• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

二酸化炭素分圧について

 大気圧から上気道圧までは二酸化炭素分圧について計算されていなかったが、肺胞に行くと今まで「その他」によけられていたであろう二酸化炭素分圧がなぜか40mmHgで存在しており、静脈血の二酸化炭素分圧を調整している。どうして、急に肺胞気の二酸化炭素分圧が40mmHgで存在しているのですか?呼吸し始めた頃から調整されて一定に保たれているのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1845
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • USB99
  • ベストアンサー率53% (2221/4130)

なんでA-aDO2の計算に、酸素と関係ない二酸化炭素を計算に入れるか考えてみましたか?とばして考えずに、まずは呼吸商の定義から二酸化炭素濃度/呼吸商が何を示しているかをまず、考えてください。 C6H12O6(ブドウ糖)+6O2→ 6H2O+6CO2+エネルギー において、使われた酸素を計算する代わりに、生成された代謝水やエネルギーをみてもいいのですが、生成される炭酸ガスをみれば消費された酸素量がわかります。この場合は、6個の酸素分子が6個の炭酸ガスを作るので呼吸商は1になります。 A-aDO2の計算において、炭酸ガス濃度を計算するのは消費される酸素量を評価するためです。よく考えてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 返事が遅く、お礼でなく再質問ですみません。呼吸商は三大栄養素のO₂消費量とCO₂産生量の割合平均であり、産生PCO₂から消費PO₂を求める数値である。つまり、760mmHg下で一般的な日常生活を送っていると、50mmHgの酸素を消費して40mmHgの二酸化炭素を産生しながらエネルギーを作っている。ということですか?そして、活動強度が強くない運動時の肺胞気のPCO₂が40mmHgであるのは、体内pHが安定するように呼吸を操作されているためですよね?

関連するQ&A

  • 二酸化炭素の分圧について

    大気中には0.03%の二酸化炭素が含まれている。 純水に対する二酸化炭素の溶解度は・・・・ という問題で、二酸化炭素の分圧を求めるんですが、答えを見たら 1×3×10^-2×10^-2=3×10^-4[気圧] となっていました。 最後に10^-2をかける意味が分かりません。 溶解度が出てくる問題だから10^-3をかけるのかな??と思ったのですが・・ 教えてください!お願いします!

  • 酸素解離曲線について。

    生物Iの問題です。 (『第一学習社セミナー生物I』) 下の2問の違いを教えてください。 (1)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 すべてのヘモグロビンのうち、何%が組織で酸素を離すか。 この問題の場合、グラフより 肺胞における酸素ヘモグロビンの割合が95%で、組織における割合が30%なので、引いて、65%が答えなのは、納得できました。 (2)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 酸素ヘモグロビンのうち、何%が組織に酸素を与えるか。 (1)と(2)は 問題が途中まで同じで どうして (2)の方は 酸素解離度の公式 (肺胞-組織)HbO2% / 肺胞HbO2% ×100 で求めるのかが、わかりません。 よろしくお願いします…!

  • 酸素解離曲線

    問4(1)e 二酸化炭素分圧が低いほうがヘモグロビンは酸素と結びつきやすくなる。すなわち酸素ヘモグロビンの割合はたかくなりグラフは左にシフトする。よって図の左の曲線が二酸化炭素分圧40mmHgのグラフである。 肺静脈中には動脈血が流れている。酸素分圧が100mmHgで二酸化炭素分圧が40mmHgの点を読めばいい。とあったのですが 肺静脈は肺から出てくる血管なので、酸素分圧 酸素ヘモグロビンともに高い 動脈中では二酸化炭素分圧が低い ということでしょうか? (2)69% 静脈血での酸素ヘモグロビンの割合は、酸素分圧が30mmHgで二酸化炭素分圧が70mmHgの点aで30%。動脈血での酸素ヘモグロビンの割合が(1)のe点で97%なので、97-30=67%。問われているのは酸素ヘモグロビンのうち何%かということなので、67/97×100≒69%となる。とあったのですが 静脈血での酸素ヘモグロビンの割合は、酸素分圧が30mmHgで二酸化炭素分圧が70mmHgの点aで30% の部分がわかりません。なぜ30mmHg、70mmHgになるんでしょうか?

  • 炭酸カルシウムの二酸化炭素解離圧について

    すみません、炭酸カルシウムの二酸化炭素解離圧は900℃で大気圧と同等になるようなのですが、 解離圧が周囲の二酸化炭素の分圧を超えた時点で、 分解して酸化カルシウムになるのではないでしょうか? つまり、換気さえ行っておれば、900℃まで加熱しなくても、 解離圧がCO2、0.03%分の、約0.0003atmに達する温度で、 分解できると思います。 つまり何が言いたいかというと、 個人でも十分、作れるレベルではないかということです。 それとも、解離圧0.0003atmと1atmになる温度に大差は無いのでしょうか? もしあまり差が無いなら意味ありませんね。

  • 森林の保全と二酸化炭素

    炭素の保存という角度から森林を見ると、森林の抱える植物の質量は、炭素の量に比例し、それは、光合成による二酸化炭素の吸収量に比例する。 しかし、一方、植物は呼吸により二酸化炭素を排出し、また腐敗、火災による燃焼、酸化により、二酸化炭素を空中に放出します。 つまり、森林の抱える植物の質量が一定であれば、森林の吸収する二酸化炭素と森林から出る二酸化炭素の量は一定だということになります。 この理論は正しいのでしょうか。つまり、森林の存在そのものは、過去に二酸化炭素は吸収したが、今後森林の規模が一定であれば、森林の存在そのものは、二酸化炭素の減少には寄与しないことになります。 森林を伐採して、植物のない土地に変えた場合、伐採した植物の相当量の二酸化炭素が将来増える。ということでいいのでしょうか。 この場合、世界の全ての植物を伐採し、地球を禿山にしたと仮定すると、どれだけのパーセントの二酸化炭素が増加するのでしょうか。 現実にはありえないことで、考えたくありませんが、ひとつの理論的叩き台として把握しておきたいと思います。

  • 栄養と二酸化炭素

    現在、看護師として働いております。 呼吸不全で二酸化炭素がたまってしまう患者がいるのですが、 カロリーが高いと、二酸化炭素を産生してしまうため、カロリーダウンした指示を医師はします。 ・栄養(カロリー)が増すと、体内の二酸化炭素は増えるのでしょうか?もちろん、喚起回数を増やせば体内の二酸化炭素は減るのですが・・・それ以前の話です。 ・二酸化炭素が増えるのであれば、どういう過程を経て、二酸化炭素になるでしょうか?教えてください。

  • 二酸化炭素はなぜ上空に?

    こんにちは。よくわかっていないので教えてください。 どうして二酸化炭素は上空に溜まるのですか?対流しているなら二酸化炭素の濃度は上空地表とも一定にならないのでしょうか? あと、二酸化炭素によって地表からの熱がはね返るなら、地表に太陽からの熱が到達する前に、上空の二酸化炭素ではね返されてしまうということはないのでしょうか? 質問がへたですが、真剣です。どうかよろしくお願いいたします。

  • 光合成と呼吸での二酸化炭素と酸素それぞれの総排出量

    Twitterにて「植物の光合成と呼吸による二酸化炭素と酸素は、植物が吸収している二酸化炭素の方が多く、酸素の排出量が二酸化炭素の排出量より多いため、植物しか存在しない場合将来的に二酸化炭素の排出量は±ゼロになる」 とあったのですが、本当でしょうか? 植物は暗呼吸と光呼吸をするため、呼吸の方が頻度が高いので二酸化炭素の排出量の方が多いと自分は思っています。 文章が読みづらくて申し訳ありません。

  • 二酸化炭素・酸素について

    二酸化炭素→自然の中で大気中に二酸化炭素を供給しているのは、何のはたらきによるものか教えて下さい。 酸素→呼吸で使われる酸素は大気中にあるが、それを供給しているのは、何のはたらきによるものか教えてください。 簡単な質問かもしれませんが教えてください。。

  • 肺胞気酸素分圧の求め方

    今、期末試験の勉強をしているのですが肺胞気酸素分圧の求め方が分かりません。 今やっている例題は 肺胞気の組成を測定したところ、酸素15.9%、二酸化炭素4.9%、窒素79.2%であった。 1気圧は760mmHg、37℃の飽和水蒸気圧は47mmHgとするとき、肺胞気酸素分圧を計算しなさい。 と、言うものです。 公式から全部わかりません。 どなたか教えてください。お願いします。