• ベストアンサー
  • 困ってます

物理的な約束?

こんにちわ。とある大学の大学生です。化学系の学生です。 だんだん科目が専門的になってきまして、それはそれで 楽しいのですが、最近になって問題が発生しました。 例えば統計力学のこんな記述。 「速度がvとv+dvの間にあるような分子の数がf(vx、vy、vz)dvxdvydvzで 与えられたとする。」 例えば量子化学のこんな記述。 「放射の波長がλとλ+dλの間にあるような振動子の数をNλdλとする。」 全くわかりません。。。 何でdλやdvxなんかを掛ける必要があるのでしょうか?そんな面倒くさいことをしないでも、 単にf(~)とかNλとした方がはるかに直感的にわかりやすいと思うのですが。 これは物理的にそうしなければならないというお約束みたいなものなのでしょうか? それとも後で積分をしやすい形だから無理矢理そうしたとか? ここ何ヶ月このことでずっと悩んでいます。どんな本を読んでもこれこれそういう理由で この形にした、とは全く書いてありません。 最近では、本を書いた人もわかっていないのでは? などと失礼なことを思うようになりました。 どなたか、この疑問に対する答えを教えて下さい。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数78
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ryumu
  • ベストアンサー率44% (65/145)

こんにちは。田舎の大学で蛋白質の研究をしている大学院生です。専門外ですが、参考になれば幸いです。 まず、f(vx、・・)やNλの部分の意味ですが、これは対象物の確率、密度あるいは分布を表しています。 一般的に、[0(または-∞)、x]の全範囲における対象物の総数をG(x)と表すと、[0(または-∞)、x+dx]ではG(x+dx)となりますね。ここで、微少区間[x、x+dx]における対象物の総数は、 G(x+dx)-G(x) となり、これをdxで割ったものが密度になります。 一方、G’(x)=g(x)と定義すると、微分の定義とdG=G(x+dx)-G(x)から、 G(x+dx)-G(x)=g(x)dx となり、g(x)が密度に相当することがわかります。 当然、g(x)dxは[x、x+dx]における対象物の総数ということになりますね。 このように密度をあらわに出す理由はいろいろあると思いますが、やはり我々が扱っている現象が有限領域であるということ、また、たとえば原子における電子分布のように、密度が重要な知見を与えるからだと思います。 以上、参考になったでしょうか??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなって申し訳有りません。 タンパク質ですか・・・私も別の学校で制限酵素地図 なんかを作成したことがあります(^^) なるほど、g(x)が密度になるのはこういうこと だったのですね。やはり微分が裏で糸を 引いていたのですか(笑) 大変わかりやすい説明、有難うございました。 これからも何かありましたらよろしくお願いします!

関連するQ&A

  • Maxwellの分布

    N個の成分のうち速度成分が  (Vx、Vy、Vz)と(Vx+dVx、+dVy、+dVz)の間にあるものの数を  F(Vx、Vy、Vz)dVxdVydVz とする と多くの参考書に書いてありますがなぜそういう風におけるのかを説明されているものが見つかりません。どうかわかりやすく説明してください。

  • Maxwellの分布を考えていく際に与えられるかんすうの意味について

    N個の成分のうち速度成分が  (Vx、Vy、Vz)と(Vx+dVx、+dVy、+dVz)の間にあるものの数を  F(Vx、Vy、Vz)dVxdVydVz とする と多くの参考書に書いてありますがなぜそういう風におけるのかを説明されているものが見つかりません。速度で表される関数とその微小の速度差の積がなぜその間の成分の数を表すかのイメージが全くつきません。どうかわかりやすく説明してください。

  • 変数変換と微分

    よろしくお願いします。ある本で次の図と記述があります。 ※vxのxはvの右下に付く添え字です。 Fxx=μ(dvx/dy)+μ(dvy/dx) これを以下の式でxy座標からXY座標に変換 X=(x+y)/√2,Y=(-x+y)/√2 上記の両式をt,x,yで微分すると VX=(dX/dt)=(vx+vy)/√2 VY=(dY/dt)=(-vx+vy)/√2 (∂X/∂x)=1/√2,(∂X/∂y)=1/√2,(∂Y/∂x)=-1/√2,(∂Y/∂x)=1/√2 が得られます。 さらに整理して vx=(VX-VY)/√2,vy=(VX+VY)/√2 これらを使って,一番最初の式に出てくる微分(dvx/dy)と(dvy/dx)を変数X,Yによる微分に変数変換します。 (dvx/dy)=(∂X/∂y)(∂vx/∂X)+(∂Y/∂y)(∂vx/∂Y) (dvy/dx)=(∂X/∂x)(∂vy/∂X)+(∂Y/∂x)(∂vy/∂Y) ここで質問です。  上記の式の最後の2行 つまり, (dvx/dy)=(∂X/∂y)(∂vx/∂X)+(∂Y/∂y)(∂vx/∂Y) (dvy/dx)=(∂X/∂x)(∂vy/∂X)+(∂Y/∂x)(∂vy/∂Y)  この式が出てきた経緯が分かりません。(dvxをdyで微分するとなぜ右辺のようになるのかが分かりません。同様にdvyをdxで微分するとなぜ右辺のようになるのかが分かりません。)  どなたか解説をお願いできないでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

統計力学はちょいと苦手なもんで、良い解答かどうか…。 まず、とくに量子力学的な空間においては 速度がvの粒子はいくつである、ということはいえません。 平均的なことはいえますが。 不確定性原理というやつです。 というよりはむしろ、全体での系を考える時に 積分しますよね。 そのときにやりやすいようにってのはどうでしょう。 dv とかdλってのがついていたほうが積分しやすいですよね。 って全然違うかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅れてしまい、すいませんです。 統計力学、難しいですよね。私も現在困ってます(^^;) 何と言うか、概念が物凄~くつかみづらいというか・・・ 勿論数式も難しいのですが・・・実は統計力学をやる 以前に数学と物理の基礎知識がまだ足りないのかも知れません。 これからも精進です。 今回の問題についてですが、おかげさまで解決しました。 微分と積分がうまくからみあった結果がこのような表現になるのだと 私は理解しました。もう少し統計力学を頑張ってみたいと思います。 それでは回答有難うございました! また何かありましたらよろしくお願いしますね。

関連するQ&A

  • 全微分と偏微分

    ある本で次の式が掲載されています。 (dvx/dy)=(δX/δy)(δvx/δX)+(δY/δy)(δvx/δY) ※vx はx方向の速さvを表しています。(xはvの添字) この式は,δXやδYを消すと (dvx/dy)=(δvx/δy)+(δvx/δy)になると思います。 ここで質問です。 vxをyで微分したものを2つ足すとなぜ全微分が出てくるのでしょうか。 v(x,y)だとしたら (dvx)=(δvx/δx)dx+(δvx/δy)dy (dvy)=(δvy/δx)dx+(δvy/δy)dy ※vxはx方向の速さ vyはy方向の速さ このあたりまでは式ができるのですが,よく分かりません。 どなたか御指導をお願いします。

  • 物理学の独学

    私は、大学のとき量子化学を専攻したので、量子力学の知識はある程度あります。大学を卒業してから10年以上もたって物理学を勉強したくなって本を買ったのですがなかなか理解できません。(ブルーバックス程度のものは理解できます。)私の集中力が足りないだけでしょうか。

  • 分子の平均速度

    統計力学で分子の平均速度〈v〉が求められなくて困っています。 〈v〉=(m/2πkT)^(3/2)*∫∫∫[-∞→∞]{v*exp(-mv^2/2πkT)}dvxdvydvz k:ボルツマン定数 , v=(vx,vy,vz) と言う式は与えられているのですが、積分をどう解けばいいのかわかりません。 どなたか教えてください。 できれば計算過程を詳細に書いていただけるとありがたいです。

  • 水素の1s軌道関数

    最近量子化学を勉強し始めて「基礎量子化学」(著:菊池 修)という本を使っているのですが、その中で水素の1s軌道関数の固有関数と固有値を確かめる式で (-1/2・1/r^2・∂/∂r・(r^2∂/∂r)-1/r)1/2√π・exp(-r)=(1/r -1/2 -1/r)1/2√π・exp(-r) という式が出てきたのですが左辺の式から右辺の式の導出がうまくいきません。 詳しく教えてくれる方いましたらお願いします。  また、初心者が量子化学を勉強するときにお勧めの本などありましたら是非教えてください。

  • 磁場中の電子の運動

    xyzの3次元座標において、+z方向には磁束密度の大きさBの磁場がある。 時刻t=0に原点Oを質量m、電気量-e(<0)の電子が+x方向に速さv0で入射する。 (1)時刻tにおける電子の速度v=(vx,vy,vz)として、時刻tにおける電子の運動方程式を各成分に対して書け。 (2)(1)で得られた式をtで微分することにより、vxが従う微分方程式を導け。このことと初期条件から、vx、vy、vzをtの関数で表せ。 (3)時刻tにおける物体の位置をr=(x,y,z)とするとき、x、y、zをtの関数として表せ。このことから電子の軌跡の方程式を求めよ。 この問題なんですが、 m(dv/dt)=q(v×B)なので(1)は m(dvx/dt)=m(dvz/dt)=0 m(dvy/dt)=ev0B だと思ったのですが、それだと(2)にあいませんよね? 運動方程式を書いて更にそれを微分して微分方程式にするというのはどういう意味なのでしょうか?

  • 計算化学の勉強法について

    私は、実験有機化学が専門の学生です。計算化学について基礎を勉強したいのですが、どのように勉強すればよいかわからなくて困っています。まず量子化学をしっかり勉強するべきでしょうか。どのような本で勉強するのが良いでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 分子軌道

    量子化学での分子軌道について質問なのですが、 ベンゼンやシクロブタジエンなどでよく 各準位のエネルギーとそのエネルギーに入る電子の図が載っていて、 さらにその横に模式図みたいなものが載っていますよね。 これは、いったい何を意味するのでしょうか? ○● ●○   反結合性軌道 それぞれの軌道について、波動関数(φ1、φ2・・) が求まっていますが、それぞれの軌道に電子が入っている場合があるので、どれかひとつに特定できませんよね? これら電子が入っている軌道の形を確率的にとっているということなんでしょうか? (ある時は、φ1のときの形で、あるときはφ2の時の 形などというように) 一応量子化学は習ったのですが、時間がありましたら 回答お願いします。

  • 量子力学入門

    私は高校生ですが量子力学に興味があります。 そこで量子力学の本を読んで学んでみたいのですが、 1、大学生の教科書では計算がわからなくて、また物理の基礎にもわからない部分があるので読めません。 そこで一般向けの本(量子力学の紹介のような本)を読みましたが、何故のような理論が成り立つかわかりません。 なので一般人にも理論がわかる本を探しています。(図でわかる相対性理論の一般向けの本のように図などでわかるもの。) 2、量子論と量子力学と量子化学の違いがわかりません。 これらについて教えてください。

  • 初めまして

    初めまして 量子化学をかじってみたいと思ってるのですが、化学は高校レベルの知識のみで、大学レベルはほとんど素人です。 物理と数学を勉強した事があるので、量子力学や線形代数・群論を応用する量子力学に興味を持ちました。そっちの予備知識は十分あると思います。 なので、化学の知識があまりなくても読める入門書などを教えていただくて質問させていただきました。僕としては別に化学の道に進もうと思っているわけでもなく、量子力学や線形代数・群論などの数学がどのように化学に応用されるかに興味があるので、そういうところがしっかりおさえられた本が望ましいです。 英語の本でもかまわないので、もし僕にあった本をご存知でしたら教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • SCF法

    量子化学の本を読み始めたのですがSCF法の計算が収束する根拠が分かりません。 本によっては収束しない場合もあると書いてあるのですが、それにしても良い原子軌道を選べば収束する理由は何でしょうか。 独学なので回りに聞ける人がいないのでよろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう