• ベストアンサー
  • 困ってます

隣地との高低差

隣地との高低差で困っております。 我が家の隣は、社宅でした。この社宅のグランドレベルは、我が家のグランドレベルより1m程低く、コンクリート製の擁壁で我が家の敷地に接していました。 このほど、この社宅が開発業者に売却され、譲り受けた開発業者は、この社宅を取り壊し、宅地造成を始めました。この際、我が家との境界にあった擁壁(社宅のもの)も取り壊され、高さ1 m程の崖ができています。このままこの崖を放置されますと、土壌が流出し、私の家、特に基礎等がダメージを受けないか心配です。特に、これから梅雨、台風と雨の季節を迎え、不安が募ります。このような場合、擁壁の建設を開発業者に要求することは可能でしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1221
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

現状はどうなっているのでしょうか? 開発する方の立場としては 擁壁を壊すとなると やはり土砂の流出が懸念されます それは購入する方にとっても一緒で 不安材料になります つまりは 売りにくいと言うことですよね 私が 業者だったら そのままにするか 擁壁を やり直すかどちらかです 擁壁を壊すのもお金がかかるのです それをわざわざ壊すということは 擁壁をやり直すつもりなのではないでしょうか? (あくまで推測ですけど) 開発業者に 擁壁は作り直すのかだけでも聞いてきたら いかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答有り難うございます。 私も、基本的には話し合いで解決すべきものだと思うのですが、先方と接触しようとしても、「分かる者がいない。」、「担当者が不在。」なもので、疑心暗鬼気味なのです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

擁壁は,高い方の土地を守っているわけですから,高い土地の方が所有(設置)し,管理することが通常です. 崩れて隣地へなだれ込んでしまった場合,あなたの家の損害を要求できるどころか,隣地の被害への賠償責任はあなたの方に発生すると思います. あなたの敷地内であなたが擁壁をつくことが常識の範囲内のことだと思いますが,今回はもともと低い土地のほうに擁壁が属していたとのことですので,その開発会社と話し合ってみる余地はあると思います.費用をいくらか負担してもらえれば好都合,程度です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答有り難うございます。 私も、基本的には話し合いで解決すべきものだと思うのですが、先方と接触しようとしても、「分かる者がいない。」、「担当者が不在。」なもので、疑心暗鬼気味なのです。

  • 回答No.1

基本的に話し合いですが、高い方が低い方に土砂等の流出がないようにするのが通例だと思います。 高い方から低い方にモノが流れないようにする配慮が必要だからですが、どの部分(境界線上かどちらかの所有地か)に擁壁を作るか費用をどうするかが、話し合いだと思いますよ。 今まであったのが先方だとして、質問者さんの所有物を保護するように要求するのは難しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございます。 私も、基本的には話し合いで解決すべきものだと思うのですが、先方と接触しようとしても、「分かる者がいない。」、「担当者が不在。」なもので、疑心暗鬼気味なのです。

関連するQ&A

  • 日照権(高低差のある隣地の造成・建築)

    自宅に隣接する南側の一連の土地に住宅数区画分の造成計画が持ち上がっています。 土地は第1種低層住居の土地です。 我が家に隣接するその土地は、土地の中ほどで段差がつき、我が家の地盤より1~1.5mほど高くなっています。 また、その計画されている住宅の出入りに使われる東側の道路は、隣地の高いほうの地盤よりさらに50cm程度高くなっています。 造成を担当する業者は、この東側の道路の高さを基準に、隣地に盛り土をして造成をすると言っており、我が家の境界に2m強の擁壁ができることになるということです。 造成の時点で我が家の地盤面から2m以上のギャップができ、さらに工事が進んで住宅が建つとなるとおそらく8m前後の「壁」が南側にできると思われます。 当然同じ2階建てでも我が家よりも高い位置に住宅が出来上がると考えられます。 それはいくらなんでもひどいと思い、日照権について調べてみたのですが、このようなケースではどうなるのかがいまいちはっきりしません。 北側斜線や絶対高さの規制はあくまでも造成完了後のすでに2m高くなっている隣地の地盤面を基準に考えられるのでしょうか? 我が家を含め北西側に位置する住宅はみな同じ2m低い地盤面にたっていますが、この2mの高低差は日照に関係する規制には意味をなさないのでしょうか? また、このような場合の建物の高さの問題では、造成業者には話をしても何も改善しないものなのでしょうか? 造成後の建築業者の方に話をすべきものなんでしょうか? 造成業者になんとか擁壁を低くする工夫をして欲しいと言っても「コスト的に合いませんので…」と軽くあしらわれてしまっています。 市の窓口に相談しても「造成時では将来的な高さの問題は想定しないということで現時点での違法性が無い限りなんともしようがありません」的なことを言われました。 日照や通風など少しでも条件を改善すべく、何かよいアドバイスなどありましたらお願いいたします。

  • 隣地境界線に沿ったRC擁壁について

    擁壁について良くわからないため教えてください。(宅地造成規制区域内です) 現況地盤は隣地と同レベルです。隣地より、2.3m掘り下げて駐車スペースにする予定なのですが、(駐車場の奥に擁壁を回し宅地とします。)隣地側は住宅が建っています。 駐車スペースを広く取りたいがため、擁壁を可能な限り隣地境界に寄せたいのです。(敷地は前面道路より2.3m高く、道路側が法面です) その場合、2.3mの崖を逆L型擁壁でささえることになると思うのですが、擁壁背面側の施工スペース確保が必要なため、やはり隣地境界線から一定距離開けるしか方法はないのでしょうか? その場合最低どの程度離れが必要でしょうか。 また、プレキャスト擁壁であれば、ある程度寄せられるかもと考え調べてみましたが、大臣認定を取得した擁壁としてはL型、逆T型擁壁はありましたが、逆L型擁壁は見つかりませんでした。逆L型の認定品はやはりないのでしょうか。ぜひご教示願います。

  • 隣地の盛り土と境界ブロックについて

    20数年前にひな壇造成の土地を購入しました。南側の隣地は原野で、我が家より60~80cm高くCB(幅15cm)で土止めをしてあります。中に鉄筋が入っているか否かは判りません。隣地との境界杭は明示されており、CBの中央よりやや隣地側にあります。購入時にこのブロックについて質問したところ、「隣地の所有者との間にはっきりとした文章は交わされておらず共有構造物で、なにかあれば当事者の話し合いで」との説明を受けています。 最近、所有者が転売して不動産屋が宅地に造成する計画があると知りました。まだ売買されてはいませんが、不動産屋が調査にきて盛り土をして造成する予定だと申しました。私は境界ブロックは共有なので、勝手に盛り土することはできない筈だと申しましたところ、人の土地について口を出すなと私をクレーマー扱いします。こっちはこっちで勝手にやると話し合いにもなりません。しかも、調査のために私の敷地で無断進入です。直ぐに所有者に連絡して、当の業者は介在させないように依頼しました。聞いてもらえるかどうかは判りませんが。 私の考えでは、宅地に転用するならば、現在のブロック塀は撤去して、境界線で擁壁を新たに造成するのが筋だと考えますがいかがでしょうか?転売されて不動産屋が造成工事を勝手に始めてしまった場合、当然中止を申し込みますが、聞き入れてもらえない場合は裁判所に差し止め請求を出す以外に方法はありませんか? よろしくお願いいたします。 蛇足ですが、先の不見識な不動産屋は20数年前に我が家を造成した業者の関連の者でした。そして、我が家は地盤の不当沈下を起こして基礎の補強を行い建て替えました。さらに、我が家の反対側の擁壁はクラックが入り補強工事も行いました。この業者にはもう顔も見たくないのですが…。

  • 隣地の宅地造成

    実は昨日始めて隣地(6,000m2以上)の宅地造成(造成のみ)の説明が業者よりおこなわれました。 私の土地の境界線の所に擁壁をたてる計画になっているようです。その擁壁とは、東に4m〜4.2m、南側に3.1mというものです。 この地域は、第1種低層住居専用地域なのでこの方角にこの高さの擁壁が建つことにより、日当たりが断絶、風通しについても全くと言ってもいいほどなくなります。 計画では、擁壁の上側は、道路の予定のようです。 このよう場合、少しでも改善されるようないい方法や相談を受けて頂ける方はいないでしょうか? 今後の生活を考えると、非常に不安になります。

  • 隣地の宅地造成中、(おそらく業者に)境界杭を抜かれた。

    現在不動産業者が宅地造成中の隣地は自地より高いため、自地内に擁壁(高さ1~2m)があり、境界杭は擁壁の外側にありました。杭は、不動産業者、私、測量士立会いの下で確認し、測量図の写しももらっています。その際、不動産業者は、「宅地造成のため、境界杭を抜くことはしないし、仮に抜くにしても立会いを求める」と言っていました。その後、工事が始まり、今日、何気なく擁壁に登って見ると、隣地は掘り起こされ、擁壁がむき出しにされていました。つまり、境界より控えて擁壁が作られている数cm分、自地を勝手に掘り起こされ、また、境界杭があったはずの土地も掘り返され、杭がなくなっていました。 とりあえず、不動産業者に事情説明を求め、「測量士による境界杭の復旧とその際の立会い」は、要求したいと思いますが、その他、私としては、どういった対処をすればいいのでしょうか。 また、これまで土に隠れていた擁壁の裏側には、鉄筋が1・2cm擁壁から飛び出ているところが何本もあるに気づきました。それが境界を越えるほど飛び出ているわけではないのですが、今後、隣地に住宅が建ち、その住人が飛び出ている鉄筋で怪我などした場合には、私の安全管理責任が問われることもあるのでしょうか。そうならないように、今できることはあるでしょうか。 質問が2つになってしまいましたが、片方だけでも結構ですので、お知恵をお貸しください。お願いします。

  • 宅地の土留めについて(高低差50cm)

    宅地造成済みの土地を購入し新築を検討しております。 東側の土地が50cm低くなっており、土留め(擁壁)を施工する予定です。 東側の隣地境界から約1mの位置に住宅の外壁がくるような配置になります。 高低差50cmの場合にどのような工法が良いのでしょうか? (1)CBブロックを3~4段積み(120mm厚) (2)現場打ちのコンクリート擁壁(L型) (3)2次製品のL型擁壁 が考えられますが、強度、耐久性、費用の面から迷っております。 東海地方なので地震に対する強度も確保したいところです。 計算上、建物荷重が土留めに及ぼす影響は少ないと思います。 よろしくお願いします。

  • 未認可擁壁での苦悩

    山を切崩し開発した宅地の建売10棟のうち1棟を購入して住んでいます。この宅地は隣地より2.5~3m低く、擁壁で土留めしています。 購入してまもなく10棟のうち3棟が隣人(従来からの住人)から訴えられました。 内容は「擁壁が宅地法で決められた方式でないので造り替えろ。」とのこと、建替え、増築も制限を受けたともいってます。 この方は、造成中に他の被害にあって開発業者を訴えていますが、擁壁のことは、その調査中に判明したと言っており販売業者に内容証明郵便を送っています。 しかし、販売業者はその事実を説明することなく我々に売却しました。 私はこの3棟ではなく、訴えられているわけではありませんが、10棟は共に同じ擁壁を有しているため、いつ訴えられるかわかりません。 販売業者に確かめたところ、「宅地法は40年も前の法律。今回の擁壁は新技術を使っており、安全性に問題ない。」という回答をするのみで相手にしてくれません。 とある不動産屋に売却の見積もりを頼んだところ、「扱えません」との回答です。 この資産価値もなくなってしまった物件を販売した業者に対し、何が要求できるのか、又、今後の対処の仕方について何か良い方法があれば教えていただきたく。

  • 土地の境界のブッロクが埋め立てられること

    開発業者から、我が家の土地の隣地(元は田んぼ)を宅地造成するため我が家の石垣(ブロック)が見えなくなるよう埋め立てることの同意書への押印を求められています。拒否できるのでしょうか。または、ブロックが土で埋まってしまうことを了承する代わりに、フェンスを開発業者の全額負担で建設することを求めることは可能でしょうか。

  • 土地に関する隣地とのトラブルについて法的なことを教えてください。

    土地に関する隣地とのトラブルについて法的なことを教えてください。 定年退職を機に今住んでいる家を売って、小さめの中古のマンションでも購入 しようと思っていたのですが、一段高くなっている隣の土地の擁壁に問題があ り、通常の相場より安い査定を受けました。 言い方は変ですが、「隣のせいでうちの土地の価値が下がった!」と、損害を 賠償することはできるのでしょうか? 以下ポイントのまとめです。 1.本来隣の家との高低差は1.6mほどであった。  (擁壁はブロック作り、以降「擁壁B」、当方宅建築時、25年前) 2.当方宅建築時には隣の家は建てられていなかった。(25年前) 3.隣の家を建築したのは業者。(建売) 4.建売業者が役所に申請したのは、擁壁高1.6m。 5.その後なぜか1mほど土を盛って擁壁を作り、その上に家を建てた。  (1mの擁壁はブロック作り、以降「擁壁A」) 6.擁壁Aと擁壁Bはツラになっておらず、上にあるBが下にあるAよりも10~15cm  ほど後ろにさがっている。(つまり段差がある。) 7.この内容を役所に確認したところ、1.6mの擁壁の上に、1mの擁壁があるとい  う扱いではなく、「2.6mのブロック擁壁」(以降「擁壁C」)という扱いにな  るとのこと。 8.よって、当方宅地に新たに建物を建てる場合は、擁壁Cを現在の基準を満たし  たコンクリート作りのものに変えるか、擁壁Cから規定の距離離したところに  建築しなければならないとのこと。 9.これにより、この土地を買う方は、700万円ほど自腹を切って擁壁Cを作り変  えなければならない。  (擁壁Cから離して建てるのはスペース上無理なため) このようなことで、本来2600万円ほどの査定を受けるはずの土地が、1900万円 になってしまいました。 前置きが長くなってしまい申し訳ございません。 このような場合どうしたら良いのでしょうか? 隣の方に損害を賠償してもらう?(700万円の支払いを求める)もしくは、新た な擁壁を作ってもらう? 違法な申請をした建売業者に損害を賠償してもらう?それとも、行政から違法 行為を働いた建売業者に、現在の基準に合ったものを作り変えさせる? それとも、私と隣の方で折半? ・・・・・全てダメなら・・・・泣き寝入りでしょうか・・・・? 本当にどうして良いかわかりません。 このような場合どのようにして良いかご存知でしたらお教えください。 どうぞよろしくお願いいたします。 ※ イラストを添付します。右側が当方宅地、左側の上が隣地です。

  • 隣地と高低差のない場合の土留めの設置

     東面道路の土地を購入し,これから自宅の建築,外構工事を予定しております。西側との境界についての質問です。  OK waveや他のサイトで質問されているのは,隣地と高低差がある場合の敷地内外での土留めの設置義務についてですが,この度は高低差がなく,土砂の流出の危険がない場合のことです。  西隣の土地所有者は,最近境界ぎりぎり外側に土留めが設置を行い,当方は新たに土留めを設ける必要性がないと考えておりましたが,土留めを工事に際し「利用」するなら,相手方の土留め及び擁壁の設置費用を折半してほしいとのことでした。境界線上に土留めがあるならともかく,境界外に土留めがあり,その依頼は受け入れられず,代替案として当方も境界ぎりぎり内側に土留めを打つことを提案しました。これが最終的な妥協案と思いますが,皆様はいかにお考えでしょうか。  「利用」の意味を問いただすことができなかったのですが,細かく起き得る可能性を想定した場合,息が詰まって近所づきあいにひびが入りそうです。