• 締切
  • 暇なときにでも

システムの第三者検証について

  • 質問No.1545
  • 閲覧数608
  • ありがとう数6
  • 回答数2
近年、コンピューターシステムのオープン化と叫ばれて久しいと思います。最近、システムのオープン化に伴い、システムの第三者検証という言葉を時々聞きますが、どういう忌みでしょうか。また、システムの第三者検証とシステム監査の違いは何でしょうか。ご存知の方が、いらっしゃいましたら教えてください。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (9/27)

「第三者検証」とはソフトウェア業界を例にとれば設計者以外の第三者によって
ソフトウェアあるいはシステムのテストを行うことです。
企業では専門の部門を持つことがほとんどではないでしょうか?
「システム監査」は規約や規格にのってシステムが運用されているかどうかを監査、評価
することではないでしょうか?
  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (511/1924)

「第三者検証」と言う言葉は聞いたこと無いですが、意味としては文字そのものの
意味でしょうね。
システムに限らず、人間の作ったものには少なからず間違いがあり、その間違いは
作った本人では発見しにくいということが(少なくとも私の経験上)あります。
こういう場合、そのシステムについて無知な人間に、設計書、もしくは取扱説明書
のみを見せ使わせることで、いろいろな不具合を見つけることができます。
大手ソフトウェアメーカでは「ベータ版」として配布し、ユーザからのフィードバッ
クを期待したりしますね。
これによって、製造時には思いつかなかったタイミングやパラメータなどが発生し
それを修正することで、より安定したシステムになります。
監査とはちょっと違うと思います。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ