• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ケンフェロールについて教えて下さい。

植物中に含まれているフラボノールであるケンフェロールは、生体内で何らかの生理活性を持つのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え願えませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数621
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ケンフェロールは血管を強くする作用があります。 また、よどんだ血流を改善してくれます。 最近ではphtoestorogenにも分類されています。 いわゆる環境ホルモンです。しかし植物性なので 問題ないとお達しが出ています。 これが入っているもので最近のものは銀杏エキス ですね。 規格の中に総フラボン配糖体とありますが、 その中にも入っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問をしたことをすっかり忘れており、お礼が遅くなり誠に申し訳ございません。 phtoestorogenとはどのようなものでしょうか?他にも何かあるのでしょうか? お礼が遅くなったことを重ねておわびいたします。

関連するQ&A

  • アンタゴニストの定義について

    何方かがアンタゴニストについて質問しています。私もかねてより遮断薬(アンタゴニスト)の定義が解りません。薬学は全くの素人で馬鹿なことを言っているのか知りませんが,阻害を起こすのはいろいろなケースが考えられます。遮断薬(アンタゴニスト)について調べますと,以下のようなものが多いと思います。 アンタゴニスト:受容体に結合はするが,生体物質と異なり生体反応を起こさず,またその結合によって本来結合すべき生体内物質と受容体の結合を阻害し,生体応答反応を起こさない物質。 しかし,生体反応を阻害するのは以下のような場合があると思います。 I 受容体との結合に関して  (1)受容体に結合したり離れたりする。 回転率は考えないことにします。  (2)受容体に結合して離れないか,受容体の機能を損なう。 II 生理作用に関して  (0)生理活性は全くない。  (1)生理活性は正常リガンドより低い。  (2)生理活性は同じ。 (1)(0)は典型的な競争阻害ですからアンタゴニストに分類されるのだと思います。(2)(2)でも結果的には阻害しますが,これはアンタゴニストに分類されないのでしょうか。アンタゴニストとは(1)(0)と(1)(1)の場合だけなのでしょうか。 興味関心だけの馬鹿な老人(精神は青年?)の質問に対して,何方かご教示いただけたら幸いです。

  • 「生理活性物質」と「ホルモン」の違い

    例えばヒスタミンやセロトニン等は、 「生理活性物質」「生理活性アミン」などという言い方をよくしますが、 「ホルモン」とはあまり言わないような気がします。 「生理活性物質」と「ホルモン」の言葉の意味上の違いって何ですか?

  • アルカロイド

    アルカロイドの中には、トリカブトのアコニチンなど生理活性の強いものが多いですが‥これを生産する植物自身は、自ら生産する物質の毒性をどのような機構で回避しているのでしょうか。詳しい方おられたら教えてください。

  • 生理活性物質について

    大学の健康管理概論という授業のレポートで「生理活性物質の働きについて」という課題が出ました。生理活性物質がなんなのかわからず困っています。教えてください!

  • ジホモγリノレン酸

    ジホモγリノレン酸の生理活性にはどのようなものがありますか??

  • 生理活性を伴わない理由

    こんにちは.当方,化学系の人間ですが,有機合成についてはまったくの素人でございます.宜しくお願い致します. 私が所属する専攻科では,生理活性をもつ天然物の全合成を行っている研究室があります. 聞くところ,ただでさえ気の遠くなるような全合成にようやく成功したとしても,肝心の生理活性がまったく認められない場合が往々にしてあるそうです. これはいったいどういうことでしょうか. 合成された天然物そのものに立体化学等の何らかの欠陥があり,天然物と異なる分子構造のものができているのでしょうか. あるいは,生理活性を発現するファクターが分子構造以外の何かに相当しているのでしょうか.それとも,他に何か特別な理由があるのでしょうか. ちなみに,全合成しても生理活性がなかった場合,その研究室ではペーパーを書かせてもらえないそうです. 所詮は人間.たとえ肉体(分子)は作れども,魂(活性)を込めるまでには至らない,まさしく神の領域,とでも言わんばかりの興味深い事例です. 本事例について何かご存じの方,ご一報いただけると幸いです.

  • (S)-2-アミノ酪酸について

    (S)-2-アミノ酪酸に関して、『どんな用途があるか』や『どんな生理活性があるか』等を専門家の方に、お聞きしたい次第です。よろしくお願いします。

  • 生理活性の調べ方。

    現在密度勾配遠心により細胞小器官を分画しています。(使用しているのは神経細胞) 一応スクロースなどを使い生理活性がなくならないようにして分画しているのですが、生理活性を調べた方がいいと思い質問させていただきました。 どのような方法がお勧めでしょうか?ちなみに分画はミエリンの比較的多い分画、シナプス小胞の比較的多い分画、ミトコンドリアの比較的多い分画があります。 どれか一つでも参考になるような方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 生理活性物質の研究

    現在工学部の応用化学科に在籍してます。生理活性物質に興味があり、大学院進学のために研究室をさがしています。 自分の大学にはあまり興味のある分野の研究室がないため、大学院は他大学を受けようと思っています。 自分なりに大学のホームページなど見て調べているのですが、一般的に生理活性物質の創製を行うのは工学よりも農学のほうが盛んなのですか? 将来は企業で、医薬品、香料や食品などの研究開発がしたいなと思っています。 また、生理活性物質に関する研究が盛んな研究室などの情報がありましたら教えていただきたいです。よろしくお願いします。

  • 医薬品におけるアゴニストについて

    よろしくお願いします。 生理活性タンパクやペプチドの低分子アゴニスト(経口投与できるようなもの)で医薬品になっているものは多いのでしょうか? 教えて下さい。

専門家に質問してみよう