• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

flashでアニメーション

  • 質問No.1899082
  • 閲覧数232
  • ありがとう数8
  • 回答数3

お礼率 51% (50/97)

前回、いい回答がもらえましたので、今回さらに進んだ質問させてください。

ttp://www.ryu-raku.co.jp/
ここにあるflashのアニメのキャラについてなんですが、
こういう多関節で3Dなキャラを動かすために使うソフトで、割と簡単に作れるものってありますか?
こういった3Dのキャラにアニメーションさせるにはflash以外になにが必要でしょうか?
3Dとアニメーションは別々につくっているんでしょうか?
このホームページの場合、どういう手順で作っているかだけでもわかればうれしいです。
宜しくお願い致します

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
先日はどうも。
そして回答が遅れてしまってすみません。
なかなか,回答する時間とタイミングが取れなかったのです。
この回答も長いです。適当に読み飛ばしてやってください。

~~~~~~~~~~~~~~~

つまり,
http://www.ryu-raku.co.jp/swf/oni04.swf
のことですよね。
(実は oni01.swf や oni02.swf も同ディレクトリに存在します。)

#1の方と同意見です。
100%の自信はありませんが,そのキャラを作成したソフトは Flash だと思います。
Flash はご存じのように 2D のソフトです。
そのキャラクターも 3D ではなく 2D です。
塗りがグラデーション(だんだん色が変化しているもの)なだけで,完全な 2D です。

上記URLをクリックすれば,SWFファイルだけが別窓で開きますし,
上記URLを右クリックして,「対象をファイルに保存」とかを選択すれば,PCに保存出来ます。

もし,マクロメディアの Flash をお持ちでしたら,
Flash を起動させて,「ファイル」→「読み込み」で保存した物(SWF)を,読み込んでみればわかります。
いったんSWFになってしまったものは,Flash では完全に開くことはできません。
スクリプトは飛びますし,レイヤーも1レイヤーになってしまい,モーショントゥイーンなどの設定も全て飛んでしまいますが,中の素材は見ることができます。
鬼キャラは,完全にFlash規格の絵になっています。

ひょっとしたら作成段階では,
Illustrator( http://www.adobe.co.jp/products/illustrator/main.html )を使った可能性もありますが,
おそらくそんなことはしていないと思います。
Flash で十分描ける絵です。
コケるシーンを作るのがちょっとやっかいなだけです。
その他の部分は,簡単です。
手順を大まかに説明すると,単にグラデーションの塗りで,手や足や顔などをバラバラに作って,1つ1つのオブジェクトにします。
そして,それをモーショントゥイーンというもので動かしているだけです。
ActionScript という Flash のプログラム言語も一切使われていないようです。
つまり,超シンプルで素朴で典型的な Flashアニメーション です。

モーショントゥイーンとは以下のようなものです。
「モーショントゥイーンを作成しよう!」
http://www.1art.jp/flash/le/lesson2/lesson2.htm

物体(オブジェクト)の最初と最後の位置を決めて,矢印で結ぶだけですね。
位置だけでなく,角度や大きさや色もスタートとゴールを決めて矢印で結べば良いだけです。
小難しいプログラムも一切不要です。
ちなみに上記URLの「Ball(玉)」も 3D風 でしょう。でも 3D ではなく 2D です。
Flashで5~6秒もあれば描ける単純な物です。
これを変形させて行けば,鬼の顔のようなものは作れます。

Flash での お絵かきテクニック では,なかなか参考になるサイトが見つからないのですよ。
"Flash で絵を描けるのは当たり前" となっているようで,
それより ActionScript というプログラムでハイテクニックを表現したいのか,
Flash の参考サイトは ほとんどがActionScript の解説サイトばかりです。
このコミュニティ(「教えて!goo」や「OKWave」など)でも,Flash はなぜか プログラミング>Flash カテゴリに入っています。

あまり,Flash でのお絵かきテクニック紹介のサイトはありませんが,
数少ない中でまぁまぁ良いのが下記サイトでしょうか。
「F-site アニメ・グラフィックス」
http://f-site.org/articles/subcategory11.html

上記サイトの
「マウスでお絵描き」では,極々基本的な Flash でのお絵かき方法が紹介されています。
http://www.motegi.to/fsite/inu062902.html
「アクアなボタンを作ってみよう!」では,3D のような物の描き方が紹介されています。
http://www.warawa.net/F/ILLUST/aquabutton.html
「WINDOWSっぽいボタンを作る」が上のよりもう少し凝った物の描き方です。
http://www.motegi.to/fsite/xp-win.html
「タップ割り」が,鬼がコケる部分で使われていると思います。
http://f-site.org/articles/2003/09/22190604.html


>> 3Dとアニメーションは別々につくっているんでしょうか?

上記サイトを見てもらえばわかると思いますが,
そもそも,『描く』ということと『変形させる』ということはほぼ同じことです。
単純なものを変形させて複雑な絵にしていくのが Flash や Illustrator での絵の描き方です。
『描く』ということと『変形させる』ということは同じテクニックと同じソフトの能力が必要なわけで,
『変形させる』ということができなければ,上記サイトのようなアニメーションは作れません。
つまり 『描く』 こともFlashで可能なわけです。
『描く』ことができないソフトは『変形』もできません。

でも,上記サイトでも基本の基本しか示されていません。
もっともっとすごい絵を描ける技術やノウハウを持った方はたくさんいらっしゃいます。


Flash はベクトル系(ベクター系やドロー系とも言う)のソフトで,線や塗りは全てベクトル(数式)で表現されています。
本当に1ドットずつのデータがあるわけではないので,拡大縮小に強くファイルも軽くできます。
「oni04.swf」 は作り方が悪いのでしょう,なぜか重いです。88.2 KB (90,387 バイト) もあります。でも動画などに比べると段違いに軽いですね。
その上,Flash professional 8 からは ドロップシャドウや画像の乗算などもできるようになり,さらに良い絵が描けるようになりました。
(Flash Basic 8 でもドロップシャドウや画像の乗算などはできますが,スクリプト(プログラム)で付加できるだけなので,"描く" ということはできません。)
だから,基本的に Flash の絵は Flash で描くのが一番です。

しかし,ベクトル系のソフトですから,写真などラスタ系(ビットマップ系ともいう)の画像の加工などには向いていません。
だから,写真などは Adobe Photoshop または Macromedia Fireworks で加工し,Flash に持ってくる。それ以外は Flash で用意する。と言うのが一般的です。

===============================================

前回の御質問のときの回答に,Adobe Illustrator を書き忘れていました。
Flash 内ではなく,HTML に貼り付いているボタンは,おそらくIllustrator で描かれていると思います。
Illustrator も Flash と同じ ベクトル系の画像作成ソフトです。
Flash でも当然描けますし,Flashで描いた物を JPEG や GIF や PNG に書き出すこともできます。
でも普通は Illustrator を使います。

結局,普通のプロが作るサイトは,
Adobe Illustrator, Adobe Photoshop, Macromedia Dreamweaver の組み合わせで作られているものが大半だと思います。
あと,Flash のあるサイトの場合は,Macromedia Flash が使われたり,場合によっては Macromedia Fireworks が使われる場合もあります。
Illustrator と Photoshop は Web用というより,元は印刷用に開発されたソフトです。
かなり高級なことはできますが,今ひとつWeb用画像を作成する上での使い勝手が悪いということで,Fireworks を使われている方も多いようです。

Macromedia は Adobe に吸収されてしまいましたから,結局,普通のサイトはAdbe製品で全てできてしまうということです。
Adobe Illustrator, Adobe Photoshop, Macromedia Dreamweaver, Macromedia Flash の4点セットを,25万円くらいで売ってくださると,買う方も結構いるとは思いますが,今のところそういうセット商品は Adobe では作られていません。(Golive と Fireworks が売れなくなるからでしょうか? よくわかりませんが…。)
普通,プロの方はどれか1~2ソフトに特化しているものです。
だからセットで1ライセンスより,バラで4ライセンスの方が分業には向いているからかもしれませんね。

ちなみに,私の知り合いの Webデザイナー のうちの1人は, Illustrator しかできません。
画面を見た上でにデザインはもちろん,サイトの構成や色の指定もすべて Illustrator で指定してきます。
写真なども,適当に Photoshop で加工して Illustrator に貼り付けるだけです。
写真の位置や大きさはかなり緻密な計算があるようですが,写真自体は素人が加工したのと同じようなレベルです。
それを見栄えやファイル容量などを計算しながら,実際の技術者が, Photoshop などで写真を作り込んで行くというパターンです。
Flash も Illustrator で描いて残像のような効果で Flash の動きを指定するだけです。
「Webサイトを実際に作る」というのと「Webサイトをデザインする」というのは基本的に別物です。
Illustrator しかできないのは決して褒められたものではないですが,
Illustrator で作成したWebデザインが優れていて,そのデザインを買う Web作成会社がって,両者が成り立っているのであれば,それはそれで1つのデザイナーのありかただと思います。

もし,デザイナーを目指されているのであれば,
前回も書きましたが,まずはデザインでしょうね。
当然どんなソフトでも使えた方が,細かな指示ができますが,高価なソフトを集めるより,まずはデザインセンスと知識と努力です。
Flash は Flash屋(Flash技術者),HTMLはHTML屋(HTML技術者),そんな感じに分業がされている会社ほど,良い物が作れていると思います。
当然,Flash屋は,HTMLを知っている上での Flash 作り,HTML屋は,Flash を知っている上での HTMLコーディング ですよ。
でも,特化した人にはそれぞれお互いにはかないません。

前回の補足も含めて長くなってしまいました。
すみません。
お礼コメント
denxx

お礼率 51% (50/97)

毎回ありがとうございます。
おかげさまで、自分のしたいことがどういうソフトを使って、どういうことをすれば作れるかが見えてきました。
これから少しづつ頑張っていきたいとおもいます。
ものすごく役に立ちました。ありがとうございます。
投稿日時:2006/01/19 14:23

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 85% (666/776)

Flash Player プラグインで表示できるのだから Flash ( swf ファイル)形式で配信されているのは間違いありませんが、だからといって Flash ムービーの編集ツールや Illustrator 等の2Dグラフィックソフトの機能だけで作られているとは限りません。

確かに、グラデーションやトゥイーンを駆使すれば、ある程度の3Dらしい表現や3Dモデルのような動きを作ることは可能です。
ご質問文にあるサイトのキャラも、ただ歩いているだけならモーショントゥイーンでも何とかなりそうです。
(ただし、相当な技量がないとかなり不自然な動きになります)
しかし、転んで立ち上がる時のなめらかな動作は、いくらプロの作品といえども、とてもではないですがトゥイーンや手作業によるフレームアニメくらいで表現できるような代物とは思えません。


3DCGソフトの中には、作成した3Dアニメを Flash と同じベクトル形式のデータに直し、swf ファイルとして書き出せる機能を持つものがあります。
有名なところでは Swift 3D などですが。

 ・ Swift 3D
  http://www.dstorm.co.jp/products/swift3d/product/index.htm

3Dキャラや動きはこの手のソフトで最初から3Dアニメとして作り、最後に swf ファイルとして書き出しているのだと思います。

どんなものが作れるかは、右上の「ギャラリー」のリンクから作品を覗いてみてください。
swf ファイルで配信されていて Flash Player プラグインでごく普通に再生できますが、トゥイーンやグラデーションでごまかしたくらいでは難しい立体感や迫力のある作品が並んでいます。

3Dの表現が必要なところだけを3DCGソフトで作り、swf ファイルにして書き出してしまえば、あとは普通の swf ファイルを扱う時と同じです。
他の swf ファイルに loadMovie などで読み込んで組み合わせて使ったり、スクリプトで再生するフレームを変えたりするなど細かく制御することもできます。


大抵の3DCGソフトは、作成した作品を静止画としても書き出せる機能が搭載されています。
ベクトルデータとして swf 形式で直接書き出せなくても、3Dアニメを静止画として何枚も書き出しておき、Flash ではパラパラマンガの要領でフレームアニメとして再生する、といった方法もあります。

ただし、静止画は所詮はビットマップ画像ですので、より細かい動きをさせようとすると枚数が増え、それだけ容量がかさんでムービーが重くなるところが欠点です。
swf ファイルで書き出せる機能がある3DCGソフトでは、3Dモデルの輪郭線をなぞって Flash で扱うベクトル形式の絵と同じデータに直し、情報量の少ないベクトルデータとして書き出します。
ビットマップで表現するよりも容量は軽くなりますが、これも、各フレームごとに絵を配置したフレームアニメであることに変わりはありません。
つまり、あまりに細かい動きを表現しようとするとキーフレームが増え、Flash と同じくベクトル形式で記録されるといえども、度が過ぎればムービーは重くなります。


3DCGソフトについてはあまり詳しくはないので、「グラフィックソフト」カテゴリーあたりで質問していただくと、詳しい方からの回答が集まると思います。

----------------------------------------------------------

余談ですが。

現在最新版の Flash 8 では、3×3のマトリックス(行列)を計算する Matrix というクラスが登場しました。
3DCGでは、X・Y・Zの移動量・拡大/縮小・回転の情報を3×3の変形行列に格納し、これと3次元座標(ポリゴンの頂点の座標など)を乗算することで、その座標が変形後どこに移動するかを計算しています。
Flash では今のところは3次元座標を計算する目的ではありませんが、このようなクラスが作られたということは、いずれは Flash もポリゴンや3次元座標を扱えるように進化するのかもしれませんね。
お礼コメント
denxx

お礼率 51% (50/97)

回答ありがとうございます。
もの凄く役に立ちました。
swift3Dよさげですね。
自分のしたいことが明確に勉強できそうでうれしいです。
ありがとうございました
投稿日時:2006/01/19 14:26
  • 回答No.1

ベストアンサー率 37% (60/158)

 その様なソフトはありません。
該当作品は個別に素材を制作した上で、
フラッシュ制作ソフトにて加工された物です。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ