• 締切
  • すぐに回答を!

荒城の月の歌詞と意味

  • 質問No.13824
  • 閲覧数5022
  • ありがとう数41
  • 回答数2

お礼率 0% (0/2)

「荒城の月」の歌詞は4番まで調べましたが、
漢字と歌詞の意味がよくわかりません。
教えてください。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
以下の参考URLからのヒントです。
========================================
「天上影は替らねど栄枯は移る世の姿」と、武士の没落を詠った日本の名曲「荒城の月」がある。日本の若き天才・滝廉太郎が残した明治維新後の士族への挽歌であった。
春高楼の花の宴、めぐる盃かげさして、
千代の松が枝わけいでし、むかしの光いまいずこ。
(司馬遼太郎『「明治」という国家』、1989年より)
==============================================
そこで、司馬の本を探すと
書籍名: 明治という国家
著 者: 司馬遼太郎
出版社: NHK出版
がありました。
この中に記載があるかもしれません?

ご参考まで。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ