• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

管路の圧力損失

授業で管路の圧力損失をならったのですが,直管の場合には管摩擦係数が入っており(レイノルズ数の関数なので粘性の影響が加味されてますよね),理解できるのですが,管路入口や出口の損失では,形状によって損失係数が与えられ,流体の粘度が損失には,入っていないのですが,これはなぜでしょうか?粘度が高い流体ほど速度が同じ条件で考えた場合,縮小,拡大管での圧力損失は大きくなると思うのですが,この矛盾はどこからくるのでしょうか? それでは宜しくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2853
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ke-ke
  • ベストアンサー率50% (13/26)

目的が分かりませんので、実用上無視できないと言われればそうかも しれませんが。 これらの式(係数)は実験式に相当するものと思いますが、実験式は 先人の作られた式が自分で使う範囲に合わない、ということで修正 されて、また新たに作られてきていると理解しています。 そんな中で長年これらの実験式が使われているということは、 それなりに合うということかと考えて、実用上無視できるのではと 申し上げた次第。水でも蒸気でも空気でもこの式は使われている と思いますので。 バルブ(これは扱い難しいです)なども含んだ実際の配管系全体の 圧損から見ると影響度は小さい、ということで、あまり重要視 されていないだけかもしれませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • N64
  • ベストアンサー率25% (160/622)

二つのカテゴリに、分けて考える必要があります。 一つ目は、粘性流体の管内の流れの場合、レイノルズ数が同じなら、空気であろうと水であろうと同じ無次元の係数が適用できるということ。これは、流体力がで習う、レイノルズ数、フルード数、(それから、なんだってっけ)などが、同じなら、同じ法則が成り立つということです。 二つ目は、損失係数は、レイノルズ数の低いところでは、かなりレイノルズ数によって変化するが、レイノルズ数が高くなると、次第に一定の値に近づくこと、 ではないかなー、と思います。普通の場合、レイノルズ数はかなり高いです。これは、流体力学や、水力学の教科書によく記載されているグラフを見ると、よく分かります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。”レイノルズ数の低いところでは、かなりレイノルズ数によって変化するが、レイノルズ数が高くなると、次第に一定の値に近づくこと”というのはどこかの教科書にのっているのでしょうか?僕の持っている教科書には損失係数がレイノルズ数の関数になっているとはかかれていませんが。 それではよろしくおねがいします

  • 回答No.1
  • ke-ke
  • ベストアンサー率50% (13/26)

私が持っているハンドブックには、入口損失の場合ですが、 レイノルズ数が大きくなると損失係数は小さくなる傾向がある、 と記述があります。 (残念ながらデータの記載はありませんが。) ということなので仰るように粘性の影響は大小はともかく あるようです。 専門ではないので良く分かりませんが、 粘性の影響はあったとしても、実用上無視できる範囲に あるということで、形状だけのパラメータで纏められて いるのではないでしょうか。 taro1155さんが学生さんならば教授にでも質問して みられたら如何でしょう。 (そして結果を教えてください。。。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。ただ、たとえば気体と液体では粘度は全く異なりますよね・ですから実用上無視できるとは思えないんですね。

関連するQ&A

  • 圧力損失計算の際の管摩擦係数について

    配管の圧力損失の計算シートをエクセルで作ろうと思っているのですが、管摩擦係数の算出でご助力いただきたい部分があります。 管摩擦係数の算出式はレイノルズ数の範囲や管の粗さなどから、多くの種類があったかと思います。 私が知っているのは(名前・数式共に)以下二つです。 Karman-Nikuradseの式 Blasiusの式(レイノルズ数の範囲が2種類) この他の摩擦係数算出式について、ご教示いただける方、お願いします。できれば対象レイノルズ数範囲や管の粗さも含めて頂けると幸いです。

  • 圧力損失の計算について

    こんにちは。 直径がD1(入口)の円形管路(長さL)の出口にノズル(出口直径D2)が取り付けられています(出口は大気開放、吸込み口も同じ環境)。この管路の入口に静圧能力H mmH2O の送風機を取付けた場合、ノズルおよび直管路で発生する圧力損失をΔhとするとノズルから出る速度はどの様に求められるのでしょうか? 流体は空気です。  アドバイスいただける方がいらっしゃいましたらお願いいたします。

  • 圧力損失について

    圧力損失について ピストン(シリンダとディスプレーサ)にて熱伝導流体のガスを送り出す場合なんですが、ピストンの周期が同じとしてそのストロークが大きいときと小さいときではストロークが大きい時の方が圧力損失が大きくなるそうです。 感覚的には分かる気がするんですが、どういう仕組みでしょうか? また、もしガスの圧力がPというふうに設定されているとして、ガスを送りだしたときの圧力損失を加味すると場所によっては圧力がPより小さくなる部分があるのでしょうか?

  • 圧力損失

    圧力損失とレイノルズ数は関係ありますか? 教えてください。

  • 圧力損失について

     先日、マノメータとピトー管を用いて空気の圧力と速度を求める実験を行いました。  その実験で、空気を拡大管(配管径50mmを100mmに拡大)に流した後、縮小管(配管径100mmを50mmに縮小)に流しました。空気が拡大管に進入する前の静圧が388Pa、拡大管に入った後の静圧が390Pa、縮小管を出た後の静圧が372Paというふうになりました。 ということは拡大管、縮小管の前後で388-372=16[Pa]の圧力が損失されているのですが、このような拡大、縮小によって起こる圧力損失の主たる要因は何なのでしょうか。  理論的に説明せろと言われたのですが、なにぶん流体力学を習い始めたど素人なので、よくわかりません。(摩擦が原因なのかなと思うのですが)どなたかお教えいただけないでしょうか。

  • 圧力損失について

    先日流体の圧力損失について質問させていただいたのですが、追加質問させて頂きます。 ポンプにより配管内に流体を流したとき、2種類の配管を比較したときの圧力損失の大きさを比較したいと思います。 配管は水平に設置し、使用する配管は同じ材質の配管を利用した場合です。 2.3Mpaのポンプにより40A配管に水を流しました。 一つはそのまま40A配管に水を流したとき、もう一方は50Aの配管内に25Aの配管を固定した系にします。(説明がへたくそなので絵にしてみます.Fig.1) この時の圧力損失の差と、出来れば50、25A複合系での圧力損失の計算について教えてください。

  • レイノルズ数 圧力損失

    レイノルズ数と圧力損失が工業的にどのように使われているか教えてください。

  • 圧力損失と流速との関係について

    圧力損失と流速との関係について教えてください。 流体に関しては素人なのですが、ベルヌーイの法則は知っています。 ベルヌーイの法則は、圧力が高くなれば速度は小さくなる。また圧力が低くなれば速度は大きくなる。こんな理解でよろしいでしょうか? ベルヌーイの理解が正しいとして、 (1) 圧損が生じた場合、入口側に比べて出口側の圧力が低下するということなので、流速は上昇すると考えて問題ないでしょうか? (2) 上記が正しいとした場合、なぜそうなるのかわかりません。圧力損失とはエネルギーの損失ですよね?力学で考えればエネルギー(運動エネルギー)は速度の二乗に比例するわけで・・・、もちろんエネルギーは運動エネルギーだけではないでしょうが・・・。理論的に教えていただけないでしょうか?

  • 流量と圧力損失またコンダクタンスの関係について

    流体の場合の回路の書き方が分からないので添付した図は電気回路にしました。 経路1、2、3のそれぞれのコンダクタンスCi(=1/Ri)または抵抗Riを求めたいのですが わからなくて質問しました。 並列の場合の抵抗を一つと見たときの抵抗値の求めかたや各経路の圧力損失は 等しいということは電気回路と同じと認識していています。 話を進めるのに以下とします。 p:圧力損失 h:損失ヘッド Ri:各経路の抵抗 Qi:各経路の体積流量 ui:各経路の流速 d:管の内径 A:断面積 L:管の長さ g:重力加速度 ρ:(水)密度 λ:管摩擦係数 電気の世界と同じで流体の場合のオームの方式のようなもの(?)は p = Ri × Qi (1)式 になりますよね。 それで管摩擦損失のみを考えたとき h= λ L / d u^2 / (2g) (2)式 となりますよね。(図の中の式と同じ) (1)式のようにして各経路の抵抗値を求めたかったのですが、(2)式を整理しても p = λ ρL π ^2 d^3 / 32 Q^2 となりQの二乗になってしまいます。 ベンドやエルボなどの圧力損失も流速の二乗に比例するため同じような関係式に なってしまうのでどう考えればよいのか分かりません。 各経路に流したい最低流量があってそのためには全体流量Qはいくつ以上か知りたかったという 経緯があります。 どうかご教授ください。よろしくお願いします。

  • 管路中の金網の圧力損失係数

    管路の流量測定を考えており、測定方法は差圧式で測定をしようとしております。 ただ、直管部が取れないため、金網にて整流を考えております。 整流装置についての圧力損失係数は、文献等を見るといくつか載っているのですが、金網についての圧力損失係数が見つかりません。 どなたかご存知でしたら教えていただけないでしょうか? 使用金網は  メッシュ 4  線形   1.5mm  ピッチ  6.35mm  開口率  58.3% を考えております。 何卒よろしくお願いいたします。