• 締切済み
  • 暇なときにでも

保証債務と連帯債務

ばかばかしい質問なのかもしれません>< 保証債務者=保証人  連帯債務者=連帯保証人  それぞれ言い方が違うだけで意味は同じと考えていいのですか? お願いします^^;

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数355
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.5

まず、基本的なことがお分かりではないようです。 (1)保証債務者という言葉は、少なくとも民法上ありません。 (2)AがBに対して100万円貸した場合、Aが債権者・Bが債務者となり、その債務の保証人としてCがなったとすると、CはBが債務不履行になってしまった場合に、Aから「返せ」といわれ、Bに代わって弁済しなければならないわけです。それが保証人です。連帯保証人と言うのは、簡単に言えば、通常の保証人なら、債権者が先に保証人のCに請求してきても、「まず主債務者であるBに請求しろ」と言えますが、連帯保証人はそれが言えず、直ちに弁済しなければならない、というものです。 (3)連帯保証人というものは、自分が直接「主債務」を負っているわけではなく、主債務者が支払えない時に弁済義務を負うという、「保証債務」を負っているに過ぎないので、主債務者がキチンと弁済すれば、保証債務は消滅して、自分は弁済する必要はなくなります。一方連帯債務者とは、複数の者が同一債務について、連帯して債務を負う事です。例えば、ABCの3人が300万円(負担部分各100万円)を負っている場合などがそうです。この場合には、仮にAが300万円全て弁済した場合には、AはBCに各100万円づつ求償できることになります。逆に言えば、Aが300万円全部払ったからいっても、BCが払わなくても良くなるわけではない、と言う事であり、そこが、連帯保証人と違うところだと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>(1) はい^^;ないだろうと思いつつ勝手につくっちゃいました。 >(2) 既知です。ありがとうございます。 >(3) そうでした^^; 丁寧な解説ありがとうございます^^

  • 回答No.4
noname#23881
noname#23881

連帯債務は保証債務と異なり、誰かの債務に対する従たる債務ではありません。 余談ですが、他の回答者の方が他のスレで挙げているように大学の試験・レポート対策の為のご質問でしたら削除対象になりかねないので、その点ご留意を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました^^ありがとうございます。 >余談ですが、他の回答者の方が他のスレで挙げているように大学の試験・レポート対策の為のご質問でしたら削除対象になりかねないので、その点ご留意を。 私も時期的にそう思われても仕方ないと思ってます^^; しかし大学の試験でもレポート対策でもないのでご理解下さい。 このような問題が試験やレポートで出るとも思えませんしね。 (そもそも、大学の試験・レポート対策以外でもこのような質問はダメだったのですかね?^^;そうであれば以後気をつけます)

  • 回答No.3
  • natonii
  • ベストアンサー率27% (96/345)

(1)ただ単に保証人の場合は、借り主(主たる債務者)が約定償還期日を経過し規約に定める期間を経過しても償還せず、金銭消費貸借約定項目にある、強制執行の要件を満たしたとき、先ず主たる債務者から回収できる全ての換金資産物件を償還に当て、なを、その不足分を保証するもの。 従って、その債務(借金)償還に対して、主たる債務者の全ての資産(給与の差し押さえを含む)を処分しても完済出来ない残債務につき償還の責務が発生します。 (2)連帯保証人とは、主たる債務者が、金銭消費貸契約証書の約定に定める所定の期間を経過しても償還しないときは、無条件で連帯保証人が償還する義務を生じます。言い替えれば、連帯保証人とは、主たる債務者と同等の債務負担(債務償還責務)を負うことです。 追記・余談 連帯保証人の依頼があったときには、先方の財務情勢によっては、例え、数十年来の親友関係の仲がが破綻しようとも、明確に断るべき事案です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ごめんなさい、私の書き方が悪かったです^^; 保証人と連帯保証人の違いを質問したのではありませんでした。でもありがとうございます^^

  • 回答No.2
noname#23881
noname#23881

保証人=保証債務を負担する者 連帯保証=保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担すること 保証の一種なので、主たる債務の存在に影響される(附従性)という点で連帯債務と区別されます。主たる債務者について生じた事由は、全て連帯保証人にその効力を及ぼしますが、連帯保証人に生じた事由は、一定の場合に限り主たる債務者にその効力を及ぼします。 連帯債務=複数の債務者が同一の内容の給付について、それぞれ独立に債権者に対して全部の給付をする債務を負い、そのうちの一人が弁済すれば、他の者も債務を免れるというもの。連帯保証と異なる点は、連帯債務者それぞれが独自の債務を負っているという点です。 という形で区別されます。 附従性=或る権利がその成立・存続・態様・消滅について主たる権利と運命を共にすること

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

勉強不足なせいでしょうが、なんだか理解しづらいです・・・>< ようは、連帯債務は債務者(誰か)の保証人ではなく、自らが主たる債務者で 主たる債務者同士が連帯しているということですよね?? ちがいますかね?^^;

  • 回答No.1
  • Elim03
  • ベストアンサー率23% (146/632)

 「保証債務」という言葉はありますが(保証人が保証した債務ということ)、「保証債務者」というのは、すいません、寡聞にして聞きません。  なお、「連帯債務者」と「連帯保証人」とは、異なる概念です。  また付言すれば、「連帯保証人」と「保証人」も異なる概念です。  ただ、これ以上ご説明して、ご理解いただけるかどうか・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

実は私も保証債務者という言葉は聞いたことありません。 勝手に私が作った・・・というかあるのかな?と思いまして^^; でも連帯債務者という言葉はあったのですね^^ 連帯保証人たち(複数)を「連帯債務者」というんですかね? 連帯保証人と保証人の違いは一応理解してます。

関連するQ&A

  • 連帯債務・保証人・連帯保証人の求償権について

    債権者Aに対して、1000万円の債務をBとCが平等に負担する下記のような関係におきまして、Bが1~6のような弁済をしたときにCに対して求償できますでしょうか?また、いくら求償できますでしょうか? 1)BとCは連帯債務者でBが200万円をAに払った場合 2)BとCは連帯債務者でBが600万円をAに払った場合 3)BとCは主たる債務者Xの普通保証人でBが200万円をAに払った場合 4)BとCは主たる債務者Xの普通保証人でBが600万円をAに払った場合 5)BとCは主たる債務者Xの連帯保証人でBが200万円をAに払った場合 6)BとCは主たる債務者Xの連帯保証人でBが600万円をAに払った場合 いずれの場合も、もし全額払っていれば500万をCへ求償できるかと思います。しかし、全額に満たない場合に「負担部分を越えて」「負担部分の範囲で」といった適用の範囲が、連帯債務・保証人・連帯保証人で整理できずに混乱しております。 お手数ですが、どうか宜しくお願い致します。

  • 連帯債務と連帯保証人

    連帯債務と連帯保証人の違いが何回調べても違いがわかりません。 分かりやすく言うとどう違うのですか? どっちも債務者ですよね?

  • 連帯債務者と連帯保証人について

     債権者にとって債権保全の面から「連帯債務者」と「連帯保証人」とでは違いがあるのですか?  主債務者に支払い能力がなければ債権者は「連帯債務者」でも「連帯保証人」でもどちらにでも全額請求できると思うのですが  もしそうなら両者に違いはないのではないかと思いまして...  どうか教えてください。

  • 連帯保証人と連帯債務者の違いについて

    金銭貸借等に於ける、連帯保証人と連帯債務者はどう違うのでしょうか。 負債を返済する人を債務者といいますよね。 であれば、複数人が共同で一個の債務を負うことを連帯債務ということになりませんか。 これを連帯保証とは言わないのでしょうか。 同じことだと考えておりましたが、債務を返済する人、それを保証する人、それぞれ別個の人間を 意味するのでしょうか。頭が混線しています。 どなたか分かりやすくお教え下さい。

  • 連帯保証人・連帯債務者

    連帯保証人と連帯債務者の違いがわからないのでお教えください。 ・Aが建物を借りていて、Bが賃料の連帯保証人であるとき、Aが賃料の支払い期日までに賃料を支払わないとき、貸主CがAに請求せずにBに賃料を支払いを請求することは適法でしょうか。 もしそれができるなら、Bが連帯債務者であるときとの違いがわかりません。 ・Aが建物を借りていて、Bが賃料の連帯保証人であるとき、貸主CがAに対して或る1箇月分の賃料を免除すると、CはBに対しても、この1箇月分は請求できない。 Bが連帯債務者ならば、Aの債務を免除しても、Bに対して請求できる。 このように思っているのですが、この理解は正しいですか。 他に違いがあったら、上記のように、Aが建物を借りていて、Bが連帯保証人/連帯債務者という例を使ってお答えください。

  • 連帯債務と連帯保証人について

     住宅ローンの連帯債務とは、共同名義(=マイホーム共同名義)のことですよね? その際、団体信用生命保険は連帯債務者全ての人が加入するのでしょうか?  連帯保証人は、債務者が払えなくなったときの保証をする人ということで、団体信用生命保険やマイホームの名義は関係ないと思いますが。 無知ですみません。

  • 住宅ローンの連帯保証人と連帯債務者について

    夫名義で、住宅ローンの仮審査をしてもらったら、 妻の私を、連帯保証人にして下さいと言われました。 私は、無収入で担保提供者でもなく、夫一人が債務者になります。 私は、支払い義務が生じた場合、支払う事は不可能です。 そこで、教えていただきたいのですが、 1)住宅ローンの場合、連帯保証人と連帯債務者は、どう違うのでしょうか? 2)連帯保証人になっても、私に、支払い義務が生じる事はないのでしょうか? 3)無収入の私を、連帯保証人にするというのは、金融機関は、どうい目的があるのでしょうか? ご回答、宜しくお願いします。

  • 保証債務と連帯保証

    保証について質問です。 通常の保証債務の場合、主たる債務者に生じた事由は 全て保証人に生じ、また保証人に生じた事由もまた 主たる債務者に生じるとなっています。 では、連帯保証についてなのですが これは、主たる債務者に生じた事由は 連帯保証人に及びます。 1、連帯保証人に生じた事由は、主たる債務者に全て及ぶと考えていいのでしょうか? 2、また、連帯保証人に生じた事由もまた 連帯保証人間に生じるのでしょうか? 「債務の承認」をもとに考えると 1、2も生じると考えていいですか?

  • 民法の勉強中です・・・保証債務と連帯債務

    民法の勉強中です・・・保証債務と連帯債務 <保証債務について> 「時効利益の放棄は、相対効である。  よって、主たる債務者が放棄しても、保証人に対してはその効力は及ばず、  保証人は、主債務もしくは保証債務の消滅時効を援用できる(大判昭8.10.13)」 ■質問1 主たる債務者が、消滅時効を援用することを潔しとせず、時効の利益を放棄したが、 保証人が、主たる債務の消滅時効を援用して、保証債務を消滅させた場合、 次の(1)、(2)のどちらとなるのでしょうか? (1)(主たる債務者の意思に反して)主たる債務は消滅し、保証債務も消滅する。 (2)(主たる債務者の意思に反せず)主たる債務は存続し、保証債務は消滅する。 (わたしの考えでは、保証債務の附従性をもって、保証債務を消滅させたならば、  主たる債務も消滅すべきであって、(1)だと思うのですが、、、) ■質問2 連帯債務においても「時効の利益の放棄」は相対効だと思います。 すると、、、 「連帯債務者Aが、時効の利益を放棄したが、  連帯債務者Bが、連帯債務者Aの債務の消滅時効を援用した」 ということもありえると思うのですが、 この場合の効果としては、 「連帯債務者Aが、時効の利益を放棄しなかったとき」 とまったく同じ帰結となるのでしょうか? (わたしの考えでは、まったく同じ帰結となると思うのですが、、、)

  • 「連帯保証人」と、「連帯債務者」の違いがわからんよ

    「連帯保証人」と、「連帯債務者」の違いがわからんよ 教科書を読む限りでは、 同じだと思うんだが、、、 何か違うの?