• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

本を探しています。

もう20年くらい前に読んだ本を探しています。 少年少女全集みたいなシリーズの中の一冊で、記憶が正しければ「魔法のつえ」というタイトルでした。 外国の作品で、主人公は男の子。 不思議なおじいさんからなにも知らずに杖を買ったところ、念じただけで行きたい場所に行けるようになります。 いくつかの冒険をして、幽閉された王子様を助けたりします。 その杖はいつも持ち歩いていたのに、サーカスを見に行ったときに入り口で預けるように言われ、しぶしぶ預けたきりなくなってしまった……。 タイトルが間違っているのか、検索しても分かりませんでした。 もし、ご存じのかたがいましたら、タイトル・出版社・著者名など、教えていただきたいと思います。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数229
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • gazeru
  • ベストアンサー率42% (465/1093)

お探しのものは、以下の本かも・・・・? ご参考までに。 ◆魔法のつえ / ジョン・バッカン∥著 / 講談社 , 1951 ( 世界名作童話全集 ; 第15 ) ◆イギリス童話 / 講談社 , 1962 ( 講談社の世界絵童話全集 ; 第1 ) 内容:ピ-タ-=パン(ジェ-ムズ=マシウ=バリ原作 絵松本かつぢ 文槙本ナナ子) 魔法のつえ(ジョン=バッカン原作 絵大日方明 文有吉佐和子) 情報の確認には、都立図書館の蔵書検索を利用しました。 http://catalog.library.metro.tokyo.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この本です! 調べていただきまして、どうもありがとうございます。 参考URLから、他の著作なども知ることができて助かりました。 残念ながらどれも絶版のようなので、図書館や古本で探してみることにします。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 本を探しています(少女小説全集)

    昭和四十年代に出版された、少女小説の全集(叢書?)を探しています。 表紙は赤ないしは濃いピンク ハードカバー 四六版くらいの大きさ 十数冊~二十数冊のセット 出版社、著者名などまったくわかりませんが、公共の図書館によく置いてありました。 少女向けの小説全集です。 翻訳もの・古典ではなく、現代日本の作品が中心だったと思います。 対象年齢は小学校高学年から中学生くらいでした。 私が実際に読んだのは昭和五十年代でしたが、日焼けの感じなどから、もう少し前に出版されたものではないかと思います。 手がかりが少なくて恐縮です。このシリーズの出版社、全集名など何かご存じでしたら、回答よろしくお願いします。端本の書名・著者名などの情報でも結構です。

  • 「ポールとヴィルジニ」という本

    昔、小学校の図書室で借りた「ポールとヴィルジニ」という 本についてご存知の方はいらっしゃいませんか。 読んでとても感動して、大泣きしたことは憶えているのですが、 タイトルだけ憶えていて内容や作者については、よく憶えて いないのです。少年少女文学全集みたいな中の一冊でした。 思い出そうとすると、「難破船」というお話でしょうか、 (遭難しそうな船から少年が、少女に救命ボートを譲って、 自分は船とともに沈んでいく話)とごっちゃになってしまいます。 タイトルどおりの少年と少女のお話です。

  • 『セーラームーン』から今年で15年になりますが・・・

    『美少女「戦士」』というタイトルにもかからず、アニメファンの間では「魔法少女もの」と認識されている(「戦士系魔法少女」の先駆けでもあるため)この作品。ふと思ったのですが、1992年の発表当時から15年たった今現在において、この作品を「オーソドックスな魔法少女もの」の範疇に含めてもいいものなのでしょうか?。さすがにまだ最近の作品である「魔法戦よりも格闘戦が中心の作品」や「杖が英語でしゃべる作品」あたりを「オーソドックスな」とは言わないとは思いますが(どっちも続いてますし・・・)、この作品あたりだと微妙だと思うのですけど・・・。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

こんにちは。 私はこのお話を読んだことがないのでよくわかりませんが、 「まほうのぼう」で検索したら以下のものがひっかかりました。 話の内容まではチェックできなかったので違うものかもしれません。 「世界の民話 12 アメリカ大陸 2 」関 楠生訳 著者: 小沢 俊夫編 出版:ぎょうせい 収録作品:ナヴァホ族インディアンの宇宙/ガエ/アコマの四人姉妹/ へびの昔話/くま狩り/雷神/うさぎが火を盗んだ話/舌なし/ とうもろこし母さんと黒い流れ星/年とった栗毛の馬/魔法の棒/ 冒険の航海/・・・ BOLで「まほうのぼう」で検索しました。 他に イーエスブックス の本検索「まほうのぼう」で以下のものがでてきました。 内容等確認できないのでこれ以上わからないのですが・・・ http://www.esbooks.co.jp/bks/01/01_01_01_00.html 「少年少女世界の民話伝説 1 」 ■出版社名 : 偕成社 ■発行年月 : 1970年 ■ページ・サイズ : 204P 23cm ■読者対象 : 小学56年生 中学生 ■在庫状況 : 絶版・重版未定 ■販売価格 : 563円 (税抜) 2つも全然違うものかもしれませんが、何かの参考になればと思い書き込みしました。

参考URL:
http://133.163.3.20/cec/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただいてありがとうございます。 お手数をかけて調べていただいて、とてもうれしいです。 どうもありがとうございました。 この本もとてもおもしろそうです。

関連するQ&A

  • 童話のタイトル。

    7~8年前に読んだ童話(?)のタイトルを探しています。 本の内容も殆ど覚えていないのですが、思い出せる限り書き出してみるので、これかな?と思ったものがありましたらどうか教えてください。 ・ハードカバー、赤い表紙、厚さは1.5センチくらい。 ・ファンタジー風の話で、主人公の女の子(小学生くらい)が魔法の国へと行ってしまう話。(魔法使いだと言うおじいさんに連れて行かれたような・・・) ・林檎のペンダント、もしくは林檎の香水がはいったペンダントがキーポイント(?) これくらいしか思い出せなくて・・・。 こんなんでわかるか!と言われてもしょうがないとは思うのですが、どうかよろしくお願いします。 それと、出版社や著者、今でも本屋で買えるのかどうか、またオンラインで買える所はあるのかどうかも教えてくださると嬉しいです。 本当に大好きだった本なので、どうしても手に入れたいのです。

  • 漫画のタイトルがわからない!!

    とても曖昧にしか覚えてないのですが… 9月の始めに、所沢駅のビルの中にある「芳林堂書店」に寄った時に見つけて気になった漫画があるのですが、読みたいのにタイトルも著者名も、出版社ですらまったく思い出せず、モヤモヤしています。 新刊コーナーにあり、隣には「桜の花の紅茶王子(2巻)」が置いてあったことは覚えているのですが、肝心の読みたい漫画がわからないのです。。。 曖昧な記憶ですが、何だか"チョコミント"みたいな感じのタイトルで、とりあえずスイーツ形のタイトルだったような…。 ちなみに、発売されていたその漫画は3巻でした。 あ、絵的に少女漫画だと思われます。 とてもふわっとした質問で申し訳なのですが、ヒントでもいいので何か思い当たる漫画がある方いましたら回答いただきたいです。。。 お願いします!!(>人<)

  • スペインの昔話『十二月の贈り物』が読める本を教えて

    スペインの昔話『十二月の贈り物』と同じ内容の話が 掲載されている本の、書名・訳者名・出版社を 教えてください。 [スペイン以外の昔話または民話ではないことも 考えられますので、国に拘らず、同じ内容の話の 日本語訳が読める本をお教えください] ※東欧の国に、同じタイトル『十二月の贈り物』の 民話があるのですが…内容が異なります。 ※『魔法の杖』『魔法のステッキ』という タイトルで訳されている本があるという情報が 有り調べてみたのですが…同じ内容では ありませんでした。 福娘童話集 http://hukumusume.com/douwa/pc/world/10/07.htm 福娘さんサイトの担当者は、なぜか、 開示して下さいません。

  • 「彼女を見ると森を思い出し、森を見ると彼女を思い出す」というセリフのある本

    20年くらい前に読んだ本を探しています。 ある森の管理人のところに、片方の手の手首から先がない少年が、ここで働かせて欲しいとやってきます。 (もしかしたら、森ではなくて庭とか花園だったかもしれません) その森の中で、悪人との諍いやら何やらがありまして、その過程で本人も知らなかった少年の生い立ちが明らかになっていきます。 ラスト、少年はある女の子と婚約するのですが、その女の子について語る次のようなセリフがあります。 「僕は、彼女と森を別々に考えることができないんです。彼女を見ていると森を思い出すし、森を見ていると彼女を思い出すんです」 このセリフをもう一度読みたくて探しているのですが、タイトルも作者も覚えていないので探しようがありません。 作者はたしか外国人で、わりと子供向けの平坦な文章で書かれていたと思います(少年少女文学全集のような本だったかもしれません)。 どなたか、この本のタイトルをご存知ないでしょうか?

  • 世界文化社の少年少女世界の名作

    もう30年以上も前に、両親が買ってくれた世界文化社の 少年少女世界の名作シリーズですが、自分の子供にも読ませて やりたくなり、調べたところ、復刊されていましたが、 残念ながら全24巻(だったと思う)のうち12巻しか 復刊されていません。 大好きだった「森はいきている」や「幸せな王子」なども 復刊されていないようです。 出版社にも問い合わせましたが、12巻以外は予定が無い、 とのことでした。 こうなったら、古本でいいので、なんとか手に入れる方法は ないでしょうか。 児童書の古本専門店なんかがあればいいのですが、 調べようがさっぱりわかりません。 どなたかよろしくお願い致します。

  • 外国の童話の著者とタイトルを探しています。豆・ふかふかベッド・王女

    外国の童話の著者とタイトルを探しています。物語の内容は、ある国の王子が本物の王女と結婚したいと思っていた。花嫁候補者は大勢いたが、何層にも敷布団を敷いたふかふかのベッドの一番下に豆をひとつぶ置き、これが邪魔になって、よく眠れなかった少女がいつもふかふかのベッドに寝ている本物の姫君だということがわかり、王子と結婚した、というものです。話の細部がもしかしたら正確ではないかもしれませんが、どなたかご存じの方は教えてください。

  • 『サファイアブルーハムスター』『王子』『変身』のキーワードの少女マンガのタイトルと作家さんを教えてください

    『王子』が呪い(?)で『サファイアブルーハムスター』に変えられてしまい、女の子のキスで人間に戻れるという少女漫画のタイトルと出版社、作家さんを探しています。 『王子』には妹がいて、その子も『ハムスター』になる呪いを受けています。王子様と呪いを解ける女の子は恋人同士だった気がします。 女の子と王子様は同居していました。何回か連載していた記憶があります。 2,3年くらい前だった気がするのですが。雑誌に掲載されていてそれから、見なくなってしまったので単行本を探したいのですが、雑誌名も何も覚えていなくて。情報が少ないのですが、よろしくお願いします。

  • 教えて:ある翻訳ファンタジーのタイトル

    下記の小説にお心当たりの方がおられましたら、タイトルなどの情報をお寄せ願えませんでしょうか。 ずっと以前、旅先で知人が持っていた一冊を借りて一部分を読んだだけなので、あまり良く覚えていません。(?)印は不確かな記憶です。 よろしくお願いいたします。 【内容】 ・ジャンル:ファンタジー/剣と魔法もの(?) ・舞台:魔法が普通に使える、中世世界(?) ・覚えているシーン:敵方(?)が魔法の力を無効にするために、何か特別な物体を空中で高速回転させます。すると周囲の空間の魔法エネルギーがどんどんこれに吸収されて回転がさらに早まり、やがて魔法エネルギー源が枯渇してしまう…… 【出版年、出版社、体裁など】 ・出版年:1990年代(?)(読んだのは90年代後半) ・出版社/体裁:文庫本(創元推理文庫(?))、シリーズ物の一冊(?) ・著者:外国人作家、翻訳物 以上よろしくお願いいたします。

  • 28年位前の国語の教科書にのっていた「鳥」というお話を覚えている方

    現在38歳です。28年前の小学校5年生くらいの時に国語の教科書で読んだ「鳥」というお話を探しています。 耳鼻科のお医者さんと少女のお話で、本当は自分が鳥であることに気づいていない少女が、魔女にある秘密を教えられ、その秘密が耳にひっかかっているので、とって欲しいとお願いする内容です。 当時とても気に入っていたお話で、今さらながら読んでみたいのですが、鳥というタイトルも不確かで、著者もわかりません。教科書の出版社も覚えていません。 どなたがおわかりになりますか?

  • 昔読んだSF海外小説について

    30年くらい前に読んだ本なのでタイトルも著者も出版社もわからないのですが、内容はうろ覚えですが、こんな感じです。 ・登場人物すべてがアルファベットのみの名前 ・主人公が X で、 悪者が M ・主人公XがMにつかまり、気づいたら知らない場所にいた。。。そこから脱出するための冒険があって、最後に、実はXは薬で小さくされて箱の中であがいてただけだった。Xは元の大きさにもどってMを小さくしてその箱の中に放り込んだ。。。という内容だったと思います。 どなたか思い当たりましたら教えてください。 よろしくお願いいたします。