• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

H2CO3の電離平衡

「大気中の二酸化炭素は水に溶解して炭酸となり、生成した炭酸は以下の電離平衡状態になる。  H2CO3 → HCO3- + H+ ← 電離定数をKa、純水1Lに溶解したCO2をcmol、電離度をαとする。 (1)平衡状態におけるpHをc、Kaを用いて表せ。 (2)大気中に二酸化炭素が0.03%含まれているとpH=5.7となる そこで大気中の二酸化炭素の量が1/10になったとするとpHの値はいくらになるか。ただしヘンリーの法則が成り立つ (3)二酸化炭素の水への溶解は発熱反応か吸熱反応か答えよ。」 という問題で困っています。 (1)はpH=-log√(cKa)となりました。(あってますでしょうか?) (2)なのですが、cmol、0.03%、5.7、1/10の関係がうまくわかりません。(1)の式に代入しようと思ったのですが0.03%の意味がわからずだめでした。 (3)はなんとなく発熱反応ではないかと予想したのですが、全くの勘で根拠もわからないため困ってます 回答いただけると幸いです。どうか宜しくお願いいたします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4390
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1602/3252)

ヘンリーの法則は,気体の溶解度は気相側の圧力(混合気体の場合はその気体の分圧)に比例する(その比例定数をヘンリー定数と呼ぶ),というものです. 気体の溶解も平衡です.ヘンリー定数は平衡定数の意味があります. CO2(気体) <=> CO2(水溶液) この平衡定数がヘンリー定数の本質です.実際には,[CO2] = Kh・pCO2 と考えていいでしょう.Kh が比例定数. 問題は CO2 は水に溶けると CO2 + H2O <=> H2CO3 という平衡があるということです.この平衡定数 K0 を考えると, K0 = [H2CO3]/([CO2][H2O]) ですが,[H2O] は事実上定数ですから,K0' = K0[H2O] とおいて K0' = [H2CO3]/[CO2] 先ほどの式と組み合わせれば,結論として [H2CO3] = K・pCO2 と書けます.Kは定数ですが,その中身は自分で考えてください. よく,アルカリ性の水溶液にはCO2がよく吸収されると言いますが,ここまでだけ考えると溶解度と pH は関係ないように思うかもしれません.しかし,実際には H2CO3 は解離平衡があるため,アルカリ性にすれば H2CO3 の解離が進むので H2CO3 は下がる方向に働き,気相の CO2 との平衡は結果的に溶解側に傾くのです.あくまで,[CO2] または [H2CO3] と気相の CO2 の間の関係は変化していないことに注意. 以上から,空気中のCO2濃度がいくつであるかどうかはともかくとして,1/10 になったということは,総溶解量ではなく [H2CO3] が 1/10 になったということを意味しているわけです.この数値を H2CO3 の解離平衡の式に当てはめて考えればいいということです.このときの [H+] を x,[H2CO3] を y とすれば, Ka = x^2/y と書けます. CO2 が通常の大気濃度のときの [H+] は 10^-5.7 M と与えられており,またこのときの [H2CO3] は,最初に述べた議論より 10y です.したがって, Ka = (10^-5.7)^2/(10y) Ka は変化しませんから,これら2式よりすぐさまに y が消去でき,x を求めることができます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございました。 かなりの行数で説明していただき助かりました

関連するQ&A

  • 炭酸の電離平衡 問題

    二酸化炭素は水に容易に溶解し、その一部が水と可逆的に反応して炭酸となる。この平衡定数(K0)を次のように定義する。 K0=[H2CO3]/[CO2] K0=3.0×10^(-3) ただし、[CO2]は水に溶解している二酸化炭素分子のモル濃度であり、接している二酸化炭素の圧力に比例する。炭酸はその一部が電離して水素イオンと炭酸水素イオンとなる。この反応の平衡定数K1は2.0×10^(-4)mol/Lである。炭酸水素イオンはさらにその一部が電離して炭酸イオンとなる。この反応の平衡定数K2は5.0×10^(-11)mol/Lである。 25°Cにおいて、1.0atmの二酸化炭素と平衡にある水1.0Lには3.0×10(-2)molの二酸化炭素分子が溶解している。 (1) 25°Cにおいて、水を1.0atmの大気中に長時間放置したとき、pHはいくらになるか。ただし、大気中には体積パーセントで4.0×10^(-2)%の二酸化炭素が含まれ、二酸化炭素以外の酸性物質は含まれないものとする。 空気中の二酸化炭素の分圧は、1.0×4.0×10^(-4)なので、水に溶解している二酸化炭素のモルは、水の体積をVとすると、4.0×10^(-4)×3.0×10^(-2)×V=1.2×10^(-5)×Vと表せる。よって、[H2CO3]=K0×[CO2]=1.2×10^(-5)×3.0×10^(-3)=3.6×10^(-8) 電離が平衡状態に達したときの水素イオンのモル濃度をxとすると、炭酸水素イオンもxであり、炭酸のモル濃度は、3.6×10^(-8)-x と表せる。よって、K1=x^2/{3.6×10^(-8)-x } ∴ x=[-2.0×10^(-4)+√{4.0×10^(-8)+28.8×10^(-12)}]/2 4.0×10^(-8)≫28.8×10^(-12)なので、28.8×10^(-12)を無視すると、xが0になります。 どこが間違っているのか教えてください。

  • 化学の電離平衡の問題について

    化学の電離平衡の問題について 二酸化炭素は10℃、1.01×10&#8309;Paで1Lの水に0.54mol溶ける。√6.87=2.62、log10 6.1=0.79とする。 (a)二酸化炭素を体積で0.037%含む空気を10℃、1.01×10&#8309;Paで水1Lに長時間接触させたとき、水1Lに溶ける二酸化炭素は何molか。 (b)二酸化炭素の電離は第一電離のみ考えその電離定数を3.42×10&#8315;&#8311;mol/Lとすると炭酸の電離度αについて、次の式が成り立つ。 α&#178;+Xα+Y=0 これを解くとα=Zとなり 水溶液の[H&#8314;]はPmol/L、pH=Qを得る。 X,Y,Z,P,Qを求めよ。 この問題の解法が全くわかりません。教えてください。

  • 電離平衡と分圧の問題

    下記の問題が解けなくて困ってます。 炭酸水素ナトリウム10^-3モルが1リットルの純粋の溶けているとする。強酸をpHが3.5になるまで加える。 炭酸塩のすべてがH2CO3として存在する状態で水が非常に小さいガス量で平衡になった場合、ガス体積中の二酸化炭素の分圧はどれくらいか。 という問題の解き方を教えて頂きたいです。よろしくお願いします!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1602/3252)

>(2)の説明をもう少し どこがわからないのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ヘンリーの法則による式についてお願いします ヘンリーの法則についてあまり理解できていません よろしくおねがいします

  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1602/3252)

(1) それでいいでしょう. (2) 0.03% という値自体はどうでもいいのです.重要なのは Ka=[H+][HCO3(-)]/[H2CO3] で,近似的に [H+]=[HCO3(-)] とおけるから (この近似は (1) で使っているわけですが),Ka=[H+]^2/[H2CO3] とおけ,Kaは定数であること,[H2CO3] の値はヘンリーの法則から気相のCO2濃度に比例すること,です. つまり,CO2 が 1/10 になったときの [H+] を考えると,[H+]^2/[H2CO3] = Ka で,通常(0.3%)であれば (10^-5.7)^2/[H2CO3]' = Ka (左辺,分母の ' に注意.前式の [H2CO3] とは別の値)で,[H2CO3] と [H2CO3]' の間には 10[H2CO3] = [H2CO3]' の関係がある (ヘンリーの法則) ということです. (3) エントロピーはどうなるか考えてみるといいでしょう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます (2)の説明をもう少しお願いできないでしょうか? よろしくおねがいします

関連するQ&A

  • pHの計算で…

    純水のpHは7のはずだうが、実際には空気中の二酸化炭素が溶解するため、7以下になる。25℃の純水に空気を長時間接触させて平衡状態に到達させた際の水溶液のpHを計算せよ。 ただし、空気中の二酸化炭素の体積分率は0.03%であり、25℃、1atmの二酸化炭素は1mlの水に標準状態に換算して0.76ml溶ける ヘンリーの法則を用いて、25℃の純水1リットルに溶解する二酸化炭素のモル数を求めよ。 この問題が全くわかりません>< 解答を見ても理解できないです … できれば詳しく解説お願いします!

  • 化学の電離平衡の質問です。

    二酸化炭素の水溶液では炭酸H2CO3をを生じ、この炭酸が次のように二段階に電離して平衡に達している。 H2CO3→←H^+ + HCO3^ー ・・・(1) HCO3^- →←H^+ +CO3^2ー・・・(2) 使用液の温度は一定であり、(1)、(2)式の電離定数 K1、K2 をそれぞれ7.8×10^ー7mol/L 1.3×10^ー10mol/L 問 たんさんの濃度が1.0×10^ー2 mol/L の時の水溶液のpHを求めよ。 ただし(2)式の電離は無視でき、[H^+]は[H2CO3]に比べて非常に小さいものとする。 HCO3^- →←H^+ +CO3^2ー はじめ c ,0 , 0 [mol/L] 平行時 c&#65293;x ,x ,x [mol/L] と表されているのですが、いつもこのグラフのようなものを立てることができません。 平行時のところが、電離度と濃度が掛け合わされて αcとなっている場合もあるのですが、このグラフはどのようにつくればいいのでしょうか。 解説お願いします。

  • 酸・塩基平衡について

     看護学生です。酸・塩基平衡について勉強しているんですが、さっぱりわかりません。 代謝性アシドーシス→  pHを正常に戻すための代償させようと二酸化炭素濃度を低くするのはどうしてですか。また、二酸化炭素と水素イオン、重炭酸イオンの関係もわかりません。 どなたかわかりやすく教えてください。

  • 気体の溶解速度の計算方法を教えて下さい。

    溶液へ気体が溶解する場合、ヘンリーの法則に従うのは把握しておりますが、その溶解度は、平衡に達した場合だと思います。 反応が平衡に達するまでの気体の溶解速度は何に依存しているのでしょうか。溶解速度を求める式がありましたら教えて頂けないでしょうか。 水に二酸化炭素を溶かす実験を行なっておりますが、理論的な飽和濃度に達ならず困っております。

  • 電離平衡

    炭酸の電離について H2CO3 ⇔ H^+ + HCO3^- HCO3^- ⇔ H^+ + CO3^2- という2段階があり、前者の電離定数をK1=5.0×10^-7、 後者の電離定数をK2=5.0×10^-11とする このとき炭酸0.10mol/LのpHを求めよ というような問題があったとき、近似を用いて第2電離を無視することが ままありますが、もしも近似を用いないとどうなるのでしょうか 試しに自分でやってみようとしたのですが上手く求まりません 以下にそのやり方を載せます まず第1電離から考える 最初の[H2CO3]は0.10mol/Lであり、電離した分をxmol/Lとすると 第1電離の平衡式より x^2/(0.10-x)=K1=5.0×10^-7 また第2電離について考える 最初の[HCO3^-]は第1電離で生じたxmol/Lであり、 また[H^+]もxmol/Lある 電離した分をymol/Lとすると第2電離の式より (x+y)y/(x-y)=K2=5.0×10^-11 これはx、yについての連立方程式なので解くことは出来ますが 良く考えてみるとあとから考えた第2電離によって[H^+]や[HCO3^-] の濃度が変わっているので、第1電離の平衡もまた変わってしまいます すると何時まで経っても平衡とならず[H^+]を求めることが出来ず したがってpHも求まりません このように2つ以上の平衡条件がある場合、最初にどちらか先に考えて その後にもう一つを考えようとした場合何時まで経っても平衡時の 濃度が分かりません 自分のやり方がまずいのであれば、ぜひご教授ください 上の例に限らず他の問題でもこのような経験をしたことがあるので お願いします もしも物質収支の条件や電気的中性の式などを使わない、すなわち 高校範囲の解法がないのであればそれはそれでいいのですが・・・

  • 化学II 電離平衡

    化学II 電離平衡 たとえば酢酸で、電離定数Kaが2.8×10^&#65293;5mol/Lと与えられていたとします。 温度を変えなければ一定と書いてあるので、温度は一定とします。 この酢酸水溶液は、もちろん [CH3COOH] ←→ [CH3COO-] + [H+] の平衡を保っているから Ka=2.8×10^&#65293;5 を満たしていると思います。 それはわかるんですが、最近習った緩衝液や加水分解のところで 0.3mol/Lの酢酸100mlに0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液100mlを加えた。混合液のpHを求めよ。 のような問題があり 反応式は [CH3COOH] + [NaOH] → [CH3COONa] + [H2O] で 与えられた情報と反応式の係数から計算すると 反応した後は 酢酸が0.02mol 酢酸ナトリウムが0.01mol 水が0.01mol できたことがわかりますが このときでも電離定数Ka=2.8×10^&#65293;5 は成り立っているのですか? 電離定数を習ったのは、酢酸がただ電離するだけの場合だったので このように、ほかの物質なんかと反応したときでも成り立つのかがわかりません。 また、成り立つとすれば Ka=[CH3COO-][H+] / [CH3COOH] の、酢酸が減り、酢酸イオンが増えるからKaがかなり大きくなるが 逆に水素イオンがおおきく減り、結局同じ値におさまるということでいいのでしょうか? (ここでは高校化学のレベルの話です。) 平衡、電離定数についての説明をお願いします。

  • 炭酸カルシウムについて

    炭酸カルシウムについて この問題について教えてください。 (1)CaCO3(固)が炭酸と反応する時の電離式 (2)25℃で大気と平衡にある水がCaCO3(固)と溶解平衡にしたときpHが8になる。 この値は外部からの酸(H+)やアルカリ(OH-)を加えても変動しにくいのはなぜか よろしくお願いします。

  • 化学の問題が難しくてわかりません!

    二酸化炭素0.03%を含む1atmの大気と平衡状態にある25℃の水の中の二酸化炭素濃度は 9×10^-6mol/Lである。 この水(二酸化炭素水溶液)のPHを計算しなさい。ただし、二酸化炭素の第一酸解離定数 (25℃)には 画像の値を用いなさい。

  • ヘンリーの法則が適用できなくなるpHは?

    お世話になります。 二酸化炭素を水に溶かしていき、溶液のpHが6程度まで上がると、 ヘンリーの法則が適用できなくなると聞きました。 ・なぜできなくなるのか ・pH=6の根拠とは何か ご存じの方いらっしゃいませんか?

  • 化学平衡の問題です

    化学平衡の問題です N2+3H2⇔2NH3において,200気圧下ではNH3の生成分率は200℃では86%,400℃では36%である。この反応は発熱反応か吸熱反応か、理由をつけて答えなさい。 という問題を考えていたのですが、アンモニア生成は発熱反応と暗記していたばかりに、説明の仕方が分からず解答を確認してみました。 すると、温度を下げるとアンモニア生成分率は増加しているから、平衡は右へ移動。よって、発熱反応。 とありました。 ここで化学初心者の私には疑問が・・・ 右へ移動するから発熱反応、と解説に書いてありましたが、右へ移動=発熱反応??? それとも、アンモニア生成が発熱反応ということを知っている上で、生成する方向だから発熱反応という意味なのでしょうか? あと文中の「200気圧下で」というのは解答にどのように関与してくるのでしょうか??? 化学に詳しい方、かみ砕いて説明していただけませんでしょうか?m(--)m