• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

パソコンがあればデジタルレントゲンなの?

  • 質問No.2166093
  • 閲覧数296
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 67% (31/46)

どこかいい歯医者はないかと思いながらクルマを運転していたところ、半年ほど前に出来た歯科の診察台付近が窓越しに見えたんです。
診察台、一つ一つにパソコンが設置されていました。マックでした。

もしかして、その歯医者って、デジタルレントゲンを使っているんでしょうか。
それとも、診察台にパソコンがあるからといって、デジタルレントゲンだとは限らないでしょうかね。。。
(デジタルレントゲン以外に何につかうんでしょう…)

その歯医者は個人の開業医で、そんなに大きいところではありません。診察台は3つぐらいです。建物はモダンでかっこいいです(^_^;)。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 39% (97/243)

 まず、確認なのですが「デジタルレントゲン」についてです。
 通常の X線写真撮影はマッチ箱よりも少し小さめの『デンタルサイズ』と、A4サイズの少し細めの『パノラマサイズ』というのが基本です。 デンタルレントゲンフィルムは通常の35mmカメラのフィルムに一見にたようなのが片面鉛箔でビニールのシートにくるまれて遮光されて1枚づつラッピングされています。お口の中に入れて「はい、指でおさえていて下さいね」というやつです。 まあ、多少製品により感度の差はありますが、比較するとあまり感度が良いものではないです。 パノラマの場合はカセッテというハードケースにフィルムを装填して撮影しますが、このカセッテには増感紙が入っているので感度は上がります。
 もちろん、デンタルもパノラマも撮影後には数分かけてカメラフィルムのように「現像」、「定着」、「水洗」、「乾燥」の手順をとります。

 さて、前置きはこれくらい。
 「デジタル」になると、通常のフィルムではなく、デジカメに使われているような(似て異なるもの)CCDをお口の中にいれて撮影します。すると、現像しなくともモニタ上に画像が出ますので、患者さんに説明するにも、保存にも、便利ですね。 保険点数的には「デジタル加算」と言って、通常のレントゲンよりも微々たるものですが高くなっています。
 感度が良いので、X線の線量が少なくできます。 どういう事かと言うと、撮影時間が短く、体への悪影響が1/10程度で済むというのが最大の利点ですね。

 『個人の開業医で、そんなに大きいところではありません』と言いますが、うちも個人でユニッット3台のちっぽけな診療所ですが、デジタルは6年以上前から導入していますよ。 価格も今では100万を切るものもあるので決して高額な機器ではありません。 ハードレーザーよりも安いですから。

 『デジタルレントゲン以外に何につかうんでしょう』ですが、レントゲンだけでなく、口腔内の写真も最近では歯周病の説明に撮影していますから、経時的な変化を示したり、歯磨きの磨き残しを教えたりという画像のプレゼンにも使えますし、 あるいはカルテを紙でなく電子カルテ風にしていたり、 矯正であれば治療のシミュレーションや検査結果をプレゼンしたり、さまざまな利用方法はあります。

 ましてやマックはWindowsと違って繋ぐだけで互いがサーバーになるというネット上の簡易性もありますので使い勝手が良いのでしょう。

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 50% (2724/5434)

>その歯医者って、デジタルレントゲンを使っているんでしょうか。
 デジタルレントゲンは撮影する方が問題で、パソコンは関係ないですね。

>デジタルレントゲン以外に何につかうんでしょう
 レントゲン再生以外に次の用途が考えられます。
・治療の説明にレントゲン以外の参考画像を出す。
 写真とかイラスト、アニメなどを映して説明する。

・治療中、癒し系ビデオを流しているかもしれません。
 パソコンをコンピュータとして使っているとは限りません。

・点数入力?
 専用の機器もありますが、ひょっとしたら各椅子で点数入力しているのかも。
  • 回答No.3
 パソコンを何に使うか、と言う事に関してですが、既に他の方が回答されてるようにカルテの管理に使用したり、
 患者に説明をする時に使う資料を作成、などに使われてるようですよ。
 WindowsPCを使うかMacを使うかは、どうも在学中にどちらを使用していたか、で分かれているみたいです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 39% (13/33)

その歯医者がDR(デジタルラジオグラフィ)を使っているかどうかは、診察室にパソコンがあるというだけでは判断できません。

DRというのは、X線で撮影したものをデジタル信号に変換し、DICOMという専用のフォーマットで診断する(もしくはデジタルデータをいメージャーに出力して診断する)ものです。

パソコンは今流行の開業医用の簡易電子カルテ用に使っているのかもしれませんし、X線フィルムをスキャニングしてDICOMではなく、JPEGなどで見ているのかもしれませんね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 17% (16/91)

デジタルレントゲンって何ですか?
レントゲンってXを使って撮影するため、レントゲン技師がX線の洩れない部屋で、最小限のX線で撮影しなければならないのですが。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ