• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

北野武監督の「座頭市」は面白い???

先日、北野武監督の「座頭市」を見ました。 きっかけは、おすぎと北野武がケンカをしたことです。 『最近の北野武映画はつまらなくなった。試写会でも北野武を批判する人は呼ばない。』 と、おすぎが言っていたので、自分で判断してやろうと思ったのですが、、、 おすぎの方が正しいという感想です。 昔の北野武映画(ソナチネ・その男、凶暴につきなど)は好きだったので見てみました。 しかし、「座頭市」を見た感想としては、内容が全くなく、薄っぺらい映画だと感じました。 「座頭市」を見た感想を聞かせて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数914
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • 3691819
  • ベストアンサー率18% (162/874)

 こんにちは。 気の小さい男が、自分を強くて危険で危ない男だと映画を通して世間に 訴えかけているのが、薄っぺらなたけしの映画の全てではないでしょうか。  天才とおだてられた小心者が、嬉しくて木に登って作ったような映画 が座等市です。バトルロワイアルも酷かったけど、似た様なものですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。私も同感です。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 座頭市で

    北野武氏の「座頭市」で一番最後に悪かった元締め役をやっていたのはなんという俳優でしょうか? 柄本明さんより悪かった人です。

  • バトルロワイヤル=座頭市??

     デンマークのE-palなのですが、その人の写真からは想像できないことを書いていました。それが、 「面白いから『バトルロワイヤル』は見るべきだ。」 だったのです。 しかし今日、「北野武もその映画を作った」と送ってきました。たしかに(バトルロワイヤルは見たことも読んだこともないのですが。問題になった作品ですよね。)  北野武も監督か出演としてか関係あるようですが、デンマーク、つまりヨーロッパでは『座頭市』=『バトルロワイヤル』という可能性はあるでしょうか。 ご存知の方、ご想像がつく方、是非教えてください!

  • 「座頭市」の楽しみ方がわからない....

    「座頭市」は盲目の剣客が大暴れする時代劇です。 (みなさんご存知だとは思いますが) 座頭市映画は数年に一度制作されて、いろいろな監督が「座頭市」映画を撮ったり、いろいろな役者さんが「座頭市」を演じて話題になっています。 私も映画館やTVで何作品かを鑑賞しましたが、あの映画、楽しみ方がわからないのですが・・・・ 普通に考えれば、盲人 対 目の見える相手の剣術ならば、目の見える側が絶対に勝つでしょう。 (別に視覚障碍者をバカにするわけではありません) 戦う場所も、現代の剣道の試合のように体育館の床の上のような平坦で障害物のない場所で行うわけでは有りません。 街中や道中、山中など、起伏があったり建物に接近していたり、足場が不自由な場所だったりします。そんなところで盲人が戦ってもやたらめったら刀を振り回すのが精いっぱいで、石つぶてを投げられたり、リーチの長い武器で攻撃されたらひとたまりもありません。身を隠す場所を探すことも出来ないでしょう。 方や、身体障碍者というのは、体の一つの機能が失われる代わりに、他の器官が健常者が及びもつかないほど発達する、ともききます。 果たして、座頭市という映画はどのように楽しむべく作品なのでしょうか? 「現代日本なら、盲人は、杖を伝って歩くのがやっとであるが、昔々、まだ人間の体に野生の感覚が残っていた時代は、視覚を失った人間であっても、空気の動きや相手の息遣い、その他、あらゆる感覚を研ぎ澄ませば、まるで健常者と同様に周囲の状態が把握できた。いや健常者には感じ取れないような背後の敵の動きすらも感じ取り、瞬時に刀でなぎ倒すことも可能であったのだ。 現代人も感覚を研ぎ澄ませば、目を閉じたまま、周囲の動向がわかるかも知れない」 と見ればいいのでしょうか? それとも「スーパーマン」のように「常識では絶対に有りえないような超人が活躍する完全な夢物語」として、科学的な考察は一切排除してエンタテインメントとして楽しめばいいのでしょうか?

  • 井筒・北野映画 おすぎについて

    井筒監督、北野武監督の作品が人気みたいですが、そんなにいいんですか?まだ見たことないんですが・・・。あと、おすぎさんの紹介する映画はよかったですか?

  • 「座頭市」を紹介したい

    海外のペンパルに「たけし版・座頭市」を紹介したいのですが、この文章で通じますでしょうか? 内容としては、 ********** 「そうです、これはサムライの話です。(正確に言うと、市は按摩さんです。それから「zato」は日本語で「盲目」「按摩師」を意味するんですよ。その言葉は今ではほとんど使いません) この映画を見たらぜひあなたの感想を聞かせてくださいね。(注:相手は未見です) それと、北野氏のサイトを知ってますか?ここで「座頭市」について見聞きできますよ。 ********* ちなみに相手からは 「It's about some blind samurai, isn't it? 」 という文章を受けています。 以下がわたしの英文です。 +++++ Yes,It is blind samurai's (more accurately, 'Ichi' is blind masseur. And 'zato' meaning 'blind-masseur', from Japanese. This word isn't used often now) story. please tell me your feeling about film when you get over seeing it. So,do you know kitano's web site? URL You can watch and listen, about "zatoichi". +++++ よかったら御指南下さい、よろしくお願いします。

  • 北野武の「DOLLS」、ロシアで大ヒットの理由

    こんばんわ。 北野武監督が、モスクワ映画祭にて特別功労賞を受賞しました。 ロシアでは今、北野武監督の映画の評価が上がっており(少し遅い ですが)、特に6年前の作品「DOLLS」がロングヒットとなっている そうです。こうしたことが受賞の背景となったようです。 私は長年北野作品のファンで、あの「DOLLS」も良い作品であった と思いますが、当時世界的な評価はあまり高くなく、日本国内でも (管野美穂や深田恭子など有名女優を起用した割には)興行成績 は奮いませんでした。 何故今になって、それもロシアという意外な国で、あの「DOLLS」が ヒットし、北野武監督の評価が高まっているのでしょうか? ご存知の方いらっしゃったら、教えてください。

  • 黒澤明などは北野武を評価するが、一般の日本人が北野映画を酷評するのは、なぜ?

    【1】1993年に黒澤明と北野武は御殿場にある黒澤家で対談をしている。 黒澤明が「僕は君の映画が好きでね。余計な説明をしないでズカズカ撮っているでしょ。そこにリズムとリアリティがある。それに君の映画は間が良い。カットとカットの切り替わるところに映画の命が吹き込まれる。」と褒めると、 北野武は「僕は日本の映画はほとんど観てなくて 技巧的なことはわからないんですが、画面の緊張感を生む黒澤監督の色んな技法を盗ませてもらいました。生意気ですが・・・(笑)」 とテレた敬愛で返していた。 このように北野映画は黒澤明に愛されていたことは事実です。 死を目前にした黒澤監督は、「日本映画の未来は彼に任せた」と言っていたことは黒澤組など映画関係者の間では有名です。 【2】主人公を聾唖者にした『あの夏、いちばん静かな海。』は映画評論家・淀川長治に絶賛される。 「あのね、日本の映画の歴史の中でね、一番言いたいくらいあの映画好きなのね。なんでか言うたらね、あれってとってもサイレントなのね。サイレントだけど見とったらラブシーンが一番いいのね。」(淀川長治『キネマ旬報増刊 フィルムメーカーズ[2]北野武』) 『あの夏、いちばん静かな海。』は「キネマ旬報ベスト・テン」で読者選出ナンバーワンを獲得した。 しかし、高い評価にもかかわらずヒットせず。 【3】ヨーロッパでの北野武の人気を決定付けたのは、1993年のカンヌ国際映画祭で上映された『ソナチネ』である。 フランスでは『その男、凶暴につき』から『ソナチネ』までの4本の監督作品が上映される北野武レトロスペクティヴが企画され、毎回盛況だったという。 イギリスではトニー・レインズらの働きで『ソナチネ』のロンドン映画祭への招待、さらには『みんな~やってるか!』のワールド・プレミアが催された。 1994年、イギリス国営放送BBCが「21世紀に残したい映画100本」の一本として『ソナチネ』を選び、イギリスでの北野映画の極めて高い評価が示された。 アメリカでは、映画監督のクエンティン・タランティーノが『ソナチネ』を買い取り、公開した。 彼は北野武を三池崇史らと並べ「バイオレント・ポップ・ワイルド・ジャパニーズ・シネマ」と呼び、新スタイルのバイオレンス映画と高く評価している。 しかし、高い評価にもかかわらずヒットせず。 【4】『キッズ・リターン』もカンヌ国際映画祭「監督週間」に出品された。 おおむね好評で、日本では単館上映にとどまったが、興行面で成功。 一般に受け入れられた始めての北野映画となった。 【5】『キッズ・リターン』でロンドン映画祭に参加していた武の歓迎食事会に、英国人プロデューサーのジェレミー・トーマス(『戦場のメリークリスマス』『ラスト・エンペラー』)がやってきた。 彼は『BROTHER』の構想を武から聞き、協力を申し出る。 『BROTHER』は日本で2001年1月に公開され、9億円の興行収入を記録。 北野映画としては最大のヒットとなる。 しかし、娯楽色が強い作品を作ろうとも、北野武は年間ランキング10位すら入れない大ヒット作とは無縁の監督であることが示された。 ちなみに、この年の年間ランキング1位は宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』の304億円である。 【6】『HANA-BI』はベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ダントツの1位で金獅子賞(グランプリ)を受賞。 日本映画としては1951年の黒澤明監督『羅生門』、1958年の稲垣浩監督『無法松の一生』に続く3度目の快挙だった。 しかし、映画監督・北野武の評価の高さは、海外からの逆輸入だった。 武はこう言っている。 『いま、日本人が日本文化を意識するとき、どこから意識するかというと、日本人の視線でいまの日本を意識するんじゃなくて、「外国から日本を見た人間の視線」で日本文化を意識してるんじゃねぇのかなって思う。』(「ツーアート」) 黒澤明、淀川長治、タランティーノ、トニー・レインズ、ジェレミー・トーマスなど、映画監督・解説者・プロデューサーは北野武を高く評価します。 海外でも「キタニスト」と呼ばれるファンを生み出し、評価が高いです。 しかし、一般の日本人は北野映画を評価せず、受け入れていません。 それはなぜでしょうか?

  • 北野武の映画の素晴らしさ

    世界の北野と絶賛されている北野武監督ですが色々な映画の賞を取っていますが私には北野武監督の映画が面白いと感じません。 何が表彰される原因なのかが分かりません。 ハリウッドで作られた映画や日本では踊る大捜査線などの映画の方がストーリーも面白いし興行収入も良いと思うのにあまり賞については聞きません。 皆さんは北野武の映画が賞を取る理由は何だと思いますか?

  • 北野武監督「ソナチネ」タイトルの由来

    北野武監督「ソナチネ」の、タイトルの由来を ご存知の方いらっしゃっいましたら教えてください。 他の作品は、映画の内容と少なからずリンクしているように思えますが、 この作品はなぜこのタイトルなのか分からず気になっています。

  • 映画のポスター

    北野武監督の座頭市のポスターが欲しいのですが、どこかに売ってたりするのでしょうか。