• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

民法上の隣地境界線からの離れについて

民法上の隣地境界線から50cm離さなければならない との事ですが、屋根に軒樋(のきどい)がつくのですが、軒樋で50cm離れていないと駄目なのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2548
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

民法は「一般法」であり、「特別法」が規定されていれば、「一般法」ではなくて「特別法」に従う事になります。 民法では、最低限そうしなければならないという事が決められているだけであり、建物に関する法律としては「特別法」として「建築基準法」があり、その中の「用途地域」と言うものがあり、その地域によって、規制は異なってきます。例えば「第一種低層住専地域」とか「商業地域」と言った具合です。ですから、その建物のある市町村役場の建築課等でお聞きになった方が早いと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 役場の方に聞いてみる事にします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

こんばんは。 民法においてはどこから50センチなのか明記されていませんが、外壁からと考えるのが一般的であろうと思います。または柱からという説もあるようです。 http://sumai.nikkei.co.jp/know/soudan/case_com20050420i7000pe.html 屋根・軒・雨どいではなく、建物本体からと考えるのが一般的でしょう。ネットで検索してみると民法の位置づけなども見えてきます。ちなみに私は「民法 境界 50センチ」で検索してみました。

参考URL:
http://sumai.nikkei.co.jp/know/soudan/case_com20050420i7000pe.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 軒樋は大丈夫そうですね。 念の為、役場の方にも確認したいと思います。

関連するQ&A

  • 民法上の境界線の離れについて

    民法上(第234条)の境界線の離れについてですが 法律の文言上は境界線からの離れを50CM以上離しなさい とありますが、境界線とは隣地境界線のみでしょうか? それとも文言とおり全ての境界線(例えば道路境界線)と判断していいのでしょうか? 教えてください。

  • 隣地境界線から50cm空けるのはどこからでしょうか?

    都内に家を建てる事を計画中なのですが、当家の外壁から境界線 まで30cmしか空けられません。(というか現在そのような計画中です) 民法では、50cm以上空けなければならないという事ですので 隣地の方に30cmで良いかご挨拶に伺ったところ、50cm以上は空けて 欲しいと言われてしまいました。 そこで本題ですが、隣地から50cm以上はなさなければならないところは どこからになるでしょうか? 私がお願いしている設計士さんは、屋根の出っ張りなども入ると言って ますが、本当でしょうか? ※Webなどで調べると外壁からとなってる意見が多いようです ちなみに隣地の方は、外壁は50cm以上離れてますが、出窓や屋根は 50cm離れてません。(特に屋根は敷地境界線上ぐらにあります。) それなので、設計士さんは、今回のケースはお互い様なので 50cm空けなくても、許可していただけると思いますと言っています。 どうなんでしょうか??

  • 樋先から隣地境界線を超えて落雪する恐れはあるか?

    雪は年に数回、積雪量は一日平均10センチ程度しか降らない地域です。 工務店は民法218条を懸念したのか?雪止めを取り付け、 添付画像のような家を増築しました。 【質問】 軒先(雨樋含む)から隣地境界線まで302mmありますが、 隣地(駐車場)に落雪する可能性はありますか? なお、隣地境界線には、高さ120センチ・幅10センチのブロック塀があります。 【参考値】 ※軒高3240mm・3.5寸勾配・ガルバ屋根・棟から樋先まで2635mm 注)確認申請図の軒の出幅は455mmでしたが、実際は約250mmと   無断で短くされたので、隣地境界線まで507mmあります。   ここまで軒を短くする必要があったのか疑問ですが、   意匠的な問題と、軒下換気がとれないという大問題が発生しました。

  • 軒先は隣地境界線からどの程度離せば良いですか?

    軒先は隣地境界線からどの程度離せば良いですか? 添付図面から,軒先は隣地境界線から最低どの程度離せば良いかわかりますか? 寸法が見づらいと思いますが、 軒の出幅=455mm(柱芯から屋根先まで) 隣地境界線から屋根先まで=302mmです。 下記の計算や数値は,上記と関係しますか?もし,無関係でもその意味を教えて下さい。 【隣地斜線の高さ確認】 0.302×1.25+20m=20.377>3.24 OK ←「1.25」と「20m」と「3.24 OK」の意味は? 【隣地斜線高さ +17.137m】←「+17.137m」の意味は? 個人情報なので添付画像は,質問が解決しましたら削除させていただきます。

  • 「隣地境界線の確定」について教えてください

    印鑑証明を交わして費用が20万円ほどかかる「隣地境界線の確定」と 測量などをする場合に隣地の人に立ち会ってもらって境界を決めることとは違うのでしょうか? 費用のかかる境界線の確定をいちいちみんなしてらっしゃるのでしょうか? 隣地との間に「杭」を入れるということは 「隣地境界線の確定」をしなくてはできないのでしょうか? 昔から「隣地境界線の確定」というものはあったのでしょうか? 自分でも頭が混乱してわからないのですが どういうときにどっちが必要なのかその違いと 法律的な効果の違いについて教えてください。

  • 隣地との境界線に・・・

    隣地との境界線にブロック3から5段(基礎込み)建てようかと思っていた所、隣地の方から折半で境界中心に建てませんかと提案がありました。当方としましては先々トラブルの元となるようなフェンスのような物は共同では建てるつもりはありませんがブロックのような物を共同で建てた場合、将来トラブルに成るような事はありませんでしょうか。金銭面では非常に助かりますし隣地の方も人柄よさそうですのでどうしようかと悩んでいます。良きアドバイスお願いいたします。

  • 民法第234条第1項の境界線について50以上ですか?

    横浜の住人ですが民法第234条第1項の境界線 付近の建築制限の規定を詳しく教えてください。 当方の敷地北側に1.95mの擁壁を作り宅地造成の予定があります。 当境界より40cmの離隔しか離れていません。よって上記234条第1項により50cm以上離隔を取らなければ違法ではないのですか。建物の解釈が擁壁も当たるかが、分かりませんので教えてください。

  • 境界線から50cm以下に物置を置くのは?

    境界線から建物そのものは50cmをわって建てるのは民法上でムリなのはわかりますが、物置の場合もこれにあたるのでしょうか?(市販の組み立て式の物置です) やはり屋根付なので建物と同じのでしょうか? できれば境界線から30cmくらいのところに設置したいと思っています。ダメなら奥行きをもうひとつ小さなものにしてその分間口の大きなものにすることも視野にいれています。 すみませんがよろしくお願いします。

  • 隣地との境界

    準防火地域の隣地の屋根は境界線上(少し越境)にあっても許される?・・・

  • 隣地との境界線トラブル

    隣家を不動産業者が買い取り、更地にして注文住宅を新築しその購入者も決まっています。私の家は隣地より1mほど高くなっており、間知ブロックの上にCBブロックの塀を作っていますので境界線より20cmほど引っ込んでいます。境界標は道路側と宅地の奥の2カ所にありましたが、奥の境界標は隣地の車庫を掘った残土を盛土し見えなくなっています。隣地の車庫造成工事の影響もあり、ブロック塀の亀裂がひどくなったので、隣地との境界線の確定も兼ねて境界線より1cmこちら側にコンクリートの基礎を打ち新しくブロック塀を作りたいので、2、3日隣地からの工事をさせて欲しいと申し入れましたが、不動産業者に拒否されました。隣家の道路側の新しいブロック塀は境界線を15cmほど浸食して作られています。当初、測量業者も呼んで双方立ち会いのうえ境界標を打ち込んでもらったので安心してうかつにも気づくのが遅れました。どう対処したらよいでしょうか。