• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ワゴンRのエンジンが再始動できず

平成10年式のワゴンR(ノンターボ)です。エンジンの始動についてです。エンジンを始動して10~20M位、走ってエンジンを停止して、しばらくしてエンジンを再始動しようとするとエンジンがかかりません。このような症状が年に4~5回発生します。そのたびにJAFを頼みエンジンを始動させていただきました。 そのときに注意として、この年式のクルマは、急にエンジンを停止させるとアイドリングを高く回転させているので、燃料がたくさん流れているときに、停止させるとエンジンルームへ燃料が行き過ぎて、再始動することができなくなります。 このようなことはせずに、4~5分エンジンを始動させたままでエンジン回転が落ち着いたらエンジンを停止させてくださいとのことでありました。  なぜ、このようになるのでしょうか。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 国産車
  • 回答数6
  • 閲覧数1305
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

 最近の車は「オートチョーク」仕様となっています。失礼ですが、「チョーク」の意味はわかりますか。  冷えているエンジンを始動させるためには通常走行状態の混合気比率の状態ではむつかしいのです。このため昔の車には「チョークレバー」なるものがありました。流入する空気量を少なく、ガソリン量を多くして混合気比率を高くしてエンジンをかかりやすくするのです。エンジンが暖まったらチョークレバーを戻して走行するのですが、戻さないまま走行を続けるとガソリン供給量が多すぎて燃費が悪くなるばかりでなくエンジンの回転も安定しなくなります。  「オートチョーク」は名前の通りこれらの作業を自動で行っているのです。エンジンが暖まらないうちはチョーク状態が維持されガソリンが多めに供給されます。このときにエンジンを止めるとシリンダー内には生ガソリンが残っています。そこで再度始動するとプラグがガソリンで濡れてしまって発火しなくなるのです。これを「プラグかぶる」と言います。  再始動ができなくなったときにプラグを外してみてください。プラグの端子が濡れているのではないでしょうか。強攻策ですが、濡れたプラグはライターであぶり、プラグを外した状態でセルを数秒回してから、再度プラグを装着してかければかかるかと思います。  それから、エンジンが暖まってからアクセルを踏み込むようにしてください。冷えている間はアクセル操作はやさしくしてください。    少しきつい言い方をしますが。JAFの方の言われたことは理解できますか?その通りです。 車が悪いわけではありません、あなた様の使い方に問題があるのです。車の原理を理解して楽しいカーライフをお過ごしください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとございました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • pinko1
  • ベストアンサー率50% (56/111)

次回そうなりましたら、アクセルペダルを一杯まで踏み込んだまま始動してみてください。流入空気量が最大になり余分な燃料が排出され始動しやすくなります。又、点火プラグ、バッテリ-の交換が長くされてない様でしたら交換をお勧めします。始動に直接関与する部分です。JAFのコメントからも、この年式のワゴンRは、この症状が出やすいのかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

デーラでよく見ていただきました。ありがとございました。

  • 回答No.4

むかしのキャブレター仕様のエンジンは、キーを切った状態でアクセルをバタバタ踏んだりすると、シリンダ内にガソリンが入り、プラグが濡れて、火花が飛ばなくなる、ということがありました。 文面を拝見すると、JAFの人は、そのことを言っているようですが、それなら、2~30分放置してからセルを回すと、プラグが乾いて、火が入ったはずです。 確かめたことはありますか。 もしそうでないなら、コンピュータなど、結構深刻な問題かもしれないような。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細にデーラで見ていただきました。ありがとうございました。症状はなくなりました。

  • 回答No.3
  • sssssa
  • ベストアンサー率5% (2/36)

電気系かもしれません スズキはリコールだしてないの多いので いっぱいあるので

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

このことも話して見ました。アイドリングの設定を変えて見て、様子を見ることなり、現在は症状はなくなりました。ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • aiphar
  • ベストアンサー率26% (79/293)

確認ですが、バッテリィは 大丈夫でしょうか。 バッテリィが 不十分だと、生ガスが多量にシリンダに入り込んだ場合に 始動しにくくなります。 そうでなければ、エンジンの燃料と空気系のトラブルです。 一度、修理工場で、点検されることをオススメします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

デーラで見ていただきました。症状はなくなりました。ありがとございました。

  • 回答No.1

そう言うことはディーラーで御確認された方が宜しいと思うのですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ディーラーで確認しました。ありがとございました。

関連するQ&A

  • 日産ホーミー始動後のエンジン停止について

    平成5年型のホーミーTD2700インタークラーA/T仕様ですが、エンジン始動後にアイドリングにしておくと回転数が徐々に下がり停止してしまいます。下がり始めるとアクセルを踏んでもなかなか回転があがりません。止った後は、かかりりは悪いですがかかります。始動直後に発進して1KM位走行すれば何でもなくなります。昨年の始め頃から症状が出始めましたが、気温が高い春から秋は大丈夫でした。特に寒い日は、症状が重くなります。燃料フィルター、燃料添加剤を入れましたが、少しきいいたような気がしますが治りません。どなたか推測できる原因を教えていただけませんか?

  • ワゴンRのエンジン始動不可 原因不明

    平成12年式のワゴンRに乗っています。(正確にはマツダのAZワゴン) 型式 GF-MD21S エンジン型式 K6A ノンターボ 走行 約11万キロ 去年の末ごろから何度かエンジンが始動できない状況になって困っています。 ・セルモーターは元気よく回る ・初爆はほとんど無し(たまにセルの音が変わるくらい) ・プラグはほぼ新品(交換後走行1000K未満) ・燃料ポンプからは作動音がする 今回の始動不可で3回目ですが、その全てに共通しているのが、 エンジンが冷えた状態からエンジンを始動し、少し移動しすぐエンジンを止める。 それから2時間ほど経過してから再びエンジンを始動させようとすると初爆はあるがすぐに止まる。 その後、始動ができなくなる。 始動不可になるときは必ずこの状況からです。 (少し移動とは隣の駐車スペースへの移動程度です) 一度目は、翌日にかかりました。 二度目は2日してもかからなかったのでディーラーへ連絡し引き取りに来てもらったらところ、 何もしないで始動してしまいました。 その後点検をお願いするも原因はわからず・・・ (マフラーの詰まりとかなんとか・・・) 三度目は現在もかかりません。 なお、一度エンジンが始動して水温が温まってからは、 何度エンジンをかけたり止めたりしても普通に始動します。 二度目に始動不可になった時にプラグを交換したのですが、 何度もセルを回したせいか多少かぶり気味でした。 (燃料系統はOK?) 以上のことから、どのような事が考えられるでしょうか? はっきり言ってこの車にはもうお金をかけたくは無いというのが本音です。 原因がわかれば部品の交換は自分でやって修理費用を節約しようと思っています。 買い替えも視野に入れていますが、車検を取ったばかりで何となく悔しいです。 以上、よろしくお願いします。

  • ワゴンRのエンジン始動ミスの対処法を教えてください。

    ワゴンRのエンジン始動ミスの対処法を教えてください。 ワゴンR MC21S RR ターボオートマです。エンジン始動時セルを回しますが、通常1秒もかからないうちに始動します。アイドリングも走行時もエンジンは調子良いです。 セルの回しかたがエンジンがかかったら戻すのではなく、1秒くらいまわしてエンジンの始動を確認せずに戻してしまう時があります。それでもほとんどエンジンは始動しますがまれにエンジンが始動していない時があります。その時エンジンがかからなくなります。アクセル半分踏んだりはなしたり、ベタ踏みしたりいろいろやってバッテリーがそろそろヤバいかなというころ偶然のように始動しました。 エンジン始動ミスをするとなぜ再始動がうまくいかなくなるのですか?原因はなんでしょうか? それと再始動に何かコツみたいな事があったら教えてください。お願いします。

  • ワゴンR-RR(MC21S)のエンジンストール! 

    平成11年式 ワゴンR-RR コラム4ATでエンジン始動直後に一旦、かかりましたがすぐに回転が落ち始めてそのままストールしました。 しばらく間をおいてかけ直すとまた一旦、かかりますがアクセルをあおっても反応がなく、ストールします。 2回目の車検終了(1~2週間)からアイドリングが安定せず、停車中にエンストしそうになることが起こっていました。 原因はなんでしょうか?またワゴンRで同じような現象にあわれた方はおりませんか? ご回答よろしくお願いします。

  • ワゴンR エンジン始動不能

    CV21SワゴンRを修理中です。 F6Aターボ、3AT、4WDの車両です。 症状はエンジン始動不能です。 セルモーターは回りますが、初爆が全くありません。 僕は整備士ではないのですが、思い入れのある車なので修理してあげたいです。 現状としては ・突然始動不能になった ・セルモーターは回るが、初爆が全く無い ・ダイアグノーシスコード出力されない。 ・火花が飛ばない(タイミングライトで確認。コイルまで電圧は掛かっている)→不確実です。すみません。 ・燃料供給されていない(キーONで燃圧かからず、ポンプも回転しない。) ・燃料ポンプ単体としては機能している(タンクを降ろして確認) これらの現状を考えて ・コンピュータ不良 ・デストリビュータ、プラグコード不良 ・燃料ポンプ配線断線、接触不良 を原因として考えています。 先ず燃料ポンプ配線関係のトラブルシュートを進めたいと思っています。 そこで皆様にご意見をお伺いしたいのですが。 (1)コンピュータ不良で燃料ポンプは回転しなくなるのか? (2)燃料ポンプリレーの場所はどこか? この二点についてご存じ、又は何かしらの知識おお持ちの方がおられましたら是非とも回答をお願いします。

  • ワゴンR 異音

    13年式 ワゴンRにのっています。 MC22S RR ターボです。 エンジンはK6A 走行距離約65000km オイル交換3000km前後に交換してます。 エンジンルーム内の異音で困ってます。 エエアコン始動した時にアコンベルトかが鳴いていたのはわかっているのですが、 最近エアコンOFFで、キュッキュッみたいな音がするようになりました。 状態は、 エンジン始動後すぐ Dでアクセルを踏んだ時 走行時エンジン回転数が3000~4000rpmくらいの時 にします。 アイドリングの時は音はしません。 空吹かししても音はしません。 なにが悪いのかわかりません。 是非アドバイスお願いします。

  • エンジンがかかったときぎこちなく始動する

    はじめまして。上記のとおりエンジンがかかった時の点火が不良を起こしているような症状が気になりだして質問しました。 車種:スカイラインR33 形式:ECR33後期型(GTS25-T) 形式エンジン:RB25DET 距離:16万km  具体的に説明しますとセルを4回程まわして始動するのですが、一回点火してぼわっといった形で1000回転まであがるんですがそのとき一回しか燃えていなく針が500まで下がってボボボボボといった感じでエンジンが安定します。ところどころ抽象表現で申し訳ないのですが、始動時のアイドリングが不安定と捕らえていただいていいと思います。 プラグはイリジウムに替えて1万km走っていません。エアフロを最近交換しました。燃料フィルターも交換済みで他はノーマルです。 原因として燃料系が怪しいと思ったのですがいかがでしょうか。 ・燃圧が足りずアイドリング不良を起こしている(燃料ポンプ・レギュレーター・インジェクターなど) ・電圧不足による点火不良(バッテリー・プラグ失火・各電装品の異常「エアフロ・ACC・O2」など) アドバイスよろしくお願いします。

  • 燃料ポンプへのショックでエンジン始動

    こんにちは 私はEG系のシビックに乗っているのですが 暑い日やエンジン停止後ある程度たってから エンジンをかけた時などに たまにエンジンがかからない時があります そのような時はだいたい5分後くらいおいてから エンジンをかけなおすと正常にかかります しかしこの前ものすごく暑い日にとうとう 完全にかからなくなってしまいまして JAFを呼びました すると燃料ポンプへのショックでエンジンが始動しました その後修理工場に車を直しにいったのですが 普段は通常通りかかるので 「エンジンがかかるので燃料ポンプが原因とは言えないので直せません」 と言われました この場合、責任は問わないので燃料ポンプを交換してもらうのが賢明でしょうか? どなたかアドバイスいただけないでしょうか? よろしくお願いします

  • ディーゼルエンジン始動直後の回転数

    失礼します! 平成5年の日産サファリに乗っています。 北海道に住んでいますが、寒くなってくるこの時期からエンジンが冷えきった状態から始動するとアイドリングが不安定になり、最悪ストールします。 対処としてグローを十分に温め、アクセルを少し踏んだ状態でセルを回して始動しています。 ノンアクセルでのアイドリングは550~600rpm程度ですが、当然一気に1400rpmあたりまで回ります。 エンジンを労る方法としてエンジン始動直後は高回転まで回さず、アイドリングが落ち着くまである程度の暖機運転(1分ほど)をしたのち低回転域で暖機走行する、と心がけています。 そこで気になったのが 「この車にとっての低回転域、高回転域とはどのくらいなのか?」 また、 「十分に水温があがった際の1400rpmは低回転域だが、エンジン始動直後などの水温があがっていない場合の1400rpmは高回転にあたるのか?」 という点です。 タコメーターは6000rpmまで表記され、4200rpmあたりからレッドゾーンになっています。 誤解を招くと申し訳ないので先に説明させていただきますが、この質問は単にエンジンの仕組みの理解を深めたいだけであり、修理の必要性や方法、原因究明を問うものではございません。 ‥‥恐縮ですが回答いただけたら幸いです!

  • 平成7年のミニキャブトラックを乗っていますが、毎回、エンジン始動時に回

    平成7年のミニキャブトラックを乗っていますが、毎回、エンジン始動時に回転数が3000rpmぐらい上昇します。かなりの距離を走行するか、20分ほど暖気をしなければなりません。燃料の無駄でしかないよう感じです。何か部品を交換すればよいのでしょうか?故障なのでしょうか?アイドリングをupさせる部品が故障?無くても私は問題ないのですが、どなたか知っている方がいれば、どの部品か教えてください。外したいです。