• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

高村薫「マークスの山」のスコップで殺された人は誰?ネタバレ

高村薫さんの作品で一番最初に読んだのは 新刊が出たばかりの単行本「照り柿」です。 ものすごく長い話を読んだ挙句、途中の事件の 真相がうやむやな感じがして、読み終わった後、 もやもやした感じがありました。 その後、直木賞をとったぐらいだし、照り柿よりは 薄いから面白いかと「マークスの山」の単行本を 買いましたが、難解な文脈が多く、ずっと眠っていました。 それを最近、読み始めたところ、難解な文脈ながらも 面白く、先程、読み終わりました。 ただ、金庫の遺書のあたりから、アレレレ?と感じ、最後のオチにいたってはうーん・・・。 それで、気になったのが最初に大雪の小屋の玄関前で 岩田がスコップで殴り殺したのは誰なんですか? 当時の刑事のやりとりで、二十六歳というのはありましたが、名前は出てきません。 金庫の遺書にも、名前は出てこず、偶々、同じ頃に 同じ場所付近であった殺人のようでした。 でも、それなら、あんなに意味ありげに 「この雪の中、この道を通るのはおかしい」的な 描写を最初に念入りにするのはいかがなものかと。 また、同じ頃に両親が心中した少年も その殺害現場を目撃したという文脈もなく、 偶然、同じ時期の同じ付近であった事件が その後、偶然、泥棒に入った所の金庫で・・・ とつながっていくのが、凄い偶然続きだなぁと。 随分、昔の小説なので忘れている方も多いかと 思いますし、批判的な事を書いて申し訳ありませんが、 スコップで殺された人が誰かをわかる方が いらしたら教えてくださると嬉しいです。 また、私の読み方不足でしたら申し訳ありません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数4318
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Lioh
  • ベストアンサー率49% (121/243)

こんにちは。 「マークスの山」、 文庫本でしたが、読みました。 文庫ででたばかりなので、 私もかなり前になりますが・・・。 質問者様が気になっているのは、 以下の事柄でしょうか? 1、岩田がスコップで殴り殺したのは誰? 2、同じ頃に両親が心中した少年も・・・凄い偶然続き 1、【被害者の名前は、登場しなかった】 ・・・ような気がします。 以下のURLは、単行本版「マークスの山」 の年表です。 http://donguri.sakura.ne.jp/~shell/godaholic/kenkyu/history/marks.html 登山者が岩田に撲殺されるのは、 昭和51年 10月21日 午前6時頃です。 で、金庫の遺書に書かれていた 【名前は出てこず、偶々、同じ頃に 同じ場所付近であった殺人】の被害者は、 N大自治会で左翼活動していた野村久志でした。 正確には殺されたわけではないのですが・・・。 左翼活動をしていた野村を殺すつもりだったが、 野村は偶然にも、 昭和51年 10月21日 午前0時頃 に急死してしまいます。 本来ならばその【急死という事故】を警察に届けていれば、 一連の事件は起こらなかったはずです。 まあ、殺人の準備をしかけた(←スコップを盗む)後ろめたさもあり、 その【事故】を疑われたら、 司法試験に受かったなどの、自分の人生が変わってしまう事が 怖くなったようで・・・。 殺した時に使う予定のスコップで、 穴を掘って、野村の死体を埋めてしまいました。 どうやら、岩田に撲殺された男は、 その【野村の死体を埋めているマークス五人衆の姿】を見て、 必死になって、山をかけおりてきたようなのです。 なら、この撲殺された被害者は、別にいなくても関係ないような気も するかもしれません。 【野村の動向は、公安が知っていたけど、追求はしなかった】         ↓ 【公安側は、密かに野村が亡くなる事を希望しており、 殺した犯人を追及するつもりはなかった】         ↓ 【マークス五人衆も出世し、どんどん警察の現場が追及しにくい立場になる】   このまま、野村の死の真相は 【マークス五人衆】や【公安】が黙り続ける事によって、 闇に葬られて表にでてこないはず・・・でした。 ところが、 「岩田がなぜ、被害者を撲殺したのか」という事が気になり続けた 佐野警部の執念が、【野村の死体】を見つけだします。 その後も、上層部から横槍が入ったりする中で、 佐野警部と合田警部補達は、 【マークス五人衆】達が抱え込む秘密に、 じりじりと近づいていくわけですが・・・。 他にも、佐野警部が野村の死体を見つけなかったら、 死体の復顔を依頼しなかったら、 【マークス】があの金庫を盗まなかったら、 ・・・という、いろいろな偶然の積み重ねがないと・・・。 偶然でもないと崩せないほどの権力の闇が、 覆い隠していた【野村の死の真相】が表にでてこなかったわけです。 2、【同じ頃に両親が心中した少年】→事件後、暗い【山】に精神を翻弄される   【合田警部補】        →趣味で【山】に登る   【マークス五人衆】      →【山】では楽しい事もあったけど、しかし・・・    という共通点を出したかったために、 あの北岳で少年は登場したのかもしれません。 その後、また北岳へ彼は向かう事になりますが。 1でもふれましたが、 確かに「偶然続き」ですけどね。 私自身、この作品は、 【犯人が誰か】 【犯人はどんな凄いトリックを使ったか】 を楽しむより、 【警察がどのような事に翻弄されながら、事実にたどりつくのか】 その過程を読ませる・・・作品だと思っています。 多少アクがありますが、 読ませる力もある作品です。 質問者様もおっしゃっていますが、 ・・・ただ「偶然が目につく」などの、 ちょっとした事が気になるっていえば、 気になります・・・。 好きな作品ですけどね。 高村薫は、単行本と文庫本で、 情景描写などの部分をなおすので、 ほとんど別作品・・・という意見もありますが・・・。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

かなり、良いお返事をありがとうございました。 やはり、被害者の名前は、登場しなかったのですね。 あれが全ての発端であるだけに、そんな扱いというのもいかがなものかと思います。 >「岩田がなぜ、被害者を撲殺したのか」という事が気になり続けた >佐野警部の執念が、【野村の死体】を見つけだします。 という事なら、尚更、名前のみならず、被害者が何故、 普通の人が通らないあの道をあんな時間に通ったのか、 の説明が欲しかったですね。 (もちろん、Liohさんを責めているのではありません) >どうやら、岩田に撲殺された男は、 >その【野村の死体を埋めているマークス五人衆の姿】を見て、 >必死になって、山をかけおりてきたようなのです。 その描写が単行本では見当たらないように思います。 それがあれば、私の印象も随分違ったものになります。 MARKS五人衆が死体遺棄をしなければ、 その登山者も嫌なものを目撃して逃げ出す事もなく、 岩田もその登山者を撲殺する事もなかったのですから、 全てがMARKS五人衆の死体遺棄が始まりの悲劇の連鎖 という事で、かなり、納得がいきます。 >高村薫は、単行本と文庫本で、 >情景描写などの部分をなおすので、 >ほとんど別作品・・・という意見もありますが・・・。 そのようですね。 今回この質問をするにあたり、過去の質問を調べましたが、 私が単行本で難儀な文脈と感じた所も、 文庫本ではどうやら、滑らかに流れているようです。 ただし、単行本の最後の一ページが文庫本には 書かれていないようなのです。 私は最後のオチ(死体遺棄の中心人物で、尚且つ、 水沢殺害計画の首謀者なのに、生き延びて、 時効にも守られている超ラッキーな弁護士・林原) というのが、どうも嫌な感じでした。 でも、単行本の最後の一ページで少し、 救われた感じがしたのです。 それが文庫本でないとなると、どうなのかなーと。 もしかしたら、文庫本では他の所で、私が感じた 嫌な感じがしないような構成になっているのかもしれませんが。 いずれにしましても、Liohさん、ご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 『高村薫の世界』について。

    高村薫さんの『晴子情歌』と同時期に発売された 野崎六助さんの『高村薫の世界』という評論本なのですが、 この本の内容でどうしてもわからない部分があるのです。 それは、合田三部作(『マークスの山』『照柿』『レディ・ジョーカー』) に登場する合田雄一郎の義兄・加納祐介に関する記述です。 120頁に「この二人の間には平凡な友情や同性愛的な感情はない」 というようなことが書かれているのですが、 私は『レディ・ジョーカー』の終章(435頁)を読んだ時に、 ずっと合田三部作開始直後から、 義兄の合田に対するそういう同性愛的な愛情があったのだと感じ、 それを前提にして、 『マークスの山』や『照柿』『レディ・ジョーカー』のそれ以前の部分の 義兄の描写について自分なりの解釈を改めて持ったのですが、 今回『高村薫の世界』を読んで、 その解釈が間違っていたのか、という疑念を持ち始めました。 現在、合田三部作の解釈にちょっと悩んでおります。 合田三部作及び『高村薫の世界』を読まれた方、 御意見をお聞かせ下さい。

  • 高村薫さんの著書でお勧めを教えてください。

    高村薫さんの著書でお勧めを教えてください。 まだ「マークスの山」しか読んでいません。 この合田シリーズですが、レディージョーカーのあらすじだけ読んだ限りではあまり興味がもてません… たぶん警察関係に興味があるのではなく、マークスという人間に興味があるのだと自覚しました。 マークスの山は高校生の頃に映画版を観てとても感情を揺さぶられたのが記憶に残っていて、映画版→単行本→ドラマ版→文庫版と、すべて制覇しました。 ですが、レディジョーカーはDVDのパッケージを観ても心が動かなかったです… こんな私にお勧めがありましたらよろしくお願い致します。 ※マークスという人間に興味がある ※山登りが少し好き ※合田と加納の関係に少し興味あり

  • 高村薫さんの「太陽を曳く馬」について

    高村薫さんの「太陽を曳く馬」の単行本が発売されました。 そこで雑誌などでもう読まれた方にお聞きしたいのですが、この作品は「晴子情歌」「新リア王」を読んでいないとわからないでしょうか? 実は高村さんの作品はほとんど読んでいるのですが「晴子情歌」は作風が変わったようで取っ付きにくく、このシリーズは読んでいないのです。 合田刑事のシリーズは大好きなので「太陽を曳く馬」の発売を楽しみにしていたのですが、帯などを見るとどちらかというと「晴子~リア王」の登場人物がメインなのかな、という感じを受けました。 「太陽~」だけ読んでもいいものか、「晴子~」から読むべきものか、どうぞ教えてください。

  • 名探偵コナンについて2つ質問です。

    原作とは別に特別編が出ていますよね?これは何のために出しているのでしょうか? 20巻を買って最初の方と最後の方を少し読んでみたのですが、サンデーの名探偵コナンとは全然違い、正直・・見なきゃ良かったかも・・と思ってしまいました。 それとサンデーのほうの名探偵コナンでたまに、過去の事件で覚えのないものが回想(?)みたいに出てくるのですが、その事件はどこで起こったものなのでしょうか? コナンのサンデーの単行本はすべて読んでいるので、その中で起こってないことは確かなんです。 最近で言えば56巻のファイル10の最後の方でコナンがミニチュアダックスフンドを見つけたとありました。 サンデーのコナンの単行本でコナンがミニチュアダックスフンドを見つけた事件はありませんでした。

  • 社会派推理小説で30代男性が好きそうな本探してます。

    彼氏(30代)に、社会派の推理小説で面白いのはないか、と聞かれています。 松本清張氏と森村誠一氏が好きで、昔ほとんど読んだんだけども、最近の本で面白いのないか、とのこと。 イメージとしては、刑事さんが地味に捜査をし(華々しい探偵は登場しない)、事件を解決するもの、で かなり現実的でリアリティあるものがいいです。長編の方がよくて、 あと、ハードカバーは重いので文庫がいいそうです。 でも、「あっと驚くトリック」が読みたいとも言ってました、が、 ここで言うトリックとは、例えば密室と思ってたらエレベーターになってました、とか そういう類のものでもなく、「叙述トリック」でもないと思います。 説明が難しいのですが、緻密な捜査の末明らかになる衝撃の事実、みたいな・・・ で、全てのことが白黒つかないと気が済まないようです。 とりあえず宮部みゆき氏「火車」、高村薫氏「マークスの山」、貫井徳郎氏「慟哭」(は気に入るかどうか微妙ですが・・)を今貸しています。 ちなみに「火の粉」を貸したところ「いまいち」らしく、「「13階段」は面白かった」と言っていました。 いろいろ書いてすみませんが、他にお薦めあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 国語の勉強方法

    国語(現代文)がなかなかできるようになりません。どのようにしたらできるようになるでしょうか? 読書が基本かと思うのですが、ストーリーに引き込まれて読んでいるだけで力がつくとは思えません。問題を解いて解説をみても、ああそんなもんかなと思うものの、なぜ自分の答えだとだめなのかとか、なぜその解答が導かれるのか、納得することができません。たぶん、うまく説得されればそっちのほうがよいかなと思ってしまうかも、という風に考えてしまいます。 国語力を向上させるための本なんかを読んでも、割と断定的に結論はカクカクシカジカになると書かれていると、なぜ断定できるのかがわからなくなって、著者(文学作品ではなくて問題文の)の考え方が理解できなくなり、それ以上進めなくなります。 力の不足をどのような場面で感じるかというと、たとえば以下のような場合です。 ・単行本一冊文の長編小説を読んでそのストーリーの要旨を説明することができなかったり、読んでいる途中で登場人物がどんな人だったかわからなくなってしまうことが多いことです。 ・論説文(単行本)ですと、同じことを何度も繰り返しているだけのだと途中で飽きてしまったり、難解な内容だと短時間に読めずに最初のほうを忘れてしまったり、脚注が多いと頭に内容が全く入らなかったりします。 ・あまり興味の湧かない内容の本だと、関係ない余計なことが頭に浮かんできてそれを考え始めてしまったり、文字を目でなぞるだけで頭に入ってこないので何度も読み返してしまったりします。 ちなみに学生ではないので先生に相談するという手段は採れません。

  • はさめるスコップ知りませんか?

    犬の散歩の時 糞を取るのにスコップですがはさみのように先が二つ になってるものを探してます。 売っている所 或るいはメーカーを知っていたら教えて下さい。 散歩の時 困っています。色々サイト見ましたがありません。

    • ベストアンサー
  • このヤクザ映画、何と言う映画と、思われるか…?

    「極道界つまり、ヤクザの世界で、礼儀作法中心に、比較的詳しい為、実際の極道関係者からも、礼儀作法中心に、相談を受けるのが度々ある、ヤクザの世界をテーマにした、マンガ又は、Vシネマ方式の映画(映画館で、上映しない映画)の原作者である、村上和彦さん。 この村上さんが、原作者である、ヤクザの世界をテーマにした、マンガの単行本で、カバー写真として入ってた、ヤクザ映画」について、質問します。 問題である、マンガの単行本ですが、正確な題名迄は、間違ってるかも知れません が、題名の一部に、「昭和極道界」と付いてた様に、思います。 このマンガ、単行本で言えば、14~15巻辺りが、「大阪に、田舎の中学校を卒業してから、集団就職で出て来た、十数人の若者が、現在の大阪府東大阪市にある、鉄鋼関係か、金属関係の会社で、工場勤務の従業員として就職しながら、大阪市内と思うが、定時制(夜間部)の工業高校に、入学した。 当然、若者達の出身地は違うので、それぞれの派閥が出来たが、地元大阪出身の若者で、同じ様に就職して、入学した同級生も数人居て、後に仲が良くなった事が発端により、大阪市都島区の京橋付近で、ちょっとした博徒の組織(暴力団組織)を、立ち上げる事になった…」的な内容による、1つのストーリーが、数回の連続により載ってた様に、思います。 質問したいのは… 「問題のマンガ、単行本のカバー写真として、菅原文太さん(故人)扮する主人公が、ある巻では、「どこかにある、神社の参道で、対立組織の手下組員達に、襲われてた…」シーン。 又、別の巻では、「組長クラスと思うが、着物姿の対立組織の幹部宅に、乗り込んでから、その幹部を、果物ナイフの様な比較的短いナイフで、腹部を突く事で、刺し殺した…」シーン。 更に、別の巻では、「松方弘樹さん扮する、主人公の関係者と、その関係者数人が、大ケガを負って病院に入院した、別の関係者を見舞いに、病室を訪ねてた…」シーン 。 それぞれのシーンが、最初のページ側の カバー写真として、載せてた写真」に、なります。 そこで、質問したいのは… 「菅原さん扮する主人公と、松方さん扮する関係者の二人以外で、登場した主な共演者は、分かる範囲で2~3人程度で、構わない。 言う迄も無く、東映制作と思うが、問題のマンガの単行本で、カバー写真の写真として載ってたヤクザ映画、昭和何年(西暦何年)の何月何日封切りによる、何と言う監督さんが、担当監督である、何と言う題名の映画と、思われるのか…?」に、なります。

  • ネタバレだと騒ぐ人

    私はツイッターやFacebookで 映画やテレビ番組の感想などをよく書きますが、それについてネタバレだと暗に指摘してくる人がいてウンザリしています。 あらすじを書いたり犯人の名を書いたりすることはありません。こういう場面があって、主人公のこういう心理がわかってよかった、くらいの内容です。 こういうことすらネタバレと言われてしまうと何も書けません。まだ公開中の映画ならばまだわかりますが、公開してから数年経った映画やテレビや本について「録画したけどまだ見てなかった」「その本、買おうと思ってた」「ネタバレ読んだからもういいや」などといちいち言われるのが納得できません。それとも、ネット上には感想は書くべきではないのでしょうか?

  • ネタバレをする人は何を思っているのでしょうか?

    何を思ってそういうことをするのでしょうか? ミステリー小説など謎が一つの作品の魅力となっているもののネタバレは本当にショックです。 ドラマやアニメなど原作があるものは特にひどいです。 なんでネタバレしたの?と聞いてみても原作読まないやつが悪いというばかりです。 単に楽しいのでしょうか? それとも自分は知っている!というのを自慢したいのでしょうか… どんな理由であれ不愉快であることには変わりないんですが…