• 締切済み
  • すぐに回答を!

過誤納金還付に伴う別表4・5(1)・5(2)の記載方法

05年5月に前期末の確定税額を納付後に申告書に誤りがあったため修正した結果、納付済税額が実際納付すべき金額よりも多かったため、7月及び8月に還付をうけました。 その際に、現預金/未払法人税 \110,000として経理処理を行いました。この様な場合における、今期の別表4・5(1)・5(2)の記載方法を教示ください。 <過誤納金還付明細> (1)法人税:50,000 (2)住民税:20,000 (3)事業税:40,000(外形含む)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数16696
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.5
  • ksi5001
  • ベストアンサー率84% (170/201)

再び#2の者です。補足(2)の内容を読み間違えました。 #4で書きましたように還付事業税は法人の益金となる ので、翌事業年度以降に減算されることは通常ありません。 別表四の「還付事業税計上漏れ」は留保項目であり、 別表五(一)の「納税充当金」の「増」と連動しています。 なお、貴社が本年度において  現預金 40,000 / 納税充当金 40,000 と処理なさった還付事業税分について、翌事業年度以降に  納税充当金 40,000 / 雑収入 40,000 のように取り崩しの処理をされたときには、この取崩額は益金 とはなりませんから、この場合には別表四の減算欄に 「納税充当金取崩認容」のように書いて減算することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • ksi5001
  • ベストアンサー率84% (170/201)

こんばんは。#2の者です。お返事遅くなりました。 補足の(1)についてですが、 「未納法人税等」に差額が生じるのではなく、 ・ 平成16年度分(本年5月申告分)の別表五(一)の   右端「差引翌期首現在利益積立金額」欄の「差引合計額」と ・ 平成17年度分の別表五(一)の左端「期首現在利益積立金額」   欄の「差引合計額」 で7万円(還付法人税と還付住民税の合計)の差額が発生する ということです。 例えば、本年5月申告分による納付額が 法人税:20万円 県民税:4万円 市民税:8万円 事業税:10万円 で、納付すべきであった金額が 法人税:15万円 県民税:3万5千円 市民税:6万5千円 事業税:6万円 であったとしますと、 本年5月申告分(平成16年度分)の別表五(一)           |     |差引翌期首現在|  区   分   |     |利益積立金額  |   _______|___|_______|                 |     |          | _______|___|_______|  納税充当金  |~~  |     420,000 |  _______|___|_______| 未|未納法人税|~~  |    △200,000 | 納|_____|___|_______| 法|未納県民税|~~  |     △40,000| 人|_____|___|_______| 税|未納市民税|~~  |     △80,000| 等|_____|___|_______|           |     |          |   差引合計額 |~~  |    ××××| _______|___|_______| ※納税充当金は法人・住民・事業の納付額の合計額としています。 のように記載されているはずですので、平成17年度分は 平成17年度分の別表五(一) ________________________           | 期首現在利 |   当期中の増減  区   分   | 益積立金額 |  減  | _______|______|____|_           |         |      | _______|______|____|_   還付法人税  |    50,000 |  50,000| _______|______|____|_   還付県民税  |     5,000 |   5,000| _______|______|____|_   還付市民税  |    15,000 |  15,000| _______|______|____|_   納税充当金  |    420,000 |  420,000| _______|______|____|_ 未|未納法人税|  △200,000 |△200,000| 納|_____|______|____|_ 法|未納県民税|   △40,000 | △40,000| 人|_____|______|____|_ 税|未納市民税|   △80,000 | △80,000| 等|_____|______|____|_           |         |      |   差引合計額 |  ×××× |××××| _______|______|____|_ ※本年度の中間納付額(「減」欄記載額)は無視しています。 のように記載することになります。この結果、平成16年度分には なかった「還付○○税」という科目が平成17年度分で登場し、 その合計額である7万円だけ「差引合計額」が変わってしまう (増える)ということです。 平成17年度分の別表五(一)で、平成16年度分の正しい納付額が 法人税150,000円(未納法人税200,000円-還付法人税50,000円) 県民税35,000円(未納県民税40,000円-還付県民税5,000円) 市民税65,000円(未納市民税80,000円-還付市民税15,000円) であったことが示されることになります。 補足の(2)についてですが、事業税については「納付すべき日の 属する事業年度」の損金となり、その還付金については「還付 されることが決まった日の属する事業年度」の益金となります。 ご質問の場合、納付も還付も平成17年度において行われています ので、いずれも平成17年度分の別表四に記載する必要があります。 当初納付額については(13)の「納税充当金から支出した事業税等 の金額」に記入し(上記の例の場合10万円)、還付額については 会社経理では益金に計上していないため、加算欄に「還付事業税 計上漏れ」のように記載してその還付金額(4万円)を記載します。 平成17年度分の別表四で、平成16年度分の事業税の正しい納付額 が6万円(減算欄100,000円-加算欄40,000円)であったことが 示されることになります。 なかなか分かりにくい表現で申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • o32k16d
  • ベストアンサー率85% (24/28)

補足に対する回答が遅くなって申し訳ありません。 (1)についてですが、元の質問に「修正した結果・・・還付をうけました」とあるところを見ると、税務当局に対して、申告書を提出してらっしゃるのだと思います。 ということは、当然に別表五(一)に還付税金等の記載があるべきとの考えから、このようなお答えになります。 もし、五(一)に記載が無い場合は、前期の五(一)を修正して、その後、当期の処理をされるのがよろしいかと思います。 また、(2)についてですが、これも上記に同じく修正後の金額になっていなければ、前期の五(二)に誤りがあることになります。 そのため、前期の五(二)を修正する必要があります。 修正することにより、期首未納税額が当期の五月に納付後、七月と八月に還付をうけた金額を控除した額になると思います。 それをもって、実際納付額(納付と還付を相殺した後の純額の意味です。)となるのではないかと思います。 どちらも、申告自体を修正した、という前提でお話しています。 そうでなくて、当局の更正決定による還付であっても、こちら前期の申告書を修正する必要があります。 そうしないと、前期と当期の五(一)及び五(二)に連続性がなくなってしまうからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ksi5001
  • ベストアンサー率84% (170/201)

こんにちは。 まず、当初の納付に関する処理は例年どおりです。 事業税についても未払法人税等(納税充当金)に計上されている ようですので、当期分の別表四で「減算」欄の「納税充当金から 支出した事業税等の金額」欄に当初納付した金額を記載します。 他表の処理は還付税金の処理とまとめています。 ○還付税金の処理 【当期分の別表四】 還付法人税・住民税については会社が益金に算入していないので、 記載する項目はありません。 還付事業税については益金に算入すべきものを算入していない ので、「加算」欄に「還付事業税計上漏れ」のように書いて 「総額」及び「留保」欄に4万円を記載します。 【当期分の別表五(一)】 空欄に「還付法人税」「還付県民税」「還付市民税」のように 書いて「期首現在~」欄に還付された金額をそれぞれ記載します。 また「減」欄にそれぞれの同額を記載します。(3つの合計は 7万円です。) 「納税充当金」の「期首現在~」欄は前期分の「差引翌期首 現在~」欄の金額をそのまま移記します。また「減」欄にも 同額を記載します。さらに「増」欄に還付税金額11万円を 記載します。 「未納法人税等」の「期首現在~」欄は前期分の「差引翌期首 現在~」欄の金額をそのまま移記します。「減」欄にも同額を 記載します。 この結果、前期分の「差引翌期首現在~」と当期分の「期首 現在~」で7万円(還付法人税・県民税・市民税額分)の差が 生ずることになりますが、問題ありません。 【当期分の別表五(二)】 「期首現在未納税額」欄は前期分の「期末現在未納税額」欄の 金額をそのまま移記します。 「当期中の納付税額」の「充当金取崩しによる納付」欄は 「期首現在~」の金額を記載します。 下方の「納税充当金の計算」では、「繰入額」欄の空欄に 「還付税金による振戻し」のように書いて11万円を記載します。 #1さんの「回答に対する補足」についてですが、 (1)につきましては、上記【当期分の別表五(一)】のように、 前期分の別表五(一)とは関係なく、当期分の別表五(一)で 新たに還付○○税として作成することになります。 (2)につきましては、当初納付額を記載しますので、前期分の 別表五(二)の金額をそのまま引き継ぐことになります。 長文失礼いたしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ksi5001さん大変参考になりました。 もう何点か質問があるのでお付き合いください。 (1)「当期分の別表5(1)」について  未納法人税等において前期分と当期分において7万円の差  が生じても問題ないというのはどういことか教示願いま す。 (2)「別表4」について  還付事業税計上もれの4万円は当期は繰越して、来期に  "過誤納に係る還付金額"として減算するといことですか  教示願います。

  • 回答No.1
  • o32k16d
  • ベストアンサー率85% (24/28)

法人税50,000円と住民税20,000円については、別表四の減算欄に「法人税等の中間納付額及び過誤納に係る還付金額」という欄があるのでここに記入します。 事業税については、同じく減算欄の「納税充当金から支出した事業税等の金額」欄に前期納税充当金で処理した事業税等の金額を記入します。これは、過誤納金は考慮しません。 また、別表五(一)では、区分に法人税未収金や還付法人税等の名称で期首現在利益積立金額の列に△70,000円の記載があるはずです。そこの当期中の減に△70,000円を記入します。 五(一)の未納法人税等の欄は、未納法人税、未納道府県民税、未納市町村民税ともに修正後の金額になっているはずですので、いつもどおりの記入で問題ないはずです。 別表五(二)の期首現在未納税額は修正後の金額になっているはずですので、実際納付額を記載すれば問題ありません。 以上、前期についての全ての修正が間違いなく記載されている前提での記入です。 これで、合わないようなら、前期の修正申告(更正の請求ですよね)時の別表の処理にあやまりがあります。もう一度申告書を提出することをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の返事ありがとうございます。 何点か質問させてください。 (1)5月末納付後に申告書に誤りに気づいた為、法人税未収金や還付法人税等による繰越がありません。(別表5(1)) この場合にはどうしたらよいですか? (2)別表五(二)の期首現在未納税額が実際納付税額ではな  く申告書修正後の未納税税額の為、実際納付税額に修正  するとういことですか?  

関連するQ&A

  • 事業税が還付された場合の別表五(二)の記載方法

    今期に、前期末に未収法人税として計上した事業税 1,000円が還付されました。 未収となっていたのは、前期に中間納付した税額が期末に確定した税額よりも多かったためです。 別表五(二)において、事業税の欄 17-(2)、(3)に△1,000と記載しましたが、 納税充当金の計算 取崩額 事業税 36欄に転記されません。 申告奉行という会計ソフトを使っており、調べたところ、17-(3)がプラスの場合は 36欄に転記されるようですが、マイナスの場合は転記されないようです。 転記されないため、期末納税充当金 42欄がその分ずれてしまう状態です。 ※期首納税充当金は、会計上の前期末 未収法人税と一致しています。 知見がないためうまくお伝えできず申し訳ありませんが、上記の場合、事業税還付 分を別表五(二)にどのように記載すべきか、ご教示いただきたくお願い致します。

  • 法人税 申告書記載方法

    前期に法人税額(仮に250、000) 市民税額(仮に180,000)を それぞれ納付しました。 ところが今期に入り誤りがわかり(法人税100、000)(市民税60,000) 還付され、それぞれ雑収入として処理しています。 今期決算で別表(4と5)の書き方を教えてください。

  • 別表4 還付所得割は加算????

    前期分の所得割の還付を422円受けたのですが、 別表4で加算するものでしょうか? ======================== 【前期】        (均等割のみ) 法人税 70000円  未払法人税等  70000円 【今期】         (納付) 未払法人税等 70000円  現金 70000円      (前期申告の還付) 普通口座 422円   未払法人税等 422円      (今期引かれた所得割) 未払法人税等 403円  受取配当&利息 403円        (均等割りのみ) 法人税等  70000円  未払法人税等  70000円 ========================== としています。 利子割は考えなくても大丈夫です。 403円は納税充当金支出事業税等で減算しています。 加算は70000円のみです。 還付された422円も加算するものなのでしょうか?????

  • 還付事業税から充当された県民税の確定申告での扱いなど

    いつもお世話になっております。毎年皆様の回答を参考にして法人確定申告をしていますが、今回、特にタイトルの件で止まってしまいました。前期の中間納付金に対し、法人税、事業税ともに還付金があり、当期に雑収入として処理してあります。前期では、還付金については何も処理していません。そこで質問です。 1.前期の法人税は、還付金から充当されていますので、別表五(二)の当期中の納付税額は、充当金取り崩しによる納付欄に税額を記入すればよいのでしょうか。また別表四、五(一)ではどのように記載したらよいでしょうか。 2.前期の県民税と事業税が事業税の還付金から充当されています。別表四、五の記載方法を教えていただきたいです。 毎年、新しいことが増えて、なかなかスムーズに処理できず困っています。どうかよろしくお願いいたします。

  • 還付があった場合の別表4,5の記入方法

    現在2012年度(2011年4月~2012年3月まで)の法人税申告書を作成しています。 法人税、事業税の還付があった場合の別表4,5の記入方法について教えてください。 2011年度末(2010年4月~2011年3月まで)に経理上還付について未収計上しましたが、 2012年に実際に還付を受けた金額が未収計上分より多く還付されました。 その多かった額が、事業税で100,000円、法人税で200,000円だったとすると、別表4では それぞれの金額をどこに記載すればよいのでしょうか? 仕訳は 現金/未収入金 /法人税or事業税    となっています。 減算の「過誤納に係る還付金額」に300,000円を記載すればよいのでしょうか? また、別表5(1)と5(2)の記載方法についても教えてください。 5(2)の納税充当金の計算欄には全く関係くてよいでしょうか? また、還付の際の還付加算金は益金算入なので、別表上なにも調整しなくてもよいで しょうか? 宜しくお願いします。

  • 法人税を現金主義から発生主義へ

    2期目の株式会社です。1期目は利益0だったので、法人税0、市県民税の均等割額のみでした。未払法人税の計上をしていません。今期からは未払計上したいのですが、1期目の法人税は別表でどのように記入したらよいのでしょうか?また過誤納還付金もありました。仕訳は 法人税住民税及び事業税×/現金× 普通預金×/雑収入× と、しました。前期法人税分も今期と合わせて別表4に加算したらよいのかわかりません。還付金分は別表4で減算でしょうか?記入方法を知りたいです。 おかしな質問になっていたらすいません。どうか宜しくお願いします。

  • 法人税の還付と別表処理

    法人税の還付の別表処理について知りたいのですが、 (1)法人税等は期末に納税充当金を計上 (2)2ヶ月後に見込納付(充当金取り崩し) (3)その1ヶ月後に確定申告及び納付をしています。 この法人税に関して、 I.見込納付が充当金よりも減少した為、余った充当金は法人税(租税公課)と相殺して消去しました。 II.1ヶ月の確定申告をした所、見込納付が更に還付となったため、還付金は法人税(租税公課)を減少させました。 この場合において、別表5-1及び5-2に記載されている充当金を、どのように0にしたら良いのか、及び還付金は別表4において「過誤納に係る還付金」で減算すればよいのか、ということについて教えてください。

  • 前期法人税等還付と別表4

    今年から法人税申告書の担当になりました。 表示について分からないことがあるため教えていただけますでしょうか。 前期、法人税等が100円還付されることとなり  未収法人税等 100/法人税等 100 と仕訳しました。 そして今期入金があり 当座預金 100/未収法人税等 100 と仕訳しています。 それに関する今期の別表4への表示なのですが、 還付金額を当期利益の額に含んでいるため 「法人税等の中間納付額及び過誤納に係る還付金額15」へ△100と記入したのですが、 以前の申告書担当者に「加えて「減算」に△100が必要」と言われました。 この理由がどうしてもわからず(=国税庁HPの「法人税申告書記載の手引き」を読んでも、 いまの私の能力では理解が難しいです・・・) なぜそのような表示になるのか教えていただけないでしょうか。 別に社員と仲が悪いわけではなく自分で調べてみてから聞いてみようと思ったからなのですが やっぱりよく分からなくなり・・・こちらでお尋ねした次第です。

  • 仮払税金の還付の処理について

    9月決算の法人なのですが、法人税と都民税,事業税の予定納税を「仮払経理による納付」で処理しました。経理上は仮払税金です。 予定納税の金額は 法人税が269,700円 都民税が81,600円 事業税が61,200円 今期の所得金額(別4「38の(1)」)は347,000円で 法人税が76,300円 都民税が83,100円 事業税が17,300円の税額で仮払税金の一部が還付になる予定なのですが、その経理仕訳と別表5(2)がわかりません。 還付になる金額は、 法人税 269,700-76,300=193,400 都民税  81,600-83,100=1,500(納付) 事業税  61,200-17,300=43,900 です。 経理上仕訳は下記のとおりです。 予定申告時 仮払税金   269,700(法人税)/ 預金  412,500         81,600(都民税)/    61,200(事業税)/ 確定申告時 納税充当額   76,300(法人税)/ 仮払税金  175,200             81,600(都民税)/    17,300(事業税)/ 納税充当額   1,500(都民税)/ 納税充当金 1,500 還付・納付時        預金 237,300 / 仮払税金 237,300 納税充当金 1,500 /   預金 1,500 仕訳はこれでよろしいでしょうか。 仮払税金262,900/預金262,900(予定申告時) 法人税等510,700/未払法人税510,700(前期決算時) 未払法人税510,700/仮払税金 262,900(確定支払時)          /預金247,800 預金124,400/雑収入 124,400(還付時) そしてこの場合、申告書の別表5-2 納税充当金の計算欄の損金の額に算入した納税充当金 1,500と計上するのはするのは正しいでしょうか。

  • 別表4 5 損金の額に算入した納税充当金について

    いつもお世話になっております。どうぞ宜しくお願い致します。 別表4の損金不算入 加算項目の5 損金の額に算入した納税充当金について宜しくお願い致します。 欠損金の繰越金があるため、弊社では法人税、法人事業税の納付がなく、毎年同じ金額の均等割分(¥180,000)を納付するだけで済んでおりました。 今期の期中に、事務所を異動したため、確定させた未払法人税の額がいつもと異なりました。(¥169,100)そこで次の疑問が生じてしまいました。 別表(4)の5の損金の額に算入した納税充当金は、P/Lの特別損失 法人税等とリンクしているものと思っておりましたが、法人税ソフトの説明書によると、別表5(2) 32 から転記との事です。 この金額は、当期の法人税額でなく前期の確定法人税を期中の5月末日に納付分した金額なのですが、別表4 5への記入は、¥180,000で合っているのでしょうか?それとも、今期計上した未払法人税等の ¥169,100なのでしょうか? ご回答・考え方等ご教授頂きたくお願い致します。