• 締切済み
  • 暇なときにでも

公共の福祉について

公共の福祉は内在的制約原理と政策的制約原理の2つから成り立っているが、どのようなことか例を挙げて説明をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2469
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#15908

続き これに対して、社会国家的公共の福祉・政策的制約・積極目的規制 とは、一般に、「形式的公平に伴う弊害を除去し、人々の「社会・経済水準の向上」を図るという観点での公平。であり、例えば、弱者保護, 社会経済全体の調和ある発展 のための規制 」と論じられています。 自由国家的公共の福祉・消極目的規制 は 原則としてすべての人権について可能です。 理由は、これができないのでは最小限の憲法秩序の維持が不可能だから くらいいえばいいでしょう。 例えば、財産権の規制 として  火事のときに家を壊すことができる(消防法)  建築基準法で、危険な建物の建築は禁止される。 営業の自由が保障されているといっても、医業を行うには免許がいる 等です。 これに対して、社会国家的公共の福祉・積極目的規制 は 経済的自由権(と社会権) についてのみ可能です。 理由は、 積極目的規制は形式的公平を害するおそれがあるから限定的でなければならないが、経済的自由権と社会権は社会・経済水準の向上と密接に関連するため。だからです。 例えば、弱者保護のため、金持ちは学問をしてはならない と定めるのは やりすぎ  弱者保護のためを口実として 規制をやりだすと際限がない ということです。 経済的自由権の1種である財産権を制限するものとして、例えば 建築基準法上の地域規制があります。例えば住居専用地域には商業施設は建てられない という規制です。 経済的自由権であるから、社会経済全体の調和ある発展 のための規制が可能ということです。 あるいは、営業活動の自由(職業の遂行といえ、職業選択の自由に含まれて保障されていると解される)を規制するものとしては、(医師法での免許制は健康・安全のための消極目的規制 であるが、)大規模小売店舗の出店規制は、社会経済全体の調和ある発展のための 積極目的規制 といえる。 憲法には明文はないのに このような理論が主張されるのですが、 29IIで財産権についてわざわざ「公共の福祉」が登場するのは、経済的自由権の典型である財産権について、13条の公共の福祉とは異なる意味での 公共の福祉の原理(社会国家的公共の福祉)が妥当することを述べたもの であり、憲法が上記のような理論を採っていることの根拠となる と主張されるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 人権と公共の福祉

    大学の授業で芦部先生の「憲法 第四版」を使っています。 今、基本的人権について学んでいるのですが、一元的外在、内在・外在二限的、一元的内在制約説の所がいまいちよくわからないです。 「公共の福祉が人権に内在している」とはどういうことなのでしょうか? 比較衡量論、二重の基準論などとの関連とともに分かりやすく説明できる方お願いします。

  • 憲法について質問があります。公共の福祉についてです。

    憲法について質問があります。公共の福祉についてです。 公共の福祉の概念は 一元的外在制約説 明治憲法下の法律の留保とかわらなくなりダメ 二元的内在外在制約説 社会権と自由権の相対化が進んでる中この区別はいいのか?といった批判などあり。 一元的内在制約説 社会権と自由権なら必要な限度の制約を自由権に、自由権と自由権の衝突なら必要な最小限度の制約が可能          しかし、この概念は抽象的過ぎる 比較衡量論 公益と私人の利益を比較するのは国家に有利に働きやすくダメ 現在の通説 二重の基準論 一元的内在制約説の趣旨である人権の衝突を調整するための実質的公平の原理として公共の福祉を考える。 それに具体的な違憲審査の基準を準則化する。 という流れだとおもいます。 そこで質問なんですか。 1.「人権の衝突を調整する実質的公平の原理」という意味がいまいちわかりません。どういう場合に人権の衝突が起き、どうやって公共の福祉によって解決されるのでしょうか? 2.自由権と社会権が衝突した場合には自由権を規制するしかないのでしょうか? 3.社会権と社会権の衝突の場合にはどのように考えるのでしょうか 授業で習ったのですが参考書を見てもよくわからなかったので質問させていただきます。

  • 公共の福祉について

    大学で教職を学んでいて憲法をやっているのですが法学部ではないので単語がよくわかりません・・  今経済的自由権についてやっているのですが22条で13条に出てくる公共の福祉を再確認していて経済的自由の行き過ぎを抑止していると言うところまではわかりました。 教科書などで公共の福祉を調べると 外在的制約説で公共的福祉を人権の外にあって人権を一般的に制限する原理と捉えるということなんですが。。。。 もう少し噛み砕いていただける方いらっしゃりませんか?

  • 回答No.2
noname#15908

憲法11条は、国民に「侵すことのできない」ものとして基本的人権を保障しています。しかし、それでは例えば自分の土地の上なら どんなに高い建物で地震で崩れやすい建物を建てて貸しても適法ということになり、国(国会)はこれを規制する法律を作れない(そのような法律は憲法違反)ということになります。 それでは国の秩序は成り立たないので、基本的人権であっても、13条の公共の福祉を根拠に、制限できる(典型的には、国会がそれを規制する法律を制定できる)と解されています。つまり、13条の公共の福祉は、基本的人権を制限することについての一般的根拠とされます。 しかし、公共の福祉という抽象的な概念では、何をどこまでどのような基準で制限することが許されるのか不明確です。 そこで、公共の福祉の意味が議論され、多数の学説は、まず、公共の福祉には、自由国家的公共の福祉 と 社会国家的公共の福祉 がある と論じます。 自由国家的公共の福祉は、見かたを変えた見地から、形式的公平 とか 内在的制約 とか 消極目的規制 という用語で論じられることも多いです。 自由国家的公共の福祉・内在的制約・消極目的規制 とは、多数説によれば、「各個人の基本的人権の共存を維持するという観点での公平。具体的には、「国民の健康・安全に対する弊害を除去」を目的とする制約。」と論じられます。 (少し有名な少数説として「他人の権利を害さないことと、基本的憲法秩序を害さないこと」を目的とする制約。だという説もあります) (かなり専門的にいえば、例えば刑法の名誉毀損罪の規定は、多数説によると なぜ名誉毀損罪が健康・安全に対する弊害除去 なのか論証に困りますが、この少数説によると 名誉毀損罪も「他人の権利を害さないこと」に含まれるので内在的制約であることを論じやすいです (しかし、入門レベルではこれは高度すぎる内容と思われます))

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#58429

自由権を各人に平等に保障するためには必要最小限度の制約を認めるという内在的制約としての公共の福祉(12,13条の公共の福祉)と、 各人の人権の実質的な保障のために経済的自由権に対する必要な限度での制約を認めるという政策的制約としての公共の福祉(22,29条の公共の福祉)として分類されています。 警察、防災などの活動による自由の制約は内在的制約と捉えられています。 警察が検問をはっていたり、消防が消火のために家を壊したり出来るのはこれに基づく法律があるからです。 生命や身体の危険に関することなので、自由権だのとぬかしてもらっては困る、ということですね。 酒屋や銭湯を別の酒屋や銭湯から一定距離以内に作ってはいけないというような法律があるのですが、これは政策的制約です。 直接人の生命には関わらないけれど、各人の自由に任せていては経済的強者に有利になりすぎる、といった場合に経済市場への介入が行われるのは公共の福祉の政策的制約によるものです。社会権(特に生存権)との関連性も重要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「公共の福祉」と「パターナリスティックな制約」

    公共の福祉とパターナリスティックな制約との関係がよくわかりません。 「公共の福祉」を人権相互間の矛盾衝突を調整する原理ととらえた場合、それは他者加害の場合にのみ問題となり、自己加害の場合に問題となるパターナリスティックな制約とは区別される。ということまではわかるのですが、「両者が択一的関係にある」ということの理由がはっきりとはわかりません。 自己加害、他者加害の両方の見地から人権の制約がある場合も考えられるように思うのですが… もし詳しい方がいらっしゃったら、教えてくだされば助かります。 ちなみに上の見解は佐藤幸治先生の見解だそうです。 よろしくお願いします。

  • 憲法でいう公共の福祉の考え方について教えてください。

    憲法12条、13条、22条、29条を根拠とした一元的外在制約説や内在・外在二元制約説という意味がよくわかりません。現在の通説は一元的内在制約説だそうですが、違いが明確にわかりません。どうかご教授ください。

  • 憲法

    公共の福祉の学説で、「内在・外在二元説」というのがありますが、その中の、「自由権は権利が社会的なものであることに内在する制約にとどまり」というのが全く何を言っているのかがわかりません。具体的にどういうことでしょうか??わかりやすくどなたか教えて下さい。

  • これが×になる理由を教えて下さい。

    これが×になる理由を教えて下さい。 解説読んでもさっぱりです。憲法です。よろしくお願いします。 ウ. すべての人権に論理必然的に内在する「公共の福祉」は,人権相互間に生じる矛盾・衝突の 調節を図るための実質的公平の原理であり,例えば,社会権を実質的に保障するために自由権 を制約する場合には必要な限度の規制が認められるという見解がある しかし この見解では 。, , 憲法第22条,第29条の「公共の福祉」が,結局,国の経済的・社会的政策という意味でと らえられることになり,広汎な裁量論の下で経済的自由権と社会権の保障が不十分になるおそ れがある。[No.7] 平成20年 3問目

  • よくわからない文の解釈よろしくお願いします。

    よくわからない文の解釈よろしくお願いします。 日本国憲法では人権に対する「公共の福祉」による制約が4ヵ所に規定されてる。 このうち12.13条の規定する公共の福祉はあらゆる人権に共通する内在的制約を意味する。 これに対して他の2ヵ条は公共の福祉による制約が特定の人権について規定されている。 その2ヵ条の組み合わせは、 22条の居住、移転及び職業選択の自由と29条の財産権である。 これはどういうことか教えて頂けないでしょうか。。

  • 社会 3年 公共の福祉

    公共の福祉で制限されるものの例を教えてください... ググッても出てきません

  • 自由権が公共の福祉により制限される場合とは?

    公民の授業の課題なのですが、 「自由権が公共の福祉により制限される場合」とは例えば何なのでしょうか? 教科書やネットなどで探してみたのですが、説明が長文だったり難しい単語が使われていたりしていまいち分かりませんでした。 制限される場合は例えば、~な場合など、どなたか例をあげて説明していただけないでしょうか?

  • 憲法の授業にて…

    法学部一回生です。 先日、憲法の授業で「内在的制約」「外在的制約」「政策的制約」について触れられました。 先生が、本題とは別に予備知識としてサラッと説明されたので、いまいちわかりませんでした。 法律辞典を見てもよくわかりません。 簡潔で結構ですので、どなたかご説明していただけませんか?

  • 公共の福祉

    「公共の福祉」の問題点がわかりません。 学校の課題で調べているのですが教科書やネットで調べても難しくて理解できないのでわかりやすく解答お願いします。

  • 公共の福祉

    公共の福祉について質問です。 「公共の利益を優先する。しかし、ただ単なる国家や全体の利益とは考えない。」 とはどういう意味ですか? しかし~が分かりません。 宜しくお願いします。