• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

幼児教育・保育に関する本

こんにちは。幼児教育の仕事に携わっているものです。毎日、子供に触れ合い、日々お互いに成長しております。  さて、最近、保護者の方から、育児の相談をたびたび受けるようになりました。たとえば、「うちの子、自分勝手なのよ」や「この年齢になって、こんな風なんだけど、大丈夫?」など、多岐の相談を受けます。ここで、もう一度、幼児教育・保育について勉強しなおしてみようと考えております。そのような背景の中で、何か勉強になるような図書がございましたら、推薦していただけないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数728
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • mihito
  • ベストアンサー率21% (74/341)

お忙しい中、勉強し直すというのはとても大変だとは思います。少しでも参考になればいいのですが。 相談系の本 「お母さんとの保育者どうしのおつきあいQ&A」   チャイルド本社 「保育のなやみ解消BOOK 子どもに関する196のQ&A」   チャイルド本社 「信頼関係が築ける保護者との話し方」   わたなべめぐみ/著 ひかりのくに 「困ったときに役に立つ保護者との対応事例」   安家周一(他)/著  世界文化社 「改訂 保育者と母親のための保育相談室」   佐藤俊昭/編  中央法規出版 「子育て不安の心理相談」   田中千穂子/著  大月書店 「保育ソーシャルカウンセリング」   横井一之(他)/著  建帛社 保育の本 「子どもの心の育ち」   阿部和子/著  萌文書林 「心の保育を考えるCase67」   学習研究社 「時代と向き合う保育 上下」   鈴木佐喜子/編  ひとなる書房 「気になるからはじめる臨床保育」   土谷みち子(他)/編著  フレーベル館 育児 「赤ちゃんのつぶやき」 「ママ ちゃんと聞いて」   大塚昭二/著  赤ちゃんとママ社/インターメディカ 「育児の原理」   内藤寿七郎/著  アップリカ育児研究会 「子どもへのまなざし 全2巻」   佐々木正美/著  福音館書店 「はじめて出会う育児の百科」   汐見稔幸(他)/著  小学館 きっと賛同されないような内容もあるかもしれません。特に私が読みやすかったり内容に納得できたところがあったものを選んでみました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。たくさんご紹介いただいて、ありがとうございます。本屋さんで探してみます。

関連するQ&A

  • 幼児教育について

    現在10ヶ月になる娘がいます。 幼児教育を始めようかと思っているのですが、できれば家庭で出来る教材とかの情報があれば、教えていただきたいのですが。 家庭保育園や七田式、公文式の教材など、どこのものが使いやすいか、また値段や内容も考慮して教えていただければありがたいです。 他に家庭でやっておられる教育方法などがございましたら、教えてください。

  • 幼児教育について、良い育児書

    幼児教育について、道徳面や、性格形成を、しっかりさせたいのですが、良い育児書があったら、お願いいたします。

  • 幼児教育系の就職先について

    私は現在、教育大学の幼児教育を選修している2年生です。 大学に入るまで、自分は将来保育士か幼稚園教諭になるのだと決めていて、疑問を抱くことなくここまで進んできました。 しかし、大学で得た様々な経験や情報により、世の中にはたくさんの仕事があることを知り、本当にその職業一本に絞ってしまっていいものかと悩むようになりました。 小さい頃からずっと「ほぼさんになりたい!」とだけ夢見ていたせいで、それ以外は考えもしなかったけれど、もしかしたらもっと自分のしたい仕事というものがあるかもしれないと思い始めたのです。 もっと視野を広げて考えてから、それでもやっぱり「ほぼさん」を目指したいと思うのかを確認したいという気もちもあります。 しかし私の中で、今大学で勉強していることを生かして、子どもたちと(間接的にでも)関われる仕事につきたいという考えは変わっていません。 私のように、大学で「幼児教育」を学んだ学生は、幼稚園教諭・保育士という職業以外に、どのような就職先が考えられるでしょうか。 子どもたちに通じるものがどんな些細なものでも、思いつく職業があれば教えていただきたいです。 (資格を生かすことができなくてもかまいません。) どうかアドバイスをお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

 毎日お忙しいでしょうに、勉強しなおしてみようなんて、いい先生ですね。こういう先生にうちの子も出会うといいな。     ただ、今の時代、育児に悩んだら、解決や相談できる物はどこにでもありますよね。ネットは勿論、育児の本だって雑誌だっていくらでもあります。どこかの専門家やエライ教授が書いたのが載っていて、よっぽど正しくて詳しいと思うのですが、それでも園の先生に相談する、ってのは「身の回りの平均値・平均的対処法が知りたい」と思ってるからだと思います。本で得た知識の「受け売り」では「それくらいアタシだって知ってるわ」とならないでしょうか。今のお母さん達は本当に良く勉強されています。それをちょっと心に留めて。    お勉強のおすすめはコレ。今話題の育児本、まずは片っ端から読んで見て下さい。検索ですぐに沢山ヒットしますよ。『子供に変化を起こす簡単な習慣』 『江原敬之のスピリチュアル子育て』などの、まずは育児論を語ったものを。次に育児をセキララに語った本を。『赤ちゃんが来た』とか『ママはぽよぽよザウルスがお好き』(←これなんかはマンガ本ですが)とかの。育児の理想と現状が分かってくると思います。そこにアドバイスのポイントが見えてくるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。最近、皆さん結構知識あるんですよね。参考にさせていてだきます。

関連するQ&A

  • 幼児教育系への進学

    高1女子。 美術、音楽、英語が得意で幼稚園の先生を希望しています。 就職が有利とのことで、幼児教育科、児童科のある短大の資料を取り寄せて見ていますが、ほとんどの所の入試科目は国語と、芸術のみです。 得意な英語を生かしたいのですが、英語も重視される、幼児教育・保育士の資格が取れる所はないでしょうか。 教育大も考えましたが、定員が非常に少なく、数学が苦手なので難しいと思います。 詳しくご存知の方おられましたら、よろしくお願いします。

  • 幼児教育について教えてください。

    私は6ヶ月女の子母です。今は専業主婦をしていて時間があるので何か将来子供の役に立つような事をしてあげたいと思っています。それで最近家庭保育園とブックローンの無料体験レッスンを受けてみたのですが、どちらが良いのかよくわかりません。家庭保育園、ブックローンを購入して使用している方、今まで使用したことのある方やってみての感想を教えて下さい。よろしくお願いします。 他に良い幼児教育について知っている事があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 【幼児教育】で良かった物・良くなかったもの・・・教えて下さい!

    この5月に第一子誕生予定です。 少し気が早いですが、幼児教育に当たって色々と勉強しています。今までお子さんに与えた“幼児教育”と呼ばれるもので、興味を引いたものや為になったものorこと等を教えてください。もちろん反対で、失敗したこと、良くなかったことを教えてください。漠然とした質問なので、色々と分野に飛んだお答えをお待ちしています。 よろしくお願いいたします。

  • 幼児教育に関係のある職業について

    こんにちは。 私は今大学で幼児教育の勉強をしています。2年生です。 最近、私はみんなで何かひとつの作品を作り上げるといったことが大好きで、そういう仕事に就きたいと思うようになりました。 幼児教育に関連した仕事で、そういった要素がある仕事は今のところ思いつきません。 技術系の専門学校に入って、映像に関わる勉強をしたいとも悩んでいるのですが、すべてを0から、というのも なんだかもったいないような気もします。 そこで、幼児教育の知識が生かせて、作品を作るというような仕事があるのか、知りたくなりました。 そういった仕事をご存知で、具体的に教えていただけたら幸いです。 貴重なお時間を割いていただき感謝します。 よろしくお願いします。

  • ☆ハワイの幼児教育☆

    について教えて下さい。 日本のように 保育園・幼稚園のような 幼児教育の施設は あるのでしょうか? あるとすればその施設でゎ 日本の保育士資格と 幼稚園教諭免許で 働くことはできるのでしょうか? 調べているのですが なかなか糸口すら見つからずに 悪戦苦闘しています(・・;) 何か些細なことでも 知ってる方がいらっしゃいましたら 教えて頂けないでしょうか? よろしくお願いいたします(*^^*)

  • 幼児教育系の短大

    私は、将来幼稚園教諭か医療事務になりたいと思っている高3の女子です。 どちらかと言うと、今は幼稚園の先生になりたい気持ちで一杯です。 最初は、付属の大学に進学しようとしていました。 しかし、病気がちと精神的な問題かもしれませんが、 一、二年の時の欠席日数が酷く単位ギリギリで三年に上がりました。 担任に、これでは付属大の推薦は難しいと言われて、どうしようか困ってます。 今は、目標も決まり卒業したい一身で病気も治して欠席日数はほとんどありません やりたい仕事なので、勉強して、付属じゃなくてもどこか、幼児教育系の短大に行きたい!一般受験も考えましたが、先生に教育系は一般でも出席日数を重視する…。といわれました。 私は病気ももう治して気持ちも改めて頑張ろうとしていますし今も頑張ってますが、やっぱりこんな内申書では幼稚園の先生になるのは無理なのでしょうか? 幼児教育系の短期大学に行きたいです。 色々な短大を見学して聞こうと思いますが、 東京、神奈川、千葉、埼玉で1、2年次の出席日数を気にしない短大があれば教えて欲しいです。推薦、一般を問いません。 もし、無理なのであれば、お世話になった病院でととても素敵な医療事務さんと知り合ったので医療事務でもいいかなぁ…と思ってます。 真剣に考えてるので、どんな厳しい意見でも構いません。 よろしくお願いします。

  • EQ指数と幼児教育

    EQ指数と幼児教育  このコーナーで質問するのは初めてです。私は将来、幼児教育の仕事に携わる予定で、「EQ指数と幼児教育について」というテーマで卒論を書こうかなあ・・と思案中です。  EQテストのサイト(http://www.unnmei.com/eq.html)によれば、『EQ(Emotional Intelligence Quotient:情動指数)とは心の知能指数と呼ばれ、一般的に自己認知力・自己統制力・共感性・コミュニケーション力・柔軟性・楽観性の6つの観点から測られます。EQの値は一生の間を通じて不変なものではなく、環境・遺伝の双方の影響により、上がりもすれば下がりもします。』と記載されています。  「幼児教育考察」というページ(http://www.might-project.com/for-exam/talk/index.html)には、『昨今の小学校受験においても、実際にEQテストを実施して子どもの「ある知能」を測るところも出てきています。』と記載されています。  幼児版のEQテストは、どのように実施されているのでしょうか? 教材は、どこかのサイトに記載されていますか?  また、「EQ・IQを伸ばす育児の知恵と幼児教育」というサイト(http://www.geocities.jp/kidseq04/index.html)の一つに、『科学的に実証された脳力アップの育児法を示したのが、久保田式です。』(http://www.geocities.jp/kidseq04/kubotasiki.html)という記載があります。  久保田 競教授は、「エチカの鏡」によく出演されている久保田カヨ子さんのご主人で、脳科学の権威ですよね。既に商品化されている教材(http://item.rakuten.co.jp/eigo/powerkidsjr/)もあるようですが、この教材の有効性は、実際に、科学的にどのように実証されているのでしょうか? 実証されたデータは、どこかのサイトに記載されていますか?  小学校での「いじめ」増加など、教育現場の荒廃を考えると、早い段階でのEQ教育を実施し、「共感性」・「コミュニケーション力」・「柔軟性」を高めていくことが必要なのではないかと考えています。  幼稚園、保育園、保育所で、EQ指数向上を目指した取り組みというのは、実際に行われたことがあるのでしょうか? 具体的な取り組みなど教えて頂けましたら幸いです。  以上、アドバイス・情報などよろしくご指導下さい。

  • アメリカの短大 保育・幼児教育専攻

    アメリカの短大で保育・幼児教育を専攻して、卒業した者です。 証書:  General         Infant/Toddler Care      School-Age Care              Professional Development and advocacy        Award of Achievement トレーニング証書:           Healthcare PROVIDER/Heartsaver CPR                  Infant&Child First aid and Safety Training        Advanced Level First Aid & Safety Training 日本に帰国後、保育士として働く事は不可能でしょうか? 今までの勉強は、すべて無駄!?になってしまいますか? 現在は、主婦ですが、こんな経歴の私ですが、まずは何をするべきですか? どこか日本の学校や、通信教育で、勉強し直すとか テストを受けないといけないなど、保育士や幼稚園の先生の資格などに詳しい方々 何かアドバイスを頂けると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

  • 幼児教育:「褒めて育てること」の意義は検証されていますか?

    幼児教育:「褒めて育てること」の意義は検証されていますか?  5月17日初めてこのコーナーで質問(EQ指数と幼児教育http://okwave.jp/qa/q5900706.html)し、貴重なアドバイスを頂きました。その節はありがとうございました。  私はまだ1年生ですが、1学期の課題に向けてのテーマ(将来の卒論のテーマにも結びつくものであればなお可)で思案中です。  「EQ指数を鍛えるための教育」には強い関心があるのですが、検証方法となるとその「方法論」で困ってしまいます。    そこで、第2案として、「褒めて育てるのが良い」と言われていますが、その根拠はあるのでしょうか?  このテーマも、「検証方法」となると難しいのは同じかも知れませんが、「根拠」・「検証方法」などに関して、何かアドバイス頂ければ幸いです。  よろしくご指導下さい。 P.S  学内には、心理学研究室もあるようですが、学部が違うので行ったことはありません。相談に行けば、協力してもらえる可能性はあるのでしょうか? 突然、相談に行っても無理ですよね・・。アポを取るにはどうしたら良いのかもよく分かりません。  合わせてコメント頂けましたら嬉しいです。

  • 賢い子にする幼児教育とは

    今3歳0ヶ月の娘がいます。 幼児教育がいまひとつ分からないので教えていただけると助かります。 質問 1、来年4月から幼稚園に通園予定ですが、家庭教育はどのように取り組めばよいでしょうか? 2、よく聞くのは就学前をほったらかして只遊ばせているだけでは、しつけもできてない読み書き能力の低い子になってしまうと聞きます。ではこの時期から就学前まではどのようなことをすればよいものでしょうか? 3、知的能力は6歳までに作られるそうで、就学前までに基本的な読み書きの能力がないと就学してから授業についていけないことがあるそうですが、どういったことから始めて知能開発をしていけばよいのでしょうか? 賢い子に育てたいという強い願いを子に持っています。 心を成長させ、人を思いやる気持ちをもち、読み書き計算能力がある子になってほしい。脳の発達期であるこの時期だからこそ、ただ遊ばせておくだけでなく何かに取り組まなくてはいけないかと思い質問させていただきました。