• ベストアンサー
  • 困ってます

隣地境界線に沿ったRC擁壁について

擁壁について良くわからないため教えてください。(宅地造成規制区域内です) 現況地盤は隣地と同レベルです。隣地より、2.3m掘り下げて駐車スペースにする予定なのですが、(駐車場の奥に擁壁を回し宅地とします。)隣地側は住宅が建っています。 駐車スペースを広く取りたいがため、擁壁を可能な限り隣地境界に寄せたいのです。(敷地は前面道路より2.3m高く、道路側が法面です) その場合、2.3mの崖を逆L型擁壁でささえることになると思うのですが、擁壁背面側の施工スペース確保が必要なため、やはり隣地境界線から一定距離開けるしか方法はないのでしょうか? その場合最低どの程度離れが必要でしょうか。 また、プレキャスト擁壁であれば、ある程度寄せられるかもと考え調べてみましたが、大臣認定を取得した擁壁としてはL型、逆T型擁壁はありましたが、逆L型擁壁は見つかりませんでした。逆L型の認定品はやはりないのでしょうか。ぜひご教示願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

隣地は住宅がぎりぎりですか?掘削するスペースが取れるのでしょうか? もし取れるのであれば隣地地主に許可を申し出て作業スペースを確保すれば大丈夫でしょう。 裏込め砕石に関しては透水マットを代用できます。 が、自治体によって異なるかもしれません。確認してください。 実際は透水マット厚、施工誤差等考えて境界より30mm程度離しての施工になると思います。 もし隣地が掘削出来ないとなるとフォームタイ+作業スペースとなるので無理すれば600mm程度で可能かと思います。 二次製品に関しては良く知りませんが、完全な逆L型はあまり見ないです。 いずれにせよ、埋戻の際、転圧をしっかり行いたいので5~600mmの余掘りは必須かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

仕事の関係上、返事が遅れ申し訳ありません。 とても参考になる回答、ありがとうございます。 転圧のための余掘り(5~600mm)が必要になるため、そのスペースを隣地の承諾を得て確保できれば、透水マット厚20mm(ネットで調べました) +10mm(施工誤差)で擁壁が設置できると言うことですね。 この場合、フォームタイ+作業スペースとしての600mm≒余掘りスペースと解釈しました。 もし透水マットが使用できない場合は+300mm必要になりますね。 掘削ついでに、裏込め砕石300mmを隣地側に施工させてもらう手もあるかと思いましたが、そこまでは無理でしょうね。 どちらにしても、隣地の承諾なくしては、どうにもならない話ですし・・・。 最後に再確認させていただきたいのですが、 ”もし隣地が掘削出来ないとなるとフォームタイ+作業スペースとなるので無理すれば600mm程度で可能かと思います。” この600mmを埋め戻す場合の考え方ですが、透水マットが使用できない場合はさらに300mm必要で900mmと考えるべきか、 あるいは、砕石300mm分も600mmの中で考えて差し支えないか? 以上、度重なる質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

敷地一杯に擁壁を造るのなら境界線に土留矢板を殺し(工事完了後放置)で打込み、それを外部側型枠として通常に床・壁(天井ナシ)を造ります。 逆Lというのが解りませんが、L字型の擁壁の底辺は、自分の敷地側にきます。 正面から見たらL字を裏から見た形でもL型といいます。 奥は自分の土地なので施工のやりやすいように使えばよいと思う。 カルバート・ボックスというPC製品が有りますが、天井もあり2.3mの段差では敷地面より上に出てしまいます。(車庫天井高さを2.1m以上要)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございまいた。

質問者からの補足

tadagenjiさんへ さっそくのお返事ありがとうございます。 おかげさまで、少し希望が持ててきました。 わかりにくい表現があったかと思いますので、補足させていただきます。ネットで調べてみたところ、L型擁壁は通常敷地の高い方に底盤を作る方が安定し、底盤を低い方(今回の擁壁)に作ると滑りが問題になると書いてありました。滑りに抵抗するための措置として、通常のL型よりも底盤を厚くしたり、深く入れたり、突起を設けたりするようです。後者の意味として逆L型と定義されているみたいです。 土留め矢板についても調べてみました。親杭横矢板工法、鋼矢板等があるみたいですね。土留めと言えばよく目にするのがH鋼+木製板ですが、腐食等の問題があるでしょうから、鋼矢板と言う考えでよろしいでしょうか? また、埋め殺しという手法は一般的にやられている事なのでしょうか? 市の擁壁技術基準を見ますと、擁壁の裏込砕石を300厚となっています。上記方法の場合、この砕石の施工はどのように考えればよいのでしょうか?あるいは砕石なくても許可が下りるものでしょうか?(これは、役所で確認してみようと思います。) 矢板施工方法、型枠施工方法など 施工手順の事が全く解りませんので、見当違いな質問がありましたら、ご容赦願います。 以上、よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 隣地との境界線トラブル

    隣家を不動産業者が買い取り、更地にして注文住宅を新築しその購入者も決まっています。私の家は隣地より1mほど高くなっており、間知ブロックの上にCBブロックの塀を作っていますので境界線より20cmほど引っ込んでいます。境界標は道路側と宅地の奥の2カ所にありましたが、奥の境界標は隣地の車庫を掘った残土を盛土し見えなくなっています。隣地の車庫造成工事の影響もあり、ブロック塀の亀裂がひどくなったので、隣地との境界線の確定も兼ねて境界線より1cmこちら側にコンクリートの基礎を打ち新しくブロック塀を作りたいので、2、3日隣地からの工事をさせて欲しいと申し入れましたが、不動産業者に拒否されました。隣家の道路側の新しいブロック塀は境界線を15cmほど浸食して作られています。当初、測量業者も呼んで双方立ち会いのうえ境界標を打ち込んでもらったので安心してうかつにも気づくのが遅れました。どう対処したらよいでしょうか。

  • 隣地との境界線

    今回、隣地の地主から土地の測量の申し入れがあり土地家屋調査士が測量に来ています。 登記簿に記載されている土地の面積より、実際の土地の面積のほうが大きいのです。 土地の2方向は道路で境界杭(コンクリート製)があります。 しかし公図と当方が購入した土地と形が違っています。 購入した当時は昭和20年台で図面などはなく、地番と面積(実測より小さい登記されている面積)だけが記された契約書だけ残っております。 公図では隣地境界線が2点を結ぶ直線になっていますが、昭和20年台に土地の造成をする際に作成した図面ではもう1点ポイントがあり公図より大きい土地になっております。 そのポイントには杭などはありません。(上記の造成図面でしか証明できません) 土地家屋調査士は「公図が直線なのでそのとおりにする」と言っておりますが、納得いきません。 今のところ穏便にしておりますが、登記面積より実測した面積のほうが大きいことが弱みになりそうで、どうしたら良いのかわかりません。 土地地積更正登記はしなくてはいけないのでしょうか? 隣地境界をどのように主張すれば良いのでしょうか? 皆様の意見をお聞かせ下さい。

  • 隣地の宅地造成中、(おそらく業者に)境界杭を抜かれた。

    現在不動産業者が宅地造成中の隣地は自地より高いため、自地内に擁壁(高さ1~2m)があり、境界杭は擁壁の外側にありました。杭は、不動産業者、私、測量士立会いの下で確認し、測量図の写しももらっています。その際、不動産業者は、「宅地造成のため、境界杭を抜くことはしないし、仮に抜くにしても立会いを求める」と言っていました。その後、工事が始まり、今日、何気なく擁壁に登って見ると、隣地は掘り起こされ、擁壁がむき出しにされていました。つまり、境界より控えて擁壁が作られている数cm分、自地を勝手に掘り起こされ、また、境界杭があったはずの土地も掘り返され、杭がなくなっていました。 とりあえず、不動産業者に事情説明を求め、「測量士による境界杭の復旧とその際の立会い」は、要求したいと思いますが、その他、私としては、どういった対処をすればいいのでしょうか。 また、これまで土に隠れていた擁壁の裏側には、鉄筋が1・2cm擁壁から飛び出ているところが何本もあるに気づきました。それが境界を越えるほど飛び出ているわけではないのですが、今後、隣地に住宅が建ち、その住人が飛び出ている鉄筋で怪我などした場合には、私の安全管理責任が問われることもあるのでしょうか。そうならないように、今できることはあるでしょうか。 質問が2つになってしまいましたが、片方だけでも結構ですので、お知恵をお貸しください。お願いします。

  • 隣地境界擁壁の費用負担について

    緩やかな坂道沿いにある土地を購入しました。 私の土地も高地側の隣接地も現況は畑ですが、双方既に5条申請済みで建築準備に入っています。 着工は私の方が若干早くなりそうです。 畑なら問題無い程度の傾斜ですが、住宅用地となると、どちらも造成して平坦にするのが一般的だと思います。 私も造成するつもりでいますが、前面道路との高低差の関係から隣地境界で60cmほど切土するつもりです。 相手方の計画は聞いておりませんが、同じく道路との関係、相手方の敷地面積を考えると、2m以上の盛土になりそうで、結果的に2.6m以上の高低差が生じる可能性があります。 原因者負担の考えに基づき、切土断面分の土留擁壁を私の負担で私の敷地内に構築するのは当然だと考えておりますが、相手方も同じく相手方の敷地に盛土分の土留擁壁を作る必要が有ると思います。 双方がそれぞれ必要なものを作っていては、コスト的にも敷地的にも非効率的だと思うので、高地側の敷地内に切土後の私の敷地のGLから擁壁を構築(所有権及び管理責任も相手方)してもらい、私は切土断面分にかかる費用相当額を相手方に支払いたいと考えています。 相手方が条件を受け入れないのであれば、自分の敷地に60cmのC種重量ブロック積み擁壁を作るつもりです。 数日後に相手方と相談するつもりですが、隣人との関係は大事にしたいので、私の考えにおかしな点が有ればご指摘下さい。 宜しくお願いします。

  • 法面から建物までの距離

    造成して木造の新築を考えているものです。 よろしくお願いします 前面道路が傾斜していて、隣と段差のある住宅地になります。東から西へ傾斜しています。 西側の建物は賃貸マンション(3階建て)で、間に隣が建てた高さ1.5mの擁壁があります。現在境界部分は法面になっています。 計画地盤を西側の端より1.8mにしたいので隣接して2mの擁壁を建てようと思ったのですが、そうすると隣地地盤からの盛土が1mを超えてしまうので宅地造成許可申請が必要とのこと。実際盛土は法面部分に40センチ程度なのでなんだかなぁと思うのですが、訳あって申請にかかる時間がありません。 そこで、法面はそのままに、今は西側隣地より1m離れて計画している建物を東へずらすことを考えています。 法面がある場合、建物はどれくらい離すべきなのかよくわかりません。 高低差は40センチとして、30度の法面があるとします。 ご存知の方よろしくお願いします。

  • 民法第234条第1項の境界線について50以上ですか?

    横浜の住人ですが民法第234条第1項の境界線 付近の建築制限の規定を詳しく教えてください。 当方の敷地北側に1.95mの擁壁を作り宅地造成の予定があります。 当境界より40cmの離隔しか離れていません。よって上記234条第1項により50cm以上離隔を取らなければ違法ではないのですか。建物の解釈が擁壁も当たるかが、分かりませんので教えてください。

  • 隣地との境界線のフェンスについて

     時々、このコーナーで質問させていただいてとても参考になってます。結婚を機に、新築する事になってもうすぐ契約です。建築条件付きの造成した3軒並んだ宅地なのですが、私の所は真ん中です。隣地境界線のフェンスで悩んでます。両隣の境界線にフェンスがそれぞれ一つです。共用フェンスは嫌だと言ったら、奥にある家との間のフェンスは、私達所有のフェンスなので共用ではない、道路出入り口側にある家との間フェンスはその家の所有になると、営業さんが言ってます。そうやって費用分担してると言ってますが・・・。 出入り口側の宅地は売れてませんが、私達が建築した時に作った、古くなったフェンスで施主から外溝費をもらうのでしょうか? 何より嫌なのが、隣人からフェンスを壊されるたり、洗濯物を干されたり、草花をはわせたりトラブルの元になるのではないか?という事です。 こういうケースの場合は皆さんはどうされてるのしょうか? ちなみに予算の問題で真ん中を選択しました。 高級住宅地でこれが精一杯でした。

  • 擁壁について

    気になる宅地があります。 現在更地で、駐車場と階段だけは、すでに完成しています。 それ以外の、直線道路に面する20Mくらいが法面になっています。 道路から敷地の地面までの高さは2Mくらいあります。 この場合、擁壁をつくるべきでしょうか? (雑草や外観の心配ではなく、強度の心配です) もし、擁壁を組むとなると、どのくらいの予算が想像されるのでしょうか?

  • 擁壁の傾斜の責任は?

     現在の宅地が裏の道路境界より4m程度高い状態です。  10年ほど前に、畑として整地された土地(公共事業で2.5m程度のL型の擁壁により整地)に裏の道路境界より1.5m程度控えて1.5m程の擁壁を作り盛土して最近家を建築しました。  私の宅地の駐車場には大型トラックを止めることもあってか、裏の2.5m程度の擁壁が傾いていて道路に壊れないか心配しています。  建築の際に確認申請においても問題が無かったようなので、施工業者の担当は、「基準どうりで施工に問題は無い」と言うのですが、私が作り直さないといけないものなのでしょうか?

  • 境界が擁壁の上を通っています

    30年以上前に造成された区域です。 土地は角地で4m50cmくらいの道路と4m未満の道路に接しています。 広い方の道路にほぼ直線状に側溝(全て蓋がしまっています)があり、そこから最大50cm(水路から20センチはコンクリート舗装、その内側に擁壁があります)ほど私の土地だけ境界がはいりこんでいるため擁壁をまたいでいます。同じ並びの他のお宅はその水路にそってブロックが建っています。狭い方の道路は境界が擁壁の外側ですので問題ありません。 3年前に購入した土地ですが、その時の公図をみると、たしかにうちの土地だけ道路が広く入り込んでいますので境界については間違いないとおもいます。 前の所有者は財産として土地を持っていただけで、この擁壁に道路がはいっているということは知らなかったようです。しかも市役所にも聞いてみたところ、市の言い分としては、このはみ出している部分の擁壁については市の所有物だと言います。 そこでここの擁壁の部分は自分の所有物かはっきりわからないのですが、前の所有者もおそらく自分のものだとは思っていたと思いますので時効取得することはできるのでしょうか?もしくは土地を市から売ってもらうことはできるのでしょうか? 擁壁の上に目隠し用のブロック2段くらい積みたいと思うのですが、境界をはみ出しているので積めない状態です(ものすごくオープンな家です) もしくは年月も経っている擁壁ですので壊して立て直してもらうことも考えているのですが、境界の部分まで下がって作り直さなければならないと思うと手がだせません。 (4m道路が基本のところですので、セットバックが必要なわけではありません) どうすればいいのか分からず知恵をいただければと思います。 宜しくお願いいたします。