• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

下請けの過失と求償

いつもお世話になります。早速ですが、以下の事例は下請法に抵触するのでしょうか? A社(下請け)は、B社(元請け)より仕事を50万円分受注し納めました。それはB社の製品(約1000万円)に使用する一つの部品でした。 ところが、しばらくして、A社の過失(部品不良)により、B社の製品に欠陥が生じました。 この時、B社は、A社の過失により1000万円の損益が出たので、A社に対し1000万円の求償請求しました。 A社は、たった50万円の仕事に、1000万円の求償はとても出来ないと言っています。 この場合、A社はB社の請求通り、1000万円を支払わなければならないのでしょうか? ちなみに、A社とB社の関係は、下請け法に定められる(資本金)関係になっています。 ご存じの方おられましたら、ご教示ください。 又、これに近い事例・判例がありましたら、併せてご教示願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数13815
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

まず民法上の損害賠償責任の話と下請法の話は別物なので分けて考えねばなりません。 下請け法は企業規模の違いによる取引の不公正を是正する目的であり、今回の事例はそれとは別の話です。 つまり平たく言うとご質問に書かれた範囲では下請法は関係ありません。 さて、50万の商品の欠陥で1000万の損害が発生したとのことですが、それをもってA社の1000万の賠償額となるのかどうかは、その内容により変わります。少なくとも商品の欠陥が原因である以上はなにがしかの賠償責任を負う可能性はあります。 つまりここで互いの過失の度合いというものが問題になります。 B社においても、1000万の損害が発生する可能性があるのであれば、事前に50万の商品に問題がないのか調べるべきであり、B社がもっている注意義務が果たして十分なされたのかという疑問があります。 つまり、もちろんたとえば松下のFF式ストーブの事例を見てもお分かりと思いますが、製品に欠陥があり損害をもたらした場合に、その商品の価格をはるかに上回る賠償額となるのは珍しい話ではありません。 しかしご質問の場合は、B社というのは恐らくはA社よりも技術的にも高いレベルであり、またその全体の装置についてはA社は関与することはないのですから、B社の技術や裁量が大きい中での出来事、言い換えるとB社であればどのような部品の欠陥がどのような損害をもたらすのかは十分承知して行っていたはずです。 つまりB社自身の過失というものが必ず存在するはずです。 それとA社の過失の度合いと比較して総合的に過失の度合いに応じた賠償となるわけです。 あとこのような商品金額を超えた賠償を避けるために売買契約において商品代金以上の賠償責任は免責とする、つまり負わないという約束の下での売買契約なり請負契約もよく行われることで、売買時にそのような契約がなされていれば、商品代金までの賠償で済みます。 ちなみに判例をということですが、これらは具体的に一番近い事例に当てはめて考えるなどするので、一般的な回答というものはありません。 判例の中には商品代金以上の賠償は不要という判決はありますが、でもその中身が問題だからです。 たとえば会社の規模としてはA社は小さくても、特殊な技術をもつ会社で、B社にはその技術の中身の詳細がわからず、A社にかなり依存している状況において、A社が当然予見したり発見できるような欠陥を見逃した、あるいは怠慢から検査を十分しなかったことでとなると、責任は重くなり、商品代金以上の賠償は不要とはならない可能性も十分あるのです。 このように背景の事情が不明の場合にはなんとも答えられないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

walkingdicさん 早速、詳細なコメントを頂き、有り難う御座いました。 民法上の損害賠償については忘れておりました。 又、その時々・条件で変わる事もよく判りました。 本当に有り難う御座いました。

関連するQ&A

  • 下請け法について 請求書作成日なのですが

    下請法について 作成業務を委託している取引先から請求書が到着したのですが、 請求書作成日が納品日の前の日付になっていました。 同僚は「下請法違法なので、再作成してもらった方がいい」と言っていたのですが、 下請け法について調べてみてもそのような記載は見当たりませんでした。 本当に下請法違反にあたるのでしょうか? 宜しくお願いします。 確かに普通は納品後に作成すると思うのですが…。

  • 下請けの過失による元請けの責任は

    初めまして、今現在一人親方として建築関係に携わっております。今回相談したいのは、元請けより設備の取り付け(工賃のみ)で受けたのですが、わたくしの過失により、キッチンを傷をつけ、弁償する形になりました。工事の手配をし全て交換することにしました。当所、工事の責任は元請けにあると、いっていただき、工事の請求書も元請けへ送るようにと。しばらくすると、全額支払いのメールと。工事会社の請求書が届きました。請求書の宛名は元請け。下請け契約も交わしておりません。

  • 建設業一括下請けについて教えて下さい。

    公共工事 元請建築業者(請負金額2億)から1次下請・設備工事で3500万の下請契約をしました。2次下請として同業種工事店に3300万で発注すると一括下請けとなりますよね? 元請業者 下請業者関係なく 一括下請の定義は一緒と考えればよろしいでしょうか?

  • 客先から下請法に抵触するので「値引き」の文言を禁止すると連絡がありまし

    客先から下請法に抵触するので「値引き」の文言を禁止すると連絡がありました。 当社では、データーベースに部品単価が登録されておりお得意様に応じた値引き率で 見積書を作成するシステムになっています。 下請け法に抵触しないような「値引き」に変わる文言を教えてください。

  • 下請け業者への請求書金額の指示

    タイトルについて、下請け業者に、契約によって決められた単価で仕事をしてもらっています。 その作業時間を元請けである会社が、 「今月は100時間で請求してきなさい。」というふうに、請求金額(時間)を指示することは違法ではありませんか?? 下請け会社もこちらの指示を待って請求書を発行しています。 かなりその作業時間を計算するのに手間がかかるのですが、なんとなく下請け会社がすべき作業をしているような違和感を覚えるのです。また下請けに対してもこれでいいのだろうかと思います。 コンプライアンスに抵触するようなことがないのかどうか、又問題があるのであればどんな法律なのかご教示下さい。 宜しくお願い致します。

  • 下請法について

    大手部品メーカーの製造下請けをしている会社に勤めています。 メーカーから製造打ち切りの連絡を貰っておらず、突然製造打ち切りになり弊社購入品の在庫を抱えてしまいました。 ※弊社は内示にそって部品購入していた この場合、メーカーが在庫の引き取りをしないと下請法に抵触するということはあるでしょうか? ご存じの方がいましたら何卒、宜しくお願い致します。

  • 下請け現場での経費をそのまま元請への請求に載せた場

    下請け現場での経費をそのまま元請への請求に載せた場合 こんにちは 工事の下請で、現場に従業員を3名ほど1か月間送りました。 その工事間の現場への行き帰りの高速代は従業員が一旦、自腹を切り、工事の請求書に「高速代○○円」として請求金額に上乗せをし、元請から受け取ったのち、従業員に返金しました。 元請とも高速代は元請が持つという約束にしています。(契約書などは交わしておりません。) この場合、 (1)請求金額に載せた「高速代」は、当社の売上に含める必要がありますでしょうか。(売上が増えて、旅費交通費も増える) それとも、 (2)お金が当社を通過して従業員にいっただけで、売上に含めないということでよいでしょうか。(仮受金などの勘定を使用する) お詳しい方お教えいただければ幸いです。

  • 下請法

    下請法において、告発をされたことによって 報復をすることを禁じていますが、公正取引委員会と中小企業庁官に 告発をした場合となっています。 親会社(発注会社)に直接異議を唱え、親会社から取引(発注)を 停止にされた場合は、下請法にいう報復には当たらないのでしょうか? 報復に当たる、当たらないの事例があれば教えてください。 報復に当たる場合、損害賠償を請求できるのか否か、請求できる場合 どの程度の請求が認めれるのか、事例があれば教えてください。

  • 下請法に抵触するか教えてください

    下請法に抵触するか教えてください。 親事業者の立場からの質問ですが、数年前から利用している、ある月額サービスについて、価格が高いため別の低価格なサービスの提案をして欲しい旨メールをしました。ちなみに、サービス仕様の条件を変えるな等の話は一切しておりません。 下請け業者から返信があり、提供コストが下がったため、月額サービスの価格を下げる旨の連絡と、次月から減額された請求書案が送られてきました。 その後、減額された請求書が届き、そのまま支払いをしたのですが、この場合下請法の対象となるのでしょうか。

  • 設計業務は工事の一部であるのか

    お世話になります。 元請けハウスメーカーと設計業務の一部を継続契約しています。 が、「工事下請基本契約書」という名称で内容は「工事の一部に関して継続的に請負」と書かれており、設計業務が工事の一部であるという内容に非常に疑問があります。 工事自体は、下請法の制限について除外です。 しかし設計は下請法のもとに元請けからの禁止行為から保護されると思います。 この契約は下請法の制限除外を受けるための方法ではないかと想像するところです。 ハウスメーカーは設計事務所としての重要事項説明は行っていますが、 設計業務委託契約を顧客とは結んでおらず、請負工事契約の1項目として設計料を顧客よりいただいています。 設計業務を工事の一部としての請負契約をさせるのは不当ではないかと思うのですが、 顧客に対してそのような契約をしているところが多いのも事実でしょう。 しかし、下請けに対しても工事下請契約というのはどうも納得がいきません。 この工事下請け契約で行くと設計のミスは全額費用を払わなければなりませんが、私どもは設計の一部を担当しているだけで設計責任者はハウスメーカーです。現に本社のチェック、工事管理者、営業、コーディネーターとの引き継ぎは行うシステムです。 質問は 1)設計業務は工事の一部として 顧客と契約しても業法的に問題はないのか。 2)設計業務は工事の一部として 下請け契約することに問題はないのか。 3)設計業務は工事の一部として 下請法の制限を受けないのか。 この正当性がいまひとつ明確にわかりません。 ご教授願いたく思います。よろしくお願いします。