• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

アポロ宇宙船の末路

月から帰ってきたアポロ計画の宇宙船ですが、 着水した再突入船は、その後どうなっちゃったのでしょうか? そのまま海に沈んだのか?回収されて博物館にでも入っているのか?

  • K-1
  • お礼率61% (340/557)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数309
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • pen2san
  • ベストアンサー率37% (260/696)

訂正です。以下の記事を見つけました。 アポロ11号の記事です。 アポロ宇宙船は司令船と機械船から構成されています。司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺の直径3.91m、重量5.56トンです。円筒形の機械船は司令船に酸素や電力を供給したり、推進ロケットの役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2トンです。また、月着陸船は全長7m、重量15.1トンです。 それから、アポロは17号まででしたね。

参考URL:
http://spaceboy.nasda.go.jp/Db/Kaihatu/Hikou/Hikou_J/Aporo11_A_j.html#2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大気圏再突入・大気圏突入について

    Wikipediaにて、 大気圏再突入は宇宙船などが真空に近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。 大気圏突入と言う場合は隕石など外来の物体も含むのに対し、大気圏再突入は地上から打ち上げた人間や動物や物体の帰還に限って言う。 とありました。 SFなどフィクションにて、主人公が乗った宇宙船が地球から飛び立ち、全く別の惑星に大してはの突入はどちらでしょうか。帰還じゃないし、外来の物体(宇宙船)だから大気圏突入ですか? 同じく、宇宙船に乗った者の中にその惑星出身者が居れば、彼(彼女)にとっては大気圏突入と言って良いのでしょうか?

  • ジェミニ計画でのこと

    どなたか覚えていらっしゃる方がおいででしたら知らせて 頂けませんでしょうか? 1965年頃アメリカの有人宇宙計画で宇宙船が地球を周回 して帰還しました。海に着水し空母でカプセルを回収し 船上でハッチを開け飛行士が出てきた時のことです。 この時飛行士が空母乗組員の肩を貸さなければ歩けない 画像を見た記憶があります。この時の映像や画像が残って いたら見たいと思っています。 何か情報がありましたらお知らせください。 宜しくお願いします。

  • 木星や土星に突入すると・・・。

    たまに、探査機に乗せられて木星に突入させられる夢を見ます。わたしにとって最高に恐怖をあおる夢の一つです。 そんでふと思ったのですが、木星や土星はガス惑星と言われていて、個体の表面を持たず、深度を増すにつれてガス性の物質の密度が上がっていくらしいですが、実際探査機や有人の宇宙船を突入させたら落下するごとにどのようになってくのでしょう?どこにもぶつからずにコアまで到達するのでしょうか?それとも液体水素の海のようなものに着水する? それと内部の人間は木星とどの程度の距離まで耐えられますでしょう?内部に突入する前にどうにかなってしまのかな。 なんか急にすごく気になったのでよろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • asuca
  • ベストアンサー率47% (11786/24626)

基本的には回収されて耐熱タイルの検証など研究に使われた後一部展示などされています。 ただ確か1軒だったと思いますがパニックに陥った(といわれている)乗員によって緊急ハッチが開けられたため海中に沈んだ物があります。回収されたとは聞いていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • pen2san
  • ベストアンサー率37% (260/696)

全部(13個)かどうか定かじゃありませんが、スミソニアン博物館で見た物は底の断熱セラミックが燃えた様な跡が残っていましたから大気圏に突入した物だと思います。 あの円錐体の物体自体は想像以上に軽いと思います。着水時、海水に漬かっていた部分は全体の1/8くらいだったと記憶しております。それから乗組員3名の体重を引くとせいぜい数100Kgsではないでしょうか?(底面積と高さが分かればおおよその質量が計算できますね。) 深海探査艇より軽いのでは??? だったら、簡単に回収できますよね。 また、宇宙に存在するかも知れない未知のウイルスに感染している危険もある訳ですから、米国航空宇宙局がそのまま海に沈める事は無いと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ちゃんと回収されているのですね。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • pen2san
  • ベストアンサー率37% (260/696)

円錐体の地球着陸船の事ですよね。 ちゃんと米国海軍(だったと思います)の手で回収されていますよ。 どこかの博物館(スミソニアン博物館だったかどうかわすれちゃいましたが。)で見た様な記憶があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

それは本物なのでしょうか? 全部回収されているんでしょうか。

関連するQ&A

  • 月着陸船の離陸方法

    アポロ計画で月に着陸した宇宙船が月から離陸する際に、なんらかの爆発によって上昇しているように見えました。 このような方法で月の脱出速度に到達することは可能なのでしょうか? または映像には映っていない上方でロケットなどを噴射したのでしょうか?

  • 民間宇宙船の耐熱性についての質問です。

    先日DVDにて、アメリカの民間航空企業が世界初の宇宙飛行に成功したという内容のドキュメンタリーを見たのですが(スターシップワンというやつです)、その宇宙船の素材は炭素繊維とエポキシ樹脂で作った炭素繊維複合素材だそうです。 アメリカの民間航空企業(スケールドコンポジット社)の発表によると、その宇宙船の到達高度(上空100km)からの大気圏再突入時に発生する熱はおよそ500℃だそうです。 JAXAの情報によるとエポキシ樹脂で作った炭素繊維複合素材の熱変形温度は120℃だそうです。 これでは再突入時の熱に耐えられないですよね?

  • 宇宙船のスピード

    物理学のカテゴリーの方で質問すべきかもしれませんが、よろしくお願いします。アポロ計画で使われた宇宙船は月に行くのに3日ぐらいかかったらしいですが、今の技術で作ってもそんなスピードの乗り物しかできないんでしょうか?宇宙は真空なのでどんどん加速してゆけば、光速に近いようなスピードがでないんでしょうか?もっとも減速するにもエネルギーがいるわけですから、実用上はそのことも考えないといけないわけですが、ヴォエジャーのように帰ってこなくてもいいものならどうなるんでしょうか???

  • 次世代宇宙船について

    NASAの宇宙船開発の発表は現在、何も為されておらず研究も開発も やられていないのではないかと思ってしまいます。 次世代宇宙線としてアポロ計画のサターン5型の改良型ロケットを 飛ばすようですが、使い捨てのロケットでは行って帰ってくるだけの もので、とても宇宙船とは言えません。 そこで、NASAは月の裏側で発見された古代の宇宙船(十数億年前の宇宙 人が乗っていた)のエンジンやボディを参考にして次世代の宇宙船を 極秘に開発しようとしているのではと思ってしまいました。 これが実現すれば恒星間航行も可能な宇宙船ができると思いますが、どう 思いますか。 かなり有力な情報(ネット情報)から割り出した考察ですが。

  • ロケットや人工衛星が「軌道に乗る」とは?

    初歩的な質問ですみません・・・ ・ロケット(人間の乗った宇宙船やカプセル)や人工衛星がはるか地球上空(すなわちそこはすでに宇宙)で〇〇軌道に乗った、とか言いますが、あれって上昇中に次第に重力が無くなっていきある地点で軌道の(見えない)帯のようなものにぽっかりと乗るということでしょうか? ・次に軌道上を回っている(スペースシャトルなどが)地球に帰還する場合、多分エンジンをふかし軌道から離脱すると思うのですがこれって相当強力に噴射しないと(最初、地球から離れるのと同じくらい?)重力のある大気圏に再突入出来ないものでしょうか?

  • 大気圏に「再」突入

    日本の無人補給機が無事任務を終えて大気圏で燃え尽きたというニュースをみました。 ここで気になったのが「再突入」という言葉です。 一度宇宙に出て、地球に戻ってくるので大気圏への「突入」は一回目だと思うのですが、何故「再」がつくのでしょうか?

  • ◆解答と解説をお願いします◆

    重量5トンの宇宙船が秒速11km/sの速度で大気圏に突入し、空気の摩擦によって秒速1km/sまで減速した。このとき大気圏の空気と宇宙船との間での摩擦によって生ずるエネルギーはどれだけか。

  • なぜ宇宙=海?

    宇宙はどうして海として扱われるのでしょうか? 乗り物は宇宙船だし、宇宙の海原なんて言葉もよく見聞きします。どなたかご存知ありませんか、その理由?

  • 宇宙船が大気圏に突入して、摩擦熱が起こるのは、地上何キロメートルくらいからでしょうか

    宇宙船が大気圏に突入して、摩擦熱が起こるのは、地上何キロメートルくらいからでしょうか。 また大気圏は地上何キロから大気圏なのでしょうか? お教えいただきたくお願いいたします。

  • 児童向けSF小説「こわれたロボット」シリーズ

    ある本を探しています。 小学3年生くらいのころ、あまり図書室に縁がなかった私が珍しく読みふけったSF小説のシリーズがありました。そのシリーズの最初に読んだのが「こわれたロボット」というタイトルの本で、未来のロボットにまつわる短編集になっていました。探しているのは実はこの本ではなく、シリーズ中にあった光速で飛ぶ宇宙船の話です。 かつて史上初の光速飛行に成功した宇宙船の船長だった人物が宇宙人の来襲に気づき、船長を慕う若者2人とともに博物館に保存されていた宇宙船で戦いに向かうという話でした。宇宙船の名前はシューティングスター号だったかな。最後は宇宙人の船団に砂を浴びせて、摩擦熱でやっつけるというものでした。 ご存知のかたはおられますか?

専門家に質問してみよう