解決済み

断られたけど望みなし?

  • 困ってます
  • 質問No.186478
  • 閲覧数121
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 100% (4/4)

みなさん、初めまして。
先日告白をした女性から、端的に言えば「ノー」という
返事をもらいました。

その女性とは5年近く友達として映画を見に行ったり、
ドライブしたり、食事をしたり・・・。
お互いの誕生日にはプレゼントを渡したりもしていました。

私とその女性は同い年で、30を超えた年齢。
何年も勇気が無くて自分の気持ちを伝えられずに
いたのですが、ある事をきっかけに告白しました。

断りの理由としては
 一緒にいるのはとっても楽しいけど、今は仕事に集中
 したい。特定の人とお付き合いする余裕がない。
 友達としてなら・・・。
と言った内容でした。

自分としても「そうですか」とあっさり引き下がれるような
半端な気持ちではないので、
「その時期が来るまで待てばいいのかなぁ」
などと今思うととっても惨めな質問をしたりしてしまいました。
もっと早くに告白していれば可能性があったのかとも
考えたりしました。

しかし、少し落ち着いて考えてみると
恋愛の対象ではない人に対する断りの理由の
「王様」を告げられたような気がします。

やはり、その女性とのハッピーエンドは期待できないのでしょうか。
早く立ち直って新しい人と巡り会う努力をした方がいいのでしょうか。

こんな恋愛下手の私に良きアドバイスをお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (664/1947)

wantaroさんはとても誠実な人ですね。「恋愛下手」とご自分で卑下されてますけど、そういう人の方が女性の立場としては安心できます。ただ、少し押しの強さが足りないかも・・・・。
確かに彼女は今仕事が面白く、結婚なんてまだまだ先のことだと思っているでしょう。ただし「これはwantaroさんと行きたいな」とか「ぜひおすすめしなくちゃ」と、とても気の合うパートナーまたは息の合った頼もしい友人と思っているはずです。女性は男性より感情を優先しますから、少しでも合わない人と長時間一緒に居ることは出来ません。
でもだからこそ、wantaroさんに対しての「確かな決め手」もないのかもしれません。これも男性より女性の方が結婚後の人生に大いに変化が伴いますから、若い20代そこそこの勢いのある時ならいざしらず、頭や経験で知恵を付けてきた30代は、生半可な返事はしないでしょう。

「自分としても「そうですか」とあっさり引き下がれるような半端な気持ちではないので」と言うくらいご自分で決意しているなら、もう少しアプローチをしてみましょうよ。ストーカーにまでなってはいけませんが、一度口頭で断られたくらいで諦められるくらいの気持ちなら、最初からプロポーズなんてしない方がいいんです。

私なら、もう少しくらい粘ってくれた方が返事のしがいもあるかと思いますけどね。wantaroさんの今の素直な気持ちをそのまま伝えればいいと思います。
良い結果をお祈りしていますよ。がんばって下さい。
お礼コメント
wantaro

お礼率 100% (4/4)

sydneyhさん、ありがとうございます。

決め手に欠けるという言葉は正直グサッときています。
よく考えてみると彼女にとって自分からしか得られないものが、
あるのかは???です。
唯一の救いが「一緒にいて楽しい」と言ってくれた事です。
が、それだけで恋人に昇格できるとは自分も思ってはいません。

もう少し自分に自信を持って、彼女にとって必要な存在であると
いう事を(程々に)アピールしていきたいと思います。
(出来るかなぁ?チョット不安)
投稿日時 - 2001-12-17 23:17:35

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 5% (34/585)

あせりは禁物だよん★
今まで「良い関係」でいれたんだもん。
嫌われてはいないでしょう。
彼女にとって今のあなたは「何かが」彼氏としては欠けてるのかも。
それが何かは知らないけどぉ
ゆーっくり考えてみるのも良い機会と思われ★
彼女が「お付き合いする余裕がない」と言うのなら
あなた自身がそんな余裕を彼女に与えられれるっくらいの
「余裕」をもってみるのも良いと思われ★
「何回も押していけば良い」かといって「あきらめる」じゃーなくて
「彼女にとって今の自分に欠けてるものは何?」って
改めて考えてみなきゃ★それが大事だよ~ん♪
お礼コメント
wantaro

お礼率 100% (4/4)

kaorin69さん、ありがとうございます。

彼女に対しては見せない努力はしているつもりですが、
確かに「結婚」というものに対して緊迫感を持っているのは事実です。
友人で未婚者はほとんど居なくなりましたので。

ただ、告白した時に「真剣な付き合い」とは言いましたが、
「結婚を前提とした付き合い」とは言っていません。
お互いこの年になると「真剣」=「結婚」になってしまうかもしれませんが。

やはり「あせりのオーラ」がにじみ出てしまっているのかも。

与えられるかどうかは判りませんが、焦らずに余裕を持って行こうかと思います。
投稿日時 - 2001-12-17 23:36:50

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 14% (68/459)

友達として長年過ごしてきた後に告白された場合、
友達から彼氏への昇格は難しいと思います。

他の方の意見はわかりませんが、やはり友達は友達
としか見方は変えられないと思います。可能性は低
いですが、貴方が彼女に対して貴方の存在感を強く
アピールした場合(自然な状況で)彼女が貴方とい
う人間に対して再認識することがあるかもしれませ
ん。それ以外は友達ですね。

あと、「タイプ的に友達でいましょう」という人も
中にはいますからその場合はどうがんばっても無理
だと思います。きついと思う人もいると思いますが、
外見・性格関係ナシにこの人は「友達以上」にはな
れないという人が少なからず誰でもいると思います。

昔告白された人の中で「やっぱり、友達でいましょ
うタイプなのかな。何人の人に告白しても、友達以
上の関係には昇格できたことないんだ」と言われま
した。当時は若かったし、付き合おうとも思いまし
たが、やはり「友達以上」の関係にはなれませんで
した。中途半端な気持ちや態度でいたらその人にも
酷ですから、ちゃんと「ごめんなさい」しましたけ
どね。

可能性は多少なりあると思いますから、さりげない
アピールがんばってくださいね。
補足コメント
wantaro

お礼率 100% (4/4)

(このサイト、初心者なので、回答に対する補足という形で追加質問して良いのか、
新規に質問を投稿した方がいいのか、
その点もアドバイスをいただけると光栄ですが。)

アドバイスをして下さった方々、ホントにありがとうございます。
みなさんにもう一つご助言を。
あきらめずに行く決心は付いたのですが、何事もなかったかのように
今までの友達を続けてアピールした方がいいのか、
それとも、今は友達かもしれないけど、あきらめないと宣言した上で
友達を続けた方がいいのか、どちらなのでしょう?

すみませんが、よろしくお願いし居ます。
投稿日時 - 2001-12-18 00:32:24
お礼コメント
wantaro

お礼率 100% (4/4)

poflyさん、ありがとうございます。

う~ん、考えさせられます。
自分が「友達タイプ」かどうかの見極めはどうすればいいものやら。
断りの理由の中に「中途半端は悪いから」という言葉が
あったような気がする・・・。

望みが全く無しというのであれば、連絡もこれからは取らずに、
忘れる努力をしようかとも思っていましたが、どうやら少しは可能性がありそうなので、
あきらめずに友達としてお付き合いしてもらい、自分をアピール
していきたいと思います。
投稿日時 - 2001-12-18 00:07:43
  • 回答No.4
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/2)

彼女はとりあえず友達として付き合う。
別の恋愛の相手を探す。
これでいかがでしょうか。
別の人と付き合っているうちに本命の気持ちが変わるかもしれないし、新しく付き合った人が好きになるかもしれません。
もうあなたも30過ぎなら、見込みのない人と長く付き合っていても仕方がないと思います。
お礼コメント
wantaro

お礼率 100% (4/4)

robin7さん、ありがとうございます。

これもまたごもっともなご意見ですね。
「30過ぎなら・・・」の節はズシリとのし掛かってきました。

友達というスタンスを保ちつつ、さりげなくアピールしていこうと思います。
投稿日時 - 2001-12-19 22:57:34
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ