締切済み

ガラス容器にアルカリ水溶液をいれない訳

  • 困ってます
  • 質問No.172339
  • 閲覧数4091
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 7% (5/68)

基本的なことなのですが訳がわかりません。
アルカリをいれて置くと、スリが固着するという話はよく聞きますがなぜなのでしょう?確かに、アルカリ水溶液はプラスチック容器に保存するように言われていますが、決定的な理由がわかりません。ガラスが白くなるのも何か関係しているのでしょうか?
誰か教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 60% (132/220)

こんばんは
濃厚なアルカリ溶液(実際には水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの強塩基性水酸化物だけですが)空気中の炭酸ガスを吸収します。濃厚な水酸化物は粘度も高く、ガラス溶液の「へり」に残留しやすく、ガラス製のふたをすると、空気中の炭酸を吸収し炭酸塩を形成し膨張することから、固着の原因となります。
ガラスには色々な種類があり、一概には言えませんが、アルカリや熱水に侵されます。ガラスの主成分である珪酸ナトリウムが侵されるためです。
余談ですが、ガラスを粉砕し、煮沸するとpHが高くなります。同じ水でもペットボトルに入っている水とガラス容器に入っている水では、珪酸の濃度が後者の方が高いことが確かめられています。ガラス製のポットを長く使うとシリカなどが溶出するため、ガラスが雲母状になって穴があきます。ボルネオ島などで採掘されているボーキサイトは、珪酸アルミニウム等の鉱物が熱帯地方の暖かくて大量の雨が珪酸を徐々に溶出してできると言われています。

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 41% (156/380)

ガラスがアルカリ性で溶けるからです。ガラスが白くなることもスリがくっつくのもそのためです。
 水酸化ナトリウムの濃厚水溶液を溶媒に用いて、ナスフラスコで100℃ぐらいに加熱する反応をおこなうと、フラスコの底がすりガラスのようになってしまいます。

化学工業のプラントでは酸性条件の反応にはGL(グラスライニング)の釜を、アルカリ性条件の反応にはSUS(ステンレス)の釜を用います。
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

ずばりアルカリはガラスを侵すからです。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ