• 締切
  • 暇なときにでも

webのネットワーキングの種類

  • 質問No.1542
  • 閲覧数38
  • ありがとう数12
  • 回答数3

お礼率 0% (0/7)

こんにちは。
ここは本当にいろんな情報があっていつも感謝しています。
そして、また質問なのですが、webのネットワーキングの種類というのはサーバーtoサーバーという種類なんでしょうか?
pair to pair という種類のネットワーキングってあるんですか??
ネットワーキングは全然分からないので、この質問の意味を理解してもらえるとありがたいのですが、、、
ちなみに知人からの質問なので自分にはさっぱりなにがなにやら。。。

回答 (全3件)

  • 回答No.3
確かにtty様のおっしゃるとおりWWW(World Wide Web)というのは、
クライアント・サーバ型のもので、マルチメディアに対応しています。
Peer-to-Peer型のLANというのは、各端局がすべて同じ地位にあるLANの
ことで、接続可能なユーザ数は、10~300程度で、サーバ専用機が
必要ないので、インストールや運用が簡単なものです。また、プリンタや
ハードディスクなども共有でき、どのパソコンもサーバとクライアントの
機能を持つことが出来ます。

ではでは☆
  • 回答No.2
サーバーtoサーバー とか pair to pair というのはよく知りませんが、
WWW は いわゆる「クライアントサーバモデル」です。
WWWクライアントの要求に対し、WWWサーバが応えるという形態です。
クライアントサーバならば、集中的な管理が可能なためセキュリティ面で
有利になります。

pair to pair とは peer to peer のことでしょうか。
peer to peer は一般的に大規模なネットワークでは使用しません。
集中的な管理ができないので、セキュリティ面が弱くなります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (51/156)

難しいですねぇ…
ドデカいイーサネット、ということでよいのではないでしょうか??

専門家の回答がつけばいいのですが…
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ