• 締切済み
  • すぐに回答を!

passwd/shadowファイルの「smtp」ユーザーについて

メール/POPサーバーのpasswdファイルを別のマシンのもので上書きしてしまいました。 ユーザーはuseraddでとりあえず修復(所有権変更も)できたかと思ったのですが、その後バックアップしたファイルが見つかり比較したところ、passwdファイル、shadowファイルに「smtp」というユーザーが以前は登録されていました。 passwdファイル smtp:x:0:0:Mail Daemon User:/: shadowファイル smtp:NP:6445:::::: そこで以下のどの対応が好ましいのか教えていただけますか。 1) バックアップしてあったpasswd/shadowファイルで書き換え。UID変わってしまっているのでユーザーのメールファイルは所有権を変更。そのときの注意点は。 2) smtpユーザーを追加。 useradd -u 0 -o -d / -g 0 smtp vipw → (passwdファイル)→shadowファイル smtp:*LK*::::::: を smtp:NP:6445:::::: に変更。 (これで大丈夫なのか?) 3) このユーザーは不要なのでなにもしなくてよい。 使用環境は、 OSはSunOS 5.6 sendmailは 8.11.6 (以前にバージョンアップ) です。3)だとうれしいですが、いかがなものでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数226
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.1

メールサーバが立ち上がってるんですよね? ならば3はありえないかと。というか動かないはず vi で shadow groupからsmtpを手動削除して useradd で追加し直しこれで正常に動くかをチェックし ダメなら所有権の見直しなどコツコツトラブルシュート ですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうごうざいました。 別環境で構築し、該当するバージョンでは「smtp」は 不要なようだったので3で様子見しております。

関連するQ&A

  • Passwdファイルのパーミッションが

    Red-Hat Linux7.3のサーバなんですが、 一般ユーザーで他のユーザーのパスワードを変えるなど、ユーザー情報を変更しようとしたら、 普通は「権限が無いので変更できませんでした」といった旨のエラーメッセージが返ってくるだけだと思うのですが、 /etc/passwdファイルのパーミッションが644から600に変わってしまいました。 chmodで644に再度設定しても、一般ユーザーで他のユーザー情報を変えようとすると、600に戻ってしまいます。 もちろん、一般ユーザーで他のユーザー情報を変える事が誤った動作で、 できない事だと言うのは分かっているのですが、たまたま誤ってやってしまったら、 このような現象が発生してしまいました。 passwdファイルは重要なファイルなので、パーミッションが自動的に変わってしまうのが気になります。 正常な動作なのでしょうか。 それとも何が原因なのでしょうか。

  • vipw 起動中でも passwd コマンドは正常終了する。何故?

    vipw 起動中でも passwd コマンドは正常終了する。何故? OS:CentOS5.4 # vipw をrootが実行中でも、他ユーザが passwd コマンドを発行すると何事もなくパスワード変更ができてしまいます。 別プロセスで # vipw や # useradd foo などはロックされて拒否されますが、passwd コマンドはOK。これは正常な仕様ですか?

  • 管理者ユーザを作ったつもりなのですが

    管理者グループに、新規testユーザを作成しました。 そのtestユーザでshadowファイルを確認しようとしたところ 権限がないと表示されました。 その理由が分からないのです。 [root@host ~]#useradd -g root test [root@host ~]#su test [test@host root]$ cat /etc/shadow cat: /etc/shadow: 許可がありません [test@host root]$ ls -l /etc/shadow ---------- 1 root root 734 1月 19 17:36 2013 /etc/shadow rootグループにtestユーザを割り当てたので、 testユーザでshadowファイルを見れると思っていのですが見れないのです。 理由がわからないのです。 /etc/shadowファイル所有者がrootだからでしょうか? rootグループにtestを参加させているだけではだめなのでしょうか? ご教授お願いします。

  • chpasswd後の/etc/shadowについて

    お世話になります。 chpasswdでメールユーザのパスワード変更をしたあと、/etc/shadowを確認しました。 暗号化されている場合は、通常なら第二フィールドに$1や$6などの表記が付くと思いますが 以下のとおりでした暗号化されているのでしょうか。 実行コマンド echo "info:passwd01" | chpasswd 設定後の/etc/shadow内容 info:Y3uOe313g3JAM:16819:0:99999:7::: OSバージョン Red Hat Enterprise Linux ES release 4 (Nahant Update 5) 以下の様にしてメールユーザのパスワードを一括変更する事を目的としています。 chpasswd < passwdfile

  • ユーザー削除後のそのユーザーで作成されたファイル

    ユーザーを削除した所、そのユーザーが所有者になっていたファイルを ls -l で見てみると その所有者の所が、"500" となっていました。 削除したユーザーが所有者だったファイルを別のユーザーにが 所有者になるように一括で変更したいのですが、どうすれば良いでしょうか。 宜しくお願いします。

  • Linuxユーザのパスワード変更

    RedHatLinux9を使用しています。 パスワード変更についてお伺いしたいです。 ユーザのパスワード変更は、 su - ユーザ名 でユーザでログインしたあと、 passwd とし、現在のユーザパスワードを入力し、 そのあと、新しいパスワードを入力すればできますが、 useradd -s /sbin/nologin ユーザ名 として作成したユーザの場合は、 上記の方法ではパスワード変更できないようです。 This account is currently not avaliable と表示されています。 useradd -s /sbin/nologin ユーザ名 として作成したユーザの場合は、 どのようにパスワードを変更したらよいですか?

  • group ファイルの中身

    http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=810092 の質問と似ているのですが、多少趣旨が違うので別途質問を立ててみました。 Red Hat 7.3 にてサーバを立てているのですが、ユーザの追加は newusers コマンドで行っています。ユーザの入れ替わりも多く、 週に2~3人は追加・削除を行っています。ユーザを追加した時には passwd およびshadow ファイルのみを確認していたのですが、 本日たまたまgroup ファイルを覗いてみると、group ファイル中の ユーザ数と実際のユーザ数が異なっていました。1つのグループに 1500人程度登録しているはずなのですが、group ファイルの中には 600人程度しか入っていません。 そこで質問なのですが、group ファイルの中身はユーザ名を追加しなくてもよいのでしょうか? 或いは、1つのグループ中に登録できるユーザの最大数って決まっているのでしょうか? ちなみに、passwd・shadow 両ファイル共ちゃんとgidは入っています。

  • ユーザ追加のスクリプト作成について教えてください

    Linuxでスクリプトを作りたいのですが初めてでしてアドバイスいただきたいのですが。「ユーザを加え、パスワードの設定。その後確認画面として/etc/passwordと/etc/shadowにて新規に作成したユーザとパスワード”のみ”表示される」とゆうのが条件です。更にwhileを使ったユーザを作成したのちのy/nの応答でnを入力するまでは繰り返しユーザの追加が行えるようにしたいのですが。 途中まで教科書片手に作りましたが行き詰まってしまいました。 Variableに混乱しています。 CONTINUE=y while [ "$CONTINUE" != "n" ] do echo "adding a user" useradd -d /etc/shadow "$USERNAME" echo -e "type a user name" /c read USERNAME passwd "$PASSWORD" echo -e "type a password" /c read PASSWORD

  • centOS5ユーザー管理

    centOS5(ホスト名yamapc)を使用しています。 メールサーバーをyamapcで運用しようとして、 メールアカウントを追加するにはOSにユーザーアカウントを追加すればよいというのを 調べました。 もうすでにユーザーアカウントは作成してあるはずだったので、 cat /etc/passwd で調べたところ 使用したいユーザー名は載っていませんでした。 そこでユーザーアカウントがないのかと思い useradd hoge としたところ、 useradd: ユーザ hoge は存在します と表示されました。 homeはあるか調べてみたところ /home/hoge ディレクトリはありました。 中途半端に設定になっているのではと思い、 userdelを実行してみたところ、以下の様に表示されました。 [root@yamapc mail]# userdel -r hoge userdel: パスワード・エントリ削除のエラーです userdel: シャドウ・パスワード・エントリ削除のエラーです userdel: /home/hogeは hogeの所有ではありません, 削除は行いません もう一度useraddをしてみたところ [root@yamapc mail]# useradd hoge useradd: ユーザ hoge は存在します と表示されました。 homeのディレクトリを調べたところ drwxr-xr-x 2 root root 4096 11月 2 2011 hoge と表示されました。 これはどのようにしたらきちんとuseraddを追加した状態にできるでしょうか? useraddできちんと追加された状態で、このyamapcのメールサーバーで送受信をしたいと 考えています。 よろしくお願いします。

  • /homeディレクトリなどのユーザ情報関連ファイルのコピーについて

    お世話になります。 現在、Aというサーバー(Linux)が稼動しているとします。 新たにBというサーバー(Linux)を作成し、 Aサーバーのユーザ情報関連(/homeディレクトリや/etc/passwdなど)を、 Bサーバーにも同じように設定したいんですが、 一番、手軽な方法は何でしょうか? 個人的には、rsyncでAサーバーの/homeディレクトリ以下をBサーバーにコピーすればいいのかな?と思っているのですが、いかがでしょうか? また、ユーザ情報をコピーする際、 /homeディレクトリ、/etc/passwd、/etc/group、/etc/shadow をコピーすればよろしいのでしょうか? その他、必要なファイル・ディレクトリがあれば 教えてください。 よろしくおねがいします。