• ベストアンサー
  • 困ってます

人権と公共の福祉

大学の授業で芦部先生の「憲法 第四版」を使っています。 今、基本的人権について学んでいるのですが、一元的外在、内在・外在二限的、一元的内在制約説の所がいまいちよくわからないです。 「公共の福祉が人権に内在している」とはどういうことなのでしょうか? 比較衡量論、二重の基準論などとの関連とともに分かりやすく説明できる方お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数579
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#146903

結構幅広いね・・・ 全部説明すんのは無理だよ。 一元的外在説は、人権が誕生して、そのあと公共の福祉を理由に制約する。 最初完璧な状態で生まれた人権を外から制約するから「外在」 その理由一つしかなから「一元」 でも制約すんのは法律だろ? あとから制約されたら、悪い意味の法律の留保を伴うじゃないか、と批判される。 内在・外在的二元説は、内在と外在があるから二元。 12、13条をただの訓示規定を解して22、29条を根拠に経済的自由権のみ外在的に制約して、あと他の人権はもともと制約されて誕生してきたと思えばよい。 しかし、今までにない新しい人権が昨今誕生したんだ。 この「新しい人権」の根拠条文が13にしかないんだよ。 でもさっき13条はただの訓示規定っていったじゃないかって批判。 通説は一元的内在制約説。 全部の人権はもともと制約されて誕生した。 そして制約根拠が、人権相互の矛盾衝突を調整する実質的公平の原理(公共の福祉)。 人権がアンパンマンの顔としたら、焼きあがりの時点で顔が3分の1欠けてんの。 この欠けたライン(部分ではない)が違憲審査基準だ。 この基準を超えてアンパンマンの顔を食べると人権侵害で違憲となる。 この違憲審査基準に比較衡量とか二重の基準とかの論点がある。 比較考量は2つの人権があって片方の人権の制約が一方の人権に資する場合、どんくらいアンパンマンの顔を削れるかラインを引く場所を決める。 二重の基準は精神的自由は経済的自由より大事だからより、アンパンマンを守ろうとする。 とすると、厳格な審査基準とかLRAになりやすい。 経済的自由は真ん中くらいの厳格な合理性の基準がいいなとか。 なんかもう長くなるからあとは割愛するよ。 憲法は最初はわからんよ。 一通り回したらちょっとずつ見えてくるから、わからんなりに先に進むことをお勧めするよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アンパンマンの例え、分かりやすかったです。 取り敢えず先に読み進むことにします。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 憲法について質問があります。公共の福祉についてです。

    憲法について質問があります。公共の福祉についてです。 公共の福祉の概念は 一元的外在制約説 明治憲法下の法律の留保とかわらなくなりダメ 二元的内在外在制約説 社会権と自由権の相対化が進んでる中この区別はいいのか?といった批判などあり。 一元的内在制約説 社会権と自由権なら必要な限度の制約を自由権に、自由権と自由権の衝突なら必要な最小限度の制約が可能          しかし、この概念は抽象的過ぎる 比較衡量論 公益と私人の利益を比較するのは国家に有利に働きやすくダメ 現在の通説 二重の基準論 一元的内在制約説の趣旨である人権の衝突を調整するための実質的公平の原理として公共の福祉を考える。 それに具体的な違憲審査の基準を準則化する。 という流れだとおもいます。 そこで質問なんですか。 1.「人権の衝突を調整する実質的公平の原理」という意味がいまいちわかりません。どういう場合に人権の衝突が起き、どうやって公共の福祉によって解決されるのでしょうか? 2.自由権と社会権が衝突した場合には自由権を規制するしかないのでしょうか? 3.社会権と社会権の衝突の場合にはどのように考えるのでしょうか 授業で習ったのですが参考書を見てもよくわからなかったので質問させていただきます。

  • 人権の制限

    公共の福祉と人権の関係で、一元的外在制約説というのがあって、関連判例に、「戸別訪問禁止に関する判例」や。「東京都公安条例事件判例」等があるのですが、これらの判例の中のどの部分で、この説をとっているというのがわかるのでしょうか。 さらに、同じように、一元的内在説の関連判例には、「都教祖事件」等ありますが、こちらもどこで一元的内在説をとっていると言えるのか、なぜこれは一元的外在説ではないのか、どう違うのか、、わかりやすくどなたか教えて下さい。

  • 憲法でいう公共の福祉の考え方について教えてください。

    憲法12条、13条、22条、29条を根拠とした一元的外在制約説や内在・外在二元制約説という意味がよくわかりません。現在の通説は一元的内在制約説だそうですが、違いが明確にわかりません。どうかご教授ください。

  • 公共の福祉について

    大学で教職を学んでいて憲法をやっているのですが法学部ではないので単語がよくわかりません・・  今経済的自由権についてやっているのですが22条で13条に出てくる公共の福祉を再確認していて経済的自由の行き過ぎを抑止していると言うところまではわかりました。 教科書などで公共の福祉を調べると 外在的制約説で公共的福祉を人権の外にあって人権を一般的に制限する原理と捉えるということなんですが。。。。 もう少し噛み砕いていただける方いらっしゃりませんか?

  • よくわからない文の解釈よろしくお願いします。

    よくわからない文の解釈よろしくお願いします。 日本国憲法では人権に対する「公共の福祉」による制約が4ヵ所に規定されてる。 このうち12.13条の規定する公共の福祉はあらゆる人権に共通する内在的制約を意味する。 これに対して他の2ヵ条は公共の福祉による制約が特定の人権について規定されている。 その2ヵ条の組み合わせは、 22条の居住、移転及び職業選択の自由と29条の財産権である。 これはどういうことか教えて頂けないでしょうか。。

  • 憲法

    公共の福祉の学説で、「内在・外在二元説」というのがありますが、その中の、「自由権は権利が社会的なものであることに内在する制約にとどまり」というのが全く何を言っているのかがわかりません。具体的にどういうことでしょうか??わかりやすくどなたか教えて下さい。

  • 大学の試験勉強なんですけど・・

    基本的人権は公共の福祉に制約されているのですか?されていないのですか?なぜかも教えて下さい。

  • 基本的人権はどのような形で保障されているのか

    学校の文化科目で 「基本的人権は憲法の三大原則のひとつとされるが、どのような形で保障されているか。 自由権・社会権・自律・自己決定権・内在的制約・不干渉・干渉・国民・外国人・権利・義務のキーワードを用いて3000字前後で論ぜよ」 という課題が出されました。 しかし自分は理系でよくわからず、キーワードの関連性もつかめなくて困っています。そのうえレポに使える時間もあまりなくて。。汗  すこしWEBで調べてはみたのですが、キーワードごとに調べる必要がありそうで時間も無いので、どなたか博識な方がいらっしゃったらまとめて教えていただきたいと思い、投稿しました。 レポート全体の外形というか、「キーワードをまぜてどう組み立てたらいいのか」だけでもご教授いただけませんでしょうか。 ご回答、お願いいたします。

  • 自然法と基本的人権の違い

    タイトルのとおりです。 初学者な質問で申し訳ありませんが、 自然法と基本的人権の違いを教えて下さい。 (1)自然法とは、本来ひとがひととして生きるために持っている権利で、国家ができるよりも前の天賦の権利、 基本的人権は、ひとがひととして生きるための持っている権利で、国家により、その権利は侵されない権利、 として理解していたのですが、 考えてみると、これは、成立過程での時間的な違い(国家がおこる前、後という時間的な違い)のみで内容は全く同じなのでしょうか。 (2)(1)と関連して、もし多少なりとも違うなら、どのように違うのでしょうか。また、その範囲についても教えて下さい。 例えば、自然法はただ漠然とひとの権利を主張したもので、基本的人権は、憲法○○条のように、条規に具体化されている?などあれば教えて下さい。 (3)自然法、基本的人権の両者においての、「自由」と「平等」の範囲について教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • これが×になる理由を教えて下さい。

    これが×になる理由を教えて下さい。 解説読んでもさっぱりです。憲法です。よろしくお願いします。 ウ. すべての人権に論理必然的に内在する「公共の福祉」は,人権相互間に生じる矛盾・衝突の 調節を図るための実質的公平の原理であり,例えば,社会権を実質的に保障するために自由権 を制約する場合には必要な限度の規制が認められるという見解がある しかし この見解では 。, , 憲法第22条,第29条の「公共の福祉」が,結局,国の経済的・社会的政策という意味でと らえられることになり,広汎な裁量論の下で経済的自由権と社会権の保障が不十分になるおそ れがある。[No.7] 平成20年 3問目