• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ピアニストの経歴

  • 質問No.1474665
  • 閲覧数244
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0
ピアノのリサイタルによく誘われて行きます。プログラムに書いてある経歴で、よく、ヨーロッパの音楽大学を「最優秀で卒業」とか、「1等賞で卒業」とか書いてありますが、その人数がばかに多い気がします。あれって、1学年に1人ではないのでしょうか?どのくらい難しいものなのか、教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 31% (143/459)

くら吹きです。

身近に、「フランスの学校を一等賞を得て卒業」した人が居ます。話を聞くと、「一等賞を得」ないと卒業できないそうです。

日本人は、どうしても一等賞に、一人だけの印象を持ってしまいますが、あちらでは相対評価でなく絶対評価で成績を付けるようです。(だから、一等が多い、と言えるのでしょうか)
補足コメント
noname#51534
ご回答ありがとうございます。なるほど1等賞が多いわけですね。長年の疑問が氷解しました。しつこいようで申し訳ないのですが、それでは、「首席で卒業」というのを見かけますが、あれこそ、学年トップということですか?
投稿日時:2005/06/27 13:49

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 27% (228/822)

 つぎの説明が分りやすいと思います。
 
 【プルミエ・プリ(Premier Prix)】
 フランス系の音楽院卒業者の経歴に必ず登場するこの言葉は、文字通
り第1等賞の意味です。フランス語ですから、プレミエでもプリミエで
もありません。日本人は勘違いしそうですが、「1等賞がひとり、次に
2等賞がひとり…」というコンクール・スタイルではありません。ある
クラスの10人が卒業する時、全員プルミエ・プリのこともあり、大半が
プルミエ・プリなのが普通…ということです。つまり人数制限はないの
です。 
── Umezawa, Keiichi《その他の表記の例 2002-2003》
  • 回答No.2

ベストアンサー率 23% (121/519)

音楽大学、音楽学院、音楽専門学校・・・国立、私立・・・日本では考えられないほど、たくさんあります。
ヨーロッパには歴史も伝統も人材も豊富でしょうから、音楽関係の教授所がたくさんあっても不思議ではないでしょう。

人材が豊富とは思えませんが、日本における英会話学校のようなものではないでしょうか。
「○○イングリッシュアカデミーを最優秀で卒業」と、外国の方に言っても、ちんぷんかんぷんなのと同じかもしれません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (133/347)

たしか、ヨーロッパの音楽大学・音楽院のたぐいは、一等賞(最優秀)を取らないと卒業できない(=最優秀になった時点で卒業)という学校が多かったと思います。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ