• 締切済み
  • すぐに回答を!

憲法について質問があります。公共の福祉についてです。

憲法について質問があります。公共の福祉についてです。 公共の福祉の概念は 一元的外在制約説 明治憲法下の法律の留保とかわらなくなりダメ 二元的内在外在制約説 社会権と自由権の相対化が進んでる中この区別はいいのか?といった批判などあり。 一元的内在制約説 社会権と自由権なら必要な限度の制約を自由権に、自由権と自由権の衝突なら必要な最小限度の制約が可能          しかし、この概念は抽象的過ぎる 比較衡量論 公益と私人の利益を比較するのは国家に有利に働きやすくダメ 現在の通説 二重の基準論 一元的内在制約説の趣旨である人権の衝突を調整するための実質的公平の原理として公共の福祉を考える。 それに具体的な違憲審査の基準を準則化する。 という流れだとおもいます。 そこで質問なんですか。 1.「人権の衝突を調整する実質的公平の原理」という意味がいまいちわかりません。どういう場合に人権の衝突が起き、どうやって公共の福祉によって解決されるのでしょうか? 2.自由権と社会権が衝突した場合には自由権を規制するしかないのでしょうか? 3.社会権と社会権の衝突の場合にはどのように考えるのでしょうか 授業で習ったのですが参考書を見てもよくわからなかったので質問させていただきます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数808
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

>自分でも言葉がうまくまとまらないのですが、立法の違憲審査の場合に公共の福祉概念は問題となるのでしょうか?(参考書の中にこのような文言がありました。) >裁判所は人権と人権がぶつかり合いそれを調整するための法律がある場合にその法律が本当に必要最小限の規制をしているものか判断する。必要な制限越えていたらその法律は違憲とする。 との文言です。 人権と人権のぶつかりあいこそが公共の福祉ですから、 公共の福祉概念が問題にならない違憲審査というのは聞いたことがないです。 >回答者様の実例 >この場合は「選挙活動に関する自由権」と「マンション内に知らない人が立ち入ることで不審者の判別が出来にくくなり犯罪を防ぎにくくなる=社会権」の衝突。 では法律の問題はでてこないように思えます。この場合は違憲審査ではなく単に人権の衝突が起きたのを解決するために公共の福祉が機能しているということですよね。 いやいや、この場合は「選挙活動中の不法侵入罪適用が違憲かどうか」ですから法律の問題ですよ。 単にマンション側が独自ルールを作って言ってる話ではありません。 違憲審査というのは「既存の法律が憲法違反かどうか」というものですから法律が絡まないことは無いです。 で、不法侵入罪というのは、居住者の平穏を守るという治安維持のために作られた法律です。 「平穏無事に生活すること」が社会権の一種だということはわかりますよね? だから 不法侵入罪vs選挙活動の自由 というのは人権同士の衝突となるわけです。 >また精神的自由と経済的自由が衝突した場合は両方に程度は違うものの規制を行い解決するということでよろしいでしょうか? そうなります。 経済的自由については直接規制せず国会に再度の立法を求めるのが基本です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • これが×になる理由を教えて下さい。

    これが×になる理由を教えて下さい。 解説読んでもさっぱりです。憲法です。よろしくお願いします。 ウ. すべての人権に論理必然的に内在する「公共の福祉」は,人権相互間に生じる矛盾・衝突の 調節を図るための実質的公平の原理であり,例えば,社会権を実質的に保障するために自由権 を制約する場合には必要な限度の規制が認められるという見解がある しかし この見解では 。, , 憲法第22条,第29条の「公共の福祉」が,結局,国の経済的・社会的政策という意味でと らえられることになり,広汎な裁量論の下で経済的自由権と社会権の保障が不十分になるおそ れがある。[No.7] 平成20年 3問目

  • 憲法でいう公共の福祉の考え方について教えてください。

    憲法12条、13条、22条、29条を根拠とした一元的外在制約説や内在・外在二元制約説という意味がよくわかりません。現在の通説は一元的内在制約説だそうですが、違いが明確にわかりません。どうかご教授ください。

  • 憲法

    公共の福祉の学説で、「内在・外在二元説」というのがありますが、その中の、「自由権は権利が社会的なものであることに内在する制約にとどまり」というのが全く何を言っているのかがわかりません。具体的にどういうことでしょうか??わかりやすくどなたか教えて下さい。

  • 回答No.1

1.要するに、片一方の人の権利を守るためにもう片方の人の権利が侵害されること。 実例で言うと、選挙活動としてマンション内に勝手に入ってビラを配った事例とか。 この場合は「選挙活動に関する自由権」と「マンション内に知らない人が立ち入ることで不審者の判別が出来にくくなり犯罪を防ぎにくくなる=社会権」の衝突。 公共の福祉として「私有地に勝手に入らないこと」という制約が自由権に与えられる。 2.社会権として認められる事例なら自由権を規制することになる。 3.自由権の衝突と同じように両者の中間を取れるように制約をかける。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

また精神的自由と経済的自由が衝突した場合は両方に程度は違うものの規制を行い解決するということでよろしいでしょうか?

質問者からの補足

回答ありがとうございます! 凄くわかりやすいです。 重ねて質問をさせていただきます。 自分でも言葉がうまくまとまらないのですが、立法の違憲審査の場合に公共の福祉概念は問題となるのでしょうか?(参考書の中にこのような文言がありました。) 裁判所は人権と人権がぶつかり合いそれを調整するための法律がある場合にその法律が本当に必要最小限の規制をしているものか判断する。必要な制限越えていたらその法律は違憲とする。 との文言です。 回答者様の実例 この場合は「選挙活動に関する自由権」と「マンション内に知らない人が立ち入ることで不審者の判別が出来にくくなり犯罪を防ぎにくくなる=社会権」の衝突。 では法律の問題はでてこないように思えます。この場合は違憲審査ではなく単に人権の衝突が起きたのを解決するために公共の福祉が機能しているということですよね。 いまいち参考書内の裁判所が違憲審査をする場面で二重の基準論が機能するという意味がわからないのですが・・・。 どういうことでしょうか?

関連するQ&A

  • 人権と公共の福祉

    大学の授業で芦部先生の「憲法 第四版」を使っています。 今、基本的人権について学んでいるのですが、一元的外在、内在・外在二限的、一元的内在制約説の所がいまいちよくわからないです。 「公共の福祉が人権に内在している」とはどういうことなのでしょうか? 比較衡量論、二重の基準論などとの関連とともに分かりやすく説明できる方お願いします。

  • 人権の制限

    公共の福祉と人権の関係で、一元的外在制約説というのがあって、関連判例に、「戸別訪問禁止に関する判例」や。「東京都公安条例事件判例」等があるのですが、これらの判例の中のどの部分で、この説をとっているというのがわかるのでしょうか。 さらに、同じように、一元的内在説の関連判例には、「都教祖事件」等ありますが、こちらもどこで一元的内在説をとっていると言えるのか、なぜこれは一元的外在説ではないのか、どう違うのか、、わかりやすくどなたか教えて下さい。

  • 公共の福祉について

    公共の福祉は内在的制約原理と政策的制約原理の2つから成り立っているが、どのようなことか例を挙げて説明をお願いします。

  • 公共の福祉について

    大学で教職を学んでいて憲法をやっているのですが法学部ではないので単語がよくわかりません・・  今経済的自由権についてやっているのですが22条で13条に出てくる公共の福祉を再確認していて経済的自由の行き過ぎを抑止していると言うところまではわかりました。 教科書などで公共の福祉を調べると 外在的制約説で公共的福祉を人権の外にあって人権を一般的に制限する原理と捉えるということなんですが。。。。 もう少し噛み砕いていただける方いらっしゃりませんか?

  • 公共の福祉

    ふと思ったのですが、憲法に定められている『公共の福祉』という文言。 12条・13条・22条・29条に定められていますが、疑問があります。 公共の福祉とは、人権と人権の衝突の利害調整とするならば、 例えば、表現の自由とプライバシーの権利がぶつかったとします。 当然、プライバシーの権利を主張する側は、自分にとって不愉快であり 他の人に見せたくない。またはそれなりの思いがありますし、 出版社側もせっかく撮ったのだから乗せたいし出版差し止めを阻止しようと思います。 そこで、憲法で定められている表現の自由の出番なのですが、 公共の福祉が人権と人権の利害調整で、この場合、読む側の他人の人権と原告側の人権では他人の人権が勝ちます。 つまり、原告側は敗訴ですね。こういう風に習ったのですが、 でも、原告側の人権も無視できないものあるのに、他人の人権も大事と言っていては、 表現の自由という大義名分の下、権利の濫用につながるのではないしょうか? もっとプライバシーの権利も広く認めるべきじゃないかと思います。 納得できません。

  • 「公共の福祉」と「パターナリスティックな制約」

    公共の福祉とパターナリスティックな制約との関係がよくわかりません。 「公共の福祉」を人権相互間の矛盾衝突を調整する原理ととらえた場合、それは他者加害の場合にのみ問題となり、自己加害の場合に問題となるパターナリスティックな制約とは区別される。ということまではわかるのですが、「両者が択一的関係にある」ということの理由がはっきりとはわかりません。 自己加害、他者加害の両方の見地から人権の制約がある場合も考えられるように思うのですが… もし詳しい方がいらっしゃったら、教えてくだされば助かります。 ちなみに上の見解は佐藤幸治先生の見解だそうです。 よろしくお願いします。

  • よくわからない文の解釈よろしくお願いします。

    よくわからない文の解釈よろしくお願いします。 日本国憲法では人権に対する「公共の福祉」による制約が4ヵ所に規定されてる。 このうち12.13条の規定する公共の福祉はあらゆる人権に共通する内在的制約を意味する。 これに対して他の2ヵ条は公共の福祉による制約が特定の人権について規定されている。 その2ヵ条の組み合わせは、 22条の居住、移転及び職業選択の自由と29条の財産権である。 これはどういうことか教えて頂けないでしょうか。。

  • 大日本帝国憲法と日本国憲法の違いの特徴

    大日本帝国憲法では、第二十九条に「臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ…」とあるように自由権は認められながらも、臣民の権利は簡単に法律で制限されてしまうということ(法律の留保)はよくわかるのですが、現行の日本国憲法でも自由権はある程度で制限されていませんか? 表現の自由(日本国憲法二十一条)は公共の福祉の名の下(日本国憲法十三条)に制限されています。(例えば1957年のチャタレー事件) ということは、大日本帝国憲法と日本国憲法の相違点の一つとして 大日本帝国憲法では上位法優位の原理が存在せず、法律で人権を制限することができるが、日本国憲法は憲法で人権を制限している、と言うことができますよね?

  • 代理母出産・クローン技術と憲法の自己決定権の制約原理

    代理母出産は日本では認められていませんね。一方、憲法では自己決定権というものがあります。代理母出産は他人の人権を害するものではないので、この制約は「公共の福祉」では説明できません。 では、代理母出産をする権利は、憲法のどのような原理・根拠法条から制約が許されるのでしょうか? また、クローン人間を作ることは法律で禁止されています。この制約は憲法のどのような原理・根拠法条から許されるのでしょうか?

  • 19cと20cの憲法の違いは?

     19cと20cの憲法の違いは何でしょうか? 19cは私有財産が核となり、人権が生まれたと習いました。 20cは社会権、生存権が出てきました。 ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。 全く、手も足も出ません><