締切済み

実験心理学について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.17202
  • 閲覧数151
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 43% (28/65)

いじめや不登校など現実の問題の解決に、実験心理学的方法による取り組みが困難なのはなぜだと思いますか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 36% (1782/4883)

 実験心理学に限らず、社会心理学全般の問題として、危ない実験はできないというのが挙げられます。
 2,30年前なら、精神的にすごい苦痛を与える実験もできましたが、行き過ぎの感があったのが業界の自主規制として当り障りのない実験しかしないようになっているのです。
 ということで、具体的に現実に応用するにしても、研究室レベルで大した実験してないのに、現実社会にそれを応用するのは、まぁ言い方は悪いですが人体実験になるのですから、誰もそんな試みを認めようとはしないでしょう。
 ○○モデル校みたいなケースも色々ありますが、要は当り障りのないことしかしてないんで、その効果も当り障りのないもんにしかならないのです。
お礼コメント
kitty_aki

お礼率 43% (28/65)

ありがとうございました。レポートに役立ちます!!(*^_^*)
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 41% (52/125)

「人」そのもの(個人という言葉におきかえ可能)を扱うからではないでしょうか?
実験という第3者的な事象は、やもすると個人の一生を左右してしまうような因子を持つため、「責任」を問われた際に対処できないからではないかと思います。
その実験心理学的方法で問題解決できなかったとき、現在よりも状況が悪化する可能性を秘めているためではないでしょうか?
お礼コメント
kitty_aki

お礼率 43% (28/65)

ありがとうございました。レポートに役立ちます!!(*^_^*)
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ