• ベストアンサー
  • 困ってます

呼吸  ガス分圧について

呼吸  ガス分圧について 大気で窒素600mmhg 酸素160mmhg 吸入気で水蒸気圧47mmhg 窒素553mmhg 酸素160mmhg。なぜ窒素だけ変化するのでしょうか?また肺胞気にて酸素は静脈血酸素の40mmhgとの拡散,平衡により(160+40)/2=100mmhgとなるのですか? 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1225
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • okormazd
  • ベストアンサー率50% (1224/2411)

#1です。 563+150+47=760mmHg で,結果としてはそういうことですね。 760mmHgで入っても,水蒸気で薄められるとでも考えてください。全圧が760mmHg一定なので,水蒸気分の体積が増えないといけないのです。それで空気の分は713mmHgになります。,

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • okormazd
  • ベストアンサー率50% (1224/2411)

どこの生物学か知りませんが, 「大気で窒素600mmhg 酸素160mmhg 吸入気で水蒸気圧47mmhg 窒素553mmhg 酸素160mmhg」 間違いでしょう。気道で水蒸気が47mmhgで飽和になるなら,それぞれ次の計算です。 窒素:600-600/(600+160)*47=563mmHg 酸素:160-160/(600+160)*47=150mmHg 「肺胞気にて酸素は静脈血酸素の40mmhgとの拡散,平衡により(160+40)/2=100mmhgとなる」 これは,簡便な計算ではないでしょうか。でも,160というのは150の間違いだと思います。吸入気の150mmHgと,静脈血の40mmHgが平衡になったときは,肺胞気の酸素分圧と静脈血の酸素分圧(ここで動脈血の酸素分圧になるわけだが)が等しくなるとした計算で,簡単に,(150+40)/2=95mmhgとしたものでしよう。これには,CO2の分圧も影響するので,こんな計算はあまりしないのではないでしょうか。肺胞気の酸素分圧を100mmHgにするために,150→160に間違えて,この計算式を採用したとか。 この計算式はともかく,下記を参照してみましょう。 http://www.eonet.ne.jp/~hidarite/ce/kokyuu01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考になりました。気道にはいるとき760mmhgの大気は、もともとある気道内の水蒸気圧47mmhgのため713mmhgしか流入しないということですか?すいません。おしえてください

関連するQ&A

  • 肺胞気酸素分圧の求め方

    今、期末試験の勉強をしているのですが肺胞気酸素分圧の求め方が分かりません。 今やっている例題は 肺胞気の組成を測定したところ、酸素15.9%、二酸化炭素4.9%、窒素79.2%であった。 1気圧は760mmHg、37℃の飽和水蒸気圧は47mmHgとするとき、肺胞気酸素分圧を計算しなさい。 と、言うものです。 公式から全部わかりません。 どなたか教えてください。お願いします。

  • 酸素分圧について

    呼吸器について質問です。一般的な大気圧では吸入気の酸素分圧は760mmHg×20.9%=158.8mmHgですが、上軌道を通過した吸入気空気の酸素分圧は(760mmHg-47mmHg)×20.9%=149.0mmHgと学びました。この47mmHgは飽和水蒸気圧ということは分かりましたが、どうして、こういう式なのでしょうか?水蒸気圧が飽和されることで「その他」から独立したと私は考えられると思うので、一般的大気圧で上気道を通過した酸素分圧を19.6%位に下げた数字での式にしなかったのでしょうか?できないのでしょうか?そして、動脈血酸素分圧と上気道を通過した酸素分圧の差は二酸化炭素分圧で説明ができるそうですが、先の式で説明の方法を準じて自分で考えてみたら(760mmHg-47mmHg-50mmHg)×20.9%=138.5mmHgと100mmHgにはほど遠いのですが、なぜでしょうか。動脈血と大気圧の1気圧は水銀圧では設定が違うのでしょうか。私の考え方が間違っているのでしょうか。この講義はその日だけのもので講師との連絡は取れません。

  • 酸素解離曲線について。

    生物Iの問題です。 (『第一学習社セミナー生物I』) 下の2問の違いを教えてください。 (1)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 すべてのヘモグロビンのうち、何%が組織で酸素を離すか。 この問題の場合、グラフより 肺胞における酸素ヘモグロビンの割合が95%で、組織における割合が30%なので、引いて、65%が答えなのは、納得できました。 (2)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 酸素ヘモグロビンのうち、何%が組織に酸素を与えるか。 (1)と(2)は 問題が途中まで同じで どうして (2)の方は 酸素解離度の公式 (肺胞-組織)HbO2% / 肺胞HbO2% ×100 で求めるのかが、わかりません。 よろしくお願いします…!

  • 二酸化炭素分圧について

     大気圧から上気道圧までは二酸化炭素分圧について計算されていなかったが、肺胞に行くと今まで「その他」によけられていたであろう二酸化炭素分圧がなぜか40mmHgで存在しており、静脈血の二酸化炭素分圧を調整している。どうして、急に肺胞気の二酸化炭素分圧が40mmHgで存在しているのですか?呼吸し始めた頃から調整されて一定に保たれているのですか?

  • 吸入気窒素分圧肺胞気窒素分圧動脈血窒素分圧医学系

    吸入気窒素分圧肺胞気窒素分圧動脈血窒素分圧 医学系の成書によると、大気の窒素分圧は760*079≒160、吸入気窒素分圧は飽和水蒸気発生し(760-47)0.79≒563、肺胞気は760から(PAO2+PACO2+PH2O)を差し引いたものとあり760-(100+40+47)≒573とあります。 窒素ガスは生体内では不活性なため出入りがないため、肺胞気=動脈血=静脈血ともあります。 気道から肺砲にたどり着くと窒素分圧が増加する???。どう解釈したらよいのでしょうか。 PAO2は(760-47)0.21-(40/0.8)、PACO2は0.863( VCO2/ VA)=0.863(200/4.3)から求めています。 (圧単位はmmHg、VCO2はVドットCO2、VAはVドットAです) なお、この質問はカテゴリ間違え、以前物理学で質問しました。

  • 吸入気窒素分圧肺胞気窒素分圧動脈血窒素分圧

    医学系の成書によると、大気の窒素分圧は760*079≒160、吸入気窒素分圧は飽和水蒸気発生し(760-47)0.79≒563、肺胞気は760から(PAO2+PACO2+PH2O)を差し引いたものとあり760-(100+40+47)≒573とあります。 窒素ガスは生体内では不活性なため出入りがないため、肺胞気=動脈血=静脈血ともあります。 気道から肺砲にたどり着くと窒素分圧が増加する???。どう解釈したらよいのでしょうか。 PAO2は(760-47)0.21-(40/0.8)、PACO2は0.863( VCO2/ VA)=0.863(200/4.3)から求めています。 (圧単位はmmHg、VCO2はVドットCO2、VAはVドットAです)

  • 酸素解離曲線

    問4(1)e 二酸化炭素分圧が低いほうがヘモグロビンは酸素と結びつきやすくなる。すなわち酸素ヘモグロビンの割合はたかくなりグラフは左にシフトする。よって図の左の曲線が二酸化炭素分圧40mmHgのグラフである。 肺静脈中には動脈血が流れている。酸素分圧が100mmHgで二酸化炭素分圧が40mmHgの点を読めばいい。とあったのですが 肺静脈は肺から出てくる血管なので、酸素分圧 酸素ヘモグロビンともに高い 動脈中では二酸化炭素分圧が低い ということでしょうか? (2)69% 静脈血での酸素ヘモグロビンの割合は、酸素分圧が30mmHgで二酸化炭素分圧が70mmHgの点aで30%。動脈血での酸素ヘモグロビンの割合が(1)のe点で97%なので、97-30=67%。問われているのは酸素ヘモグロビンのうち何%かということなので、67/97×100≒69%となる。とあったのですが 静脈血での酸素ヘモグロビンの割合は、酸素分圧が30mmHgで二酸化炭素分圧が70mmHgの点aで30% の部分がわかりません。なぜ30mmHg、70mmHgになるんでしょうか?

  • 酸素解離曲線

    動脈血(酸素分圧 100mmHg)1dLが組織に到着してから静脈血(酸素分圧 40mmHg)として心臓に向かうまでに 組織に供給した酸素量(ヘモグロビンが運んだ酸素と血液中に溶解して運ばれたものの総量)はいくらか? 酸素血液中のヘモグロビンの量 15g/dL 1gのヘモグロビンは1.34mLの酸素と結合する 酸素の血液への溶解度 0.03mL/L/酸素分圧mmHg ヘモグロビンの飽和度 動脈血中 97% 静脈血中 75% これの解き方なんですが (15 × 1.34 × 0.97) + (0.03 × 0.1 × 100) から (15 × 1.34 × 0.75) + (0.03 × 0.1 × 40) を引くのであっていますか? 解答がなくて答え合わせが出来なくて困っています。 あと酸素の血液のへの溶解度の式が自信無いのですがこれで合っているのでしょうか?

  • 蒸気圧の問題・・・

    わからなかったので、どなたかわかる方いましたら教えてくださいm(__)m →98℃での水の蒸気圧は720mmHg、アニリンは40mmHgです。集めた水1gあたりどれだけのアニリンが水蒸気蒸留されているでしょうか?? 水よりもアニリンのほうがたくさん出ている事になるのでは?と思ったのですが。。。

  • 化学の質問です。。

    化学の質問です。教えてください! 問題) アルケンCnH2nがある。過剰な酸素とともにある容器に詰め込んで、圧力を100mmHgに保った。 アルケンを完全燃焼させて、反応後の容器の圧力を調べると105mmHgになっていた。この時酸素の分圧は65mmHgを示した。 nに適切な数値はいくつか? ただし、反応前後で温度変化はなく、この温度での水の蒸気圧を27mmHgとする。 CnH2n+ (3/2)nO2→nCO2+nH2O 反応終了後のCO2は13mmHg, H2Oは27mmHg で… この先何をしていいか全くわからないので教えてください!!お願いします。。