• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

図形の三平方の定理orパップスの定理?の証明(中三です)

図形の証明問題で分からない問題があるのですがとき方を教えてもらえませんか? 直角二等辺三角形ABCの斜辺BC上の1点をDとすれば、 BD二乗+CD二乗=2AD二乗となることを証明せよ。 という問題です。 多分三平方の定理やパップスの定理を使うと思うんですが・・・ できれば今日中にお願いします><

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数626
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • postro
  • ベストアンサー率43% (156/357)

Dを通りABに平行な直線とACとの交点をEとする Dを通りACに平行な直線とABとの交点をFとする BD/√2=FD=AE DC/√2=DE 三角形ADEに三平方の定理を用いると (AD)^2=(AE)^2+(DE)^2=(BD/√2)^2+(DC/√2)^2 ={(BD)^2+(DC)^2}/2 よって BD二乗+CD二乗=2AD二乗 おわり

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 証明を教えてください!

    図の△ABCは、AB=ACの直角二等辺三角形である。辺BC上に点Dをとり図のように、AD=AEとなる直角二等辺三角形ADEをつくり、DEとACとの交点をFとする。 このとき「BD=CE」であることを証明しなさい。 という問題です。教えてください!

  • 中線定理(パップスの定理)を等積変形で証明するには?

    △ABC において,BC の中点をMとすると AB^2+AC^2= 2(AM^2+BM^2) が成り立ち、中線定理(パップスの定理)といいます。 三平方の定理(ピタゴラスの定理)と同じように2乗で書かれています。 すると、同じように、面積を等積変形することによって証明できると思うのですが、それを知りません。 中線定理を等積変形で証明するにはどうしたらよいのでしょうか?

  • 高校数学・三角比

    今朝ほど問題を投稿した者です。図を記入していませんですみません。 (2)図の△ABCはAB=AC、BC=4の直角二等辺三角形である。線分BDとADの長さを求めよ。

  • 直角二等辺三角形を用いた平面図形の証明問題

    ⊿ABCを∠A=90°、AB=ACとなるような直角二等辺三角形とする。辺AB、AC上に点D,Eをそれぞれ AD=2BD、CE=2AEとなるようにとると、∠ADE=∠EBCとなることを示せ。 という問題がわかりません。 点EからBCに平行な直線を引いて考えればいいのかなと思ったのですが、そこで行き詰ってしまって… よろしくお願いします。

  • 平面図形 証明の添削をお願いいたします。

    平面図形 証明の添削をお願いいたします。 問題. 図1で、△ABCは∠A=90°の直角二等辺三角形である。 点Pは辺AB上にあり、点Qは辺AC上にあって、AP=CQとする。ただし、点Pは頂点A、Bいずれにも一致せず、点Qは頂点A、Cのいずれにも一致しない。点Pと点Qを結ぶ。 図2は、図1において、∠BACの二等分線と辺Bcとの交点をRとし、点Pと点Rをそれぞれ結んだ場合を表している。△RQPは直角二等辺三角形であることを証明しなさい。 【証明】 △ARPと△CRQにおいて、 仮定よりAP=CQ...(1) 線分ARは∠BACを2等分するから、∠RAC=45° また、∠RCQ=45° よって△ARCは∠ARC=90°の直角二等辺三角形であるから、 AR=CR...(2) ∠RAP=RCQ...(3) (1),(2),(3)より2辺と間の角が等しいので △ARP=△CRQ したがってRP=RQ...(4) PRQ=∠PRA+∠ARQ =∠QRC+∠ARQ=∠ARC=90° よって、これと(4)より、△RQPは直角二等辺三角形である。 お力添えいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします:)

  • 高校数学・三角比の問題です。

    (1)角B=90°、BC=3、CA=4の△ABCにおいて、角Aの大きさをaとする。    sin a、cos a、tan aの値を求めよ。 (2)図の△ABCはAB=AC、BC=4の直角二等辺三角形である。線分BDとADの長さを求めよ。

  • 四辺形ABCDの対角線 ピタゴラスの定理

    定理の言い換えがわかりません。 四辺形ABCDの対角線AC,BDの交点をOとし、AC,BDの中点M,Nとする。点M,Nを通ってそれぞれBD,ACに平行に引いた直線の交点をPとすると、 △OAB+△OCD=2△PBCである。・・・(1)この定理に条件を加えて、AC⊥BD,OB=OC,OA=ODとすると、△OAB≡△OCDであるから、△OAB=△PBCである。また、点Pは△ABCの外心となる・・・(2) これから、どんな定理が得られるか?が問題です。 答えは「直角2等辺三角形OBCの斜辺BCとし、辺OCのOをこえた延長上の1点を Aとし、△ABCの外心をPとすると、△OAB=△PBCである。」が答えです。 わかることは、AC⊥BD,OB=OC,から直角2等辺三角形OBCの斜辺BCということぐらいです。△ABCの外心をPとすると以後が、どの条件から導かれるのかがわかりません。(1)、(2)どちらの条件かも区別がつきません。 なぜ答えのような定理になるか、教えてくださいおねがいします。

  • パップスの定理

    三角形の周りに平行四辺形を書いてその面積が等しくなるという方のパップスの定理の証明方法はありますか?

  • 中2 図形 証明問題

    この問題おしえください。かなり困っています・・・ 三角形ABCは角A=90度の直角二等辺三角形である。また、点D、Eはそれぞれ頂点Aを通る直線L上にあり、角BAD=角AEC=90度である。三角形BADと三角形ACEが合同であることを証明しなさい。 という問題です。

  • 図形の証明

    ある図形を証明する時、 その図形の定義が成り立った場合はもちろん、 その図形であると言えますよね。 これは、定義でなく、定理であっても証明可能なのでしょうか? 具体的な例としては、 2辺が等しい三角形(定義)ならば二等辺三角形であるといえますが、 2角(底角)が等しい三角形(定理)は二等辺三角形といえるのでしょうか? ということです。 自分の頭の中では、 ある図形の定義が成り立てば、その図形が成り立ち、 その図形が成り立てば、定理が成り立つと言った具合なのですが・・・・