方法があれば教えてください 現在 毎月の支払 14533円 主契約 5年ごと利差配当付き終身保険 200万 5年ごと利差配当付き特約       定期保険特約    1800万(更新型)     年金払定期保険特約 300万(更新型)     特定疾病保障定期保険 500万(更新型)     障害保障特約     500万(更新型) 無配当特約     障害特約  基準100万     介護特約    100万     災害入院特約  日額5000円     疾病特約    日額5000円     女性特約疾病  日額5000円     通院特約    日額3000円     特定難病特約     100万     特定損傷特約  1回 5万円 外交員の変更プラン    終身の200万の内100万を支払済みとしておいておく(凍結)    残りの100万で    定期保険特約   680万    年金       120万(10回)    インカムサポート 120万(10年有期年金)    生存給付金に対応する部分   30万    入院時保険料相当額給付特約  16000円    総合医療特約(わんつーメディカル) 5000円    女性医療特約  5000円    女性特定治療特約(レディエール) 100万    特定難病特約    100万 もしこのまま意味の無い保険であれば解約して納得できる保険に切り替えてもいいと思ってます 専門の方々の知恵を教えてください