• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

人間の呼吸の仕組みについて

こんにちは 多分ここのカテだと思うのでよろしくお願いします。 今日の授業で使った資料集の中にあった、 『吸気と呼気の成分』というグラフの窒素についてなのですが、 吸気(吸う空気の成分)の場合は 窒素76.02% で、 呼気(吐く息の成分)の場合は 窒素76.50% になっていました。 今日の授業でも習ったのですが、人間の肺(肺胞)では 酸素を取り入れて二酸化炭素を取り出すということなので、 酸素と二酸化炭素に変化があるのは理解できるのですが、 窒素が変化(窒素の量は 吸気<呼気 ですね。) してしまうのは理解することができません。 なぜなんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4464
  • ありがとう数30

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

 大変恐縮ですが,#2さんの, >つまり、吸気から取り込まれる酸素はすべて二酸化炭素になるわけではなく、一部は水(H2O)を作るのに使われるということです。             ↑  に誤りがあります。  厳密に書くと,話の主幹がずれるので, トータルに書いた点が齟齬を生んでしまったよう です。申し訳ありません。  近年ミトコンドリアで生じる水素〔H〕が24であ る事から,少なくとも炭水化物を呼吸基質とする場 合,すべての酸素が水になります。  このことから好気呼吸式は, C6H12O6+6O2→6CO2+6H2Oから, C6H12O6+6O2+6H2O→6CO2+12H2O に改められました。  私達のミトコンドリアは,現代科学でもまだ 完璧には実現していない,クリーンな水素エンジン だったわけです。  ついでですので,24〔H〕にも,ご着目ください。 元々のグルコース(C6H12O6)に含まれる〔H〕は 12個で,24個には足りません。  式の左辺で加えた 6H2O に含まれていた〔H〕12個 も,エネルギー準位的に還元し,電子伝達系に 送っているのです。(ミトコンドリアのマトリクス)  ススや,不完全燃焼物になられたら困る炭素分は, ともかく二酸化炭素にして,早々に排出しているよ うに見えてきます。  これをトータルに見るときは,  C6H12O6+6O2+6H2O→6CO2+12H2O の, 6O2 と 6CO2 しか見ませんから,#1のような 表現になります。  失礼いたしました。  もしieyasu1121さんが,高校生の生物図表を 見られる環境にありましたら,それがご参考になり ます。無ければ,下の頁が楽しいかもしれません。

参考URL:
http://sapporo.cool.ne.jp/sakk/anime.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#24872
noname#24872

No.2です。 確かに、私の回答の書き方だとCO2の酸素とO2の酸素は同じ原子であることになってしまいますね。 呼気と吸気の成分には水は考慮されていないので、産生される二酸化炭素に含まれる酸素量と消費される酸素量はイコールにはならない、と言うつもりだったのですが、不正確な表現になってしまいました。申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#24872
noname#24872

本質的に、No.1の方と同じ内容になりますが・・・。 つまり、吸気から取り込まれる酸素はすべて二酸化炭素になるわけではなく、一部は水(H2O)を作るのに使われるということです。 呼気の湿度はほぼ飽和状態ですが、吸気の湿度は環境によって大きく異なりますから、吸気と呼気の成分を測定する場合には、双方の水蒸気を除いてから分析します。この時に、水になった分の酸素は除かれてしまうのです。 この酸素が減ることによって、窒素の相対的な割合が増加するのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

 詳しい計算は割愛させていただきますが, 食べ物(呼吸基質)による要因が一番大きいようです。  例えば脂質を呼吸基質としたとき, 呼吸商は0.7です。すなわち吸気のすべての酸素が 呼吸で二酸化炭素に変化した場合は,10Lの酸素を 吸えば,7Lの二酸化炭素を排出することとなります。  ここで,あくまで吸気内の酸素のすべてが呼吸に 利用される形で計算すると,吸気10Lにたいし, その2割を占める酸素体積2Lは,二酸化炭素1.4L に変化することとなります。  よって,吸気は10Lでも,呼気は9.4Lしか ありません。しかし,主要因だけを見れば,窒素量は ほとんど変化しませんので(窒素量80%と概数),  吸気で8L/10L=80%だったものが,呼気で は 8L/9.4L=85.1%と,割合としては 増加します。  実際は他の成分もありますし,吸気のすべての酸素 が利用されるわけでもありません。加えて,冬眠中の 熊と異なり,脂肪だけで生きているわけではなく,私 達は雑食ですので,お出しいただいた数値程度になる と思われます。  すべての要因にお答えすると,膨大になりますので, このようなお答えで失礼します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 呼吸による二酸化炭素

    人が呼吸すると、呼気と吸気で酸素濃度と二酸化炭素濃度はどれくらい変化するのですか。

  • 肺におけるガス交換

    質問の仕方が上手くできないので、箇条書きにしたいと思います。その中で適切な御享受をいただけると幸いです。よろしくお願いします。 1.肺に於けるガス交換は、肺胞と肺動脈血内の酸素及び二酸化炭素の分圧較差による拡散による 2.肺胞内も肺動脈血内も含有気体の圧力は同じ1気圧になる。 3.ある書では、イメージ的に酸素が抜けた空間に二酸化炭素が入り込む。拡散以外に外圧が加わらないため、肺胞内・肺動脈血内を1気圧に保つという観点からもこの考えはあっていると個人的に思っている。 4.と、ここで矛盾が、ガス拡散能は、二酸化炭素の方が酸素より約25倍速いとありますが、二酸化炭素が肺胞内に入り込むための隙間は、酸素が抜けた空間であるため、いくら拡散能がよくても、二酸化炭素が肺胞に入るためには、酸素のガス交換が行われた後でないといけないのではないか? 5.この考え方でいくと、ARDSや肺線維症の肺において、ガス拡散能の差から酸素のガス交換はできないが、二酸化炭素のガス交換は行われる。すなわち、これらの病態では、PaO2は正常より低下するが、PaCO2は正常値のままであると大抵の書にはかかれているが、酸素の拡散が行われないことには、二酸化炭素の拡散も何らかの外圧がかからない限り不可能なのではないかと考えてしまいます。 6.理解しがたい質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 呼吸の仕組みについて

    呼吸についてかなり前に習ったのですが、どうしても理解できないところがありまして質問させていただきます。 電子伝達系は酸素がないととまってしまいます。(当然ですが) しかし、(酸素を使わない)クエン酸回路も酸素がないと反応停止してしまうそうです。 反応式→2ピルビン酸+6水→6二酸化炭素+20[H]+2ATP なぜですか? (一応資料集の図から判断して、酸素がないと還元型補酵素(NAD・[H])が取り出せないから? なんて思っていますが、多分間違っていますから、無視してください。)

  • 呼気の成分

    呼気で風船を膨らませて液体窒素に入れました。呼気は液体になりました。もし呼気の大部分が二酸化炭素だったらドライアイス(粉末)になると思うので、液体の成分は空気とあまり変わらない窒素と酸素なのでしょうか。ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 酸素の量

    この問題の答え 解説を教えてください。 窒素は肺で吸収も排出もされないとすれば、人は1日に何リットルの酸素を取り入れているか。答えが少数になる時は四捨五入して整数で答えなさい。ただし人の呼吸は1分間に平均12回、一回の呼吸で出入りする気体は0,5リットルとする。 空気中 窒素78 酸素21 二酸化炭素0,032  呼気中 窒素78 酸素16 二酸化炭素4 単位は体積% すみませんがよろしくお願いします。

  • 呼気の量と吸気の量

    こんにちは。子供向けの「君の疑問に答える」コーナーで「動物は空気を吸って、酸素を体に取り込み、残った酸素や二酸化炭素をはきだしているんだよ。そのためはく息の方が吸う息よりも少ないんだ。」と載っていました。このことについての解説を知りたいのですが、ご存知の方、よろしくお願いします。(動物とは人間も含むのか?自分で調べると、呼気>吸気ではないのか、と思えるのですが)

  • 酸素解離曲線について。

    生物Iの問題です。 (『第一学習社セミナー生物I』) 下の2問の違いを教えてください。 (1)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 すべてのヘモグロビンのうち、何%が組織で酸素を離すか。 この問題の場合、グラフより 肺胞における酸素ヘモグロビンの割合が95%で、組織における割合が30%なので、引いて、65%が答えなのは、納得できました。 (2)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 酸素ヘモグロビンのうち、何%が組織に酸素を与えるか。 (1)と(2)は 問題が途中まで同じで どうして (2)の方は 酸素解離度の公式 (肺胞-組織)HbO2% / 肺胞HbO2% ×100 で求めるのかが、わかりません。 よろしくお願いします…!

  • 呼吸時の酸素と二酸化炭素の出し入れ

    息を吸う時は主に酸素を吸って、息を吐く時は主に二酸化炭素を吐くみたいですが、どうして酸素が二酸化炭素に変わったのでしょうか? 普通に考えたら吸った酸素はそのまま吐き出される気がするのですが・・・

  • 肺胞気酸素分圧の求め方

    今、期末試験の勉強をしているのですが肺胞気酸素分圧の求め方が分かりません。 今やっている例題は 肺胞気の組成を測定したところ、酸素15.9%、二酸化炭素4.9%、窒素79.2%であった。 1気圧は760mmHg、37℃の飽和水蒸気圧は47mmHgとするとき、肺胞気酸素分圧を計算しなさい。 と、言うものです。 公式から全部わかりません。 どなたか教えてください。お願いします。

  • 人間の呼気中にも一酸化炭素が含まれるのはなぜ?

    人間が吐く息にも1ppmほどの一酸化炭素が含まれていると本で読みました。 大気中にはCOは1ppmもないので、生体内で発生したものだと思いますが、これはなぜでしょうか? 酸素を吸って、二酸化炭素を吐くという過程で、微妙な不完全燃焼が起きているということでしょうか? 1ppm程度なのでまったく問題にはなりませんが、呼気中にも含まれるというのが気になりました。