• ベストアンサー
  • 困ってます

中和について

問. 塩化カリウムと水酸化カリウムの混合物1.10gを溶かして50.0mlの水溶液にした。この水溶液10.0mlを中和するのに0.10mol/lの希硫酸12.5ml必要であった。はじめに塩化カリウムは何g含まれていたか。 ・・・・という問題で、 混合物を溶かして中和させる問題はまったくよくわかりません・・・。 わかることといえば、中和の公式「酸の価数×酸の物質量=塩基の価数×塩基の物質量」ぐらいです。 この問題の解き方を教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数411
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#62864
noname#62864

「酸の価数×酸の物質量=塩基の価数×塩基の物質量」の公式にあわせて説明しましょう。 酸の価数は2:硫酸=H2SO4、これはわかりますね。 酸の物質量:0.10x12.5x10^-3 mol 10^-3は10の-3乗の意味です。 ここでの塩基は水酸化カリウム(KOH)だけです。 混合物中の塩化カリウムは反応に関与しませんので、無視して下さい。 反応は、  2KOH + H2SO4 → K2SO4 + 2H2O  KCl → KCl :変化なし  となっています。 塩基(KOH)の価数は1になります。 これを「酸の価数×酸の物質量=塩基の価数×塩基の物質量」にあてはめれば、 塩基の物質量=(2x0.10x12.5x10^-3)/1=2.5x10^-3 molとなります。 ただし、ここで用いたのは、混合物を溶かして50.0mlにしたもののうちの10.0mlなので、混合物中のKOHの量はこの5倍、すなわち、1.25x10^-2 molになります。 これに、KOHの式量をかけたものが混合物中のKOHの量になり、これを1.10gから差し引いた残りがKClということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#21649
noname#21649

表現の違いがありますが.1番の方と同じ内容です。 「ぶしつ量」という言葉をお使いになっていますが.私はモル数という言葉を使っています。 中和だから.酸と塩基のモル数は同じ。(中和の公式を言い換えたもの) 学校の問題だから不純物は考えない。 最初に硫酸のモル数を求める。C(H2SO4)=(適当に計算)。 KCl は塩であるから.酸でも塩基でもない。 KOH はアルカリ。他に含まれているものなし。 よって C(KOH)=C(H2SO4) m(KOH)をC(KOH)に1モルあたりの重さを乗じてもとめる。 m(KCl)=1.10(問題文の数値)-m(KOH) で答え。 C は濃度をあらわす記号です。普通高校以下では使いませんが職業高校では使う場合があります。Cの下付に対象ぶしつの化学記号を書きます。 mは質量を表す記号です。普通高校以下では使いませんが職業高校では使う場合があります。mの下付に対象ぶしつの化学記号を書きます。 時間差がある場合には.時間0の時を0という文字を下付に核場合がありますが.業界によっては1を使う場合があります。以後時間変化で1,2,3,4...と増やして行きます。 場合によっては.原料をI, 製品をOで示す場合があります。 原料は「反応まえのぶしつ」, 製品は「反応後のぶしつ」の意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

解き方ですね^^ まず、中和に必要な「酸の価数×酸の物質量」は分かりますね。 ここで、塩基は?塩化カリウムはここでは塩基ではありませんね。水酸化カリウムです。 中和の公式にあてはめると、中和に必要な塩基の物質量は、価数は1ですから、求められますね。 これが何グラムか分かれば、混合物1.10gから差し引けば、 塩化カリウムが何gだったかわかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中和の量的関係について

    この問題がわかりません。 ヒントなんかいただけると嬉しいです。 水酸化カリウムと塩化カリウムとの混合物10gを純粋に溶かした。 この溶液を中和するのに、2.5mol/Lの硫酸10mLを要した。 もとの混合物は水酸化カリウムを質量で何%含んでいたか。 答えは28になります。

  • 中和の問題について

    問. 0.30mol/lの塩酸100mlに0.80gのNaOHの固体を入れた。残った塩酸を中和するのに0.10mol/lの水酸化ナトリウム水溶液何ml必要か。 ・・・・という問題で、 「酸の価数×酸の物質量=塩基の価数×塩基の物質量」という公式を使って NaOHのモル質量をxとして 1×0.30×100/1000=1×0.80/x よって、x=80/3 ・・・・・というようになんとなく感覚でモル質量を求めたのですが、 これからどのようにして水酸化ナトリウムの水溶液のmlを求めればいいのかがわかりません。そこのところを教えてください。お願いします。

  • 化学が苦手で基本問題なのに理解できない問題があります。

    今、受験生なのですが化学がどうしても苦手で 特に化学式の計算などとても苦手です。 わからない問題があるのですが、 5.0mol/lの硫酸100mlに炭酸ナトリウムを42.4を溶かし、 残った硫酸を4.0mol/lの水酸化カリウム水溶液で中和滴定するには、 水酸化カリウムが( )ml必要か? ここで原子量はC=12,O=16,Na=23とする。 という問題です。 解説を読んでみて自分で理解できたのは、 中和反応=酸の価数*酸の物質量=塩の価数*塩の物質量 価数はそれぞれ硫酸 2価 炭酸ナトリウム 1価 水酸化カリウム  1価 これらは暗記していました。 ここで、硫酸は2×5×0.1で、 水酸化カリウムは1×4×x(g)とおくのはわかるのですが、 なぜだが解説では炭酸ナトリウム2×42.4/106とおいています。 この式の意味がわかりません(^^;) また炭酸は酸のはずなので、 硫酸+炭酸=水酸化カリウムとなるのかなと思いきや、 硫酸=炭酸+水酸化カリウムであわせるようです。 もう何がなんだかさっぱりわからなくなりました(T_T) どなたか私のような苦手でもわかるような 説明してくださらないでしょうか?

  • 水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合物の中和反応

    水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合物の中和反応について質問です。よろしくお願いいたします。 問題は、 濃度未知の水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合水溶液20.0mlをとり、1.0mol/lの塩酸を滴下すると、第一中和店まで15ml,第二中和店までさらに5ml要した。混合水溶液中の水酸化ナトリウムおよび炭酸ナトリウムの質量を求めよ。です。 回答は、NaOHとNa2CO3の物質量をそれぞれx,ymolとおいて、 x+y=1.0*15/1000 y=1.0*5/1000 と式をたてていました。 ですが、私の方法では、炭酸ナトリウムは2価の酸なので、電離するので、2yとしました。 たとえば、水酸化バリウムと塩酸の中和反応でも立式時水酸化バリウムの価数を考慮して、かける2しますよね。 そこで、質問なのですが、この問題で炭酸ナトリウムが2価であるのに、×2されていないのはどうしてでしょうか? 二段階反応が関係しているからでしょうか? それとも、第一中和店までは、二価ではなく一価の酸として働いているということでしょうか。またもしそうなら、二段階目も一価の酸として働いているとうことでしょうか。 どなたかご存知の方がおられれば、アドバイスをお願いします。不明な点があれば補足させていただきますので、よろしくお願いします。

  • 中和反応 中和滴定 食酢の濃度 逆滴定 NaOHの純度 混合物の中和

    ≪緊急≫化学の出来るかた。。。助けてください。 中和反応 中和滴定 食酢の濃度 逆滴定 NaOHの純度 混合物の中和 化学の出来るかた。。。といてください。 私の能力では、今日中には出来ません・・・ よろしくお願いします。 1、中和反応 (1) 水酸化カルシウム3.7gを水50mLに混ぜた後、2.0mol/L塩酸で中和するには、塩酸何mLが必要か。 (2) 標準状態で1.12Lのアンモニアを水に溶かして100mLの塩酸が何mL必要か。 2、中和滴定 シュウ酸ニ水和物の結晶(COOH)2・2H2O 1.89gを水に溶かして a《250mLの液体にした。》このシュウ三水溶液 b《10.0mLをとり》、水酸化ナトリウム水溶液を c《滴下した》ところ、中和までに12.5mL必要であった。 (1) シュウ酸水溶液の濃度はいくらか。 (2) 《》a,b,cの操作に酔ういる器具の名称を記せ。 (3) シュウ酸と水酸化ナトリウムの中和反応の化学式を記せ。 (4) 水酸化ナトリウム水溶液の濃度は何mol/Lか。 3、食酢の濃度 食酢を5倍に薄めた溶液(A液とする)を10.0mLとり、0.120mol/L水酸化名取運無水溶液で中和滴定したところ12.5mL必要であった。食酢の密度は1.02g/cm3(g/mL)であり、食酢中に含まれる産は酢酸のみとする。 (1)A液の酢酸の濃度は何mol/Lか。 (2) 食酢中の酢酸の濃度は何%か。 4、逆滴定 1.0mol/L酢酸15.0m/Lに2.0mol/L水酸化ナトリム水溶液12.0mLを加えた。この混合液中の水酸化ナトリウムを中和するには0.60mol/L硫酸が何mL必要か。 5、NaOHの純度 少量の塩化ナトリウムを含む水酸化ナトリウム5.00gを水に溶かして200mLにした。このうち10.0mLをとり、中和するのに0.500mol/Lの塩酸12.0mLが必要であった。この水酸化ナトリウムの純度は何%か。 6、混合物の中和 (1) 0.10mol/L塩酸と0.10mol/L硫酸を合計35mLとり、0.10mol/L水酸化ナトリウム水溶液で中和したところ45mLを要した。最初とった塩酸、硫酸はそれぞれ何mLか。 (2) 水酸化ナトリウムと水酸化カリウムの混合物2.32gある。 これを水に溶かし、1.00mol/Lの塩酸で中和するのに50.0mLが必要であった。混合物中に水酸化ナトリウムは何g含まれていたか。 答え、 1 (1) 50 (2) 50 2 (1) 0.0600mol/L (4) 0.0960mol/L 3 (1) 0.150mol/L (2) 4.41% 4 7.5mL 5 96.0% 6 (1) 塩酸25mL 硫酸10mL (2) 1.20g 解き方を教えてください。 ほんとうによろしくお願いします。

  • 中和反応

    0.050mol/L硫酸10.0mLを中和するのに、水酸化ナトリウム水溶液12.5mL 必要であった。 水酸化ナトリウム水溶液の濃度を求めよ。 こういう問題がありました。中和反応とは化学反応の一種ですよね。 例えば、一酸化炭素と酸素の反応で二酸化炭素が発生しますよね。 そういうときは化学反応式を書き、係数からうまくmolを利用して求めていました。 中和反応も単なる、酸と塩基の反応なので化学反応式を書き同じ要領で考えとくこはできるんですか??

  • 硫酸と水酸化カリウムの中和問題で

    中和反応後のmolを求める問題がわかりません。 教えてください。 ↓問題です。 「0.010mol/lの硫酸25mlに0.020mol/lの水酸化カリウム水溶液25mlを加えた水溶液のpHを求めよ。」 という問題です。 この問題を解く途中の中和反応後に残るKOHの物質量を求める方法がよくわかりません。 問題の解説には、 「0.020×75/1000-0.010×25/1000×2 = 0.01 [mol] 」 という計算で中和反応後KOHを求めています。 しかし、僕はこの解説の25/1000×2のところでなんで2をかけるのかがわかりません。 どうしてここで2がかかるのですか? 教えてください。 お願いします。

  • 中和滴定の問題について

    「濃度未知の希硫酸20.0mlを0.100mol/lのNaOH水溶液で滴定したとき、このNaOH水溶液を30.0mlくわえたら中和点を越えてしまった。この溶液を0.0100mol/lの希硫酸を用いて中和したところ10.0ml要した。濃度未知の希硫酸のモル濃度を求めよ」という問題ですが、L:モル濃度としてLx(20.0/1000)x2 + 0.0100x(10.0/1000)x2 = 0.100x(30.0/1000)という式が解答にありました。最初のx2(H2SO4が2価だから?)と2番目のx2は何のことでしょうか?モル数x価数をつかって求めてるのでしょうか。なんでこの式になるのかさっぱりです。

  • 中和(?)の問題がわかりません

    硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムの混合物がある。この混合物の硫酸アンモニウムの含有量を調べるために、その3.00gを濃水酸化ナトリウム水溶液と加熱し、アンモニウムイオンを全てアンモニアに変えて、これを0.500mol/lの硫酸50ml中に吸収させた。さらに吸収後の液に水を加えて全量を250mlとした後、その10.0mlを取り、残っている硫酸を0.200mol/lの水酸化ナトリウムの水溶液で中和したところ、4.40mlを要した。硫酸アンモニウムの質量百分率は何パーセントか。 という問題がどうしても解けません。 解答には61.6%と書いてありますが、解説がありません。 どなたか教えてください。

  • 化学の質問です。0.001モルの硫酸を含む水溶液が

    化学の質問です。0.001モルの硫酸を含む水溶液がある。この時アンモニアの、電離度を1.0とすると電離により何イオンが何モル生じているか。 写真は模範回答です。模範解答の説明だと硫酸の価数は2なので2 × 0.001 × 1になると思うのですが模範解答は違っています。なぜですか? (模範解答の説明) 酸や塩基にの電離によって生じる水素イオンや水酸化物イオンの物質量は、価数×物質量×電離式で求められる。