• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

カメにヒル!?

昨年夏、外で拾ったイシガメ(クサガメかも)を飼っています。 冬は、冬眠させるのが難しいと聞いたので、自分の部屋の中で飼っていました、エサは食べないようでしたが、たまにあげていました。 先日、ケースの水がかなり少なくなっていたので、いつもより多めに足したところ、翌日、ヒルと思われる生き物(体長1cm位)がカメの体から水中にふわふわと出ているではありませんか! そして、更に!幼虫らしき小さな生物が数十匹ただよっていました・・・・・。 すぐさまヒルを摘み取り、飼育水を換えたのですが、その後、生き残りがいるのか?見たことも無い虫の抜け殻のようなものが2~3出てきました。 カメを拾ったときには異変は無かったと思うのですが、秋、ふと見るとカメの足元に異様なモノが付着していて、とろうとすると、吸盤状のもので頑固に付着していたのです。(ヒルだと思いました) 全部取り除いたと思っていたのですが、どこかに生き残りが居たのでしょうか・・・? それが、暖かくなって、水が充分になったという好条件が揃ったときに、幼生が発生したのかと推測するのですが、ネットで「ヒル」を調べても生態について書かれたものが見つけられませんでした。 自然界で生きるカメにはヒルとは普通に寄生しているものなのでしょうか?秋に除去したヒルはカメの肉部分に食い込んでいてとても痛々しかったです、二度と寄生させたくありません。 この生命力の強いこの生物を完璧に取り除く方法について、おわかりになる方がいらっしゃったら教えてください。 虫でもたいがい平気な私でもさすがに気持ちが悪くてたまりません、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数4685
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

対策としては体の乾燥、寄生虫をピンセットで取り除く事しか出来ません。 イカリムシ、ウオビルは抜き取った後、傷ができるので、消毒しゲンタシン軟膏を塗布します。 ギロダクチラスは皮膚内に深く潜り込んでいるので駆除が困難で1.5%の過酸化水素水(消毒用アキシフル溶液を希釈)に約1時間、数回入れると効果があります。 予防法ですが 月に約1度は飼育容器、敷砂などの消毒をします。 どうしても野生の亀には外部寄生虫が付きます。 蛭は雌雄同体で独り立ちするまで親にくっついたままの種もあり見つけて駆除する他ないのです。 亀が良くやる甲羅干し。 寄生虫を防ぐ意味もあるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 サイトで調べても我が家のカメに寄生している(いた)生物と一致する画像がみつけられずこの生物の正体が突き止められずにいるのですが、ヒルは雌雄同体なんですね、納得です。 この間の事件では一匹のヒル?と沢山の小さな子供が同時発生しておりましたので。(親のほうは以前から潜んでいたのでしょうが) ヒル等取り去ったあとのお手当て、勉強になりました。 クロダクチラスってどんな生物なんでしょうかね?これまた画像が出てこなくてわからないのですが、いろいろ取り付くものなのですね~、かわいそうに思いますが自然界ではこれが普通なんでしょうかね・・・・。 甲羅干し、なるほどそういう効果が期待できるのですね、これから暖かくなるし、日差しが入るところに日中移動させようと思います。

関連するQ&A

  • カメ水槽が臭いんです

    去年の秋にゲームセンターのカメキャッチャーでミドリガメを2匹すくい、1Kの部屋の入り口で水槽に入れて育てています。 無事冬眠も成功し、目覚めて大きく育っています。 最初は数センチだったのに、今では2匹ともタバコの箱よりも大きくなって、ペットを育てる経験のなかった私は正直言って生命力というものの脅威に驚かされる日々です。 しかし最近大きな問題ができたのです。 大きく育ちすぎたせいか、ここ数週間すっごく臭いのです。 カメのにおいとりやフィルター付循環器やにおいを取る砂などを使ってみましたがとても耐えられるにおいではないのです… 水槽を洗って水を取り替えたときはよいのですが、一度餌を与えるとすぐに臭くなってしまうのです。 今までずっと部屋の中で飼っていたので、いまさらベランダに出すのもかわいそうな気がします。 それともカメって大きくなると臭いはしかたないのでしょうか? もしくは何か水にバクテリアかなにかが発生してるのですか? はたまたカメたちの病気なんでしょうか? そしてこの臭いを止める方法はないのでしょうか…

  • クサガメの餌付け方を教えてください

    数年前に引き取った10cm程度のクサガメを 今まで庭の小さな池の周りで数匹の大きなイシガメと飼育していました。 今までクサガメが人工飼料を食べている所を見た事が無く、見向きもしてくれないです。 かなりの虫やボウフラなどが湧いていたので、それを食べて生きてきたと思います。 最近、水換えの頻度向上と清潔さを保つ為、池を取り外しプラ船を埋め込み、 周りには人工芝を引いたので、清潔にはなったのですが、虫やボウフラは全く湧かないので、クサガメが生きていけるか心配です。 ですので、現在、2週間くらい前から別の大きめのプラ船で飼育し(イシガメに餌を取られない為)、 新鮮な人工飼料を与えているのですが、あんまり食べていないみたいです。 沈殿物として残っていますし、糞かどうかも見分けがつかない。 非常に元気でよく動いており、病気もしていないのですが、やはり心配です。 そこで質問なのですが、どうすれば人工飼料を食べてくれるようになるでしょうか? 因みに所持している餌はキョーリンのおおきなカメのエサと、エンゼルBreakです。 餌付け方法や、餌付けにオススメな餌など、ご存知でしたらご回答宜しくお願いします。

  • 水槽の中の不明な生物!

    メダカを飼っている人から、水草と水・メダカ・貝を貰ったのですが、中に変なミミズ?ヒル?みたいな生物がいるのを発見しました。 その人は、水槽で飼っているのではなく、屋外に置いた大きなカメの中で飼っていました。 その生物は、太短くなったり、細長くなったりしています。いったい何なんでしょうか?大きさは長くなったときで2cmくらいだと思います。いったい何なんでしょうか?

  • 3日位前からクサガメを飼いはじめたのですが昔飼っていたミドリガメと違う

    3日位前からクサガメを飼いはじめたのですが昔飼っていたミドリガメと違うのでどうしたらいいか困っています。わかる方回答よろしくお願いします。 ○部屋と水槽と自由に行き行き出来る状態で部屋の中で放し飼いしてるのですが水に入る時間の方が短すぎて大丈夫なのかと心配です。餌が食べたい時だけしか水入りません。私が水に入れてもすぐにでてしまいます。 ○水槽(衣装ケースの浅いもの)にはろ過装置を設置して甲が隠れる程度水を入れて敷砂利(大きいめ)をいれ陸(レンガを置きこの場所から水槽の外にでれるようにしてある)と隠れ場を設置していますが大丈夫ですか? ○水の交換を楽にしようと思い自動水吸い出しポンプを買ったのですが、更にいいのを見つけたのですが、カメに使っていいか解らずまだ使っていません。 ザイム33と言って微生物の力で水をキレイにするらしいのですが(約3ヶ月間は微生物が水をキレイにする)カメに使っていいかわからずです。 すみませんが回答お願いします。きちんと育て長生きさせたいので。

  • 水にすむ生物と水質の関係?

    めだかを飼っています。 水槽は軒下。水槽の中には砂利と水草と大きめの石をいれ、ほてい草を浮かべています。エアレーションはしていません。 いつからかどこからか、水の中にめだか以外の生物がいることに気付きました。 いままで見つけたのは、 ミミズみたいなヒルみたいな虫を3種(赤い2cmほどの虫・茶色くてのびちぢみする2~5cmほどの虫・茶色くて5~7cmほどの糸みたいに細い虫)や、昆虫というか、「風の谷のナウシカ」に出てきそうなよくわからない虫(それぞれ5mm~2cm程度)を数種。 あと小さすぎて形もわからない虫もいる様子です。 よくわからないのですが、小川にいそうな虫がたくさんいるわけです。 どこから入り込んだのかも謎です。 質問は ・これらの虫は結果としてめだかによい影響があるかどうか です。 めだかに危害を加えることはないようですが(小さいし)、見ていて気持ち悪いのですっかり駆除をしたいのです。 ところが、見落としや小さな卵があるのか、しばらくしたらまた砂利の下にもぐっていたりします。 例えば糞を分解するのだとか、水をきれいにするのだとか、何かしらいい影響があればもう虫は野放しにしておこうと考えています。 ペットカテゴリより、生物学に近いかなと思ったので質問はこちらに。 間違っていたらすいません。 どなたかご存知の方、お願いします。

  • 水ミミズが寄生!?

    こん○○は。こちらにはいつもお世話になっております。 今回は、うちの水槽に水ミミズだと思われる生物が発生してしまいました。 ソイルの中に髪の毛くらいの太さの白い虫がウネウネしてました(涙) 本題は、水ミミズは換水と底床掃除を頑張れば減少すると様々な方がおっしゃっておられるのでそうしようと思うのですが、実は水ミミズがカージナルテトラに寄生してしまったみたいなのです!!!! カージナルテトラをよく観察していたら、なんか口の辺りやお腹の辺りにコブみたいなのができてまして、よく見ると白い糸のようなものが中に見えました。 とりあえずカージナルテトラだけ隔離して、マラカイトグリーンを規定量入れて薬浴させました。 そこで、みなさんのお知恵を貸してください!! ●魚に寄生している虫と、ソイル中にいる虫は関連しているのか? ●そもそも水ミミズは魚体に寄生するのか? ●ソイル中の生物は本当に水ミミズなのか? ●カージナルテトラの治療法 以上の疑問について、よろしくお願いします。下に飼育環境を示すので、参考にしていただきたいです。 ■60cm標準水槽 ■上部濾過 ■水草は結構生い茂ってます ■ゴールデングラミー×1 ■プラティ×2 ■カージナルテトラ×10 ■ラミーノーズテトラ×10 ■コリドラス×7 ■クーリーローチ×1 ■オトシンクルス×2 ■過密な気もしますが、これで半年ほど問題なく維持してきました。ラミーノーズの頭も真っ赤ですし、すべての魚食欲旺盛で、元気に泳いでおりました。

    • ベストアンサー
  • 【アクアテラリウム】線虫様生物の存在について

    現在、趣味の範疇で比較的大規模のアクアテラリウム(屋内、閉鎖系)を構築しているのですが、 本日、水槽内壁に沿って活動している線虫様生物を確認しました。 (ハリガネムシに近似の外形で、全長5mmほど) アクアテラリウムの構成種は、 ・クサガメ(小型) ・アカハライモリ ・オイカワ、メダカ、シマドジョウ ・サワガニ、ミナミヌマエビ ・イシマキガイ ・ミズカマキリ ・マツモ ・その他、アンモニア酸化細菌や自然繁殖の植物プランクトン等 考えられる線虫の混入ルートですが、上記いずれかの生物に寄生していたものか、または砂利や流木、ミズゴケ等の構造物に付着していた可能性を想定しています。 おたずねしたいのは、 ・上記のようなケースでの線虫発生は自然な事象であるのか ・構成種にとって非常に有害で、駆除すべき存在であるのか ・その場合、線虫のみを選択的に駆除する方法はあるのか 以上、大まかでも良いので、アドバイス・ご教示いただければ幸いです。

  • 熱帯魚用の水草と一緒に変な生物が入っていて・・・

    ベタ用の新しい水槽を立ち上げる為に先日水草を買ってきました。アマゾンなんとかと言う小さな浮草です。まだ新しい水槽を立ち上げていませんので水草だけ窓際で光合成をさせています。寄生虫や変な虫がいたら・・・と心配に成り、水草が入っている水をまじまじと見ていたところ見たことが無い変な生物を発見してしまいました。とても小さい肌色の生物で頭の様な部分をビニールにくっ付け、足の様な物が5本有ります。刺激を与えないと頭や足の様な部分が伸び、伸び切った時は7~8ミリ位の東京タワーの様な姿に成ります。刺激を与えると一瞬にして点くらいに小さく成り目に見えるか・見えないか位の大きさの蛸タコの様な姿に成りました。どんなに激しくビニールを振っても頭の様な部分だけくっ付いたままビニールからは絶対に離れませんでした。とてもとても小さくて肌色のあの蛸タコの様な、イソギンチャクの子供の様な生物は一体何でしょうか?水草にも付着していそうでこの水草を使うのが恐いです。この水草をこのまま使うのはやはり危険でしょうか?危険な場合はどうしたら良いのでしょうか?この水草に限らず水草を購入するのが恐く成ってしまいました・・・。この生物の正体と熱帯魚への悪影響等、何かご存じの方がいらっしゃいましたら是非お教え頂けませんでしょうか・・・。宜しくお願い致します。

    • ベストアンサー
  • 金魚の水槽に発生した虫の正体について

    金魚の水槽に発生した虫の正体について 1年半前から金魚(ピンポンパール)を飼っているのですが、最近、水槽のろ過器(GEXの簡単ラクラクフィルター)の交換ろ過材に小さな虫が居るのを発見しました。金魚の寄生虫というと、イカリムシやウオジラミなどが一般的ですが、形状からして明らかに違いますし、また、プラナリアや水ミミズとも違うようなので、この場をお借りして質問させていただきます。 セットして一ヶ月ほど経過したろ過材を新品と交換した際に、ろ過材の表面や内部に長さ5mmほどの黒い棒状のものが数十本以上付着しているのを見つけたのが最初でした。金魚のフンが細切れになったようにも見えたのですが、それにしては長さが揃っているのが不自然だったのでマイクロスコープで観察していたら、中からミミズのような糸状の虫が現れたのでびっくりしました。長さ5mmほどで、くねくねと良く動きます。マイクロスコープで見ると、胴体は赤みがかった透明で節があり、表面は全体にのっぺりとしており、頭の方は先端が2つに割れて物を挟む・噛み付くような形で、尻尾には短い針が2,3本見えました。このろ過材を別容器の水に浸して少し突っついただけで10匹ほど現れましたので、ろ過材の中にはもっと居るのでしょう。塩を振って高濃度の塩水にしても死にませんでした。 ということで、金魚飼育の先輩諸氏やかような生物に詳しい方に、以下の事項についてご回答・ご指導いただきたいと思います。 1) この生物はいったいなんなのでしょうか? 2)最近になって初めて発見したのですが、どのような経路でこの水槽内に現れたのでしょうか? 3)金魚に影響はあるのでしょうか? 4) 駆除するにはどのようにすればよいでしょうか? 以上よろしくお願い致します。

  • 白点病は持込み以外で再発する?

    前置きしておきますが、今現在白点病で困っているという趣旨の質問ではありません。 白点病(淡水)は2年ほど前に苦労した末に鎮圧して以来全く発症していないんですが、ネットで他の人の質問や掲示板などを見ると「白点病を起こす病原虫はどんな水槽にも常在しているから完全に駆除することは出来ない」とか、「シスト状態になって休眠するから根絶できない」といったことがよく書かれています。 その手の意見を総合すると白点病の病原虫は魚に寄生しなくてもシスト状態で長期間休眠し、魚が調子を崩して寄生しやすくなると活動を再開して白点病を発生させる…ということになりそうですが、自分の経験上魚を追加した時に持ち込んだケース以外で、長期的に維持している水槽で突然白点病が発生するというケースを見たことがありません。 いくら調子を崩した魚がいても魚を追加していない時期に白点病が発生したことはありませんし、逆に魚の状態が好調でもうっかり白点病にかかった魚を追加したせいで白点病が蔓延した…というケースは何度も経験しています。つまり、一旦白点病にかかっても薬浴や隔離、水換えで押さえ込んで寄生出来ない状態を長期に渡って継続しておけば、根絶は可能なのではないかと思うんです。 また、これもネットで見ただけの情報ですが、シストから目覚める条件は寄生できるような魚がいることではなく、水温やpHなどが活動しやすい状態になった時だという話も目にしました。休眠すると言うシストだって普通に熱帯魚を飼育しているような水質・水温なら勝手に休眠から目覚めるみたいだし、その時に白点病が発生しなければ寄生できなかった白点虫の生き残りも全滅すると考えられるんですが、実際どうなんでしょうか? 少々質問が長くなりましたが、知りたい点は主に ・白点病(淡水のイクチオフチリウス)は白点病が長期間発生していない環境でも存在する微生物なのか、持込み以外でも半年以上の期間を空けて再発するかどうか ということです。また、こちらの勘違いなどありましたら指摘して下さい。

    • ベストアンサー